20代の転職成功 全方位ガイド|求人・転職エージェント

20代の転職成功
全方位ガイド

キャリア戦略、求人市場動向から
履歴書・職務経歴書の書き方、
面接のポイントまで
20代の転職のすべてがわかる

転職エージェントならマイナビエージェント
業界専任のキャリアアドバイザーが、
あなたの転職をしっかりサポート

無料転職支援サービス申し込み

20代の転職がキャリア形成においてどのような意味を持つのか、20代の転職市場はどのような状況なのか、20代の転職体験者はどのような想いを抱えているのか、20代の転職活動のポイントはどこにあるのか…。20代の転職に関するあらゆるトピックを、全方位で解説していきます。転職を検討し始めた20代の方は、ぜひチェックしてみてください。

【キャリア戦略】20代の転職は理想のキャリアを実現するためのチャンス!

20代前半、第二新卒の転職に失敗はない。すべてキャリア形成の糧になる

20代前半といえば、大学卒業の人が新卒で入社して1~3年がたったころです。「労働時間が長すぎる」「給料が安すぎる」「仕事の内容が思っていたものと違った」「ほかにやりたいことが見つかった」など、仕事に悩みを抱えているのであれば、将来のキャリアを考えて、積極的に転職を考えてみてもいいかもしれません。

20代前半が転職に積極的に取り組んでもいい、大きな理由は2つあります。1つは「第二新卒」という市場があり、転職自体に寛容な企業が多く、求人数も豊富だから。企業はこの年代を、社会人としての最低限のマナーを身に付けている上に、新卒の学生に匹敵する成長性を秘めている層ととらえています。そのため、前向きな動機さえあれば、より労働条件の良い企業に入り直したり、キャリアチェンジをしたりすることも、比較的容易なのです。

もう1つの理由は、その転職が失敗だったとしても巻き返しができる年齢だからです。転職をした人のすべてが、次の職場で完全に満足を得ているとは限りません。新卒で入社したときと同様、「労働環境が想像していたものと違う」「キャリアチェンジしたものの、自分に適性がなかった」など、悩みを抱えてしまうケースも珍しくありません。しかし、その結果を失敗ではなく、自分の仕事に対する向き合い方、歩みたいキャリアを明確にする機会ととらえればいいのです。勤続年数や業界によっても異なりますが、20代で2回程度の転職はマイナスにならないといわれていますので、必要以上に失敗を嘆く必要はありません。むしろ、将来のキャリア形成の糧になってくれるでしょう。

20代後半の転職はキャリア形成のベース。やりたいことを明確に

20代後半の転職において、大きなポイントとなるのが、異業種・異職種へのキャリアチェンジにチャレンジするか、同業種・同職種でのキャリアアップを目指すかという点です。

30代になると、大きなキャリアチェンジは困難になるというのが現実です。逆にいえば、20代後半までに経験した仕事や培ったスキルが、将来のキャリア形成の基礎となってしまうということです。もし、「今の業界、職種に向いていない」「どうしてもほかの仕事をしてみたい」と考えているのなら、20代のうちに真剣にキャリアチェンジを考えたほうがいいでしょう。

一方、キャリアアップを目指して転職するなら、転職をすることで「どのような経験ができ」「どのようなスキルが身に付くのか」という点を深く考えたほうがいいでしょう。転職によって成長が促進されないのであれば、将来のキャリアに対してメリットが少ない可能性があります。むしろ、現職にとどまったほうがいいケースもあるかもしれません。特に「労働時間が長いから」「給料が安いから」というネガティブな動機で転職を考えている場合は注意が必要です。不満が解消されることは当然として、プラスアルファの成長が期待できる転職先を探してください。

30代の転職を成功させるカギは非公開求人にあり!
転職エージェントの活用は必須

転職支援サービス申し込み 無料転職支援サービス申し込み

【データ解説】20代の転職市場はどうなっている?転職者の志向・動向は?

