30代の転職成功 全方位ガイド|求人・転職エージェント

30代の転職成功
全方位ガイド

キャリア戦略、求人市場動向から
履歴書・職務経歴書の書き方、
面接のポイントまで
30代の転職のすべてがわかる

転職エージェントならマイナビエージェント
業界専任のキャリアアドバイザーが、
あなたの転職をしっかりサポート

無料転職支援サービス申し込み

30代の転職がキャリア形成においてどのような意味を持つのか、30代の転職市場はどのような状況なのか、30代の転職体験者はどのような想いを抱えているのか、30代の転職活動のポイントはどこにあるのか…。30代の転職に関するあらゆるトピックを全方位で解説していきます。転職を検討し始めた30代の方は、ぜひチェックしてみてください。

【キャリア戦略】30代の転職は慎重さと攻めの姿勢の両立がカギ

一時の感情で動くと後悔する。キャリアパスとライフプランを慎重に検討したい

30代は、会社員人生の中で最も仕事が楽しめる年代かもしれません。社会人として一定以上の経験を積み、成果を上げ、自分の能力・スキルを活かして、比較的、自由に仕事ができる。仕事の醍醐味を存分に味わえるのがこの時期です。一方で30代は、多忙を極める年代でもあります。中間管理職として部下をマネジメントしながら、自分自身もいちプレイヤーとして働かなければならないという人が多いのではないでしょうか。

そんな中、ふと頭をよぎるのが転職という選択肢です。「自分の能力をもっと高く評価してくれる会社があるのではないだろうか」「ほかの会社に行けば大きなキャリアアップができるのではないか」「もっとワークライフバランスが取れる会社に勤めたい」など、さまざまな動機が考えられます。しかし、一時の感情で転職をするのは後悔のもとです。なぜなら、30代で転職に失敗すると、年齢的に巻き返しが困難になる場合が多いからです。30代を超えると、よほど優秀な人でない限り、何度も転職を繰り返すことは難しくなってきます。特に30代後半であれば、「これが最後の転職」という気持ちで転職活動に臨むのが現実的といえるでしょう。

そこで重要になるのが、「キャリアパスを入念に考えた上で転職先を選ぶ」ということです。現時点での収入や待遇だけでなく、転職先で10年、20年勤める中で、どのようなキャリアを積むことができ、どのようなポジションに就けるのかを冷静に考えてみてください。例えば、大手企業なのか、ベンチャー企業なのかによっても、歩めるキャリアパスは大きく異なります。イメージしたキャリアパスが、自分の理想像に合致していることが大切です。

また、ライフプランに関しても慎重に検討しておきたいところです。キャリアを積むことだけが人生ではありません。家庭を持っている、もしくは将来的に家庭を持つ予定があるのであれば、家計を十分に支えられるだけの収入を安定的に手に入れる必要があります。子供の教育費、住居購入費用、老後の生活費なども、考慮しておくことをおすすめします。そのほか、将来的に地元へ帰ることを考えているのであれば、全国に事業所を持つ企業を探すといった視点も必要です。

スキル・実績を積極的にアピールし、好条件を勝ち取る

慎重に検討した結果、「転職する」という結論に達したなら、妥協をせずに転職先を探してください。30代の場合、同業種・同職種への転職が一般的です。培ってきたスキルと実績を存分にアピールし、できるだけキャリアアップを実現したいところです。転職先が現職と同規模以上の企業なのであれば、現在と同等かそれ以上の職位で入社できるのが理想です。現職よりも規模が小さい場合は、職位の上昇を目指してもいいかもしれません。

中には、異業種・異職種へのキャリアチェンジに挑戦する人もいるかもしれません。この場合も同様に妥協は禁物ですが、こだわりたいのは「獲得できるスキル」と、その「獲得スピード」です。30代で未経験職種にチャレンジする場合、新卒でその業種・職種に就いている人に比べて、経験・スキルが劣ります。年収や職位がダウンすることは覚悟して、どうすれば先行するライバルたちに追いつけるかを考えましょう。

転職先の企業を探す際は、必ず非公開求人もチェック!

