職務経歴書の書き方|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

 職務経歴書の書き方

職務経歴書とは、企業に対して自分自身をアピールするための書類です。履歴書のように決められたフォーマットがないため、工夫次第では自分の魅力を存分に伝えることができるツールとなります。
志望する業界や職種、企業によって、求められる経験やスキルは異なりますので、目指す企業に合わせたアピールポイントを記載することで、書類審査の通過率は大幅にアップするでしょう。
ここでは、魅力的な職務経歴書を作るために役立つポイントなどについてご紹介します。

職務経歴書の目的は?履歴書との違い

職務経歴書と履歴書の目的は異なります。履歴書は、基本的なプロフィールを確認するために使われるもので、採用後にも本人確認書類として保管されます。
一方の職務経歴書は、これまでの仕事内容やスキルを詳しく確認することを目的としており、書類選考や面接で採否を決めるために使われます。
そのため、職務経歴書は前職での実績やスキルを詳細に記入し、企業に貢献できることをアピールしなければなりません。

書き方は2種類!「編年体形式」と「キャリア形式」

職務経歴書は「編年体形式」と「キャリア形式」の2種類があります。
編年体形式では、今までの職歴を時系列順に記入します。キャリアの期間がわかりやすく、同業種の企業で転職している場合は、業界の経験値の高さを伝えることが可能です。また、現在の職業から過去にさかのぼる形で記入する方式は、「逆編年体形式」と呼ばれます。
キャリア形式では、キャリアごとに職歴を分類して記入します。専門性の高い職種の実績やスキルを効果的に伝えることができますので、専門職での転職を目指す方におすすめです。

職務経歴書の書き方5つのポイント

採用担当者の目にとまりやすく、読みやすい職務経歴書に仕上げるためには、次に挙げる5つのポイントを押さえると良いでしょう。

ポイント1.職務経歴書はパソコンで作成したほうが、見やすいケースが多い

一般的に履歴書は手書きが良いとされていますが、職務経歴書はパソコンで作成したほうが見やすくなるケースが多いです。職務経歴書はA4用紙2枚程度にわたる書類になるため、手書きでは読みづらい印象を与えてしまう可能性があります。
WordやExcelを使用すれば、デザインの調整も自由に行えますので、読みやすい職務経歴書に仕上げることができます。

ポイント2.過去の実績だけでなく、これからの展望も記述する

職務経歴書は、過去の職歴や実績だけを記入するイメージがありますが、それだけでは企業に熱意をアピールすることができません。
経験やスキルが応募先企業でどう活かせるのか、これからの展望も記述するようにしましょう。

ポイント3.退職理由については、ポジティブな内容を心掛ける

ネガティブになりがちな退職理由も、ポジティブに言い換えることで採用担当者の印象は良くなります。
人間関係が悪かったことが理由であれば、「チームワークを活かせる環境で働きたい」といったように、前向きな表現を心掛けてください。

ポイント4.読みやすいレイアウト、文字サイズを意識する

職務経歴書は読みやすさも重要です。
フォントや文字サイズ、紙面の上下左右の余白を調整することで、読みやすさは大きく変わります。

ポイント5.読み手を意識し、全体のバランスが良くなるように情報を盛り込む

新卒で入社した企業の職歴は詳しく書かれているのに、直近の職歴は1行のみでは、バランスが悪く採用担当者が疑問に思ってしまいます。
職務経歴書を作成するときには全体のバランスも意識して、各項目に情報を盛り込みましょう。

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

フォーマットが自由な職務経歴書は、目指す企業や自身のキャリア・スキルに応じて工夫することができます。
魅力をアピールする職務経歴書の作成に役立つコンテンツをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

職務経歴書の内容について

職務経歴書には、応募先企業に自分を売り込むための強みやスキルを記載します。自己分析やキャリアの棚卸をし、具体的な数字を用いて実績を分かりやすく伝えましょう。
また、その実績が、企業にどう貢献できるかといったことをアピールすると、志望動機にも信憑性が生まれます

職務経歴書の形について

職務経歴書に書くべき最低限の項目は、「日付」「氏名」「職務経歴概要」「職務略歴・実績」「志望動機」「自己PR」になります。
WordやExcelを用い、フォントサイズ・余白にも配慮して、見やすくわかりやすい職務経歴書を作成しましょう。

ITコンサルタントの職務経歴書について

クライアントの課題を発見し、論理的に改善策を提案する力が求められるITコンサルタント。
フロントエンドからバックエンドまで幅広い理解が必要なITコンサルタントに転職するには、ロジカルシンキングのスキルやコミュニケーション能力、プロジェクトのマネジメント能力をアピールしましょう。
以下は、ITコンサルタントの職務経歴書作成に役立つ情報です。

システムエンジニアの職務経歴書について

システム開発の要件を決定するシステムエンジニアは、プログラミングの知識やコミュニケーション能力が求められます。
ITシステムの需要は今後も拡大していく見込みのため、将来性のある仕事としても注目されています。また、IT業界は慢性的な人手不足にあるため、未経験からシステムエンジニアに転職する人も増加しています。
以下は、システムエンジニアの職務経歴書作成に役立つ情報です。

インフラエンジニアなどの職務経歴書について

ネットワークやサーバーといったインフラの設計、構築、運用、保守などをするエンジニアは、専門性の高い仕事です。
扱えるプログラミング言語や前職での経験、保有している資格をアピールすることで、キャリアアップも望めるでしょう。
以下はインフラエンジニア、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、さらに、システム監査人、セキュリティエンジニアの職務経歴書作成に役立つ情報です。

 業界・職種別 職務経歴書サンプル

 IT・WEBエンジニア

 営業職

 MR・メディカル

 ものづくり・メーカー

 管理部門

 クリエイティブ

 金融

 販売・サービス

 マーケティング・企画

 設計・施工管理

ワンポイントアドバイスその2

自己PRを積極的に行えるフォーマットに

上述の通り、テンプレートをダウンロードして活用していくことをおすすめしますが、必ずご自身を表現できるフォーマットにカスタマイズしましょう。職務経歴書は、ご自身のスキルや実績から、入社後にできることを表現できるものでなくてはなりません。ダウンロードしたテンプレートはあくまでも見本として捉え、その中で不要なものは削除し、必要なものは追加して、オリジナルのフォーマットに仕上げていくことが大切です

外資系企業に転職の際は英語職務経歴書(CV)の提出が求められる

外資系企業に転職を希望する場合は英語での職務経歴書の提出が求められる場合があります。英語での職務経歴書を(CV: Curriculum Vitae)など言うこともあります。
そもそも海外には日本の履歴書のような書類が存在しないため、全くフォーマットなしの職務経歴書を自由に記入することが求められます。こちらも読む側に分かりやすく、自分のキャリアが転職希望先のニーズにマッチするように記入するようにしましょう。そのためには、自分自身の理解するための自己分析も重要ですが、その能力がどのように企業へ貢献できるかも非常に重要なため、企業研究も入念に行ってください。

職務経歴書の書き方ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。