転職活動を成功させるためには、自分自身のことだけではなく、求人市場や求職者の動向を知っておくことも大切です。企業が人材を求めているタイミングで転職活動をしなければ、採用してもらうことはできませんし、同世代の人がどのような考えで転職活動をしているかを知ることで、ライバルに先んじて転職戦略を立てることができます。また、自分が今、本当に転職すべきなのかを判断する基準にもなります。

20代の転職は売り手市場に。2015年の「有効求人倍率」は1.2以上

20〜24歳の有効求人倍率の推移

25〜29歳の有効求人倍率の推移

  • 厚生労働省「一般職業紹介状況」(平成28年9月分)より
  • 常用的パートタイムを含む
  • 就職機会積み上げ方式

まずは、20代の「有効求人倍率」について見ていきましょう。「有効求人倍率」は、求職者1人あたりに何件の求人があるのかを示す指標です。数字が「1」を超えると、求人数が求職者数を上回っていることを示します。つまり、転職がしやすい環境ということです。統計の対象がハローワークを通じた求職・求人に限られており、民間の転職サービスに関する数値が排除されているという弱みはあるものの、求人市場の大枠をつかむことができます。

上のグラフは、2008年以降の20~24歳、25~29歳の有効求人倍率の推移を示しています。2009年以降、右肩上がりになっているのがわかるでしょう。20~24歳、25~29歳ともに2015年には有効求人倍率は1.2以上となっています。業種によって違いはあるものの、20代の転職市場は売り手市場といえそうです。ちなみに、2009年に数値が激減しているのは、2008年に起きたリーマンショックの影響です。この時期に新卒採用を控えた結果、若手社員が不足し、若年層の中途採用を活発化している企業が、現在増えてきているといわれています。そういった意味でも、20代の転職は今がチャンスといえるでしょう。

約半数が転職により年収アップを実現。中には30%以上の年収アップも

20〜24歳の転職による賃金変動

25〜29歳の転職による賃金変動

  • 厚生労働省「平成27年転職者実態調査」より
  • 発表数値をそのまま引用しているため、合計が100%にならない場合があります

転職を検討する際、誰もが大きな関心を持つのが年収ではないでしょうか。そこで、厚生労働省「平成27年転職者実態調査」を基に作成した、「転職による賃金変動」のグラフを掲載しました。

グラフを見ると、20~24歳、25~29歳ともに、賃金が「上昇」した人が半数近くを占めることがわかります。また、賃金が「変わらない」人を含めると、20~24歳、25~29歳ともに約70%を占めています。「転職をして年収がダウンするのが不安」と考えている人にとっては、心強いデータなのではないでしょうか。上手に転職活動をすれば高確率で年収アップが期待できそうです。

もちろん、賃金がダウンするケースも30%程度存在しています。特に25~29歳では、「10%以上30%未満減」が15.5%と、比較的大きな割合になっています。30代をまえにして、「焦って転職活動をしてしまった」「キャリアチェンジのために年収減は仕方なかった」という人も多いのかもしれません。

転職活動開始から離職までの期間は「3ヵ月」未満が約50%

20〜24歳の転職活動開始から離職までの期間

25〜29歳の転職活動開始から離職までの期間

  • 厚生労働省「平成27年転職者実態調査」より
  • 発表数値をそのまま引用しているため、合計が100%にならない場合があります

続いて、転職活動に必要な期間についても見ていきましょう。グラフは、実際に転職をした人を対象に「具体的な転職活動を始めてから、現職を辞めるまでの期間」を、厚生労働省が調査したものです。

20~24歳、25~29歳ともに最も割合が大きかったのは「1ヵ月以上3ヵ月未満」で、それぞれ29.7%、29.3%となっています。また、「1ヵ月未満」も、それぞれ18.3%、20.4%と割合が高く、転職活動は3ヵ月以内に終わらせてしまうというのが、一般的なスタイルになっているようです。また、20~24歳では、「転職活動期間なし」で会社を辞めている人が29.3%も存在しています。20~24歳では、「実家暮らしである」「家庭を持たないため安定的な収入の必要性が低い」という人も多いため、退職してから転職活動に専念するというケースが多いのでしょう。

同調査では「直前の勤め先を離職してから現在の勤め先に就職するまでの期間」も調査しており、「離職期間なし」「離職期間1ヵ月未満」が20~24歳、25~29歳ともに50%以上を占めています。転職活動を始めてから3~4ヵ月後には、多くの人が次の職場で働いていると考えても良さそうです。

