業種別平均年収ランキング【2020年版】|求人・転職エージェント

業種別平均年収ランキング

業種別平均年収ランキングでは、1位の監査法人の平均年収が597万円でした。高い専門知識を持つ人材が多く、業種の平均年収を押し上げています。最も多くランクインしているのは金融機関。専門知識が必要で難度の高い業種がランクインしています。金融や経営に関わっている業種上位を占めています。近頃のITの普及により、注目が高まり、ネット銀行もランクイン。このことから、既存の業種でもITが関わることで急成長するものもでてくるかもしれません。
昨今、需要が大きいIT/通信業種は、2業種ランクイン。特に、ソフトウェア とハードウェアの両方の技術を必要とするハードウェアベンダーの平均年収は499万円です。専門知識が必要で需要が大きい業種が、上位10位に入っています。
カテゴリーごとのランキングでは、さらに詳しく考察していきますので、参考にしてみてください。

順位 業種名・カテゴリー・平均年収 業種名 カテゴリー 平均年収
1 監査法人
金融・コンサルティング・監査法人
597万円
監査法人 金融・コンサルティング・監査法人 597万円
2 投信/投資顧問
金融・コンサルティング・監査法人
562万円
投信/投資顧問 金融・コンサルティング・監査法人 562万円
3 証券会社
金融・コンサルティング・監査法人
661万円
証券会社 金融・コンサルティング・監査法人 513万円
4 医薬品
メーカー
505万円
医薬品 メーカー 505万円
5 ネット銀行
金融・コンサルティング・監査法人
503万円
ネット銀行 金融・コンサルティング・監査法人 503万円
6 ハードウェアベンダー
IT/通信

499万円
ハードウェアベンダー IT/通信 499万円
7 政府系金融機関
金融・コンサルティング・監査法人
495万円
政府系金融機関 金融・コンサルティング・監査法人 495万円
8 SIer・ソフトハウス(ユーザー系)
IT/通信
473万円
SIer・ソフトハウス(ユーザー系) IT/通信 473万円
9 SIer・ソフトハウス(メーカー系)
IT/通信
470万円
SIer・ソフトハウス(メーカー系) IT/通信 470万円
10 電子・電気機器
メーカー
466万円
電子・電気機器 メーカー 466万円

あなたの年収は適正ですか?
マイナビエージェントなら
あなたのご希望に応じた求人をご紹介します。

IT・通信

全体の平均年収
390万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 300万円
25歳~29歳 367万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 411万円
35歳~39歳 454万円

業種別年収ランキング

順位 業種名・平均年収 業種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 ハードウェアベンダー
平均年収:499万円
20代平均:405万円
30代平均:520万円
ハードウェアベンダー 499万円 405万円 520万円
2 SIer・ソフトハウス(ユーザー系)
平均年収:473万円
20代平均:417万円
30代平均:528万円
SIer・ソフトハウス(ユーザー系) 473万円 417万円 528万円
3 SIer・ソフトハウス(メーカー系)
平均年収:470万円
20代平均:389万円
30代平均:540万円
SIer・ソフトハウス(メーカー系) 470万円 389万円 540万円
4 SIer・ソフトハウス(独立系)
平均年収:453万円
20代平均:385万円
30代平均:502万円
SIer・ソフトハウス(独立系) 453万円 385万円 502万円
5 ソフトウェアベンダ(パッケージベンダ/ASP含む)
平均年収:440万円
20代平均:384万円
30代平均:500万円
ソフトウェアベンダ(パッケージベンダ/ASP含む) 440万円 384万円 500万円

IT/通信業種は、昨今技術が進歩し、多くの企業から人材が求められています。20代前半の平均年収は300万円です。上位の個々の業種を見ていると、技術者の平均年収が高まっていくことがわかります。
平均年収1位のハードウェアベンダーは、電子機器や家電などを開発・販売するにあたって、システムとハードウェアの両方の技術が必要です。2~4位を占めるSIer・ソフトハウスは、クライアントの要望に応えてシステムを設計し、プロジェクトを進める管理能力が求められます。
SIer・ソフトハウス(メーカー系)は、30代の年収がIT/通信業種で1位。メーカー系の安定感も年収に大きく影響を与えているといえるでしょう。

IT・通信のおすすめ求人を見る

メーカー

全体の平均年収
428万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 313万円
25歳~29歳 389万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 448万円
35歳~39歳 491万円