転職サイトや転職情報誌に掲載されている求人情報を見て、「30代を対象としているものが少ない」「職位が高く、条件の良い求人がない」と思ったことはないでしょうか。実際、20代を対象とした、一般スタッフ層の求人に比べると、求人数は格段に少なくなります。しかし、30代や職位の高い人に対して、企業の求人ニーズがないわけではありません。一般に公開されていないだけなのです。

部課長クラスや事業責任者の採用など、30代の転職希望者がチェックしたいと考える求人情報は、企業の事業戦略に密接に結びついているものです。情報管理の観点から、一般に公開される媒体では求人を行えないケースが多々あります。そこで、多くの企業が選択するのが、特定の人しか閲覧できない媒体を利用して人材募集をする、非公開求人という方法です。

非公開の求人情報を閲覧するための簡単な方法は、転職エージェントを利用することです。転職エージェントは、サービス登録者を企業とマッチングしてくれる人材紹介サービスで、非公開求人が大量に集まっています。例えば「マイナビエージェント」が保有している求人情報は、約80%が非公開求人となっています。30代で条件の良い転職先を探すなら、転職エージェントの利用は必須といえるでしょう。

30代の転職を成功させるカギは
非公開求人にあり!
転職エージェントの活用は必須

転職支援サービス申し込み 無料転職支援サービス申し込み

【データ解説】30代の転職市場はどうなっている?転職者の志向・動向は?

将来のキャリア形成を考えると、失敗ができないのが30代の転職です。成功確率をアップさせるためには、転職市場の動向を知っておくことも重要です。そもそも市場が人材を求めていなければ、どんなに優秀な人でも転職は成功しません。また、同世代の人が、転職によってどのような年収変化を経験し、どの程度の期間で転職活動を終え、どのような動機で転職を決意しているかも知っておきたいところです。自分が今、本当に転職すべきなのかを判断する材料になるはずです。

30代の「有効求人倍率」は大台の1を突破!転職市場は急激に回復中

30〜34歳の有効求人倍率の推移

35〜39歳の有効求人倍率の推移

  • 厚生労働省「一般職業紹介状況」(平成28年9月分)より
  • 常用的パートタイムを含む
  • 就職機会積み上げ方式

まずは転職市場を見る上で最も基本的な指標である「有効求人倍率」の推移から見ていきましょう。民間の求人サービスに関する数値が除外されているという弱点はありますが、転職市場の動向を見る上では役立つ指標です。「有効求人倍率」は、求職者1人あたりに何件の求人が存在するかを示しています。数値が「1」を超えると、求職者の数を求人数が上回っていることになり、転職がしやすい環境であることがわかります。

上のグラフは2008年以降、30~34歳、35~39歳の「有効求人倍率」がどのような推移をたどったかを示しています。2008年に起きたリーマンショックの影響で、2009年には30~34歳、35~39歳ともに0.4台という低い数値になっていますが、それ以降は徐々に回復。2015年には、30~34歳、35~39歳でそれぞれ、1.19、1.14という求職者優位の市場になっています。

リーマンショックによる求人市場の冷え込みはすさまじいものでした。当時は転職活動をしたくても、そもそも求人がない状況です。現在、30代の人の中には、「20代で転職を考えたが、見送らざるを得なかった」という人も多いのではないでしょうか。30代は思い切った転職ができる最後のチャンスといえます。当時、実現できなかったキャリアアップやキャリアチェンジを、真剣に再検討してみてもいいかもしれません。

30代の転職では約45%が年収アップを実現。据え置き以上が約65%

30〜34歳の転職による賃金変動

35〜39歳の転職による賃金変動

  • 厚生労働省「平成27年転職者実態調査」より
  • 発表数値をそのまま引用しているため、合計が100%にならない場合があります

家庭を持っていることも多く、安定的な収入が必須条件に挙がることも多い30代の転職。「どんなに今の仕事がつらくても、転職による年収減だけは避けたい」と、無理をして働いている人も多いのではないでしょうか。また、次の会社で定年まで勤めたいと考えた場合、スタート時の給料は高いに越したことがないというのが本音でしょう。そこで非常に気になるのが、転職による年収の変動です。

上に掲載したのは、厚生労働省「平成27年転職者実態調査」を基に作成した、「転職による賃金変動」のグラフです。グラフを見ると、30~34歳、35~39歳の転職者ともに、40%以上が年収アップに成功していることがわかります。10%以上の年収アップを実現した人に限定したとしても、全体の25%以上の割合を占めることを考えると、年収面で転職を成功させることは、比較的容易であると考えられます。また、変動がなかった人を含めると、その割合は65%を超えます。「収入減は絶対NG」という人も、転職にチャレンジしやすい環境が整ってきているのかもしれません。

