転職活動の期間の目安と早期決着のポイント|求人・転職エージェント

更新日:2022/04/27

転職全般

転職活動の期間の目安と早期決着のポイント

period_00.jpeg

この記事のまとめ

  • 転職活動で内定を獲得するまでの平均的な期間は「3ヵ⽉前後」。
  • 転職活動を長引かせないためのポイントは、事前に「自己分析」「他己分析」「情報収集」を徹底すること。
  • 転職エージェントを活用することで、求人情報の紹介から面接対策までの一連の活動をサポートしてくれるため、限られた時間の中で効率よく活動できる。

転職活動を始めるにあたって、ある程度予測しておきたいのが「活動にかかる期間」です
ゴールが⾒えないまま⾛り出すのは、どんなときも⼼細いものですから、⽬安の時期を持っておくといいでしょう。

⽬安となる期間と、思いどおりの期間で活動を終えるためのポイントを知り、計画的に転職活動を進めましょう。

目次

平均的な転職活動の期間とは?

period_01.jpeg

転職活動の際、求職者が内定を獲得するまでの平均的な期間は「3ヵ⽉前後」だといわれています。知り合いの紹介や同業他社の引き抜きをきっかけとする転職では「1ヵ⽉以内に決まった」という⼈も少なからずおり、スピード転職も珍しくなくなってきているといえるでしょう。

もし「今の仕事が嫌いなわけではないけれど、より良い条件の求⼈が⾒つかれば転職したい」「いずれ転職したいとは思っている」という、⽐較的のんびりと構えた転職活動なら、⼩まめに求⼈情報をチェックしながら最良のタイミングを待てば良く、特に期限を切らずに活動すれば問題ありません。

⼀⽅、「スキルアップのため、できるだけ早く転職したい」「既に退職の目途が立っており、生活資金のためにも早く転職活動を終わらせたい」という場合は、スタートからしてすでに追い込まれた状態であり、できる限り迅速に転職活動を進めなければなりません。

「3ヵ⽉前後」はあくまでも⽬安と考え、⾃分の気持ちと向き合い、会社全体の状況を考慮しておおよその活動期間を定めましょう

一般的な転職活動の流れ

ここで、一般的な転職活動の流れを見ておきましょう。

転職を検討し始めたタイミングで、多くの方が転職エージェントへの登録を行います。
登録をすると転職エージェントから連絡がありますので、希望する転職先の条件や、これまでの経歴などをキャリアアドバイザーに伝えましょう。すると数日以内に、早ければ即日中にキャリアアドバイザーがあなたの希望に合った求人をいくつかピックアップし共有してくれます。その中から選考を受けてみたいと思った企業を選び、「書類選考→一次面接→(二次面接→)最終面接→内定」という流れで転職活動が進みます。

多くの企業では、人事担当者や現場担当者が一次面接を担当し、採用を検討されている現場の担当者が二次面接を。そして最終面接では社長や取締役などが面接を行います

転職エージェントに登録しない場合は、自分で企業のホームページの求人欄を見たり、転職の求人サイトなどを見て応募することになります。
もちろん転職エージェントを利用しなくとも転職することは可能です。しかし、面接日程の調整や給与交渉などを全て自分で行う必要があるため、現在の仕事と並⾏して転職活動を⾏う場合には少し苦労することがあるかもしれません。

いずれの場合も、応募から書類選考の結果が出るまでに約1週間、面接の結果が出るまでにも約1週間程度の期間が目安となります。内定が出ると、「採用条件通知書」という書面で、条件や年収などを提示されます。内定が出てからおよそ1週間程度でその企業に行くか、内定を辞退するかの返事を求められます。

初めての転職は誰だって不安なもの。「どう進めればいいのだろう?」と迷ってしまわないように、まずは一通りの流れを押さえておくことがおすすめです。転職先の探し方は、大きく分けると「自分で探す」か「転職エージェントを利用する」かの2択となり、同じ「自分で探す」でもハローワークや各種の転職サイト、求人誌といった情報源の中からどれを利用するのかに分けられますし、「転職エージェントを利用する」でも、どのエージェントを利用するかで多少やり方が変わってきます。ここでは、マイナビエージェントを利用した転職の流れを紹介しますので、自身に合った転職方法を見つける参考にしてください。

