人材系営業の仕事内容とは?転職に有利なスキルや経験も解説

人材業界 人材系営業の仕事内容とは?
転職に有利な
スキルや経験も解説

営業職の転職にマイナビ営業AGENT

あなたに合ったキャリアアップ・
キャリアチェンジをサポートします

簡単無料 転職支援サービス申し込み

人材業界には、人材紹介や人材派遣、求人広告など、多くの仕事の種類があります。ここでは、人材系営業へ転職を希望している方に向けて、それぞれの仕事の特徴や、人材業界の現状についてまとめました。

また、具体的にどのような仕事をするのか、転職が目指せる年齢は何歳くらいまでなのか、どのくらい給料がもらえるのかについても解説します。人材業界で働くビジョンを明確にするために、ぜひ参考にしてください。

人材業界とは?

人材業界は、その名のとおり「人材」を取り扱う業界です。そのため、有形の商品を扱うメーカーなどとは異なり、開発部門や製造部門は存在しません。ほとんどの従業員が、何らかの形で営業に関わる仕事を行います。これは、人材業界の大きな特徴のひとつといえるでしょう。営業としてのノウハウや数字の作り方を学びたい方、営業としてのスキルを突き詰めていきたい方などにとっては、適した業界です。

人材業界の企業は、主に「人材紹介」「人材派遣」「求人広告」に分けることができます。

人材紹介

人材紹介の企業は、従業員を採用したい企業に対して、人材の紹介を行うのが主な仕事です。就職したい求職者と採用したい企業、双方のニーズをヒアリングし、マッチングさせます。新卒の採用を対象とした新卒紹介サービスや、転職者を対象とした転職エージェントなどが該当します。

人材派遣

人材派遣会社は、人材の派遣を希望する企業に対して、自社に登録している派遣スタッフを派遣します。クライアント企業や派遣スタッフと、長期的なつながりを持つのが大きな特徴です。なお、人材派遣の場合、派遣スタッフの所属はあくまでも人材派遣会社で、雇用契約も人材派遣会社と派遣スタッフ間で締結します。

求人広告

求人広告会社は、人材を採用したい企業の求人広告を、自社メディアなどに掲載する仕事です。インターネット上で求人サイトを運営しているWebメディアと紙媒体のメディアがありますが、近年では、Webメディアが主流となっています。求人広告会社は、その他の人材業界の仕事とは異なり、求職者側とやりとりをすることがありません。あくまでも、採用したい企業の側に立ち、希望する人材の獲得を目指します。

その他

人材採用代行サービス(RPO)や、人事業務のシステム化を行うHRテック、社員研修サービスなどを扱う企業も、人材業界の企業に分類されます。

― 人材系営業の求人特集 ―

人材系営業の仕事内容

同じ人材系営業でも、提供しているサービスによって、具体的な仕事内容は大きく変わります。
それぞれの仕事における営業職の役割と、利益の上げ方についてご説明します。

Employment agency

人材紹介会社の営業

人材紹介会社の営業は、顧客となる人を採用したい企業と、就職したい求職者の架け橋になる仕事です。希望する人材を採用する方法がわからない、求人広告を出してもなかなか人が集まらないといった企業の持つ採用課題についてヒアリングし、二人三脚で解決を目指します。

人材紹介の仕事の場合、報酬は顧客である企業から受け取ることになります。成果報酬型のビジネスモデルですから、適した人材を紹介することができなければ売上を上げることができません。どうすれば企業の採用を支援できるのかを考え、常にPDCAを回して結果を出していくというのが、人材紹介会社の営業の醍醐味です。

具体的な仕事内容や担当範囲は所属する企業によって異なりますが、モデルケースとしては、100社程度の企業を担当として受け持ち、そのうち15~20社程度が実際に採用活動を行っています。また、対個人の営業では、サービスに登録した求職者との面談を毎月30~40人程度行います。ただし、このような個人向けの面談は、営業担当者ではなくキャリアアドバイザーが担当する場合もありますので、転職を考える際は事前に仕事内容を確認しておきましょう。

なお、人材紹介会社の営業は、主に人材を採用したい企業に対して営業をかけます。とはいえ、サービスに登録している求職者数が少ないと、企業の希望どおりの人材を紹介することができません。そのため、営業担当者がスカウトを行って、人材の確保を目指すケースもあります。