一方で、年収がダウンしてしまった人も確実に存在しています。その割合は、30~34歳で32.9%、35~39歳で33.1%となっています。この中には、思い切ったキャリアチェンジをした人や、転職マーケットで評価を得られるようなスキル・実績がない人のほか、何らかの理由でいち早く現職を辞めたかった人などが含まれていると考えられます。30代の転職では、「やりたい仕事とお金」「自分のスキルとお金」「労働環境とお金」の関係性を、冷静な目で見極める必要があるでしょう。

「転職活動は3ヵ月以内」が多数を占めるが、「じっくり派」も少なからず存在

30〜34歳の転職活動開始から離職までの期間

35〜39歳の転職活動開始から離職までの期間

  • 厚生労働省「平成27年転職者実態調査」より
  • 発表数値をそのまま引用しているため、合計が100%にならない場合があります

続いて紹介するのは、30代の人が転職活動にかけている時間のデータです。上のグラフは、実際に転職をした人を対象に、「具体的な転職活動を始めてから、現職を辞めるまでの期間」を、厚生労働省が調査したものです。転職先を決めてから現職を辞めるというスタイルが一般的であることを考えれば、どの程度の期間転職活動をすれば転職先が見つかるのかという目で見ても、大きな問題はないでしょう。

調査の結果、最も大きな割合を占めたのが、転職活動期間が「1ヵ月以上3ヵ月未満」という人でした。30~34歳で全体の26.2%、35~39歳で全体の28.2%を占めています。また、「1ヵ月未満」という短期決戦の人も多く、30~34歳で15.8%、35~39歳で19.2%となっています。30代の転職活動は3ヵ月未満が主流といえそうです。

ただし、30~34歳、35~39歳ともに、転職活動に3ヵ月以上かけた人も30%以上存在しています。将来のキャリアやライフプランを考えると、転職に慎重を期す必要があるのが30代です。また、責任のある仕事を担当しているため、すぐには離職できないケースが多いのも30代の特徴です。時間をかけてじっくりと転職先を探すというスタイルも、選択肢に入れておいたほうがいいでしょう。

30~34歳は「賃金」、35~39歳は「会社の将来」が最も多い転職理由

30~34歳の自己都合による転職理由ランキング

1位 賃金が低かったから 30.1%
2位 労働条件(賃金以外)が良くなかったから 27.0%
3位 満足のいく仕事内容ではなかったから 25.0%
4位 会社の将来に不安を感じたから 24.4%
5位 能力・実績が正当に評価されないから 20.2%

35~39歳の自己都合による転職理由ランキング

1位 会社の将来に不安を感じたから 32.5%
2位 労働条件(賃金以外)が良くなかったから 30.4%
3位 満足のいく仕事内容ではなかったから 24.6%
4位 賃金が低かったから 21.7%
5位 能力・実績が正当に評価されないから 15.6%
  • 厚生労働省「平成27年転職者実態調査」より
  • 3つまで複数回答

上に掲載したのは、厚生労働省「平成27年転職者実態調査」を基に作成した、30~34歳と35~39歳の転職理由ランキングです。30~34歳の転職理由ランキングでは、「賃金が低かったから」という回答が30.1%を占め、第1位になりました。スキルや実績、在籍する企業によって、急激に給与に差がつき始めるのが30~34歳という年代です。友人・知人の昇進や年収が気になっている人も多いはずです。「自分の年収は低すぎるのではないか」と疑問を持ち、転職を決意する人が少なくないのでしょう。

35~39歳の転職理由ランキングでは、「会社の将来に不安を感じたから」という回答が1位になっています。40代になると、転職を成功させられる確率がぐんと下がってしまうのが現実です。「30代のうちに、一生安定して勤められる会社に転職したい」という志向が強くなっているのかもしれません。また、30代後半になると、会社内である程度の職位を与えられ、経営目線を求められるようになります。その中で、会社が抱えている経営リスクに直面してしまうという可能性もあるでしょう。

また、30代の転職理由で特徴的なのが、30~34歳、35~39歳でともに、「能力・実績が正当に評価されないから」という回答が5位にランクインしている点です。働き盛りの30代は、多くの時間を仕事に充てることになります。能力・実績が評価されないという状況は、大きなストレスになっているようです。