20代の転職理由No.1は「労働条件(賃金以外)が良くなかったから」

20~24歳の自己都合による転職理由ランキング

1位 労働条件(賃金以外)がよくなかったから 33.2%
2位 賃金が低かったから 31.9%
3位 満足のいく仕事内容でなかったから 28.6%
4位 人間関係がうまくいかなかったから 27.2%
5位 いろいろな会社で経験を積みたいから 16.6%

25~29歳の自己都合による転職理由ランキング

1位 労働条件(賃金以外)がよくなかったから 30.9%
2位 会社の将来に不安を感じたから 28.6%
3位 賃金が低かったから 27.3%
4位 満足のいく仕事内容でなかったから 26.9%
5位 ほかに良い仕事があったから 17.3%
  • 厚生労働省「平成27年転職者実態調査」より
  • 3つまで複数回答

上に掲載したのは、厚生労働省「平成27年転職者実態調査」を基に作成した、20~24歳と25~29歳の転職理由ランキングです。20~24歳、25~29歳ともに1位になったのは「労働条件(賃金以外)が良くなかったから」というものです。長時間労働や福利厚生の質の低さなどを問題視して、転職に踏み切っている人が多いことがわかります。仕事に忙殺されてワークライフバランスが大きく崩れているという人にとっては、「無理をしてがんばり続ける必要はないんだ」と勇気をもらえるランキングかもしれません。

20~24歳の転職理由ランキングで特徴的なのは、4位に「人間関係がうまくいかなかったから」という回答が入っている点です。この年代では、新卒で入社した会社からの転職が多いはずです。学生と社会人とのギャップに苦しみ、会社組織になじめずに転職を決意する人も多いのでしょう。

25~29歳の転職理由ランキングでは、2位に「会社の将来に不安を感じたから」がランクインしました。ある程度の期間を会社員として過ごし、仕事に対して自信と余裕を持ち始めるのがこの年代です。会社の経営状況や自分のキャリアパスを冷静な目で判断して、転職を検討しているのでしょう。5位に「ほかに良い仕事があったから」という回答がランクインしているのも、その表れといえそうです。

20代の転職は売り手市場!
長時間労働に悩むくらいなら今すぐ転職アドバイザーに相談

転職支援サービス申し込み 無料転職支援サービス申し込み

【転職体験談】20代の転職は不安がいっぱい!転職先選びの決め手は何?

20代の転職には、「求人数の多さ」「キャリアチェンジのしやすさ」「失敗してもやり直しがきく」といったメリットが多い一方で、「初めての転職」「異業種へのチャレンジ」といった、不安にならざるを得ない要素も多数存在します。
そんなときに役立つのが、転職経験者の経験談です。転職の先輩方が「どのような不安を抱え、その不安をどのように解消していったのか」「転職先を決める際の判断基準は何だったのか」、転職成功者のリアルな声を紹介していきましょう。転職に対する不安や課題をクリアするためには、キャリアアドバイザーのアドバイスも大きな武器になっているようです。

前職
業種
通信販売・物流・運輸・倉庫
職種
その他(流通・消費財・アパレル・フード)
現職
業種
マスコミ・出版・広告・放送・印刷・イベント
職種
マーケティング・商品開発
転職を考えたきっかけ

仕事の幅を広げたい/キャリアアップに対する不安/会社の方針とご自身の意向との違い

転職前の職務内容

大学卒業後、インターネットリサーチを行う会社で、ネットアンケートの画面作成コーディングを2年半担当。その後、インターネット通販会社にて、バイヤーアシスタントを4年間行っていました。アシスタントという立場ではありましたが、一部商品のバイイングや物流・倉庫担当、カスタマー担当との調整等も率先して行っていました。

転職にあたって不安だったこと

今回の転職ではキャリアチェンジに挑戦したため、「29歳女性」という、年齢とキャリアに対する不安が一番大きかったです。自分なりにキャリア構築はしてきたものの、これまでのキャリアが、どちらかというと事務職的な印象が強くなってしまうため、どこまで通用するか不安でした。

不安に対しての、キャリアアドバイザーからのアドバイス

最初は前職に対する不満が強くなっていました。その点に対し、「自分が行ってきたことを伝えること」「力が及ばなかったことを認めること」などのアドバイスをいただき、面接の受け答えに厚みを持たせることができました。
また、今回が2回目の転職ということもあり、社会人としての自分の考えやポリシーに「一貫性を持たせる」ということの重要性を教えていただき、自分の考えを改めて整理することができました。