転職スケジュールが変化してしまう要因3つ

period_02.jpeg

上記の転職スケジュールはあくまで目安です。
転職活動の状況によっては、スケジュールが変化することもあります

その要因を3つ見ていきましょう。

その1. 応募に関わる要因

まずは、応募方法に問題がある場合です。

就職活動とは異なり、「この企業に行きたい」「この条件を満たす企業が良い」などこだわりが強い場合には「1社応募→面接で落ちたら次の企業に応募」と順番に応募を進める方もいます。その場合、自然と転職活動の期間は伸びていくことになります。

もし「数社受けてみてダメなら現職に留まる」と考えている場合であれば問題ありませんが、既に転職することを決意している場合は、優先順位や希望の強弱があったとしてもある程度数社まとめて応募することをおすすめします

同時進行で数社の選考を進めることで、それぞれの企業を比べて自分に最適な転職先について考えることもできます。
また、第一希望の企業の選考に不採用となってしまっても同時に受けていた第二希望が内定となれば、転職活動が早期に終わることもあります。

その2. 面接に関わる要因

続いて、面接に関わる要因です。

およそ1週間で結果が出ると上述しましたが、企業側とあなたのスケジュール調整によっては面接日程の調整がうまくいかず、書類合格から一次面接まで、一次面接から最終面接までの間に数週間空いてしまうこともあります。
また、企業によっては数日で結果を教えてくれるところもあれば、合否の結果が出るまでに1週間以上を要する企業もあり、一概には計画が立てづらいこともあります

その3. 退職に関わる要因

最後に、退職に関わる要因です。

内定を承諾することになったとしても、現職を予定通り辞めることができない場合もあります。退職交渉をしようとしたら慰留を要求されるケースや、退職希望日の1ヶ月前+引き継ぎ期間を要求される場合など、会社によって「辞めたい」と伝えてから「退職日」を迎えるまでに時間がかかることがあります。

現職で引き留められるかどうかを事前に予想することは難しいものです。
退職したい場合の流れが就業規則上どうなっているかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう

在職中?退職後?転職活動におすすめのタイミングはどっち?

period_03.jpeg

転職を考えた際に迷うのが、現職で勤務しながら転職活動を行うべきか、それとも先に退職してから転職活動に専念するかどうかということです。現職が忙しく、休みを取るのが難しい場合や転職活動のための時間が取れない場合は、特に悩んでしまうと思います。

それぞれの場合のメリットとデメリットを確認しながらポイントを踏まえて見ていきましょう。

パターン1. 在職中に、現在の仕事と並行して転職活動を行う場合

現在の職場に籍を置いたまま転職活動を⾏う場合は、「ゴール」への意識をより⾼めて、具体的な期間を決めてから活動をスタートすることが⼤切です
できれば、平均的な活動期間といわれている「3ヵ⽉」よりも短い期間を設定するといいでしょう。なぜなら在職中の場合、どうしても活動が⻑期化する傾向があるからです。

安定した収⼊があると⼼に余裕を持って活動に取り組むことができますが、⾦銭的な危機感がない分、気持ちが途切れてしまいがちです。安定した「今」を⼿放すことが不安に思えてきたり、今の仕事に忙殺されて活動を先延ばしにするうちに「このままでもいいかな」という考えが頭をよぎったりし始めると、活動は⻑引きます。

また、時間が限られることも、転職活動が⻑期化してしまう要因のひとつです。⾯接まで進む企業が増えてくれば、どうしても平⽇に時間を作らなければならないという事態も発生します。せっかく平⽇の夜に⾯接を組んでもらったのに、急な残業で⾏けなくなることもあるかもしれません。

在職中である以上、現在の仕事を疎かにはできませんが、優先順位を決めて「先に先に」予定を組んでいくことが⼤切です

パターン2. 離職してから転職活動を行う場合

いったん仕事を辞めてから転職活動を⾏う場合、活動のみに集中できるため時間を作りやすくなります。平⽇の⽇中でも⾯接に⾜を運ぶことができ、必要であれば1⽇に数件の⾯接を⼊れることもできるという点は、在職中の⼈に対する⼤きなアドバンテージになるでしょう。うまくいけば、とんとん拍⼦に転職が決まる可能性もあります。

