転職先でおすすめの職種・業界9選!未経験でもOKな職種を紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/06/14

転職全般

転職先でおすすめの職種・業界9選!未経験でもOKな職種を紹介

recommended-_00.jpeg

この記事のまとめ

  • 業界を選ぶ際に確認すべきポイントは、「会社の規模」「労働環境」「離職率の低さ」「未経験者の採用率」「歴史の長さ」の5つ。
  • ポテンシャル採用を積極的に行う業界や人材不足の業界、人柄やコミュニケーション力を重視する職種は未経験でも挑戦しやすい。
  • 転職後のミスマッチを防ぐには、個別にサポートしてくれる転職エージェントの活用がおすすめ。

「仕事、人間関係が辛い」「いまの仕事を続けてもいいのか、将来的に不安」といった理由から、漠然と転職を考えている方は少なくないと思います。

しかし、自分の中でやりたいことが明確ではない場合や、異業種への転職を志望する場合などには、そもそもどの職種や業界を選べばいいのかわからないことも多いですよね

そこで今回は、未経験でも転職がしやすく、これから転職先を考えるという方におすすめの業界をご紹介いたします。

自分に合った職種・業界がわからない状態を脱して、自分の将来を見据えた選択ができるよう、本記事を参考にしていただければ嬉しい限りです。

目次

そもそも未経験者でも転職ってできるの?

recommended-_01.jpeg

そもそも、転職はこれまでに自分が培ってきた経験をもとに新たなステージや、年収や待遇のアップを目指して行うものと考えている方も多いかもしれません。

未経験者にも関わらず、これまでに経験したことのない業界への転職は可能なのでしょうか?

企業が未経験者を募集している理由とは?

なぜ多くの転職サイトには「未経験可」と書いてあるのか、これには以下の3つの理由があります。

  • 慢性的な人手不足
  • 多種多様な業界のスキルを欲している
  • 1から教育できる人材が良い

まず1つ目は、慢性的な人手不足であること
経験者しか不可としてしまうと充分な人材が集まらないことを懸念し、「未経験でも可」とすることでその門戸を広げている背景があります。

そして2つ目は、企業が多種多様な業界のスキルや経験を持った人材を欲していること
例えば企画職や営業職の場合、必ずしもその職種の経験がなくとも、他業界で培ったスキルによって、会社に新しい風を吹き込んでくれるのではという期待を込めて、未経験者の採用を行っている場合もあります。

最後に3つ目は、1から教育できる人材の方が、自社の理念や方針に沿った社会人として育成しやすく、企業に好まれる場合があるということです。
研修制度がしっかりしている会社であれば、未経験の人材を1から研修で教育するほうが、経験者の前職での「クセ」を直すよりも効率が良いこともあります。

しかし、当然のことながら企業側の本音としては「経験者であるに越したことはない」と思っています。
転職を志望する企業の求人票に「未経験可」と書いてあった場合でも、自分はどのような部分で前職の経験を活かし貢献できるかをアピールすることは必要です。

おすすめの転職先の業界を選ぶ5つのポイント

recommended-_02.jpeg

まずは、どのような業界を転職先として選べばいいのか、5つのポイントをご紹介します。

ポイント1. 規模が大きく、拡大中の業界

そこまで社会人経験を積んでいない立場であれば、ゼネラリストとしての即戦力を求められるベンチャー企業に転職することはとてもハードルが高く、万が一採用されたとしても入社後にとても苦労する場合も。

慢性的な長時間労働や給与待遇など、ベンチャー企業は労働待遇の面でも体力的にハードな企業が多いです。
ただし、短期スパンでの成長を望む場合や、若いうちに経験を積むという意味では一つの選択肢になり得ます。

特に安定を求める場合は、会社としての規模が大きく、中途入社の社員を教育する余裕や制度が整っている会社が良いでしょう
さらに、業績も良く拡大中の業界であれば、将来的な成長の機会も幅広くあり、長期スパンでの成長をみてくれます。

ポイント2. 労働環境がホワイトな業界

現在転職を考えているという方の多くは、「今の仕事が辛い」「激務過ぎて体力的にキツイ」という方が多いと思います。しかし、せっかく転職したのにその転職先が過重労働を強いたり、残業代の未払いがあったりするブラック企業では意味がありませんよね。