現在の会社への入社を決意した理由

一番の理由は、長期的にキャリア構築ができると思ったからです。変化の激しい業界にて、市場の変化に柔軟に対応しながら、働いていきたいと考えており、それらの実現が可能だと感じました。また長期的に就業できる環境整備にも力を入れている企業であったということもあり入社を決めました。

20代女性の転職理由と成功するためのポイント

前職
業種
IT・通信系
職種
IT系営業
現職
業種
機械・機械部品・精密機器・医療機器
職種
法人営業
転職を考えたきっかけ

経験・能力を生かしたい/仕事の幅を広げたい/キャリアアップに対する不安/業界の先行不安

転職前の職務内容

法人営業職として、中小企業をターゲットとし、飛び込み営業で新規開拓をしてきました。新規が8割ほどで既存が2割ほどです。取扱商品は、複合機やパソコン等の有形商材と、回線やセキュリティ機器等の無形商材です。

転職にあたって不安だったこと

社歴が2年しかなかったため、企業から「すぐ辞める人と思われてしまうのではないか」という点に不安がありました。また、前職の経験を生かすことができる仕事は限られているということを、面接を通じて感じ、もし転職したとしても「前職と同じような営業スタイルの会社に入社してしまい、また退職を検討するというサイクルから抜け出せないのではないか」という思いがありました。

不安に対しての、キャリアアドバイザーからのアドバイス

次の転職先が一生を決めることはないということを教えていただきました。例えば、20代は成長環境を求めて自身のスキルアップを図り、もう一度30代で転職することもありなんじゃないかということ。また、最終的に何を判断して内定を決めるかということを詳しく教えていただきました。

現在の会社への入社を決意した理由

1点目は裁量を持ち、大きな仕事に携われると思ったことです。自分で考えて行動できる環境にいたいと思いました。2点目は継続的な顧客関係を構築することを大切にしている点です。3点目は社員の方の人柄が良いと、面接を通じて感じたからです。

前職
業種
機械・機械部品・精密機器・医療機器
職種
マーケティング・商品開発
現職
業種
自動車・自動車部品・輸送用機器
職種
研究・開発
転職を考えたきっかけ

職種・業種を変えたい/他にやりたい仕事がある

転職前の職務内容

前職では外資系の精密機器メーカーでマーケティングを担当しており、本国から発行された英語マニュアルなどを参考に、国内向けの日本語資料やオリジナルの製品紹介フライヤーを作成していました。加えて、新製品のプロモーションにおける競合比較や価格設定のほか、キャンペーン企画、展示会における自社ブースの展示内容の検討、社外向けセミナーも実施していました。

転職にあたって不安だったこと

私の場合、前職を辞めてから転職活動を行っていたため、次の会社がいつ決まるかとても不安に感じていました。ただ、会社を辞めて転職活動に専念できたことは、とても良かったと思います。また、転職活動を始めたころは面接中に緊張してしまい、うまく受け答えができなかったため、この先内定をもらえるかという不安もありました。

不安に対しての、キャリアアドバイザーからのアドバイス

面接対策として、選考を受ける企業では面接でこれまでどのような質問がされていたか、何が理由で採用が見送られていたかなどのアドバイスをいただけました。また、志望動機や転職理由についても添削をしていただき、安心して面接に臨むことができました。

現在の会社への入社を決意した理由

今回の転職では業界と職種にこだわって転職活動を行ってきました。自分が志望している自動車業界での研究・開発職に内定をもらえたため、入社を決意しました。

20代・初めての転職活動は不安や疑問がいっぱい!
悩む前に転職アドバイザーに相談

転職支援サービス申し込み 無料転職支援サービス申し込み

【転職の手順】20代の転職活動で絶対に押さえておきたいポイント

20代で転職を考えている人の中には、「いったい何から始めればいいの?」「どんな作業が必要になるの?」と悩んでいる人も多いでしょう。
そこでここからは、具体的な転職活動の手順について紹介していきます。一般的な転職活動のフローに沿って、20代の若手社員や第二新卒の人に知っておいてほしい注意点・転職成功の秘訣を、ピンポイントで解説します。

