職務経歴書の書き方|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

職務経歴書は企業に対して、「仕事を実行する能力」をアピールするための手段です。履歴書とは違い、職務経歴書ではフォーマットが決められていないため、内容にお困りの方も多いことでしょう。
しかし、フォーマットが決まっていないからこそ、職務経歴書は自分の魅力を伝えやすいツールとも言えます。
志望する業界、職種によって求められる経験は異なるもの。目指す企業に合わせたアピールポイントを記載することで、書類審査の通過率は大幅にアップします。ここではあなたの魅力を企業へ的確に伝えるため、書類作成に欠かせないポイントをご紹介。さらに、ダウンロード可能な業界・職種別の書類サンプルをご用意しています。
「なかなかイメージが湧かない…」という方は、転職エージェントで公開されている業種・職種別のサンプルを参考にしてみましょう。サンプルを確認すれば、望ましい職務経歴書の形をより具体的にイメージしやすくなります。

POINT

POINT職務経歴書の書き方 5つのポイント

  • 1職務経歴書はパソコンで作成した方が、見やすいケースが多い

  • 2過去の実績だけでなく、これからの展望も記述する

  • 3退職理由については、ポジティブな内容を心がける

  • 4読みやすいレイアウト、文字サイズを意識する

  • 5読み手を意識し、全体のバランスが良くなるように情報を盛り込む

職務経歴書の書き方について、必要最低限押さえておきたいポイントとなります。採用担当者の目に留まりやすい、読みやすい、そして興味を持ってもらいやすいポイントとなりますので、この5つのポイントは覚えておくと良いでしょう。
更に、ご自身で職務経歴書を洗練させたい場合は、以下のお役立ちコンテンツや業界・職種別の職務経歴書サンプルなどを参考にしてみてください。
また、同じ業界でも企業毎に注力しているポイントなどが異なる場合があります。そのときは、業界や企業に詳しい専門のキャリアアドバイザーに無料で相談するのも一つの方法です。応募書類へのブラッシュアップだけでなく、その後の面接対策もすることができるので、キャリアアドバイザーへの相談もぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

 押さえておきたい職務経歴書の基本

 各状況に応じた職務経歴書の書き方の違い

 職務経歴書に関するFAQ

ワンポイントアドバイスその1

職務経歴書のフォーマットに決まりはない

職務経歴書に決まったフォーマットはありません。自分のこれまでの経歴を自由に記入し、企業へアピールを行うことができますが、自由だからこそ書き方が難しいとも言えます。また自分のこれまでのキャリアを見やすく、かつ効果的にアピールしていく必要があります。手書きでも全く問題はありませんが、字に自信がない人は人事担当者が読みやすい活字で作成したほうが無難でしょう。内容だけでなくフォーマットも、担当者が読みたくなるように気にかけなければなりません。

自由に書くのが不安という人はテンプレートを活用しよう

職務経歴書はWordなどを利用してゼロから作成することも可能ですが、決まった形がないと不安な方は、マイナビエージェントでダウンロードできるフォーマットを活用することをおすすめします。基本的には履歴書のように、決まった枠の中に必要事項を埋めていくだけですので、サクサク作成することができます。

また文章に関しても、マイナビエージェントでは各業種・職種ごとのサンプルをご用意しています。それらを参考にすることで、イメージがしやすく、より伝わりやすい職務経歴書に仕上げることができるでしょう。

 業界・職種別 職務経歴書サンプル

 IT・WEBエンジニア

 営業職

 MR・メディカル

 ものづくり・メーカー

 管理部門

 クリエイティブ

 金融

 販売・サービス

 マーケティング・企画

 設計・施工管理

ワンポイントアドバイスその2

自己PRを積極的に行えるフォーマットに

上述の通り、テンプレートをダウンロードして活用していくことをおすすめしますが、必ずご自身を表現できるフォーマットにカスタマイズしましょう。職務経歴書は、ご自身のスキルや実績から、入社後にできることを表現できるものでなくてはなりません。ダウンロードしたテンプレートはあくまでも見本として捉え、その中で不要なものは削除し、必要なものは追加して、オリジナルのフォーマットに仕上げていくことが大切です

外資系企業に転職の際は英語職務経歴書(CV)の提出が求められる

外資系企業に転職を希望する場合は英語での職務経歴書の提出が求められる場合があります。英語での職務経歴書を(CV: Curriculum Vitae)など言うこともあります。
そもそも海外には日本の履歴書のような書類が存在しないため、全くフォーマットなしの職務経歴書を自由に記入することが求められます。こちらも読む側に分かりやすく、自分のキャリアが転職希望先のニーズにマッチするように記入するようにしましょう。そのためには、自分自身の理解するための自己分析も重要ですが、その能力がどのように企業へ貢献できるかも非常に重要なため、企業研究も入念に行ってください。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

職務経歴書の書き方ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。