そこで、転職先に選ぶべき業界としては労働環境がホワイト、つまり働きやすいかどうかも大きな基準となります
もちろん、その会社ごとにブラック寄りなのか、ホワイトなのかは異なります。しかし、大まかな業界全体として、どうしてもブラックな働き方をせざるを得ない業界が存在することも事実です。あらかじめチェックしておきましょう。

ポイント3. 離職率が低い業界

初めての転職では、その会社や業界を外から見ているだけでは働きやすさ・労働風土は判断できないと思います

しかし、それらのものを判断できる材料があるとすれば、「離職率」です。全ての会社が公開しているわけではありませんが、四季報などを見れば多くの大企業では離職率が掲載されています。
あまりにも離職率が高い会社や業界は、「もしかすると入社してもすぐに辞めてしまう人が多いのかもしれない」と推測することができます。

もちろん、離職率だけでその会社の良し悪しを判断することはできませんが、判断材料の一つとして確認しておきたいポイントです。

ポイント4. 未経験を広く受け入れる業界

業界によっては、未経験での転職が難しい職種もあります。しかし20代での転職であれば、これから新しい業界にチャレンジすることも可能です。

厚生労働省が発表した「一般職業紹介状況(令和4年3月分及び令和3年度分)について」によると、令和4年3月時点で有効求人倍率は1.22倍であり、新型コロナウイルスが拡大した直後と比較するとゆるやかな回復傾向がみられます。また、前年の同月比で倍率をみると、製造や製品検査といった「生産工程の職業」、「運搬・清掃・包装等の職業 」が全体的に上昇傾向でした。
有効求人倍率とは、求職者1人あたり何件の求人があるかを示す指標です。たとえば、求人数が100件、求職者数が50人の場合、有効求人倍率は2.0倍と高くなります。

つまり、有効求人倍率が高い業界・業種ほど就職の間口が広く、転職できる可能性が高いことを示しています。有効求人倍率が高い業界や、その中でも未経験者を広く受け入れている業界を選ぶことで、採用される確率を上げられるかもしれません。

ポイント5. 長い歴史を持っている業界

最近では10年前にはなかったような新たなサービスや企業が数多く登場しています。そのような新しいサービスへの興味があるという方も多いかもしれませんが、初めての転職であれば長い歴史のある企業・業界への転職がおすすめです。

業界自体の歴史が浅く、人材や業績が安定していない場合、中途で入社しても放置されてしまうことが多く、極論、「自分でやるべき仕事を探してこい!」となってしまうこともあり得ます。数社経験後や、30代以降であれば対応することができるかもしれませんが、初めての転職先としてはなかなかハードルが高いしょう。

長い歴史を持っている業界では、業務内容のマニュアル化が進んでいたり、色々なノウハウが蓄積されています。問題が起きた時の対処法もパターン化されていることが多く、業界未経験者の方でも比較的困りにくいでしょう

転職でおすすめの5つの業界

common_78_01.jpg

では次に、業界未経験の方におすすめな5つの業界をご紹介します。

1. IT業界

現在、インターネットの急速な拡大により、IT業界は人手不足に陥っています。
そのため、IT業界では業界未経験であっても、その伸びしろや将来性に期待して「ポテンシャル採用」を積極的に行っています

ただ、未経験からのスタートになるので、転職直後は年収が下がってしまう可能性があることは注意すべきです。しかし、仕事・プライベート問わずに技術関連の勉強をし、スキルや資格を獲得していけば、比較的年収が上がりやすい業界といえます。

IT業界はニーズが拡大している分野でもあるため、今後の需要はさらに高まるでしょう。
「これから勉強していきたい」、「即戦力にはなれないけど努力でカバーしたい!」という意欲があれば内定が出やすい業界でもあります。

急速な成長と共に今後も市場規模の拡大が予想されるIT業界は、未経験からの転職希望者も多い業界です。IT業界にはさまざまな職種がありますが、「社会に貢献できる仕事につきたい」「ITに興味がある」などといった理由で、IT業界を志望する方もいるでしょう。そこでこの記事では、IT未経験者が転職を目指す場合の志望動機について解説します。志望動機のスマートな伝え方が分からずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