業種別年収ランキング

順位 業種名・平均年収 業種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 医薬品
平均年収:505万円
20代平均:410万円
30代平均:527万円
医薬品 505万円 410万円 527万円
2 電子・電気機器
平均年収:466万円
20代平均:376万円
30代平均:493万円
電子・電気機器 466万円 376万円 493万円
3 精密機器
平均年収:459万円
20代平均:369万円
30代平均:489万円
精密機器 459万円 369万円 489万円
4 医療機器
平均年収:458万円
20代平均:382万円
30代平均:501万円
医療機器 458万円 382万円 501万円
5 ガラス・セメント・セラミック
平均年収:453万円
20代平均:367万円
30代平均:536万円
ガラス・セメント・セラミック 453万円 367万円 536万円

メーカーカテゴリーの平均年収は428万円です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、178万円増えています。ランキング1位の医薬品メーカーの平均年収は505万円。技術職はもちろん、医療現場に薬を届ける営業にも医学や薬学の専門性が必要になります。これは医薬品メーカーに限らず、どのメーカーにも同じようなことがいえます。その会社に関連する専門の知識を身につけることは技術職にかぎらず、事務系や管理系の社員にも求められます。
さらに、今や市場は国内にとどまらず、海外にも範囲を広げているメーカーか多いため、海外営業を希望する場合、言語能力も必要になるでしょう。

メーカーのおすすめ求人を見る

商社

全体の平均年収
384万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 294万円
25歳~29歳 362万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 408万円
35歳~39歳 447万円

業種別年収ランキング

順位 業種名・平均年収 業種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 電子部品/半導体
平均年収:462万円
20代平均:364万円
30代平均:540万円
電子部品/半導体 462万円 364万円 540万円
2 産業用装置(工作機械・半導体製造装置・ロボット・その他装置)
平均年収:422万円
20代平均:370万円
30代平均:461万円
産業用装置(工作機械・半導体製造装置・ロボット・その他装置) 422万円 370万円 461万円
3 エネルギー(石油・石炭・LNG等)
平均年収:415万円
20代平均:380万円
30代平均:490万円
エネルギー(石油・石炭・LNG等) 415万円 380万円 490万円
4 家電/電気機器/AV機器/通信・ネットワーク機器/複写機・プリンタ
平均年収:403万円
20代平均:352万円
30代平均:445万円
家電/電気機器/AV機器/通信・ネットワーク機器/複写機・プリンタ 403万円 352万円 445万円
5 鉄鋼/非鉄金属/金属製品
平均年収:398万円
20代平均:361万円
30代平均:419万円
鉄鋼/非鉄金属/金属製品 398万円 361万円 419万円

商社カテゴリーの平均年収は384万円です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、153万円増えています。
電子部品/半導体や、産業用装置は昨今需要が高いため、平均年収ランキングでも上位にランクインしています。エネルギー、家電/電気機器/AV機器/通信・ネットワーク機器/複写機・プリンタは 需要が安定しているため、平均年収ランキング上位であることが推測できます。鉄鋼/非鉄金属/金属製品の平均年収は398万円です。
商社は、需要の高さと平均年収が比例する傾向があります。年収アップを狙うなら、時代のニーズに合った業種や、需要が安定している業種を選ぶことが重要です。

商社のおすすめ求人を見る

金融・コンサルティング・監査法人

全体の平均年収
421万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 306万円
25歳~29歳 393万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 488万円
35歳~39歳 512万円

業種別年収ランキング

順位 業種名・平均年収 業種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 監査法人
平均年収:597万円
20代平均:522万円
30代平均:657万円
監査法人 597万円 522万円 657万円
2 投信/投資顧問
平均年収:562万円
20代平均:440万円
30代平均:541万円
投信/投資顧問 562万円 440万円 541万円
3 証券会社
平均年収:513万円
20代平均:414万円
30代平均:651万円
証券会社 513万円 414万円 651万円
4 ネット銀行
平均年収:503万円
20代平均:419万円
30代平均:504万円
ネット銀行 503万円 419万円 504万円
5 政府系金融機関
平均年収:495万円
20代平均:435万円
30代平均:584万円
政府系金融機関 495万円 435万円 584万円

金融・コンサルティング・監査法人カテゴリーの平均年収は421万円です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、206万円増えています。
1位は監査法人です。経営や会計に関する知識が必要で、財務に関する書類の証明など。企業活動に不可欠で難易度の高い業種であるため、平均年収もカテゴリー内で最高額となっています。2位、3位に続くのが、投信/投資顧問、証券会社と、企業や投資家の資産を増やす業種。専門知識に加えて、状況を分析し、先を予測するスキルが必要です。
平均年収が421万円と高年収のカテゴリーといえますが、その中でもさらに上を目指すのであれば、専門性を高める、異なる金融の知識を身につけるなど、キャリアアップすることでさらに年収を高められるでしょう。