あきらめていたキャリアアップ
年収アップのチャンスがそこに!今すぐ転職アドバイザーに相談

転職支援サービス申し込み 無料転職支援サービス申し込み

【転職体験談】スキル・経歴の評価は?転職の決め手は?30代転職のリアルな声

30代の転職では、即戦力であることが大前提となります。そのため、培ってきた経歴やスキルが、転職マーケットでどのように評価されるのかが非常に気になるところです。また、20代のころと違い、「これを最後の転職にしたい」と考えている人も多いはずです。
そこでここでは、30代の転職成功者が、どのような経歴・スキルを持ち、どんな不安を抱え、どのようにして転職を決めていったのかを、リアルな体験談で紹介していきます。責任ある仕事を任され、多忙を極める30代のビジネスパーソン。面接の日程調整やサポート、企業選定に、転職エージェントのサービスを役立てている人も多いようです。

前職
業種
電子・電気機器・半導体・半導体製造機器
職種
実験・解析・評価
現職
業種
電子・電気機器・半導体・半導体製造機器
職種
実験・解析・評価
転職を考えたきっかけ

経験・能力を活かしたい/仕事の幅を広げたい/専門知識の習得/キャリアアップに対する不安/会社の方針とご自身の意向との違い/会社の評価制度/給与・年収などの待遇

転職前の職務内容

CMOSイメージセンサーの評価業務(経験年数:3年)、及び評価システムの開発業務(経験年数:2.5年)に従事。評価業務においては、おもにモバイル向けの製品に関連するプロジェクトに参画した。関わった製品の数は10以上。評価計画や評価仕様の検討、データ取得、及びスケジュール管理を担当。評価システムの開発業務においては、大手メーカーの自動評価システム開発プロジェクトに参画し、企画、提案から設計・実装・テストまで一貫して担当した。

転職にあたって不安だったこと

  • 活動を始めた当初は、どういう基準で次の職場を選ぶべきかわからなかった。
  • 転職前の業務が多忙で、事務手続きや面接対策などの時間がとれるかどうかわからなかった。また、面接対策は何をすべきなのかよくわからなかった。
  • 結果を出せるまでモチベーションをキープできる自信がなかった。
  • 求人情報に待遇の欄が空欄になっているものがいくつかあり、候補にいれるべきかどうかの判断が難しかった。

不安に対しての、キャリアアドバイザーからのアドバイス

  • 次の職場を選ぶ基準について直接的なアドバイスはもらっていないが、キャリアアドバイザーの方と進め方について相談したり、選考で企業の採用担当の方と話をしたりする過程で明確にできた。
  • 企業側との連絡を密に取っていただいたり、面接の過去の質問事例などを教えていただいたりしたおかげで、最小限の時間で転職活動を行うことができた。面接対策についても、ポイントを絞って行うことができた。
  • アドバイスではないが、日程調整などを随時進めていただけたので、多忙な中でも転職活動を進めることができた。

現在の会社への入社を決意した理由

提示された業務内容が、自身のやりたいことと完全に一致していた。下請け企業だと、どうしても元請け企業の意向に縛られ、受注した範囲の仕事しかできなかったが、新しい企業は、自由度の高さや業務範囲の拡大にも期待が持てた。
また、半導体業界におけるリーディングカンパニー的な存在であり、スキルアップを目指す上でベストな選択だと感じたため。

前職
業種
監査法人
職種
監査
現職
業種
監査法人
職種
その他(金融・コンサルティング系)
転職を考えたきっかけ

仕事の幅を広げたい/資格・語学力を生かしたい

転職前の職務内容

監査法人にて、監査業務に従事。四半期レビュー、財務諸表監査及び内部統制監査を実施した。おもに財務諸表の勘定科目全般について幅広く分析し、資料の閲覧及び会社担当者への質問を実施することで、財務諸表に全体として重要な虚偽表示の記載がないことの心証を得るための検討を実施。また、有価証券報告書・四半期報告書の開示の妥当性チェックを実施した。

転職にあたって不安だったこと

  • 前職を去ったあとに留学をしたため、2年ほどブランクがあり、競争の激しい業界でやっていけるか。
  • 実際に自分が興味のあった業種ではあるが、ワークライフバランスを保てないほどの激務であるとの印象があった。
  • 監査業務に関する経験はあるものの、転職先に関する業務の知識はほとんどなかったため、転職後に周りからの期待と実際の自分の能力に、ギャップが生じてしまうのではないか。