Personnel dispatching company

人材派遣会社の営業

人材派遣会社の営業は、派遣会社に登録した派遣スタッフの希望や勤務条件をヒアリングし、ニーズがマッチする派遣先企業を紹介する仕事です。営業担当者は、主に派遣スタッフが勤務をスタートした後のフォローを行い、登録時の面談や仕事の紹介は、コーディネーターが担当します。ただし、派遣会社によっては、派遣スタッフの登録時の面談や仕事の紹介なども営業が担当することもあります。

なお、人材派遣も人材紹介と同様にクライアント企業から収入を得ますが、成果報酬型ではありません。時給で働く派遣スタッフの給料の一部が、派遣会社の売上になります。 たとえば、派遣先企業が1時間あたり2,000円で派遣スタッフを雇い入れた場合、1日8時間、20営業日の稼働と計算すると、派遣先企業が支払う金額は32万円です。そのうちの約23万円が派遣スタッフの給料とすると、派遣会社に残る金額は70,000円です。ただし、派遣会社は、その70,000円の中から派遣スタッフの社会保険料や運営経費などを支払うことになるため、派遣会社の最終的な利益はもっと少なく、上記の例の場合は10,000円程度となる見込みです。

このように、人材派遣会社のビジネスモデルは、一度にまとまった利益を得るのではなく、少ない利益を継続して得るというものです。多くの利益を上げるためには、「長期的に」「多くの人材を」派遣先に紹介する必要があります。そのため、人材派遣会社の営業は、月の売上、利益に加えて、稼働人数を見る場合が多くなっています。具体的には、100人程度の派遣スタッフのフォローを行う営業が多いでしょう。長期的に派遣スタッフのキャリア支援を行える点は、人材派遣会社の営業の魅力といえます。

Job listing company

求人広告会社の営業

求人広告会社の営業は、広告を掲載する企業から先払いで報酬を受け取り、必要な応募者の獲得を目指す仕事です。実際にやりとりをするのは顧客となる企業の担当者のみで、求職者との接点を持たないという特徴があります。

求人広告会社の営業は、顧客が希望する人材を獲得するために、最適な広告戦略の提案を行います。業務内容にマーケティング要素が入ってくる点は、求人広告会社の営業ならではのおもしろさだといえるでしょう。

企業によっては、広告の掲載だけでなく、Webマーケティングもセットで運用するなど、複数の手法を組み合わせて戦略を練ることもあります。営業職でありながら、ライターやディレクターといった、制作側のスタッフとも関わることができる仕事です。

Other company

その他人材関連企業の営業

その他人材関連企業は、研修を行う会社や採用支援システムを提供する企業などが該当します。具体的な営業の仕事内容は事業内容によって大きく異なるため、就職を希望する場合は、コーポレートサイトを確認したり、転職エージェントから詳しい話を聞いたりして、情報を集めましょう。

人材業界の現状と今後

COVID-19

コロナ禍により、
売り手市場から買い手市場へ

2021年3月現在、人材業界はコロナ禍の影響を受けており、厳しい状況にあると言わざるをえません。2020年2月、3月頃までは売り手市場でしたが、コロナ禍によって採用を止める企業が増え、買い手市場への急激な転換が起こりました。ただし、医療や介護など、コロナ禍においても伸びている業界に携わっている企業は好調です。それ以外の企業についても、落ち込み方は急激であったものの、その後の戻りは比較的早く、求人数も戻りつつあります。

働き方や営業方法の変化

また、コロナ禍によって働き方が変化しています。人材業界では、派遣登録会の対応や求職者との面談など、対面でやりとりをする仕事が多く存在していました。しかし、コロナ禍によってこのような仕事は少なくなり、インターネットを活用した非対面でのやりとりが増加しています。企業に対する営業活動もインターネット上で行うケースが主流となっており、コロナ禍以降も、このやり方がスタンダードになっていくと考えられます。

医療、介護、IT、物流などを対象とする
人材ビジネスは好調

コロナ禍における一時的な落ち込みがあったものの、現在は、医療、介護、IT、物流など、コロナ禍においても伸びている業界に対する、人材の流動化が盛り上がっています。このような業界に対して人材ビジネスを行っている企業は非常に伸びていますし、今後も盛り上がりが続くと考えられます。