⼀⽅で、離職してからの転職活動にはリスクもあります。
それは「⽣活資⾦」と「活動資⾦」です。退職前に必要な資⾦を貯めていれば問題ありませんが、そうでないと⽣活が苦しくなる可能性があります。活動が⻑引けば⻑引くほど精神的に追い込まれ、冷静な判断ができなくなってしまうかもしれません。
離職してからの転職活動は、⾦銭的に余裕があるかないかがポイントになるといえるでしょう。余裕があれば焦らず慌てず⾃分のペースで構いませんが、後者の場合はできる限りスピーディーに活動していかなければなりません。⽣活資⾦と活動資⾦に必要な⾦額を計算し⼿持ちのお⾦を確認して、「活動できる期間」を割り出しましょう

ここまでご紹介したように、離職後の転職活動は時間の余裕が生まれる一方で金銭面のリスクが付きまとい、精神的な余裕がなくなりやすくなります。
そのため、転職活動を行う際は在職中に行うのがおすすめです

ゴールから逆算して転職活動のスケジュールを設定しよう

period_04.jpeg

転職活動には予期せぬトラブルが付き物です。今の仕事が急に忙しくなったり、⾯接の⽇時が重なったりして、なかなか思うように⾏かず、やきもきすることもあるでしょう。

そうとわかってはいても、「転職する」と決めたからにはできるだけ早く活動を終わらせて新天地で活躍したいですよね。
転職活動を理想的な期間で終わらせるコツは、「ゴールから逆算してスタートを設定する」ことです。
「⾃⼰分析や情報収集にかかる時間」、「求⼈を選定する時間」、「就業規則によって定められている退職までに必要な期間」、「⾯接期間」、「後任への引継ぎ期間」など、それぞれのステップにかかる時間を計算して、いつから準備をすればいいかを考えましょう。

特に会社の繁忙期が終わったあとやプロジェクトの切れ⽬などに合わせて転職したい場合は、そのタイミングから逆算してスタートを決めることが⼤切です。

転職活動をするにあたって、重要なのは活動開始から入社までのスケジュールをしっかり組むことです。場当たり的に進めてしまうと時間が足りず、妥協する事態になりかねません。転職活動のスケジュールの立て方とスムーズに進めるポイントについてご紹介します。

転職活動を長引かせないためにやっておきたい「準備」

period_05.jpeg

⽬標とする期間を決めて転職活動を始めても、予定よりも⻑引いてしまうこともあります。
原因としては、前述した在職中の「気持ちの途切れ」「時間のなさ」に加え、「事前準備の少なさ(時間の⾒積もりの⽢さ)」などが挙げられます。どのような準備をすべきか明確ではない状態で計画を⽴てようとすると時間が⾜りなくなり、結果として準備不⾜の状態で⾯接などに臨むことになります。

転職活動をスムーズに進めるために、必要な準備を確認しておきましょう

1. 自己分析

⾃分がこれまでにどんな経験をしてきて、その過程で⾝に付いたどのスキルが志望する会社で⽣かせるのか、しっかり⾃分と向き合ってスキルと経験の棚卸しをしましょう

⾃⼰分析のプロセスを⾶ばして書類作成に取りかかると、「⾃分の強みを⾔葉にする」「最もアピール⼒のある経験を抽出する」というところでつまづいたり、説得⼒のない書類ができ上がったりして、結果的に時間をロスしてしまいます。

2. 他己分析

自分では、なかなか自分のことを客観的に把握できないものです。そこで、他己分析も意識してみるようにしましょう

とはいえ、現職の上司や先輩に「転職しようと思っているのですが、私は何が得意で、どのような仕事に向いているでしょうか」と聞くことは難しいと思います。
評価面談の際などに具体的なフィードバックをもらうことを心がけておけば、日ごろから近くで自分の仕事の仕方を見ている上司からの他己分析を確認できます。

ほかにも、部署が違う同期や、最近知り合った友人などに自分の印象を尋ねてみることも効果的でしょう。周囲から自分がどのように見えているのかを知ることも大切です
場合によっては、転職活動中の面接官に「自分は御社と合いそうでしょうか、どのようなタイプに見えますか」などと聞いてみることも有効です。