不安に対しての、キャリアアドバイザーからのアドバイス

キャリアアドバイザーの方との面談を通じ、自分の興味があった分野に秀でている会社や、語学力を活用できる会社を探すことができた。会社概要などの説明を受け、パンフレットを見せていただき、今回の転職が将来のキャリアパスにつながる良い機会であることが理解できた。また、なるべく早く(数週間以内)に転職したいとの、こちら要求にも迅速に対応していただき、転職活動を短期間で実施することができた。

現在の会社への入社を決意した理由

業務内容が、以前より興味のある分野であったため。前職で培った経験や知識をベースとして、語学力を生かし、キャリアアップを図れると考えた。業界の中でもトップクラスにあり、プロフェッショナルとしての能力を発揮しながら、切磋琢磨して向上していける環境であると感じた。また、面接時の担当者に対し好感を抱き、いっしょに働いてみたいと感じた。

前職
業種
システムインテグレーター・ソフトハウス・ソフトウェアベンダー
職種
プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー
現職
業種
システムインテグレーター・ソフトハウス・ソフトウェアベンダー
職種
システムコンサルタント
転職を考えたきっかけ

仕事の幅を広げたい/資格・語学力を活かしたい/キャリアアップに対する不安

転職前の職務内容

アプリ系のシステムエンジニアとして、官公庁系の業務システムの開発に約12年間携わってきました。担当システムごとに、要件定義、基本設計、詳細設計、プログラミング、テスト、導入、運用保守を担当し、各プロジェクトを一貫して経験。プロジェクトリーダーとして開発チームのマネジメントも約7年間経験しました。プロジェクト内でのおもな役割は、一次請けのプロジェクトリーダーの補佐を行い、開発業務はプロジェクトリーダーの下、責任を持って推進するというものでした。

転職にあたって不安だったこと

初めて転職ということもあり、転職活動の始め方や進め方、面接対策など、わからないことが多くありました。その中で、在籍中の会社で仕事をしながら、どのように転職活動を進めればいいのかわからず、不安を感じていました。また、希望している企業の情報収集ができず、十分な対策が取れない状況でした。そのため、面接を通過できなかったことも多く、「今の自身のスキルで活躍できる場があるのか」と常に不安を抱えていました。

不安に対しての、キャリアアドバイザーからのアドバイス

担当のキャリアアドバイザーからは、初めに転職活動の流れを説明していただきました。その上で、転職活動の開始時期や業務都合を考慮し、自身に合ったスケジュールをいっしょに考え、転職活動を進めました。面接前日には、面談や電話で面接での心構えなどをアドバイスしていただくことで、面接に自信を持って臨むことができました。企業担当者の方との面談によって、具体的な企業情報を事前にいただけたことも転職活動の助けとなりました。

現在の会社への入社を決意した理由

クライアントに直接関わっていきたいと考えて転職活動を進めている中で、希望に合う企業だと感じ入社を決意しました。また、システムエンジニアからコンサルタントへのキャリアアップを考えた際、イメージしている具体的なキャリアパスへ、自信を持ってチャレンジできる環境だと感じたためです。

失敗できない30代の転職
理想のキャリアを実現したいなら今すぐ転職アドバイザーに相談

転職支援サービス申し込み 無料転職支援サービス申し込み

【転職の手順】30代の転職活動で絶対に押さえておきたいポイント

一口に転職活動といっても、転職者の年代によって重視すべきポイントや注意すべき点は異なります。なぜなら、企業が求める人物像や実績・スキルは、年代によって大きく異なるからです。ここでは30代で転職を検討する人がぜひ知っておきたい転職成功のカギを、一般的な転職手順にあてはめて解説していきます。20代で転職を経験している人も、30代で初めて転職活動をする人も、ぜひチェックしてください。

STEP1

スケジュールを
立てる

初めに行わなければいけないのが、「いつ転職するか」を決めることです。期日を設定した上で、逆算して転職準備や選考を受ける期間などを検討してください。年齢を重ねるほど、希望どおりの転職は難しくなるのが現実です。特に30代後半の人や、キャリアチェンジを志している人にはその傾向が顕著です。期日を設定しておかないと、日々の業務に追われ、ズルズルと転職活動に不利な年代に突入してしまいます。
とはいえ、思いどおりのスケジュールで会社を辞められるわけではありません。30代の会社員の多くは、部署やプロジェクトなどの中核をなす存在になっています。そんな中で突然、「1週間後に会社を辞めます」などと言うのはビジネスパーソンとして失格です。スケジュールを立てる際は、スムーズに退職できるタイミングを見極めることも大切です。また、家庭がある人は、家族のライフイベントとの兼ね合いも検討したほうがいいでしょう。