一方で、インターネットを活用したビジネスモデルに対応できていない企業や、販売サービス業といったコロナの影響を大きく受けている業界に特化した人材サービスを行っていた企業は、厳しい状況が続くでしょう。とはいえ、人材業界の仕事は、ノウハウさえあれば別の業界への転換が比較的容易ですから、厳しい業界から伸びている業界への転換を行う企業もあります。たとえば、飲食専門の人材派遣をしていた企業が、介護専門の人材派遣サービスを立ち上げるといったケースが該当します。

求人広告については、新卒も中途も採用は減少傾向であるものの、完全になくなるものではありませんから、今後も深刻な影響はないと思われます。一方で、アルバイトに特化したメディアは、やや厳しい状況が続くでしょう。また、人材業界の企業では、オンライン研修の分野が成長を見せています。ツールを利用してユーザー同士がコミュニケーションをとれるシステムを開発するなど、テクノロジーを活用した新しいスタイルの研修サービスが登場しているためです。

人材系営業の求人動向

2020年4月の緊急事態宣言の際には、人材業界にも大きな影響があり、求人数が落ち込みました。
しかし、現在は求人数も戻りつつあります。

人材業界の
求人数の回復

人材系営業の求人は、いったん落ち込んだものの回復傾向にあります。

コロナ禍以前と比較した場合、2021年3月現在は、およそ8割の求人数です。

人材業界は通年採用しているケースが多いため、今後も継続的に一定以上の求人が見込めるでしょう。

人材業界内の
求人数割合

人材業界の中でも特に求人が多いのは、人材派遣と人材紹介の企業で、それぞれが4割程度、合計で全体の8割程度を占めます。

残り1割ずつが、求人広告とその他の企業に関する求人です(2021年、マイナビエージェントの求人動向より)。

人材派遣の
求人ニーズ

人材派遣の企業では、経験よりも意欲や人当たりなどを重視する傾向があります。

販売職やCAといった別業種からの転職もしやすいため、今後も採用が加速していくと予想されます。

― 営業の業界特集 ―

あなた専任のキャリアアドバイザーが
あなたの条件に合った求人をご紹介します

簡単無料 転職支援サービス申し込み

人材系営業に転職するメリットとは?

続いては、転職先に人材業界を選ぶことで得られるメリットをご紹介します。
人材系営業の特徴ややりがいを把握しておきましょう。

メリット

01 求職者のキャリアを
支援できる

求職者にとって、自分がどの企業で働くかということは、その後の生活を左右する大きな選択です。正社員としての転職や就職をサポートする人材紹介や、派遣社員として仕事先を紹介する人材派遣は、求職者のキャリアを支援できる、やりがいのある仕事だといえるでしょう。

02 企業の業務改善に携われる

人材派遣の仕事では、適切なスキルを保有した人材を派遣することで、顧客である企業の抱える課題の解決や、業務改善を目指します。また、希望する人材を獲得したい企業をサポートする人材紹介や求人広告、採用代行、人材育成に関わる研修サービスなども、業務改善につながる仕事だといえるでしょう。自分の仕事によって、企業の課題が解決され、業務をスムーズに進められるようになれば、大きな達成感が得られます。

03 様々な企業や業種を
知ることができる

人材業界では、多くの求人情報を取り扱います。これまで関わることのなかった様々な業種の企業や、ユニークな仕事についてもふれることができるでしょう。また、特に人材紹介や人材派遣では、求職者の経歴なども見ることになるため、なかなか話す機会がないような経歴を持った人と接する機会があるかもしれません。世の中の多くの仕事についての知見を深め、多種多様な経歴の持ち主と出会えるというのは、人材業界で働くおもしろさのひとつです。

人材系営業への転職に求められるスキル・経験

人材系営業は、企業と個人の両方とやりとりをする可能性が高い仕事です。
そのため、営業としての幅広いスキルや、人材採用に関連する経験などが求められます。
ここでは、人材系営業として、仕事に活かしやすいスキルや経験をご紹介します。

SKILL & EXPERIENCE

スキル・経験

コミュニケーション力

コミュニケーション力は、営業として働く上で必要とされることの多い能力です。

人材業界では、日々、多くの企業や個人とやりとりをしますから、スムーズに業務を遂行するために、相手の希望をくみ取る能力や、わかりやすく説明する能力などが求められます。