STEP1

スケジュールを
立てる

転職活動を本気でスタートするなら、必ず「いつまでに転職するか」を決めましょう。新卒採用と異なり、転職活動には期限がありません。しかも、日々の仕事に忙殺されて転職活動に時間を割けないという人も多いでしょう。そのため、自分の中で締切りを作っておかないと、不満を抱えたまま、ずるずると現職にとどまってしまうという事態が発生しがちなのです。
また、企業側にも採用スケジュールというものがあります。入社可能日が不明瞭な人に対して、安易に内定を与えるわけにはいきません。能力が認められているのにもかかわらず、入社タイミングが合わないせいで、採用を見送られてしまうケースは多々あるのです。
ただし、自分が退職することで、現職の業務が滞ってしまうような辞め方はもってのほか。「継続中のプロジェクトはないか」「業務の引継ぎにどの程度の時間を要するか」といった点を慎重に検討して、転職の期日を設定する必要があります。

Point

  • 「いつまでに転職するか」を決めて転職活動を開始する
  • 会社は急に辞められない。プロジェクトの終了時期や業務引継ぎにかかる時間を必ず計算する

STEP2

自己分析とスキル
・実績の棚卸

転職活動のファーストステップとして必要になるのが、自己分析とスキル・実績の棚卸です。これを的確に行うことで、訴求力のある履歴書・職務経歴書の作成や、説得力のある面接での受け答えが可能になります。
自己分析のポイントは、すべて仕事やキャリアに結び付けて考えること。好きな仕事や苦手な仕事があるのなら、「それはなぜなのか?」と自分に問いかけてみるのです。「なぜ今、転職をしなければならないのか?」と考えてみてもいいでしょう。すると、仕事やキャリアというものに対する自分の向き合い方や、志向が見えてきます。
また、スキル・実績の棚卸をする際は、現職での成功体験を具体的に洗い出してみるのがおすすめです。仕事上での成功体験は、面接などにおいて強いアピールポイントになります。転職エージェントを利用している場合は、アドバイザーに第三者視点での分析をお願いしてみるのもひとつの手です。自分では気付かない強みや志向を発見できる可能性があります。

Point

  • 自己分析は仕事・キャリアに結び付けながら行う
  • スキル・実績の棚卸をする際は、現職での成功体験を洗い出す
  • 転職エージェントを利用し、アドバイザーの評価を聞くのも有効

STEP3

企業・業界研究と
求人情報の
チェックをする

20代の転職活動を成功させるために、企業研究・業界研究は非常に大きな意味を持ちます。転職活動は、転職後の企業で満足感を得ながら仕事をし、思い描いたキャリアを積むことができて、初めて成功といえます。転職後すぐに倒産してしまったり、業界自体の先行きがなくなってしまったりしては目も当てられません。企業のホームページで、事業内容やIR情報を読み込むのはもちろん、気になる業界のニュースは欠かさずチェックして、自分が成長し、活躍し続けられる場であるかどうかを確認しましょう。転職エージェントを利用している場合は、職場の雰囲気や人間関係などの実態を細かく質問してみてもいいでしょう。
また、求人情報では条件・待遇はもとより、業務内容を詳しく確認しておくことが大切です。業務内容を深く理解することで、その企業への転職によって身に付くスキルが明確になるからです。20代の転職において、スキルアップは大きな目的のひとつです。転職したはいいものの、何も成長できなかったということのないよう、しっかりと確認しましょう。

Point

  • 企業の事業内容・IR情報は必ず確認。業界ニュース・動向もチェックする
  • 転職エージェントを利用しているなら、職場の実態も質問する
  • 転職することで自分にどんなスキルが身に付くのかを確認する

STEP4

履歴書・職務経歴書
を作成して応募する

履歴書・職務経歴書は、応募先の企業が指定している書式に合致していれば、どのようなものでも構いません。詳しい書き方は、当サイトの「履歴書の書き方」「職務経歴書の書き方」で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
20代で転職する人が履歴書を作成する際に注意すべきポイントは、志望動機の書き方です。「何をして、何を得るためにその企業に入社するのか」「自分が入社することで、その企業に何を与えられるのか」という点を、首尾一貫して論理的に書くよう心掛けてください。職務経歴書は、経歴を羅列するだけでなく、携わってきた業務の詳細を、プロセス・成果を交えて端的に記載しましょう。20代の人には、アピールできるような実績がないケースが多いものです。小さな成果だとしても、そこに至るプロセスを記載することで、他者との差別化を図ることができます。どうしても書類選考を通過しないという場合は、書類の書き方に問題があるケースが多いので、転職エージェントに登録して、添削を受けてみることをおすすめします。