Point

  • 転職活動が長引かないよう、期日を決める
  • スムーズに退職できるタイミングを見極める
  • 家族のライフイベントとの兼ね合いも検討する

STEP2

自己分析とスキル
・実績の棚卸

自己分析のポイントは、自分の性格や嗜好を仕事と結び付けて考えることです。得意な仕事、苦手な仕事を洗い出して分析することで、ビジネスパーソンとしての性格が見えてきます。またこの際、同時にライフプランに関しても考えてみることが大切です。30代は結婚や出産、住宅の購入といった大きなイベントが発生しやすい年代です。ライフイベントに合わせて、仕事への向き合い方が変化する可能性もあります。将来的に、どのような生活を送りたいかを、自身に問いかけてみることをおすすめします。
スキル・実績は、成功体験を徹底的に数値ベースで洗い出していきましょう。例えば、「営業利益を●%アップさせた」「●人のマネジメントをしていた」「●%のコスト削減を実現した」といったものになります。30代の転職希望者には即戦力が求められており、数値で成果を提示できなければ、スキルや実績として認めてもらうことは困難です。

Point

  • ビジネスパーソンとして性格を分析する
  • ライフプランも自己分析に取り入れる
  • スキル・実績は数値ベースで洗い出す

STEP3

企業・業界研究と
求人情報の
チェックをする

30代での転職は同業種・同職種への転職が一般的です。そのため、業界に対する知識は頭に入っていて当然という目で見られます。ライバルに差をつけるには、「業界の中で応募先の企業がどのような戦略を取っていくべきなのか」といったところまで語りつくせるほどに、綿密な企業・業界研究を行いましょう。また、30代の転職希望者は、「これを最後の転職にしたい」と考えている人も多いはずです。応募先企業の経営状況、将来性、事業戦略に関しても熟知しておくことが大切です。
求人情報に関しては、転職エージェントなどを利用して、非公開求人を中心にチェックすることをおすすめします。30代に対する求人は、企業の事業戦略に密接に結びついているものが多く、非公開になっているものが多くあります。公開求人だけをチェックしていても、希望するようなポジションへの転職は困難なケースが多いでしょう。

Point

  • 志望業界の将来性を含めて語れるほどの知識が必要
  • 応募先企業の経営状況、将来性、事業戦略を熟知しておく
  • 転職エージェントを利用して非公開求人をチェックする

STEP4

履歴書・職務経歴書
を作成して応募する

履歴書の志望動機や自己PRに、「貴社の経営理念に共感して」「事業の成長性に魅力を感じ」などと、あいまいな言葉を並べるのはNGです。また、成長意欲やチャレンジ精神ばかりを記載するのもマイナスポイントになるケースがあります。30代の人材に求められているのは即戦力です。今まで培ってきたスキルや能力を活かして、志望企業で「何を実現したいのか」「何が実現できるのか」を具体的に書くようにしましょう。
職務経歴書の書き方で最も重要なのは、成果や実績が数値で記載されていることです。経歴の羅列では、自分がどのような能力の持ち主なのかが伝わりません。数値という客観的な指標を使って、能力やスキルをアピールすることが大切です。また、成果を出すに至ったプロセスを詳しく記載することで、自分の強みをわかりやすく伝えることができます。
書類選考で落ちてしまうことが多い場合は、書類の書き方に問題がある可能性があります。転職エージェントなどを利用して、アドバイスを受けたほうがいいでしょう。

Point

  • 即戦力としてどのような貢献ができるかを具体的に記載する
  • 職務経歴書には、必ず数値成果とそのプロセスを記載する
  • 書類選考でつまずくことが多いなら転職エージェントに添削してもらう