好感が持たれるように印象付けられるスキル

相手に好感を抱いてもらえなければ、企業の採用業務を任せてもらうことはなかなか難しいものです。また、求職者に自社のサービスを利用してもらうためにも、「信頼できる人だ」と思ってもらわなければいけません。

そのためには、身だしなみや立ち居振る舞いを意識して、好感を抱いてもらえるよう印象付けられるスキルが必要となります。

ストレス耐性

人材業界では、個人ともやりとりを行うことになるため、時にストレスを感じることもあるでしょう。特に、長期的に企業と派遣スタッフのあいだに入って調整を行う人材派遣の営業では、双方の板挟みになってしまう可能性もあります。

どのような事態が起こっても、前向きに適切な対応をとるために、ある程度のストレス耐性が求められます。

法人営業経験

人材紹介、人材派遣、求人広告のうち、どの仕事をする場合でも、必ず法人を相手にした営業活動が発生します。

求職者とのやりとりも行う人材紹介や人材派遣の仕事であっても、実際に売上を獲得するのは法人からになりますので、法人営業の経験が役立つでしょう。

人材採用経験

人材業界では、研修サービスなどを行う一部の会社を除き、採用に関する仕事を行います。そのため、人材採用に関わった経験がある方は、培ったスキルを活かして働けます。

採用経験があれば、人材を採用したい企業側の要望や意図もくみ取りやすくなりますし、より希望に合致した人材を紹介しやすくなるでしょう。

人材系営業が目指せる次のキャリア

人材系営業として働いていた方の次のキャリアには、
営業職からマネジメント職へのキャリアアップや、他の業界の営業などが挙げられます。
ただし、同じ人材業界でも、どのような企業で仕事をしていたかによって、
下記のように目指せるキャリアは若干変わります。

人材紹介会社の営業が目指せる次のキャリア

人材紹介会社の営業として働いていた方は、次のキャリアとして自社もしくは、他社の人事での採用担当を目指すことができます。人材紹介会社の営業は、新卒や転職に関する採用周りの業務を行うため、人事として働く上でも経験を役立てることができるからです。

また、最近では、採用支援システムの導入や開発を行う企業も増えています。人材紹介会社の営業から、こうしたシステムの営業に移るというケースも多いようです。
もちろん、同じ社内でマネージャーへのキャリアアップを果たす方も多くいます。

人材派遣会社の営業が目指せる次のキャリア

人材派遣会社での営業職の経験は、その後のキャリア形成において大きく役立ちます。
同じ社内でマネージャーへのキャリアアップを目指すケースが多いですが、BtoBとBtoC、両方の経験を活かして、人材業界以外の業界の営業職に転職する方もいます。

人材紹介会社との違いは、人事への転職が難しいということです。そのため、将来的に人事の仕事を目指したい場合は、人材紹介会社への転職を目指すのがいいでしょう。

求人広告会社の営業が目指せる次のキャリア

求人広告会社の営業の場合も、他の人材系営業と同様、自社のマネージャーや人材採用システムの営業といったキャリアを目指すことができます。

求人広告会社の営業ならではの強みは、マーケティングに近い経験を行えるという点です。そのため、広告代理店やWeb広告会社、Webマーケティング会社の営業として活躍する道もあります。

その他人材関連企業の営業が目指せる次のキャリア

その他人材関連企業の営業の場合、実際の業種や仕事内容によって、目指せるキャリアも変わってきます。社内でマネージャーを目指せる点は同様ですが、それ以外については各社様々です。

採用代行や研修などを行っていた場合は、採用や研修関連企業の人事へ転職できるケースもありますし、経験によっては、人事コンサルティング会社への転職が目指せることもあります。

