職種別平均年収ランキング【2020年版】|求人・転職エージェント

職種別平均年収ランキング

職種別平均年収ランキングでは、金融・コンサルティングカテゴリーが上位を占めています。主に国内外の経済活動を調査・分析をするアナリスト・エコノミストや企業の生産性を上げるBPR・BPOコンサルタント、会計士など、上位を占める金融カテゴリーの職種は、世界の企業を相手にした責任感の大きい仕事のため、600万円以上を大幅に超える平均年収が高くなると考えられます。
6位以降には経営企画や営業に関する職種が入っています。内部統制・内部監査・コンプライアンスや新規事業開発など、会社を継続するための役割を持つ職種です。上位の職種は、複数の知識やスキルの組み合わせがカギになるようです。20~30代から意識して、キャリアプランを考えていくといいでしょう。
カテゴリーごとのランキングでは、さらに詳しく考察していきますので、参考にしてみてください。

順位 職種名・カテゴリー・平均年収 職種名 カテゴリー 平均年収
1 アナリスト・エコノミスト
金融・コンサルティング
824万円
アナリスト・エコノミスト 金融・コンサルティング 824万円
2 プロジェクトマネージャー(オープン・WEB)
IT・インターネット・通信
670万円
プロジェクトマネージャー(オープン・WEB) IT・インターネット・通信 670万円
3 BPR・BPOコンサルタント
金融・コンサルティング
661万円
BPR・BPOコンサルタント 金融・コンサルティング 661万円
4 会計士
金融・コンサルティング
654万円
会計士 金融・コンサルティング 654万円
5 監査(法定・任意)
金融・コンサルティング
652万円
監査(法定・任意) 金融・コンサルティング 652万円
6 内部統制・内部監査・コンプライアンス
経営企画・管理部門全般
637万円
内部統制・内部監査・コンプライアンス 経営企画・管理部門全般 637万円
7 ファンドマネージャー・バイサイドアナリスト
金融・コンサルティング
632万円
ファンドマネージャー・バイサイドアナリスト 金融・コンサルティング 632万円
8 MR
営業
626万円
MR 営業 626万円
9 新規事業開発
経営企画・管理部門全般
637万円
新規事業開発 経営企画・管理部門全般 602万円
10 プリセールス
IT・インターネット・通信
632万円
プリセールス IT・インターネット・通信 599万円

あなたの年収は適正ですか?
マイナビエージェントなら
あなたのご希望に応じた求人をご紹介します。

IT・インターネット・通信

全体の平均年収
427万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 307万円
25歳~29歳 373万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 449万円
35歳~39歳 528万円

職種別年収ランキング

順位 職種名・平均年収 職種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 プロジェクトマネージャー(オープン・WEB)
平均年収:670万円
20代平均:414万円
30代平均:625万円
プロジェクトマネージャー(オープン・WEB) 670万円 414万円 625万円
2 プリセールス
平均年収:599万円
20代平均:360万円
30代平均:552万円
プリセールス 599万円 360万円 552万円
3 社内システム企画
平均年収:512万円
20代平均:385万円
30代平均:505万円
社内システム企画 512万円 385万円 505万円
4 サーバーエンジニア
平均年収:462万円
20代平均:387万円
30代平均:515万円
サーバーエンジニア 462万円 387万円 515万円
5 システムエンジニア(制御・組み込み)
平均年収:455万円
20代平均:432万円
30代平均:480万円
システムエンジニア(制御・組み込み) 455万円 432万円 480万円

高度な専門知識やスキルが求められる、ITやインターネット、通信業界。平均年収は427万円です 。20代と30代を比較すると、221万円平均年収がアップ。上位3業種は、30代以降も昇給が期待できます。
また、この業界は単一スキルでは年収が伸び悩み、複数スキルを兼ねる職種は年収が高い傾向があります。たとえば、プロジェクトマネージャーは、高度な知識とマネジメントスキルが必要になります。
今後のキャリアプランを考えるときに、年収アップを考慮する場合は、今ご自身の持つ経験やスキルに何をかけ合わせることで希少価値を高めていけるかがこのカテゴリーでは重要でしょう。

IT・インターネット・通信のおすすめ求人を見る

機械・電気・電子・素材

全体の平均年収
401万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 304万円
25歳~29歳 380万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 426万円
35歳~39歳 476万円