3. 情報収集

転職活動を始めたからといってやみくもに動いても、思うような結果は得られません。
まずは志望する業界や企業の採⽤基準、採⽤動向について調べましょう。年収の推移や求める⼈物像などもチェックしておくと、「こんなはずじゃなかった」というミスマッチを未然に防ぐこともできます。

時間に余裕があれば、⼈材紹介会社などが主催するセミナーや企業説明会に参加してみるのもひとつの⼿です

ブランク(離職期間)が長引いた場合、どうリカバリーする?

period_07.jpeg

しっかりと準備をして転職活動に臨んでいても、なかなか転職先が決まらないこともあります。
特に、前の会社を辞めてから転職活動をする場合、離職期間が長引いてくると、あせりが生じたり、転職活動への意欲が減退してきたりするものです。

企業側でも、ブランクがある応募者に対しては、ネガティブな印象を抱く可能性もあります。
そこで大切になるのが、「ブランクの間、何をしていたのか」を明確にすることです。そうすることで、採用担当者にもきちんと説明することができ、ブランクがネックになることもないでしょう。

具体的なブランク中の過ごし方には、以下のようなものがあります。

  • 資格やスキル習得のための勉強をしていた
  • 語学留学をしていた
  • 短期のアルバイトをしていた

また、家族の介護をしていたり、病気の療養をしていたりした場合は、正直に伝えるようにしましょう。

そもそも転職活動って短い方がいいの?

period_08.jpeg

「転職活動を長引かせないために」とありますが、そもそも転職活動は短い方が良いものなのでしょうか?
今後の自分の仕事人生を左右する転職活動ですから、短期間で決めることに対して不安に感じるかもしれません。

初めての転職の場合は特に、書類作成に時間がかかってしまったり、面接で緊張して思うように話すことができなかったりして、不採用になってしまうこともあります。また、自分が思っていたよりも転職の期間を要することもあります。
他にも、転職活動をする期間が長引くことでモチベーションが下がってしまうことも懸念されます。
計画では短期間での内定取得を目指しておき、結果として少し長引いても前述の通り3か月以内で終わるくらいを目指すのが丁度いいでしょう

じっくりと自分にとって良い転職先を探すという意味では、短ければ良いというものではありませんが、長引きすぎると場合によってはモチベーションが下がってしまうこともあります。
そうなると、最終的に「もう内定が出ればどこでもいい」と投げやりな転職活動になってしまう可能性もありますので、自分にとってバランスの良い長さを見極めることが大切です

在職中の転職活動に対して引け目を感じる方は少なくないでしょう。しかし、日本では職業選択の自由が法律として定められているため、在職中の転職活動は基本的に問題ありません。そこで今回は、転職活動におけるメリットとデメリットを在職中と離職後の2つに分けてまとめました。デメリットについては、解決策もご紹介しています。自分にぴったりの転職タイミングを見つけるため、ぜひこちらの情報をお役立てください。

転職の期間やスケジュールにまつわる体験談

period_09.jpeg

ここでは、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーのアドバイスによって、短期間での転職に成功したり、スケジュールの管理が内定獲得に結び付いたりした方々の声をご紹介します。

スピーディーに内定を獲得できた

【29歳 男性】
・前職
 業種:システムインテグレーター・ソフトハウス・ソフトウェアベンダー
 職種:システムエンジニア・プログラマー

・現職
 業種:システムインテグレーター・ソフトハウス・ソフトウェアベンダー
 職種:システムエンジニア・プログラマー

入社してから約7年間、顧客先に常駐して、Javaによるウェブアプリケーションの開発を行ってきました。システムエンジニアとして、基本設計・詳細設計・実装・テスト・リリースまでを担当するほか、化粧品の現場ではSQLの性能改善を、不動産の現場では障害対応のリーダーなどを経験しました。

転職を考えたきっかけは、経験・能力を活かしたいという思いやキャリアアップに対する不安感、会社の評価制度や給与・年収などの待遇などがありました。とはいえ、初めての転職だったため、職務経歴書や履歴書の書き方、面接でのアピールなど分からないことが多く、他の会社で通用するのか不安でした。

キャリアアドバイザーの方からは、面接でのマイナスな伝え方やアピールが足りないところについて「具体的に事例を挙げて話す」「まず結論を話し、細かい話はそのあとでする」といったアドバイスをいただきました。

