管工事設備設計 平均年収|求人・転職エージェント

管工事設備設計

平均年収
484 万円

年代毎の年収

年代 平均年収 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 平均年収: 421万円 男性平均年収: 435万円 女性平均年収: 250万円 421万円 435万円 250万円
30代 平均年収: 507万円 男性平均年収: 552万円 女性平均年収: 395万円 507万円 552万円 395万円

建築物や構造物などの環境・エネルギーを最適化し、快適な室内環境を設計するのが、管工事設備設計の仕事です。具体的に行うのは、給排水、空調、電気、昇降機設備などの設計で、品質とコストのバランスをとることも重要です。
平均年収は484万円。20代と30代で平均年収が86万円増えています。20代では、男性の平均年収は435万円、女性の平均年収は250万円。30代になると、男性の平均年収が552万円、女性の平均年収が395万円となっています。
管工事設備設計には資格があり、管工事施工管理技士1級を取得することで、関われる建設の幅が広がり、年収を上げることが期待できるでしょう。

年収アップ求人

調査概要

  • 対象者:2019年12月~2020年5月末までの間に、マイナビエージェントサービスにご登録頂いた方
  • 有効回答数:約10万件
  • 対象平均年収:200~2000万
  • データのご利用について:「マイナビエージェント」を明記、または本ページリンク掲載のうえご利用ください。