金融・コンサルティング・監査法人のおすすめ求人を見る

不動産・建設

全体の平均年収
391万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 315万円
25歳~29歳 384万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 416万円
35歳~39歳 450万円

業種別年収ランキング

順位 業種名・平均年収 業種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 プラントメーカー・プラントエンジニアリング
平均年収:458万円
20代平均:398万円
30代平均:521万円
プラントメーカー・プラントエンジニアリング 458万円 398万円 521万円
2 ディベロッパー
平均年収:442万円
20代平均:384万円
30代平均:524万円
ディベロッパー 442万円 384万円 524万円
3 ゼネコン
平均年収:415万円
20代平均:393万円
30代平均:483万円
ゼネコン 415万円 393万円 483万円
4 土地活用
平均年収:412万円
20代平均:389万円
30代平均:465万円
土地活用 412万円 389万円 465万円
5 サブコン
平均年収:404万円
20代平均:370万円
30代平均:459万円
サブコン 404万円 370万円 459万円

不動産/建設カテゴリーの平均年収は391万円です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、135万円増えています。
カテゴリー内の平均年収1位は、プラントメーカー・プラントエンジニアリングです。プラントは大規模な案件が多く、プラントの種類に合わせた専門知識が必要です。2位以降を見ると、あることがわかります。土地や街を開発するディベロッパーは442万、工事全体を一括で管理するゼネコンは415万、工事を請け負うサブコンは404万となっており、上流工程の業種の平均年収が高くなっています。土地活用も、不動産業種内で上流工程の業種といえるでしょう。
不動産/建築業種は、より上流の工程を担当することが、高い年収を得るためのポイントになるようです。

不動産・建設のおすすめ求人を見る

小売・流通

全体の平均年収
349万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 282万円
25歳~29歳 337万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 372万円
35歳~39歳 399万円

業種別年収ランキング

順位 業種名・平均年収 業種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 海運業
平均年収:425万円
20代平均:380万円
30代平均:441万円
海運業 425万円 380万円 441万円
2 コンビニエンスストア
平均年収:405万円
20代平均:342万円
30代平均:417万円
コンビニエンスストア 405万円 342万円 417万円
3 自動車ディーラー
平均年収:403万円
20代平均:355万円
30代平均:493万円
自動車ディーラー 403万円 355万円 493万円
4 鉄道業
平均年収:400万円
20代平均:372万円
30代平均:471万円
鉄道業 400万円 372万円 471万円
5 道路貨物運送業・道路旅客運送業
平均年収:386万円
20代平均:347万円
30代平均:417万円
道路貨物運送業・道路旅客運送業 386万円 347万円 417万円

小売/流通業種の平均年収は349万円です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、117万円昇給しています。多様な業種が含まれているために、平均年収にばらつきがあります。
詳細ランキングの上位5業種の平均年収は、386万円以上。1位の海運業は、世界経済の影響を受けやすいことが特徴ですが、新興国の発展により、今後も活発になっていくだろうといわれています。平均年収は425万円となっており、技術者や事務系まで幅広い職があります。
2~4位も私たちの生活に欠かせない社会インフラに関わる業種ばかり。道路貨物運送業・道路旅客運送業には、バスやタクシーの運転手が含まれています。

小売・流通のおすすめ求人を見る

サービス関連

全体の平均年収
330万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 270万円
25歳~29歳 321万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 355万円
35歳~39歳 392万円

業種別年収ランキング

順位 業種名・平均年収 業種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 研修サービス
平均年収:408万円
20代平均:383万円
30代平均:402万円
研修サービス 408万円 383万円 402万円
2 人材紹介/職業紹介
平均年収:376万円
20代平均:348万円
30代平均:430万円
人材紹介/職業紹介 376万円 348万円 430万円
3 人材広告
平均年収:375万円
20代平均:368万円
30代平均:414万円
人材広告 375万円 368万円 414万円
4 アウトソーシング(技術系以外)
平均年収:373万円
20代平均:326万円
30代平均:386万円
アウトソーシング(技術系以外) 373万円 326万円 386万円
5 レジャー/アミューズメント
平均年収:346万円
20代平均:309万円
30代平均:369万円
レジャー/アミューズメント 346万円 309万円 369万円