STEP5

面接を受ける

転職活動において面接は、自分という商品をプレゼンテーションする場です。コンペティションに参加するような気持ちで、周到に準備をしましょう。自分を採用することによって、志望先の企業にどのようなメリットを与えられるのかを説明できるのが大前提となります。また、面接でのコミュニケーションを通じて、企業の要望を引き出し、自分がニーズに合った人材であるかどうかも冷静に判断してください。
面接には、謙虚かつニュートラルな態度で臨むことが大切です。即戦力としての働きを求められている以上、自信がない印象を与えてしまうのはもってのほかですが、自信を前面に出しすぎるのもマイナス評価につながることがあります。横柄な態度と映ってしまう場合があるからです。これは、能力やスキルが高い人ほど犯しやすい失敗なので注意が必要です。応募先企業になじめる柔軟性があることを印象付けるようにしましょう。
面接に苦手意識がある人や事前練習をしたい人は、転職エージェントに登録して、面接対策で模擬面接を受けるのがおすすめです。改善点などを丁寧にアドバイスしてもらえます。

Point

  • 面接は自分をプレゼンする場。周到な準備が必要
  • 自信の持ちすぎはNG。あくまで謙虚な姿勢でアピールする
  • 面接が苦手な人は転職エージェントの面接対策サービスの模擬面接で事前練習をする

STEP6

条件交渉と
退職手続きを行う

内定をもらったら、入社日や給与などの条件交渉と、在籍中の会社での退職手続きが始まります。転職後の待遇や給与に関しては、転職先の企業に改めて面談を申し込むことをおすすめします。面接の中で細かな条件交渉をするのは難しいものです。企業側もそのことは理解しているので、不快に思われることは少ないはずです。
30代の場合、入社日と退職日の調整が面倒なケースが多いので注意してください。30代の会社員は、企業内で中核的な役割を担っているのが一般的です。そのため、退職意思を伝えたときに、強い慰留を受けることがあるのです。退職を承諾してもらえなければ、業務の引継ぎが進みませんし、円満退職が遠のいてしまいます。慰留を受けた場合は、自分と会社の双方が納得できるよう、上司と根気良く話し合ってください。
そして最も大切なのが、退職日まで真剣に仕事を続けるということです。自分の退職によって部下や同僚のモチベーションが低下しないように配慮するのが、社会人としてのマナーです。

Point

  • 待遇や給与などの条件交渉は、改めて面談を申し込む
  • 強い慰留を受けた場合は、双方が納得できるまで話し合う
  • 周囲のモチベーション低下が起きないよう、業務の手を抜かない

転職先探しも、書類の書き方も
面接の対策も!充実のサポートで転職活動が成功する

転職支援サービス申し込み 無料転職支援サービス申し込み

【転職Q&A】30代の転職希望者が抱えがちな悩み・疑問を徹底解決

30代の転職では、いかにリスクを抑えて、スマートに転職できるかという点が問題になります。ビジネスパーソンとして適切な行動を取れないと、トラブルに発展する可能性もあります。また、能力が高く、多くの企業に求められる人材ほど、悩みを抱えがちという側面もあるようです。
ここでは30代の転職希望者が知っておきたい、転職活動にまつわる疑問や注意点を、Q&A形式でご紹介していきます。

  • 30代で異業種・異職種への転職は可能?

    20代の転職に比べると、転職が成功する可能性は低いのが現実です。30代前半であれば一定の需要はありますが、30代後半になると異業種・異職種への転職は難しいと言わざるを得ません。なぜなら、30代の人材に対して企業が重視するのは、即戦力というファクターだからです。入社直後から、何かしらの成果を上げてほしいというのが企業の本音です。特に、営業、経理、人事といった職種の変更は、難しいと考えておきましょう。
    しかも、30代の人材にはそれなりの給料を支払う必要があります。若手社員と比べてもスキル面で優れているわけでもないのに、企業として高い給料を払うわけにはいきません。もし、どうしても異業種・異職種への転職をしたいのであれば、年収の大幅なダウンも覚悟したほうがいいでしょう。

  • 転職回数は何回目から不利になる?

    業種・職種によって異なりますが、転職歴が過去に3回あると「少し多い」という印象を与えてしまうのが一般的です。転職歴が4回以上になると、明らかなマイナス要素としてとらえられてしまうケースが多いようです。近年は、転職がキャリアアップの手段として当たり前のものになっています。2度の転職歴であれば、ほぼ問題にはならないでしょう。
    また、職歴に関しては、各社の勤続年数もチェックされていることを覚えておくといいでしょう。例えば、35歳で転職歴が3回あったとします。1~3社目までは1年で退職していたのに対し、直近の勤務先である4社目は10年間勤めていた場合、「すぐに辞めてしまうのではないか」というマイナス評価が軽減される可能性もあります。

  • 退職の慰留が続き、会社を辞められないときは?

