職務経歴書を書く際の注意点|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

職務経歴書を
書く際の注意点

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

新卒入社のときには必要のなかった職務経歴書。読んで字のごと、職務の経歴を表す書類ですが、これまでの職歴を羅列すれば良いというものではありません。
この書類を通して、これまでに培った経験やスキルをどれだけアピールできるかが重要となるのです。これまでのキャリアやスキルがすばらしく、企業との相性も良いとしても、それが伝わる内容となっていなければ、書類選考から先に進むのは難しいでしょう。
ここでは、「職務経歴書に書くことがない」「何を書いたら良いのかわからない」といった悩みを持つ方に、書類選考を突破するための職務経歴書の書き方をご紹介します。

職務経歴書は履歴書と同じではない

まずは、職務経歴書とは一体どういうものなのかをご紹介します。
企業に応募する際には、履歴書と職務経歴書を提出することになりますが、その内容が同じでは、ふたつの書類を出す意味がありません。以下に、履歴書と職務経歴書それぞれの特徴をご紹介します。

  1. 履歴書

    履歴書は、本人確認用の書類です。ですから、名前や住所、学歴など、決まっている内容について間違いなく記入することが大切です。

  2. 職務経歴書

    職務経歴書は、書類選考の際に見られるものですので、見ただけで企業にとって「欲しくなる人材」と思わせる内容にできるかが重要です。ただ経歴を書くだけではなく、「営業成績」や「そこで経験したこと」「学んだこと」の他、「その経験を今後にどう活かしたいか」など、アピールできる内容は何かを考えて作成します。

再就職だからこそ、過去の経験を活かす!

転職はこれまでの経験をリセットするものではなく、活かすものです。過去の経験を強みにし、培ったスキルを転職先でどのように活かすかという部分こそが、転職先企業へのアピールとなりますし、企業もそれを転職者に求めています。
職務経歴書に何を書けば良いか迷った場合は、これまでに自分が経験した仕事内容をしっかりと振り返ってみてください。自ずとアピールする項目が見えてくるはずです。

応募する企業や職種に見合ったアピールをする

職務経歴書は履歴書のようにフォーマットが決まっていないので、応募する企業や職種ごとの「重視する能力」や「志向性」「ニーズ」を把握し、それに合わせて内容を変えると良いでしょう。
ここでは、職種別にアピールしたいポイントをご紹介します。

  1. 販売職のアピールポイント

    どのような店舗・環境で勤務していたかを具体的に書きましょう。正社員ではなく、アルバイトで培った経験をアピールしても構いません。転職先のニーズに見合う内容であれば、積極的にアピールしましょう。

  2. 事務職のアピールポイント

    資料作成、備品管理、売上管理など、事務職で培った経験を書きましょう。また、事務職はPCスキルも求められますので、Word、Excelなど、各ソフトウェアで何がどの程度できるかを伝えるのもいいでしょう。
    さらに、情報処理などの資格の有無や、資格を保有している場合は、その資格をどう活かしてきたかもアピールします。

  3. IT職のアピールポイント

    これまでのキャリアやPCスキル、資格を、もらさず記載するようにしましょう。IT職といっても仕事内容は多岐にわたります。自分がどの分野をこれまで担当し、現在はどの分野に強く興味を持っているのか、また、志望する分野が未経験の分野だった場合は、入社後にはどういった技術を学び、どういった資格を取得していきたいのか、目標なども記載しましょう。

アピールのしすぎに注意!

職務経歴書にはフォーマットがないため、何をどれだけアピールするかはあなた次第です。ただ、経歴が多いからといって、やみくもに全てを書けば良いわけではありません。
自己アピールが長くなると、くどい印象を持たれて逆効果になってしまいますので、できるだけシンプルに書くことを心掛けてください。

  1. シンプルでありながら濃い内容にするコツ

    無駄を省くことは大切ですが、簡素化を心掛けるあまり、経歴の箇条書きになってしまっては、応募先の企業に伝えたいことが伝わりません。自分の経歴を掘り下げて、具体的なエピソードも含めながら文をつないでいくと、個性が見える職務経歴書となるでしょう。
    また、抽象的であったり、信憑性に欠けたりといった表現にも注意が必要です。実績を書く場合には、必ず数値による具体的な表現を心掛けましょう。

  2. 嘘や誇張はNG

    職務経歴書を書いていると、意図せずに嘘に近いことを書いたり誇張したりしてしまうことがあります。嘘の情報を書くつもりはなくても、アピールしたいあまりに誇張した表現となってしまうことで、無意識に自分を過大評価してしまうというケースが見られます。
    これは、面接時や採用後にトラブルとなる可能性がありますので、注意が必要です。

最終チェックは第三者の目を通すと安心!

職務経歴書が完成した後は、必ず全てをチェックし直しましょう。誤字脱字のチェックはもちろん、間違った情報を記載していないかどうかの確認は欠かせません。自己確認だけでは心配な場合、客観的にチェックできる第三者に見てもらうことをおすすめします。
専門知識を持ったマイナビエージェントのキャリアアドバイザーであれば、必要なことを簡潔かつ魅力的に記載し、あなたの個性がしっかりと伝わる職務経歴書になるようアドバイスいたします。書類選考を突破するためにも、マイナビエージェントにぜひご相談ください。

 関連ページ

押さえておきたい職務経歴書の基本

「職務経歴書に書くことがない…」その悩み、解消します!のページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。