製造業とは?職種や業種ごとの特色から、転職のポイントまでご紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/27

メーカー

製造業とは?職種や業種ごとの特色から、転職のポイントまでご紹介

maker_manufacturing_industry.jpeg

製造業とは、日常生活に役立つ物を作る仕事であり、関連企業や工場は、いわゆるものづくりの現場です。ネジ1本を作る町工場から世界中に名が知られているグローバル企業まで、規模も生産品目もさまざまです。

また、製造業における職種は、開発や企画、管理、営業など、多岐にわたりますが、医療や機械などの異なる業種でも、仕事内容や流れは共通していることが多いのが特徴です。

今回は、製造業の種類や仕事内容について、詳しくご紹介していきます。

目次

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

私たちの生活を支える製造業の仕事

普段、私たちが使っている日用品や家電、自動車など、生活に必要なあらゆる物が製造業によって作られています。部品の製造や加工、製品を組み立てるライン作業では、人の手で行われている場合もありますが、近年では自動化が進んでいます。

組み立てられた製品は、安全性や耐久性など品質に問題がないかどうかチェックされたのち、梱包・出荷という工程を経て、市場に出ていきます。

部品の製造から出荷までが行われる製造業の作業は、次のようなものがあります。

    • 製造、組立て
[an error occurred while processing this directive]

  • 加工、仕上げ
  • 点検
  • 仕分け、梱包
  • 生産管理

製造業にはどんな職種があるの?

製造業というと技術職のイメージが強いですが、さまざまな専門分野のスキルを活かした職種があります。

製品のPRや販路拡大に努める営業職や、企画・開発、デザイン、設計といったクリエイティブな職種も製造業には欠かせない仕事です。

ここでは、商品の企画、研究開発や設計など、製造業における職種についてご紹介します。

商品企画

商品企画は、魅力的な製品を作るために、商品の企画・構想を行う仕事です。市場調査などを行い、他社との差別化を図る必要があります。顧客のクレームなどからヒントを得て、新商品の企画構想を練ることも仕事のひとつです。

研究開発

商品の開発において、最新の技術を取り入れたり、これまでの技術を応用したりして製品の品質向上に努めるのが研究開発の仕事です。製造業において、より良い製品を世に送り出すために、研究開発は欠かせません。

設計

企画・構想されたアイディアを実際に商品化するために設計し、図面化します。指定されたコスト内で条件をクリアできる図面を設計する必要があるため、より安く品質の良い物を作るための知識や技術が必要となります。

生産技術、製造技術

生産や製造は、設計された図面から実際に製品を作る仕事です。設計どおりに作ることが最も重要な役割となります。実際に規格どおりに作ることができない場合には、改善しながら作業を行う必要があるため、技術力やたゆまぬ努力が必要となります。

品質管理

品質管理は、品質を保証するための規格を定めた上で、安心・安全な製品を市場に出す仕事です。顧客に不良品を渡さないためにも、検査などを繰り返し行います。

営業、販売

製品を販売することだけでなく、顧客のニーズやトレンドをとらえて製品へ反映させることも営業や販売の仕事です。製品の販売方法や販売後の対応なども、営業や販売の大切な役割となります。

業種ごとに異なる仕事の特色

製造業は、機械や衣料品など、生産する品目によって業種が分かれていますが、ものづくりという点では大筋の流れは共通しています。

ここでは、医薬品や電子部品、デバイス、食品、木材など、業種ごとの製造業の特色を見ていきましょう。

機械関連の製造業

機械関連の製造業では、機械の設計や開発、部品の製造や組立などが行われています。

機械関連の製造業は、繊維や生活に関するものをはじめ、農機具や造船などさまざまな業種があるため、多くの選択肢から選べるのも魅力です。

自身の興味・関心が強い業種の製造業について調べてみるのもいいでしょう。

医薬品関連の製造業

医薬品関連では、病院で処方される薬やドラッグストアなどで販売されている薬を作ります
医薬品メーカーでは研究開発部門の存在が大きく、特に新薬については研究、開発、臨床試験、申請、認可などを経て、実際に世に出るまで10年以上にも及ぶ長い期間と数百億円という莫大なコストを必要とします。
病気やケガを治すだけでなく尊い命のサポートをするという意味でも、人の役に立てるやりがいの大きな仕事といえます。

電子部品・デバイス関連の製造業

電子部品・デバイス関連の製造業では、最先端の技術を活用して、パソコンやスマホのようなライフスタイルに大きな変革をもたらす新製品も作られます。

商品の企画においては創造性とマーケティングの能力、開発においては工学関連の知識、工場では繊細かつ正確な作業が求められます

時代を先取りするテクノロジーやアイテムの登場を間近に見ることができるため、新しい物が好きな人にとってはワクワクする世界が広がっているのではないでしょうか。

食品関連の製造業

製造業の中でも、私たちの生活に最も身近なのが食品関連です。スーパーやコンビニで販売されているインスタント食品やスナック菓子、飲料などの商品のほとんどは工場で大量生産されており、わずか数日という短期間でお店の棚に並びます。
衛生面への配慮は欠かせませんが、人々の健康的で豊かな食生活の実現のために貢献できる仕事です。

木材・木製品製造業

古くから生活に欠かせない木材や木製品の製造業では、製材や合板の制作、柱などに使われる銘木や銘板、樽、桶などの製造が行われます。

昔からある素材ではありますが、自然素材に注目が集まる今、木材の魅力が見直されています。最新の技術よりも、なじみのある木材を好む人には、木材・木製品製造業は魅力的な業種といえるでしょう。

製造業は未経験でも転職しやすい業種

昔のように人の手で製造業が行われていた時代と違い、生産工程がマニュアル・自動化された現代では、製造業は未経験でも比較的転職しやすい業種です。

しかしながら、「未経験歓迎」という募集の場合にも、同業界経験者などが優遇されることが多いため、少しでも必要な知識やスキルを身に付けておくことがおすすめです。また、医療品関連では、営業や事務職であれば未経験でも転職は可能でしょう。

製造業は、私たちの生活を支える大切な仕事です。転職をきっかけに興味のある業界について、調べてみてはいかがでしょうか。

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

女性が少なく、男性が活躍しているイメージのある製造業。しかし、予定に合わせてシフトが組みやすく、残業も少ないことが多いため、子育てや家事などで残業が難しい女性にとって、働きやすい環境でもあります。ここでは、製造業の仕事内容や女性が働くメリットなどについてご紹介します。

製造業(メーカー)に関連する資格は数多く存在します。製造業で働いている方、そして働きたいと思っている方にとって有利になる資格には、どのようなものがあるのでしょうか。医薬品、機械、食料品、服飾品、それぞれの業界別にご紹介します。

製造業は、肉体労働や単純作業が多い上に給料が安い職種と思われ、就職先や転職先として、あまり人気のない業界のひとつと数えられています。ですが、そのようなイメージだけが先行してしまい、詳しく知らないという方は多いのではないでしょうか。ここでは、製造業の実態を詳しく紹介し、そこで働くメリット・デメリットについて解説していきます。

タグ一覧
執筆・編集

佐藤 勇貴

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴8年。関東圏の大手メーカーを中心としたエンジニア採用の実績豊富。法人担当、キャリアアドバイザー双方の経験を活かした精度の高いマッチングが強み。

SNSシェア

注目コンテンツ