「あまり話す内容を決めすぎず面接に望んだ方が自分の個性を出せる」と教えてもらい、その後無事に内定を獲得できました。

今回の転職では、希望の条件に当てはまる企業を提案してもらえたほか、的確なアドバイスを得て、無事に内定を獲得することができました。

職務経歴書、履歴書の作成から内定までとてもスピーディーかつ、何かあった時にすぐに対応してもらえてとても助かりました。

働きやすいようにスケジュールを調整してもらえた

【24歳 女性】
・前職
 業種:その他(インターネット/広告/メディア関連)
 職種:映像・映画・音響・イベント・芸能関連

・現職
 業種:調剤薬局
 職種:一般事務/アシスタント

転職前は販売技術職で営業アシスタントを約1年間、映像制作業務を3年以上経験しました。仕事柄、不規則な業務体系だったり早朝から夜遅くまで働き通しだったりする場合もあり負担がかかっていました。

また、人間関係でもストレスを抱えていたため、体力面・今後のワークライフバランスを考え、転職することを決意しました。

しかし、初めての転職活動だった上に経験年数が少なかったため、職務経歴書の書き方や内容に不安がありました。また、緊張で全く話せなくなるタイプなので「圧迫面接だったらどうしよう」とも悩んでいました。

そんなとき、キャリアアドバイザーの方に職務経歴書のアドバイスを受けたり、企業ごとの面接対策をしっかりと行っていただけたので、とても助かりました。また、圧迫面接ではなく、雑談まじりの面接だという情報も事前にいただけたので安心しました。

入社を決めた理由としては、転職活動で重視していた「場所」や「規則正しい生活」が好条件だったことが大きいです。社長と社員の距離が近く、仲が良い雰囲気が面接時に確認できたため、とても良い職場だなと思いました。

マイナビエージェントに優しく親身に、そして一から相談に乗ってもらえたのはとても大きかったです。担当の方が女性で話しやすく、悩みの相談も気軽にできたのでとても感謝しています。面談のスケジュールも、自分の動きやすいように調整してくれたので、転職活動も進めやすかったです。

スケジュールの説明が分かりやすくて安心しました

【29歳 女性】
・前職
 業種:ウエディング/ブライダル
 職種:営業職

・現職
 業種:生命保険
 職種:販売・サービス関連職種

前職はウェディングプランナーとして勤務していて、月別契約数の達成・売上の達成・顧客満足度の向上を目指し、業務を行っていました。

転職のきっかけとしては、出産や結婚などのライフイベントを考えた時に、仕事とプライベートのバランスを整えて、自分の時間を持てるようにしたいとの思いが理由の一つでした。

同業他社への転職は考えておらず、異業種と未経験の業界で自分の経験がどこまで活かせるか、アピールできるのかが不安でした。

また、自分に合った業界の選び方や職務経歴書の書き方、面接対策資料の作成方法、転職先に求める条件の優先順位の付け方・考え方などにも不安を感じていました。

キャリアアドバイザーの方からは、異業種、未経験でも接客経験を活かせる業界、企業が数多くあることを教えていただいたほか、「転職するにあたって何を変えたいのか」、人生を掘り下げて話を聞いてくれたことで、納得のいく転職理由が見えてきました。キャリアアドバイザーの方が自身の転職経験も踏まえた提案してくれたほか、職務経歴書・面接対策資料をより良くするため、添削していただきました。

これまでの接客経験が活かせたり、入社制度が充実していたりすることから転職先を決めましたが、業界的に長年働ける職場であることや、面接で感じた社員の方々の温かい雰囲気が非常に魅力的でした。

転職エージェントの方に初めて相談する時は緊張しましたが、マイナビエージェントの明るい雰囲気とキャリアアドバイザーの親身な姿勢、今後のスケジュールの分かりやすい説明で安心できました。