職種別年収ランキング

順位 職種名・平均年収 職種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 技術系管理職
平均年収:553万円
20代平均:358万円
30代平均:632万円
技術系管理職 553万円 358万円 632万円
2 プロセス開発
平均年収:521万円
20代平均:391万円
30代平均:626万円
プロセス開発 521万円 391万円 626万円
3 合成
平均年収:508万円
20代平均:504万円
30代平均:513万円
合成 508万円 504万円 513万円
4 筐体設計
平均年収:482万円
20代平均:460万円
30代平均:485万円
筐体設計 482万円 460万円 485万円
5 開発
平均年収:477万円
20代平均:409万円
30代平均:523万円
開発 477万円 409万円 523万円

機械・電気・電子・素材カテゴリーの平均年収は、401万円。 20代前半の平均年収は304万円でスタートし、30代後半では476万円になっています。専門的な知識やスキルが欠かせない業界でもありますが、ランキングをみると、専門性×マネジメントの職種ほど高収入であることがわかります。
詳細ランキングを見ていくと、技術系管理職が1位。技術的な知識を基に、部下のマネジメントや全体の納期管理、関係者との折衝などを行うので責任の伴う仕事になり、高収入となるのでしょう。
開発に関係する職種では、プロセス開発が最も高年収。製品自体を扱う5位の開発も高収入ですが、プロセス開発はより幅広い知識やコスト感覚が必要になり、仕事の範囲も広がるため、平均年収は50万円ほど異なります。

機械・電気・電子・素材のおすすめ求人を見る

営業

全体の平均年収
412万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 313万円
25歳~29歳 395万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 460万円
35歳~39歳 496万円

職種別年収ランキング

順位 職種名・平均年収 職種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 MR
平均年収:626万円
20代平均:474万円
30代平均:665万円
MR 626万円 474万円 665万円
2 管理職・マネージャー(営業系)
平均年収:585万円
20代平均:449万円
30代平均:540万円
管理職・マネージャー(営業系) 585万円 449万円 540万円
3 海外営業・貿易営業
平均年収:520万円
20代平均:412万円
30代平均:573万円
海外営業・貿易営業 520万円 412万円 573万円
4 ホールセール
平均年収:513万円
20代平均:418万円
30代平均:656万円
ホールセール 513万円 418万円 656万円
5 建築請負営業
平均年収:450万円
20代平均:422万円
30代平均:509万円
建築請負営業 450万円 422万円 509万円

営業職の平均年収は412万円です。年代別に見ても、全ての年齢で300万円以上となっています。売上を担う重要な職種なので、企業によっては成績に応じてインセンティブを設けている場合もあるでしょう。
詳細ランキングを見てみると、MR、海外営業・貿易営業、ホールセール、建築請負営業と、高度な専門知識を必要とする職種が並んでいます。
営業職で平均年収を上げていくためには、コミュニケーション力や営業力、扱う商材の専門性をかけ合わせることが大切です。

営業のおすすめ求人を見る

クリエイティブ職

全体の平均年収
349万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 270万円
25歳~29歳 321万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 359万円
35歳~39歳 393万円

職種別年収ランキング

順位 職種名・平均年収 職種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 プロデューサー/ディレクター/プランナー
平均年収:442万円
20代平均:358万円
30代平均:442万円
プロデューサー/ディレクター/プランナー 442万円 358万円 442万円
2 ライター・編集・制作・校正
平均年収:382万円
20代平均:322万円
30代平均:394万円
ライター・編集・制作・校正 382万円 322万円 394万円
3 デザイナー
平均年収:352万円
20代平均:313万円
30代平均:370万円
デザイナー 352万円 313万円 370万円
4 その他出版・広告・販促関連職種
平均年収:351万円
20代平均:291万円
30代平均:384万円
その他出版・広告・販促関連職種 351万円 291万円 384万円
5 その他ファッション関連職種
平均年収:345万円
20代平均:302万円
30代平均:370万円
その他ファッション関連職種 345万円 302万円 370万円

クリエイティブカテゴリーの平均年収は349万円となっています。クリエイティブ業界は裾野が広く、様々な難度の案件や働き方が混在している業種です。年代別に見ると、平均年収は20代前半から30代後半までのあいだに123万円増えています。
プロデューサー/ディレクター/プランナーは、専門知識やプロジェクト管理能力、企画力が必要な職種です。平均年収は、クリエイティブカテゴリーの平均年収よりも93万円高くなっています。2~5位の職種も、20代から30代で大きく伸びています。経験を積んで、管理や制作陣の管理などマネジメントする立場になると、平均年収を上げられます。