Point

  • 志望動機には、「入社する目的」と「企業に与えるメリット」を記載
  • 職務経歴書には、携わった業務のプロセスと成果を詳細に書く
  • 書類選考でつまずくことが多いなら、転職エージェントに相談を

STEP5

面接を受ける

面接では、最低限のビジネスマナーは絶対条件です。敬語の使い方や立ち居振る舞いなどにおいては、新卒とは一線を画す、社会人として適切な行動を取ることが大切です。また、普段カジュアルな服装で仕事をしていたとしても、面接時はスーツで臨みましょう。
20代、第二新卒の転職者にとって、スキルや実績以上に、若さやポテンシャルが大きな武器となります。特に未経験の業種・職種にチャレンジするときは、成長意欲や素直さ、誠実さを前面にアピールしてください。採用担当者に「いっしょに働きたい」「成長が期待できる」と思ってもらえることが重要です。具体的な面接時の注意点などは、当サイトの「面接対策」でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
また、面接時にどうしても緊張してしまう、うまく受け答えができないという人は、転職エージェントなどの「面接対策」サービスを利用してみましょう。練習を重ねることで、企業が何を見ているのか、自分をどのようにアピールすればいいのかがわかるようになるはずです。

Point

  • 新卒とは一線を画す、社会人として適切な行動を取る
  • 「いっしょに働きたい」と思わせることが重要。人柄が見られている
  • 転職エージェントの面接対策サービスの模擬面接で練習を重ねる

STEP6

条件交渉と
退職手続きを行う

面接を終えて無事に内定をもらったら、企業側と入社日や給与条件の調整などをする必要があります。面接時に聞けなかった点や疑問がある場合は、改めて面談の場を設けてもらえるようお願いするのもひとつの手です。入社日や給与条件を転職先の企業の都合だけに合わせてしまうと、現職の引継ぎがうまくいかずにトラブルが発生したり、入社後の待遇に不満が残ったりしてしまいます。遠慮をしすぎないことも大切です。
条件交渉と同時に進めなければならないのが、在籍している会社での退職手続きです。退職の意思は必ず「直属の上司」に伝え、その上司を通じて、業務の引継ぎ期間、退職日などを調整していきます。
また、退職決定後も決して仕事で手は抜かないこと。仕事はチームで行うものなので、自分のモチベーション低下が、周囲に悪影響を与えてしまうこともあります。感謝の気持ちを込めて、最後まで真剣に取り組むことが、円満退職のカギになります。

Point

  • 条件交渉は内定後でも可能。面談の設定をお願いしてもOK
  • 退職意思は「直属の上司」に伝える
  • 現職での仕事は最後まで真剣に。円満退職は社会人のマナー

転職先探しも、書類の書き方も面接の対策も!
充実のサポートで転職活動が成功する

転職支援サービス申し込み 無料転職支援サービス申し込み

【転職Q&A】20代の転職初心者が知っておきたい転職活動の基本

20代で転職活動を始める人の多くは転職初心者です。転職を成功させるには、「転職先の探し方」「求人情報の見方」といった、転職活動にまつわる基本的な知識を身に付けておくことも重要です。
ここでは転職活動の基礎知識をQ&A形式で解説していきます。

  • 転職サイトと転職エージェントは何が違うの?

    転職サイトは、中途採用の求人情報が掲載されているWebサイトです。プロフィールを登録しておくことで、企業側からオファーが届くこともありますが、基本的には掲載されている求人情報の中から、求職者自身が自分に適した企業を探し、応募をするというシステムになっています。
    一方、転職エージェントは人材紹介サービスです。サービス登録をした求職者一人ひとりに専任の担当者がついて、企業の紹介だけでなく、履歴書・職務経歴書の添削、面接指導といった転職活動のサポートもしてくれます。転職エージェントは、企業の求人ニーズと求職者の経歴・スキル、キャリアプランなどを把握した上で転職先の紹介を行うため、マッチングの精度が高いのが特長です。

  • 転職をしやすい時期はある?

