履歴書の書き方|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書は企業に対して、さまざまな角度から自分をアピールするための手段です。そのため、「面接の方が重要になるはず」と軽視するべきではなく、細かい部分にまでこだわって、自分の魅力を存分に伝えられる履歴書を作成しなければなりません。
採用担当者は大手企業になると1日に100通近くもの応募書類に目を通しますので、体裁が整っていない、また誤字・脱字という初歩的な誤りがあっただけで、書類選考見送りの原因になります。
履歴書の書き方は独学でも身につけることは可能ですが、効率的に身につけられる方法としては、「転職エージェント」を利用するといった手段があります。転職エージェントでは、専門家が履歴書の書き方を指導したり、初歩的なミスをチェックしたりするサポートを受けられるため、履歴書の書き方にお悩みの方は積極的に活用してみましょう。
マイナビエージェントを通して行う書類の選考通過率は高い数字を誇ります。第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を事前に指導いたしますので、ご安心ください。

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

好まれる履歴書の内容は、目指す業界によって変わってきます。例えば、金融業界では好印象を与える写真、IT業界では履歴書全体の見やすさといった具合に、重視されるポイントは業界ごとに異なるため注意しておきましょう。履歴書を作成する前に、まずは自分の志望する業界でどのような履歴書が好まれるのかをリサーチし、全体の構成案を考えることが大切なポイントとなります。

また、学歴・資格・志望動機の3つの欄は、志望者の能力をひと目で判断できるため、ほとんどの企業が重視するポイントとなります。したがって、これらの欄に「記述するべき情報」「記述しない方が良い情報」を明確にしておかなくてはなりません。志望先の企業で、どのような人材が求められているのかをリサーチし、記述するべき情報をしっかりと考えておきましょう。

履歴書を作成する前に、「失敗談」をチェックする方法も効果的です。具体的な失敗談と、失敗した理由をチェックしておけば、重要なポイントを分かりやすく理解できるでしょう。

 履歴書サンプル

下記の履歴書サンプルでは、証明写真の写り方や各欄に記述するべき情報など、企業に好印象を与えるためのポイントをご紹介しています。また、履歴書では「空欄を作らないこと」「面接で話が広がりやすい内容にすること」も重要となるため、記述する内容に悩んでしまったら、下記の履歴書サンプルからヒントを得てみましょう。 志望先の企業に自分の熱意を伝えるには、1枚1枚の履歴書を丁寧に書き、全ての欄で最大限自分をアピールすることが大切になります。

履歴書記載例 1ページ目履歴書記載例 1ページ目

履歴書記載例 2ページ目履歴書記載例 2ページ目

履歴書サンプルのダウンロード

POINT

POINT履歴書の書き方 6つのポイント

  • 1手書きが基本

    1社ごとに心を込めて丁寧に書きましょう。
    マイナビエージェントに提出する書類はデータで構いません。

  • 2印象が大切

    写真は携帯電話で撮影したものや、カジュアルな服装は避けましょう。

  • 3読みやすい丁寧な字を心がける

    記入は必ず黒のペンかボールペンを使用し、間違えても修正ペンは使わず、最初から書き直しましょう。

  • 4空欄を作らない

    書くべきことがなければ「特になし」と記載しましょう。

  • 5誤字・脱字の見直しをする

    誤字・脱字という初歩的な誤りがあっただけで、書類選考見送りの原因になります。

  • 6履歴書は企業へのラブレター

    使い回しをせず、1社ごとに心を込めて丁寧に書きましょう。

※面接では履歴書を元に質問されるので、コピーを取っておくと何を書いたか確認できて良いでしょう

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

履歴書の書き方ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。