クリエイティブ職のおすすめ求人を見る

金融・コンサルティング

全体の平均年収
489万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 332万円
25歳~29歳 433万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 541万円
35歳~39歳 596万円

職種別年収ランキング

順位 職種名・平均年収 職種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 アナリスト・エコノミスト
平均年収:824万円
20代平均:583万円
30代平均:973万円
アナリスト・エコノミスト 824万円 583万円 973万円
2 BPR・BPOコンサルタント
平均年収:661万円
20代平均:638万円
30代平均:611万円
BPR・BPOコンサルタント 661万円 638万円 611万円
3 会計士
平均年収:654万円
20代平均:425万円
30代平均:650万円
会計士 654万円 425万円 650万円
4 監査(法定・任意)
平均年収:652万円
20代平均:557万円
30代平均:725万円
監査(法定・任意) 652万円 557万円 725万円
5 ファンドマネージャー・バイサイドアナリスト
平均年収:632万円
20代平均:532万円
30代平均:500万円
ファンドマネージャー・バイサイドアナリスト 632万円 532万円 500万円

金融・コンサルティングカテゴリーの平均年収は489万円。高い専門知識が必要で、大きな金額や規模の大きい仕事を扱うことが多い職種です。
金融・コンサルティングカテゴリー1位のBPR・BPOコンサルタントと5位の与信管理は、企業の経営に関する知識が必要。さらに、経営者との信頼関係も築かなければなりません。2位の会計士は、国家資格である公認会計士資格が必要な難関職種です。また、3位の監査(法定・任意)も、専門的な勉強が必要な難関職種となっています。4位のファンドマネージャー・バイサイドアナリストは、金融に関する知識や分析結果から先を予想するスキルが必要です。
自分次第でスキルや能力を上げられる、やりがいのある職種が多いカテゴリーだといえるでしょう。

金融・コンサルティングのおすすめ求人を見る

経営企画・管理部門全般

全体の平均年収
465万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 282万円
25歳~29歳 340万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 384万円
35歳~39歳 414万円

職種別年収ランキング

順位 職種名・平均年収 職種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 内部統制・内部監査・コンプライアンス
平均年収:637万円
20代平均:353万円
30代平均:535万円
内部統制・内部監査・コンプライアンス 637万円 353万円 535万円
2 新規事業開発
平均年収:602万円
20代平均:451万円
30代平均:512万円
新規事業開発 602万円 451万円 512万円
3 法務
平均年収:596万円
20代平均:483万円
30代平均:509万円
法務 596万円 483万円 509万円
4 経営企画
平均年収:585万円
20代平均:433万円
30代平均:565万円
経営企画 585万円 433万円 565万円
5 事業企画、事業統括(事業管理、事業推進含む)
平均年収:542万円
20代平均:412万円
30代平均:550万円
事業企画、事業統括(事業管理、事業推進含む) 542万円 412万円 550万円

経営企画・管理部門全般カテゴリーには、秘書や受付、事務など、アシスタント的な職種も含まれています。平均年収は465万円です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、132万円増えています。
1位の内部統制・内部監査・コンプライアンスは、企業運営の根幹を支える重要な業務。専門知識が必要な上、責任も大きいため、年収も高くなります。新規事業開発、経営企画、事業企画、事業統括は、企業の体制や売上に大きく関わる重要な職種です。
ランキングの1、2位の平均年収は、600万円以上。会社を成り立たせるという責任感の大きい仕事ですが、経験することでさらなるキャリアアップを狙えるでしょう。

経営企画・管理部門全般のおすすめ求人を見る

流通・消費財・アパレル・フード

全体の平均年収
318万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 267万円
25歳~29歳 313万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 349万円
35歳~39歳 380万円

職種別年収ランキング

順位 職種名・平均年収 職種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 店舗開発・FC開発
平均年収:491万円
20代平均:364万円
30代平均:487万円
店舗開発・FC開発 491万円 364万円 487万円
2 エリアマネジャー/スーパーバイザー
平均年収:458万円
20代平均:387万円
30代平均:471万円
エリアマネジャー/スーパーバイザー 458万円 387万円 471万円
3 マーチャンダイザー
平均年収:434万円
20代平均:345万円
30代平均:424万円
マーチャンダイザー 434万円 345万円 424万円
4 バイヤー/ディストリビューター
平均年収:424万円
20代平均:348万円
30代平均:408万円
バイヤー/ディストリビューター 424万円 348万円 408万円
5 コールセンター運営・管理/スーパーバイザー
平均年収:389万円
20代平均:336万円
30代平均:407万円
コールセンター運営・管理/スーパーバイザー 389万円 336万円 407万円