    一般論としては、2~3月、9月といった企業の期の変わり目に求人数が増える傾向があります。これは、期の変わり目で退職者が増えることや、人員計画の変更などが行われるためです。応募先の選択肢が増える可能性はあります。
    しかし、自分が希望する企業に転職しやすくなるかというと、それはまったく別の話です。中途採用は新卒採用と違い、欠員補充や事業拡大に伴う人員拡大といった企業のニーズに応じて、年間を通じて行われています。求人数が増えるからといって、転職タイミングを限定することはデメリットしかないといえるでしょう。転職のタイミングやスケジュールは、自分が主体となって検討することが最も大切です。

  • 転職クチコミサイトの情報は信用できる?

    「どのサイトが信用できる」「どのクチコミが信用できない」ということを一概に決めることはできませんが、転職クチコミサイトの情報は、あくまで参考程度にとどめたほうがいいでしょう。なぜなら、転職クチコミサイトには、ネガティブな情報が集まりやすいからです。多くの転職クチコミサイトは、自分が企業の評価を投稿すると、他人が投稿した企業の評価やクチコミを閲覧できるようになるというしくみになっています。転職クチコミサイトを見たいと思う人は、転職を考えている人が多く、転職の背景には企業に対する何らかの不満があるケースがほとんどです。結果として、ネガティブな情報が集まりやすくなってしまうのです。
    企業の実態を知りたいなら、転職エージェントの担当者に質問してみたり、面接時に社内の雰囲気を見せてもらったりするといった方法をおすすめします。

  • 転職活動をしても会社にばれない?

    在職中の会社に、転職活動をしていることを知られてしまうケースは少なくありません。転職活動を行うことで、会社内での人間関係にひびが入ってしまうこともありますので、細心の注意を払いましょう。転職活動がばれてしまう理由として多く挙げられるのが、「同僚への相談」と「普段の行動の変化」です。同僚から会社全体へと情報が拡散してしまうことがありますので、どんなに親しい同僚であったとしても、転職活動に関しての相談はしないほうがベターです。
    また、急に退社時刻が早くなったり、普段ラフな格好をしている人がスーツやジャケットなどを着ていたりすると、周囲に転職活動を疑われるきっかけとなる可能性があります。そのほか、会社のPCで転職サイトをチェックするのもNG。アクセス履歴から、会社に転職活動の事実を知られてしまうこともあります。

  • 退職意思は誰に、いつ、どうやって切り出せばいい?

    退職意思は、転職先の内定が出たなど、確実に退職することが決まった段階で、できるだけ早く伝えましょう。伝える相手は「直属の上司」です。それ以上の職位の人に、先に伝えるのは絶対に避けてください。部下の管理能力を問われるなど、直属の上司の顔に泥を塗ってしまうことになりかねません。会社によって就業規則は異なりますが、継続中の業務の整理や引継ぎの時間を考えると、退職日の1~3ヵ月前には意思表明をしておく必要があると考えたほうがいいでしょう。
    退職意思は、しっかりとアポイントを取り、社内の個室など、他人の目がない場所を設定して口頭で伝えること。部下の退職は上司にとって、非常に大きな出来事です。メールや立ち話で伝えるのは重大なマナー違反といえます。アポイントは、上司の業務に影響が少ない就業時間外がベターだとされています。

  • 転職時に有利な資格はある?

    「この資格を持っていると転職がしやすくなる」というオールマイティな資格は存在しません。当然のことですが、必要な資格や望まれる資格は、転職先の業種・職種によって大きく異なるからです。20代の人は、未経験職種へのキャリアチェンジを考えているケースも多いでしょう。その場合、資格の有無よりも、本人のやる気やポテンシャルが選考で重要視されることが多いようです。
    ただし、資格を取得していないと就けない職種、資格を持っていると条件が良くなる業種があるのも事実です。転職先の選択肢を増やす、転職の条件を向上させるという意味では、資格取得が無駄になることはありません。「やりたい仕事に直結する」資格があるのであれば、積極的に取得しておくといいでしょう。

  • 転職回数の多さは選考において不利に働く?