― 人材系営業からの
キャリアアップ求人特集 ―

あなた専任のキャリアアドバイザーが
あなたの条件に合った求人をご紹介します

簡単無料 転職支援サービス申し込み

人材系営業に関するFAQ

Q未経験で人材系営業への転職は可能ですか?
Answer未経験であっても、人材系営業への転職を目指すことは十分可能です。
ただし、営業職自体が未経験の場合は、顧客と仕事で関わったことがあるかどうかが分岐点になります。一切顧客接点がない仕事をしていた場合は、転職の際のハンディキャップになる可能性が高いでしょう。
一方、営業未経験でも、顧客と直接関わる仕事や、社外向けのコミュニケーションスキルを求められる仕事をしていた方であれば、転職に有利に働きます。
Q人材系営業に転職可能な年齢は何歳までですか?
Answer業界未経験の場合は、24~32歳程度が転職可能な年齢の目安となります。ただし、求人広告会社の営業に関しては、未経験での転職は20代までが現実的なラインでしょう。営業の経験自体がない方は、28歳くらいまでの転職を目指しましょう。
人材系営業経験者の場合の転職可能年齢は、業種を変更するかどうかによっても変わってきます。同業種内での転職であれば、30代半ばあたりがひとつの目安です。一方、業種を変更する場合は、32歳程度までが転職可能な年齢です。
なお、人材派遣から人材紹介へのキャリアチェンジを目指すのであれば、早めに動く必要があります。30代初め程度までが現実的なラインでしょう。
とはいえ、実際の転職可能な年齢は、応募する会社やこれまで培ってきたスキル、経験などによって変わります。たとえば、証券会社やブライダル業界、不動産業界などの営業経験がある方の場合、人材業界の仕事との親和性が高いことから、年齢が高くても採用につながるケースがあります。
Q20~30代の人材系営業の平均的な年収水準を教えてください。
Answer人材系営業の平均的な年収水準は、就職する企業の業務内容によって異なります。
おおよその目安は、人材紹介会社の営業は、25歳で400万円、28歳で450万円、30歳で500万円、32歳で550万となっています。人材派遣会社と求人広告会社の営業は、25歳で350万円、28歳で400万円、30歳で450万円、32歳で500万円です。
人材業界は、比較的能力による給与差が大きい業界です。若くても能力が高ければ、スピーディーな昇進や高いインセンティブを狙うことができるでしょう。
Q人材系営業の選考の特徴を教えてください。
Answer人材系営業の選考では、相手に好感を持ってもらえる人物であるかどうかが重要です。清潔感のある服装や身だしなみを心掛けているかどうか、好感を持たれるように印象付けられるか、適切なコミュニケーションがとれるかなどを総合的にチェックされます。面接を受ける際は、事前に服装や髪型などを見直しておきましょう。
また、数字についての意識も重要です。営業職ですから、選考でもそれまでの仕事で数字とどのように向き合ってきたかが重視されるケースが多くなります。具体的には、一定期間の数字の目標と実績、達成率を、セットで職務経歴書に明記することが大切といえます。目標が未達成の場合でも、面接官が納得できる理由や対応策をしっかり説明できるのであれば、十分アピールポイントとなるでしょう。
加えて、人材系営業は、毎月スピード感を持って数字を追いかけていく必要がありますから、スピードを意識して仕事に取り組んできたというエピソードもあれば、好印象を持ってもらいやすい傾向があります。
Q人材派遣会社の営業ならではの選考の特徴を教えてください。
Answer人材派遣会社の営業の場合、やる気や意欲の評価度合いが、他の人材系営業に比べ高い傾向にあります。
人材派遣会社の営業への転職を目指す場合は、今後の展望や仕事への意欲についても積極的にアピールしましょう。
Q求人広告会社の営業ならではの選考の特徴を教えてください。
Answer求人広告会社の営業は、他の人材系営業に比べて、マーケティング的な視点があるかどうかも求められます。そのため、数字の達成・未達成や理由付けだけでなく、戦略性を持って仕事を行ってきたかどうかも重視されます。これまでの経験の中で、親和性の高いエピソードがないか考えることが大切です。

マイナビ営業エージェントを
利用する
3つの理由

  1. 01業界に精通したキャリアアドバイザー

    営業職の専任制のチームを編成しているため
    お客様の多様な選択肢や新たな可能性をご提案することができます。

  2. 02決定率を高める豊富な転職支援

    キャリアアドバイザーが一人ひとりとじっくり向き合い、
    応募する求人に合わせた応募書類の添削や、面接対策を行います。

  3. 03独占求人・非公開求人

    マイナビの豊富なリソースを活かし、
    当社のみが取り扱う独占求人情報も多数ご用意しています。

あなた専任のキャリアアドバイザーが
あなたの条件に合った求人をご紹介します

簡単無料 転職支援サービス申し込み

人材系営業の新着求人