    30代は責任のある仕事を任され、企業の利益に対する貢献度も高い年代です。スキルや実績が高いほど、強い引き留めが行われる可能性があります。「もう少し待ってくれ」と、退職日の先延ばしを依頼されたり、給料や労働条件の改善を提案されたりすることも多いでしょう。中には、慰留とは思えない高圧的な言葉で、退職を承認しないケースもあるようです。
    このような場合、円満退職を前提とするのであれば、話し合いを続けるしかありません。確固とした退職意思を示し、慰留に対しても心が揺れていないというスタンスを貫いてください。心が動いているという印象を与えると、かえって慰留が長引くケースもあります。また、どうしても話し合いが進展しない場合は、労働基準監督署や各都道府県の労働局に相談するという手もあります。

  • 内定を上手に断る方法を知りたい

    内定を辞退する可能性があるのであれば、安易に承諾をしないというのが一番のポイントです。承諾をするまえに、正直に「慎重に検討させていただきたい」と伝えるのです。この際、必ず返答期日を設定すること。応募している企業の採用スケジュールによって返答を保留できる期間は異なりますが、3日~1週間程度であれば返答を待ってもらえるのが一般的です。
    もうひとつ大切なのは、辞退することになったときは、可能な限りすみやかに内定辞退の意思を連絡すること。「自分に内定が出た裏側には、不採用になる人がいる」「企業は大きなコストをかけて採用活動をしている」ということを理解しておかなければなりません。内定通知を不用意に放置すると、トラブルに発展してしまうこともあります。

  • 競合他社への転職で注意すべき点は?

    就業規則に「退職後の競業避止義務」が定められていないか、「退職後の競業避止義務」について誓約書を取り交わしていないかを、第一に確認してください。「競業避止義務」とは、在籍する企業と競業関係にある業務を行ってはならないという義務です。ノウハウや人材が競合他社へ流出するのを避けるため、社員に対して、この義務を退職後の一定期間も負うように求めている企業も少なくありません。「退職後の競業避止義務」の法的な有効性はケースバイケースなのですが、自分の意思で同意しているにもかかわらず、競合他社への転職をすると、トラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。
    また、雇用契約における「秘密保持義務」違反にあたる可能性が高いので、面接時などに自社の内情を話すのは避けましょう。

  • 非公開求人ってどんなもの?

    非公開求人とは、求人サイトや求人情報誌などに掲載されていない求人のことをいいます。求人は企業の事業戦略に密接に結び付いているため、情報管理の観点から求人情報を非公開にするケースが多々あります。例えば、新規事業の立ち上げや新製品の開発にあたって事業責任者クラスを募集する場合もあるでしょう。このとき、求人情報を一般に公開してしまうと、求めるスキルや資格、人物像から、競合他社にも新規事業、新製品の内容を推測される危険性があります。こういったリスクを避けるために、企業は一部の求人情報を非公開にする必要があるのです。
    職位の高い求人や、条件の良い求人は、非公開にされる傾向があります。30代の転職では、非公開求人を必ずチェックしたほうがいいでしょう。

  • ヘッドハンティングを受けた際の注意点は?

    30代でスキル・実績ともに高い人であれば、一度や二度は連絡を受けたことがあるかもしれません。ヘッドハンティングによる転職は、待遇・給与面での条件が良い傾向があり、転職を検討しているのであれば積極的に利用してもいいでしょう。
    ただし、転職意思が固まっていない段階でヘッドハンティングを受けた場合には注意が必要です。確固たる意志を持たずに、好条件に引かれて安易に転職をしてしまった結果、「まえの会社に残ったほうが良かった」と後悔をする人も少なくありません。また、ヘッドハンティングによる転職は、転職先の比較・検討がしづらいという側面もあります。「自分に合った仕事や職位が用意されているか」「企業の将来性・成長性に問題はないか」などを冷静に見極める目が求められます。

好条件の非公開求人多数!
30代の転職を成功させるには転職エージェントの活用が必要

無料転職支援サービス申し込み 転職支援サービス申し込み

30代の転職成功 全方位ガイドに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。