流通・消費財・アパレル・フードカテゴリーは裾野が広く、現場から管理職まで幅広い人材が働いています。流通・消費財・アパレル・フードカテゴリーの平均年収は318万円。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、113万円増えています。
1~3位は、スタッフや店舗のマネジメントを行う管理職。4~5位は、顧客のニーズを捉えて売上を左右する重要な職種です。これらの職種は400万近くと、カテゴリーの平均年収より約80万円以上高いです。
このカテゴリーでは、マネジメントやマーケティングのスキルを磨くことで、流通・消費財・アパレル・フードカテゴリーの平均よりも高い年収を得られる可能性があります。

流通・消費財・アパレル・フードのおすすめ求人を見る

不動産・建設

全体の平均年収
457万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 314万円
25歳~29歳 386万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 430万円
35歳~39歳 468万円

職種別年収ランキング

順位 職種名・平均年収 職種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 計画・設計
平均年収:518万円
20代平均:449万円
30代平均:604万円
計画・設計 518万円 449万円 604万円
2 コンストラクションマネジメント
平均年収:502万円
20代平均:418万円
30代平均:608万円
コンストラクションマネジメント 502万円 418万円 608万円
3 管工事設備設計
平均年収:484万円
20代平均:421万円
30代平均:507万円
管工事設備設計 484万円 421万円 507万円
4 プロパティマネジメント
平均年収:450万円
20代平均:371万円
30代平均:518万円
プロパティマネジメント 450万円 371万円 518万円
5 技術開発・工法開発
平均年収:448万円
20代平均:401万円
30代平均:446万円
技術開発・工法開発 448万円 401万円 446万円

不動産・建設カテゴリーの平均年収は457万円です 。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、154万円増えています。
最も平均年収が高いのは計画・設計です。プラントなど大規模な案件を担当する場合は特に難度が高く、平均年収も高くなる傾向があります。施工管理・エンジニアリング・試運転は、30代平均年収で1位。経験に応じた昇給が期待できるでしょう。プロパティマネジメントのように、資産管理のスキルを活かして活躍できる職種もあります。どれも、専門知識や資格が必要な職種です。
マネジメントスキルや専門技術を磨くことで、高い年収を狙えるカテゴリーといえるでしょう。

不動産・建設のおすすめ求人を見る

医薬・医療機器・バイオ

全体の平均年収
333万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 277万円
25歳~29歳 316万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 356万円
35歳~39歳 385万円

職種別年収ランキング

順位 職種名・平均年収 職種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 品質保証・品質管理
平均年収:526万円
20代平均:380万円
30代平均:464万円
品質保証・品質管理 526万円 380万円 464万円
2 臨床開発モニター(CRA)
平均年収:504万円
20代平均:421万円
30代平均:526万円
臨床開発モニター(CRA) 504万円 421万円 526万円
3 研究・開発・分析
平均年収:449万円
20代平均:395万円
30代平均:459万円
研究・開発・分析 449万円 395万円 459万円
4 品質管理(QC)
平均年収:436万円
20代平均:339万円
30代平均:507万円
品質管理(QC) 436万円 339万円 507万円
5 生産技術・生産管理
平均年収:406万円
20代平均:330万円
30代平均:450万円
生産技術・生産管理 406万円 330万円 450万円

医薬・医療機器・バイオカテゴリーの平均年収は333万円 です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、108万円増えています。仕事の難度の幅が広く、様々な人材が働いているカテゴリーです。
ランキング1~5位の平均年収は、406万~526万円 。品質保証・品質管理は、製品の品質を保つ重要な仕事です。専門的な知識が必要なので、高い年収が設定されています。20代、30代の平均年収1位の臨床開発モニター(CRA)は、医薬品の開発に欠かせない存在。治験のモニタリングなど、医療機関での業務を監査する役割なので平均年収も高くなっています。
製品に関する深い知識を持ち、開発や製造の質に関わる仕事を担当することで、高い年収が期待できるカテゴリーです。

医薬・医療機器・バイオのおすすめ求人を見る

調査概要

  • 対象者:2019年12月~2020年5月末までの間に、マイナビエージェントサービスにご登録頂いた方
  • 有効回答数:約10万件
  • 対象平均年収:200~2000万
  • データのご利用について:「マイナビエージェント」を明記、または本ページリンク掲載のうえご利用ください。