政府系金融機関 平均年収|求人・転職エージェント

政府系金融機関

平均年収
495 万円

年代毎の年収

年代 平均年収 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 平均年収: 435万円 男性平均年収: 476万円 女性平均年収: 372万円 435万円 476万円 372万円
30代 平均年収: 584万円 男性平均年収: 574万円 女性平均年収: 600万円 584万円 574万円 600万円

政府系金融機関とは、日本政策金融公庫や商工中金など、政府が経済発展や企業の支援などを目的として設立した金融機関のことです。それぞれ独自の目的・役割を持ち、民間では対応できない融資を行うことが特徴となっています。
平均年収は495万円。20代と30代の平均年収を比較すると、149万円増えています。
20代の平均年収は、男性が476万円、女性が372万円です。30代の平均年収は、男性が574万円、女性が600万円です。
政府系金融機関では、金融に関する高い専門性が必要になります。また、国を代表する大きなプロジェクトを担当することが多いため、語学力もあると業務の幅は広がるでしょう。

年収アップ求人

調査概要

  • 対象者:2019年12月~2020年5月末までの間に、マイナビエージェントサービスにご登録頂いた方
  • 有効回答数:約10万件
  • 対象平均年収:200~2000万
  • データのご利用について:「マイナビエージェント」を明記、または本ページリンク掲載のうえご利用ください。