2. 製造業界

工場でのライン業務などは 、未経験でも転職がしやすく、特殊なスキルを必要としません。その上、輸送用機器・繊維などの製造工場は大手企業のラインが多く、給与や待遇が良いのが魅力です。
残業なども少なく、プライベートを重視したい方にもおすすめです。

また、IT機能を搭載した車や自動運転などの商機に伴い、車産業・重機等の求人も増えてきています。
自動車関連の業務経験がなくとも、IT企業の経験者や、理系の大学出身者など幅広いバックグラウンドを持つ人材を欲しているため、未経験でもチャレンジできる可能性があります

3. 人材業界

基本的に転職は専門知識を持った経験者が有利ですが、人材業界のような無形商材の営業職は、未経験者も積極的に採用しています。
転職が当たり前という考え方になった現代において、人材業界のニーズは今後ますます高まっていくことが予想されます。また、人材業界は人と関わることが多く、対人スキルを磨くうえでは最適な業界です

求職者の人生に大きく影響する仕事内容のため、責任重大ではありますが、同じぐらいやりがいも感じられます。
「人の役に立ちたい」「営業力を磨きたい」と考えているならば、ぜひチャレンジしていただきたい業界のひとつです。

4. 広告業界

ネット広告の拡大、コロナ禍におけるオンライン化の影響により、いま成長中のWebマーケティング業界。
未経験の状態からクリエイティブ職に転職するのは大変ですが、営業や制作ディレクター等については、前職の経験次第では比較的転職しやすい業種となります。

多くの関係者との折衝が求められるため、コミュニケーション力は必須です。また、華やかなイメージがある業界ではありますが、泥臭い作業も多いのが実情です。
しかし、Webマーケティング業界で培った経験や知識はあらゆる業界・職種で役立つものばかりですので、覚悟をもって飛び込んでいくことで将来の選択肢が拡がっていく可能性があります。

5. 専門商社

専門商社は、総合商社と比べて事業領域が狭いのが特徴です。専門的な知識や経験を活かし、商材を販売するのが主な仕事内容になります。

商社と聞くと、経験者でなければ働けないイメージを持ってしまいがちですが、入社後に研修や指導を受け、業界への知識を身につけることで充分に活躍できるでしょう。
基本的に営業職の募集を行なっていることが多いため、前職での営業経験や社会人としての最低限のマナーが身についていれば、未経験でも転職が可能な業界です。

転職でおすすめの職種4選

common_78_02.jpg

続いては、未経験の転職でおすすめの職種を4つご紹介していきます。
一つずつチェックしてみましょう。

1. ITエンジニア

インターネットが急速に普及する中で募集が急増しているのが、ITエンジニアです。
専門知識が必要なイメージがありますが、プログラマーやネットワークエンジニアであれば、未経験でも転職が可能な場合があります。多くの場合、入社後に研修を受けたり、OJTで指導を受けたしながら覚えていくことが多いです。

未経験からITエンジニアを目指す場合、可能であれば書籍やオンラインサービスを利用して事前に学習しておくことで、自身のエンジニアとしての適性を確認したり、面接時に学習意欲をアピールしたりできるのでおすすめです。

2. 営業職

営業職は、経験よりも人柄やコミュニケーション力、フットワーク力など経験以外の部分を重視する企業も多く 、これまでに営業職の経験がない場合でも中途での採用がされやすい職種です。

人と話すことが好きで、社外の人とも問題なく話すことができる一般教養や社会人としてのマナーを身につけていれば、未経験でも「これから頑張って勉強していきます」とやる気をアピールしやすく、ねらい目です

3. コンサルタント職

一口にコンサルタントと言っても、その内容は様々です。例えば、経営に関する知識が求められる経営コンサルタントやITの知識が求められるITコンサルタントなど、業界に関する見識が求められます。

また、コンサルタント職については、何かしらの職務経験を踏まえたうえで転身するケースが多いのも特徴のひとつです。異業界から転職する場合でも、それまで培ってきた経験や知識が無駄にならないため、次の仕事にも入りやすくおすすめの職種といえます。