年代別!転職準備のポイント

period_10.jpeg

ひと口に転職活動といっても、年代によってその進め方は違います。採用する企業の側では、年代によって年相応の経験やスキルを求めるからです。

ここでは、20代、30代、40代それぞれの転職期間の過ごし方や、押さえておくべき転職準備のポイントを紹介していきます。

【20代編】転職活動期間の過ごし方

20代の転職では、即戦力というよりも、入社後に育成することを前提に、ポテンシャルに期待して採用する企業が多い傾向にあります

ただし、20代は社会人としての経験も浅く、職務経歴書や面接で何をアピールしたらいいのか悩む方も少なくないと思います。
そのため、応募書類の記入や面接に向けて、まずは自分の強みや仕事に対する姿勢を整理することが必要です。その上で、「なぜ、転職したいのか」「入社したらどんなことをしたいのか」ということを採用担当者に納得してもらえるよう、書類の書き方、面接での答え方をまとめておきましょう。

加えて、応募する企業選びも慎重に検討する必要があります。
入社した会社が思っていたような職場ではなかったことから転職を考えるようになったはずですから、自分がやりたいことを実現するためにはどういう企業がいいのかという「軸」を持っておくといいでしょう

下記のページでは、20代の転職に関するあらゆるトピックを、詳しく解説しています。転職を検討し始めた20代の方は、ぜひチェックしてみてください。

【30代編】転職活動期間の過ごし方

30代は社会人経験も10年余りとなり、中間管理職として責任ある地位に就く年代といえます

そのため、転職をしようと考えても、転職活動に十分な時間を割きにくいものです。生活費が確保されているなどの条件が整っていれば、退職してから転職活動を進めることも可能です。しかし、多くの方は現職にとどまったまま、転職活動を進めることになるはずです。
そこで活用したいのが、転職エージェント。転職エージェントに登録することで、さまざまなアドバイスや指導を受けることができるので、限られた時間の中でも効果的な転職活動を行うことができます。

書類作成や面接にあたっては、実績や経験、スキルをもとに、企業にどのような貢献ができるかをアピールするのが重要なポイントです。自身のスキルの棚卸しを行って、採用担当者に上手にアピールできるようにしておくことが大切です。また、30代の転職では、今後のライフステージを見据えた転職活動を進めることも大切なポイントです。

下記のページでは、30代で初めて転職する方に向けて、30代の転職の現状や転職を成功させるためのポイントについて紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【40代編】転職活動期間の過ごし方

40代の転職には、即戦力であることに加え、チームやプロジェクトを先頭に立って進められる「マネジメント能力」が求められます。また、これまでの職種や職務内容が重視される傾向があります。
そのため、40代の転職においてこそ、自己分析を徹底的に行い、経験やスキルをきちんと自分の言葉で伝えられるようにしておく必要があります

40代になりマネジメント業務などが増えると、20代、30代に比べ、時間の融通がつき辛く、転職活動期間が長くなってしまうことも少なくありません。転職期間が長くなると、転職成功も難しくなってきます。
そこで、転職エージェントを活用し、効果的な転職活動を進めることをおすすめします

下記のページでは、40代で初めて転職した方のケースをもとに、キャリアアドバイザーから見た転職成功ポイントについて取り上げています。成功事例を確認して、参考にしてみましょう。

転職エージェントを活用して、短期間で転職しよう!

period_06.jpeg

在職中か離職後かに関わらず、「転職活動にかけていい期間はそれほど⻑くない」ということがおわかりいただけたでしょうか。「短期間にやるべきことが⼭のようにあって、活動を始める前から不安...」という⽅は、転職エージェントを利⽤するのがおすすめです

転職エージェントは、登録した求職者⼀⼈ひとりに転職のプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーがつき、「事前準備」にあたるスキルの棚卸しから条件にマッチした求⼈情報の紹介、⾯接のアドバイスまで、⼀連の活動をサポートしてくれます。⾯接⽇の調整もしてくれますので、在職中で思うように動けないという⼈も無理なく活動できるでしょう

転職は⾃分との戦いです。利⽤できるサービスは賢く利⽤して負担とストレスを減らし、想定した期間内でしっかり活動を終えましょう。

執筆・編集

片桐 千尋

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴3年。前職はITベンチャー企業にて採用担当、新規サービス企画、営業と幅広く経験。その後マイナビに入社しキャリアアドバイザーに転身。前職の幅広い職種の経験や、SE、デザイナーと仕事をしてきた経験から、様々な分野やポジションの業務内容、悩みを理解できることが強み。

SNSシェア

注目コンテンツ