サービス関連カテゴリーの平均年収は、330万円です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、122万円増えています。
ランキング1~5位は、どれもサービス関連カテゴリーの平均年収を上回っています。研修サービス、人材紹介/職業紹介、人材広告と、人材に関連するサービスが入っております。
これらの人材系のサービスは変化する採用市場の状況を把握し、担当する企業や求職者に寄り添ってサポートすることが求められます。レジャー/アミューズメントには映像や遊園地、舞台など、それぞれの企業の専門が異なるため、転職を考えている場合は希望する会社に合わせた準備が重要でしょう。

サービス関連のおすすめ求人を見る

医療関連サービス

全体の平均年収
317万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 267万円
25歳~29歳 307万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 339万円
35歳~39歳 367万円

業種別年収ランキング

順位 業種名・平均年収 業種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 CRO
平均年収:462万円
20代平均:378万円
30代平均:421万円
CRO 462万円 378万円 421万円
2 SMO
平均年収:411万円
20代平均:354万円
30代平均:431万円
SMO 411万円 354万円 431万円
3 医療コンサルティング
平均年収:381万円
20代平均:306万円
30代平均:425万円
医療コンサルティング 381万円 306万円 425万円
4 バイオベンチャー /大学・研究施設
平均年収:365万円
20代平均:282万円
30代平均:408万円
バイオベンチャー /大学・研究施設 365万円 282万円 408万円
5 ドラッグストア
平均年収:324万円
20代平均:306万円
30代平均:404万円
ドラッグストア 324万円 306万円 404万円

医療関連サービスの平均年収は317万円です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、100万円増えています。
ランキングを見ると、1位と2位は平均年収が400万円を超えています。1位のCROは製薬メーカーから臨床開発業務を委託し、新薬開発に関わります。海外の製薬メーカーとやり取りすることもあり、語学能力があると仕事の幅が広がるでしょう。SMOは、治験を実施する施設への支援を行っています。参加者の確保や医師のサポートをするために、治験コーディネーターであるCRCを派遣します。他にも、バイオバンチャーもランクインしており、新薬開発に関連する職種の平均年収が高いことがわかります。
開業や医療機関の経営に携わる医療コンサルティングや薬の販売と店舗運営を行うドラッグストアから、専門性を経営や運営に活かす仕事もランクインしています。

医療関連サービスのおすすめ求人を見る

教育・学校・官公庁・エネルギー関連

全体の平均年収
377万円

年代別平均年収

年齢 平均年収
20歳~24歳 294万円
25歳~29歳 355万円
年齢 平均年収
30歳~34歳 414万円
35歳~39歳 452万円

業種別年収ランキング

順位 業種名・平均年収 業種名 平均年収 20代平均年収 30代平均年収
1 エネルギー(電力/ガス/石油/新エネルギー)
平均年収:404万円
20代平均:348万円
30代平均:449万円
エネルギー(電力/ガス/石油/新エネルギー) 404万円 348万円 449万円
2 官公庁/自治体/公社
平均年収:339万円
20代平均:352万円
30代平均:455万円
官公庁/自治体/公社 339万円 352万円 455万円
3 大学/専門学校
平均年収:393万円
20代平均:333万円
30代平均:419万円
大学/専門学校 393万円 333万円 419万円
4 学習塾/予備校
平均年収:345万円
20代平均:315万円
30代平均:372万円
学習塾/予備校 345万円 315万円 372万円
5 保育施設
平均年収:289万円
20代平均:278万円
30代平均:328万円
保育施設 289万円 278万円 328万円

教育・学校・官公庁・エネルギー関連の平均年収は、377万円です。20代前半と30代後半の平均年収を比較すると、158万円増えています。ランキングの1位はエネルギー関連。需要が安定しており、規模の大きな企業が多い業種です。平均年収は404万円となっています。2位の官公庁/自治体/公社は、営利を追求する民間企業ではありませんが、専門知識が必要で試験を受ける必要があります。平均年収は399万円です。3~5位は教育関連になっています。
これらの業種はライフラインや社会のインフラであると言え、安定感があります。それぞれの平均年収を参考にした上で、自分の希望する条件とスキルを基にキャリアを考えていくことがよいでしょう。

教育・学校・官公庁・エネルギー関連のおすすめ求人を見る

調査概要

  • 対象者:2019年12月~2020年5月末までの間に、マイナビエージェントサービスにご登録頂いた方
  • 有効回答数:約10万件
  • 対象平均年収:200~2000万
  • データのご利用について:「マイナビエージェント」を明記、または本ページリンク掲載のうえご利用ください。