4. 生産技術、製造技術、品質保証

生産技術や製造技術は設計された図面から実際に製品を作る仕事を指し、品質管理は品質を保証するための規格を定めた上で製品のチェックを行う仕事を指します。

食品の安全性や、商品の品質への消費者の関心が高まる中、企業としても品質保証を管理する人材を増やし、より安全性を担保することを目指しており、人手が欲しい職種になります。また、生産工程がマニュアル・自動化された現代においては、未経験でも比較的転職しやすいことも挙げられます。

【年代別】異業種へ転職するうえでのポイント

common_78_03.jpg

異業種への転職を行う場合、「未経験でも採用されるのか」「転職先でうまくやっていけるか」などなど、悩みは尽きないかと思います。
ここからは、意識しておきたいポイントについて、年代ごとにまとめていきます。

20代で異業種に転職する場合

20代で異業種への転職を希望する際には、ほとんどの場合ポテンシャル採用となります。
企業側が20代に求めていることは、素直さや仕事に対する熱意、コミュニケーション力などといった、職種にかかわらず必要とされるスキルである場合が多いです
そのため、異業種への転職自体は、未経験であったとしても比較的容易であるといえます。

ただ、注意しておきたいのが、なんとなくで業界・業種を選ばないようにすることです。
転職を考えている以上、何かしら現在の状況に不満を抱えており、それを解消するために別の仕事を探しているかと思います。

しかし、仕事を選ぶ際の優先順位や転職後に実現したいことが明確でないまま転職してしまうと、転職先でも同じような不満を感じ転職を繰り返すことになってしまいます。
自分にとって妥協できない部分は何か、どのようなキャリアを歩んでいきたいのか。転職活動をはじめる前に、中長期的な目線で考えることをおすすめします。

自分だけでは整理できないといった場合は、転職エージェントに相談するのもひとつの手です。人に悩みを打ち明けることによって頭の中が整理され、何が自分にとって大切なのかが見えてくることもあります。
より有意義な転職とするために、ぜひ転職のプロであるエージェントに相談してみてください。

30代で異業種に転職する場合

30代未経験で異業種に転職しようと考える場合、20代に比べるとどうしても苦労することが多くなってしまいます。30代以上の求職者には、即戦力を期待する企業が多いのが現状です。

また、30代の転職で注意していただきたいポイントが、より自分に合った会社を見つける必要があるということ。会社の風土と合わないなどの理由で短期離職してしまうと、次の就職先を見つけるのが困難になってしまいます。30代の短期離職は、20代と比べても非常にリスクがあることを意識しなければなりません。

異業種への転職を成功させるためには、自己分析が必要不可欠です。いままで培ってきた経験や知識が、異業界・異業種の会社で必要とされる場合もあります。そのため、30代から異業種に転職するためには、自分はどのようなことができるのか、スキルの棚卸しをしっかり行っているかが重要になります

「自分にはアピールできる経験がない」と悩まれている方は、ぜひ転職エージェントを活用してみていただきたいです。自分ではたいした経験ではないと思っていても、転職市場では評価されるといったケースは実際多くあります。
エージェントに相談することによって、ご自身では気づかなかった強みなど、スキルの棚卸しに効果的です。また、スキルセットを見直すことによって、企業とのミスマッチを防ぎ、短期離職を避けるメリットもあります。

未経験からの転職でミスマッチを無くすために

recommended-_06.jpeg

マイナビエージェントでは、未経験からの転職の場合でも、お一人おひとりのご経歴や目指す業界に合わせて個別にアドバイスしますので安心です。

さらに、転職先の仕事内容や雰囲気などの情報を詳しくお伝えするため、転職後のミスマッチをできるだけ無くすことが可能です。
また、初めての転職で戸惑いがちな面接時間の調整や職務経歴書の作成などのサポートもいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

マイナビエージェントの強みに関する詳しい内容はこちらをご覧ください。

執筆・編集

片桐 千尋

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴3年。前職はITベンチャー企業にて採用担当、新規サービス企画、営業と幅広く経験。その後マイナビに入社しキャリアアドバイザーに転身。前職の幅広い職種の経験や、SE、デザイナーと仕事をしてきた経験から、様々な分野やポジションの業務内容、悩みを理解できることが強み。

SNSシェア

注目コンテンツ