    転職回数が多すぎると、中途採用の選考において不利に働くケースが多いのは事実です。企業の採用活動には大きなコストがかかっており、すぐに辞めてしまう可能性が高い人を安易に雇うわけにはいかないのです。「この人を採用してもすぐに辞めてしまうかも?」という印象を与えてしまった時点で、マイナス評価となるのは否めません。
    マイナス評価となってしまう具体的な転職回数は、業界や企業、採用担当者などによって異なりますが、20代の場合は3回目の転職になるとネガティブな印象を与えやすいようです。ただし、各勤務先の勤続年数によって評価が異なることもあります。例えば、3回目の転職だったとしても、1社目、2社目は1年で退職していて、3社目は5年間勤務していた場合です。「1社目、2社目の退職には何かやむを得ない事情があったのかもしれない」と考慮される可能性があります。

  • 求人情報に記載されている給与額の見方を教えてほしい

    求人情報に記載されている給与は、通常「額面」で記載されています。実際の「手取り」は、そこから所得税や住民税、社会保険料を差し引いた金額となります。
    また、求人情報に記載されている給与は、「月給30万円以上」「年収300万~500万円」など、幅を持った形になっているケースも少なくありません。この場合、下限の金額を最低保証金額と考えていいでしょう。「下限の金額しかもらえないのでは?」という見方をする人も多いようですが、決してそうではありません。「求人を行っている=人材を求めている」ということなので、能力さえ高ければ、企業としてもお金を惜しむ理由はないのです。職務経歴やスキルを考慮し、各企業の給与テーブルに合った正当な評価をしてくれるでしょう。上限額以上の給与を提示されるケースも存在します。

  • 「完全週休2日」と「週休2日」はどう違う?

    「完全週休2日」は、年間を通して1週間のうちに必ず2日間の休日があるということを示しています。多くの企業では、土曜日・日曜日を休日に設定していますが、業種や職種によっては、平日が休日になる場合も多々あります。シフト制での勤務が多い販売員や店舗スタッフなどは、平日休みになる可能性が高いでしょう。
    一方、「週休2日」は、1ヵ月に1週以上、休日が2日ある週が存在するという意味です。逆にいえば、週1日しか休めない週も存在するということです。ワークライフバランスを重視する人が、「週休2日」と記載されている企業に応募する際は、1ヵ月に休日が何日あるかを、しっかりと確認しておいたほうがいいでしょう。

  • 大手かベンチャーで悩んでいます。それぞれのメリットを知りたい

    大手企業に転職する代表的な魅力は、雇用の安定性でしょう。近年、急激な業績不振や吸収合併などのニュースを耳にすることも増えてきましたが、中小企業やベンチャーに比べると、安定性は高いといえます。また、給与や福利厚生の水準が、中小・ベンチャーよりも高い傾向があります。大きなプロジェクトに携われることも多いので、長く勤めて規模の大きな仕事をしたい人にはメリットがあるといえます。
    ベンチャー企業に転職する魅力のひとつは、自分の能力を存分に振るえるということが挙げられます。ベンチャー企業では、一人ひとりに大きな職務権限が与えられるのが一般的です。成果次第では、大幅な給与アップも期待できます。また、個人が幅広い職域を担当するため、スキルアップが早いというメリットもあります。

  • 地方から東京への転職は可能?

    結論からいえば可能です。まったく問題ありません。地元で就職したものの、給与や仕事の内容に満足できなくなり、東京への転職を志す20代の人は多いものです。転職サイトや転職エージェントに登録すれば、東京都内での求人を簡単に見つけることができます。
    ただし、遠隔地から選考を受けなければならないので、お金と時間がかかるというハードルがあることは事実です。退職後に転職活動をするのであれば、東京に長期間滞在するといった方法を取ることもできますが、在職中に転職活動をする場合はそれも困難でしょう。そこで活用したいのが転職エージェントです。面接日程の調整などを転職エージェントの担当者が行ってくれるため、短期間に複数社の選考をまとめて受けることも可能です。

20代・第二新卒の転職にはエージェントの活用がおすすめ!
アドバイザーが徹底サポート

無料転職支援サービス申し込み 転職支援サービス申し込み

20代の転職成功 全方位ガイドに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。