金融 バック|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

金融 バック

POINT職務経歴書のポイント

  • バック、ミドルの求人ニーズは安定傾向

    金融機関の職種を大きく分けると、以下の3つになります。

    1. 営業を行う「フロントオフィス」
    2. 商品の売買の記録や決済など事務作業を行う「バックオフィス」
    3. 営業のサポートやリスクマネジメント、プロジェクト管理を行う「ミドルオフィス(ミドルバック)」

    信託銀行などを中心に、相続税対策として財産の資産管理・運用ニーズが増えており、それに合わせてバックオフィス、ミドルオフィスの求人も増えています。これらの業務は専門知識を求められる特性から、市況に影響されにくいのが特徴です。

    職務経歴書では、どれだけ専門性の高い業務を行っていたか、年齢に合った専門性を身に付けているかをアピールできるかがポイントとなります。

  • 取得資格はもれなく明記

    日本FP協会のCFP資格、日本証券業協会の1種証券外務員資格のほか、銀行業務検定協会の銀行業務検定試験で取得できる各種資格などについては、多くの求職者が「持っていて当然」と職務経歴書では省略していますが、もれなく記載することを心掛けましょう。

    さらに、宅地建物取引主任者は、持っていると不動産と金融の両方の知識を有しているとみなされ有利です。

    また、自己学習や取得予定の資格を記載することによっても、熱意や知見をアピールすることができます。現在勉強している内容や、いつ、何の資格試験を受けるのかといったことも記載するようにしましょう。

  • 運用額や期間、PCスキルなどは具体的に

    業務内容については株、債券など、扱ってきた「商品の詳細」「運用額」「運用期間」について、できる範囲で具体的に明記するようにします。数値で示せる実績がない場合でも、自分の役割などを詳しく記載するようにしましょう。

    「PCスキル」「語学」については、使用ソフトやレベルについても言及します。特に、事務処理能力が求められるバックオフィスの業務では、PCスキルを業務でどの程度活かしていたかについて明記します。

    また、業務を行う上で工夫したこと、仕事への取り組み方についても自己PR欄で別途アピールするといいでしょう。

金融のバックオフィスに求められる能力とPR法

  • 業種によって求められる専門知識やスキルは異なる

    金融専門職の場合、銀行や保険、証券、投信といった業種に分かれるため、それぞれ求められる専門知識やスキルが異なります。同じ業種の経験やスキルがないと、採用は難しいということもあります。そのため、「経験分野に関して、どの程度の経験、知見があるか」が最も重視されるポイントとなります。

    職務経歴書には、数値で示せる実績があれば明記し、担当した案件についてはできるだけ詳しく記載することを心掛けましょう。

  • 職種によっては外部の組織とのコミュニケーションスキルも問われる

    バックオフィスといっても、コミュニケーションスキルが求められるケースもあります。特に、外部組織や顧客との接触が発生する業務としては、口座の開設および運営、顧客や商品データ管理、報告書の提出などが挙げられます。

    そのような職種の場合は、外部との円滑なコミュニケーションの経験がある、または得意としているといったこともアピールできると良いでしょう。

金融のバックオフィス未経験者のための職務経歴書の作成テクニック

  • 未経験者のアピールポイント

    金融業界のバックオフィス業務が未経験で転職を希望する場合は、金融専門職の採用で重視される「専門分野への興味・学習意欲・知見」を、どれだけアピールできるかがポイントとなります。

    たとえば、営業経験があるのであれば、営業の中で転職を希望する専門分野に関わるような案件があるのかどうかを振り返ってみましょう。該当する経験がある場合は、案件の概要や自らの役割などを詳しく記載し、専門分野に対する熱意があることを伝えます。

  • 転職後にできることを明確に

    未経験者の採用を検討する際、採用担当者は応募者が転職後に具体的にどんな業務ができるのかを把握しようとします。そのため、職務経歴書の志望動機欄には、自分の得意分野や強みが、どんな業務で発揮できるのかについても簡潔に記載しましょう。

    特にアピールした経験やスキル、知識で、どのように貢献できるかを記述することで、採用側にも伝わりやすくなります。そのためには、自分のキャリア分析と、バックオフィス業務の内容についての研究を行いましょう。

  • なぜその企業を選んだのか

    金融業界の特徴として、業務内容に公共性があるということが挙げられます。そのため、転職を希望する場合は、なぜその分野やその企業を選んだのかという意思を伝えなければなりません。

    業界や応募先の企業研究を徹底して行い、他社とのどんな違いに惹かれたのかをアピールしましょう。また、前職と転職希望先が同業他社である場合は、前の会社にはなくて、応募先企業にはある魅力を伝えます。

 職務経歴書サンプル

職務経歴概要

××大学××学部卒業後、××年××月に××信託銀行へ入行。主に年金資金の運用・管理業務に従事。現在は×××信託銀行にて主に外国証券の売買業務に携わっているほか、各種情報サービス提供に向けた登録管理業務を行っています。

職務経歴

××××信託銀行 20xx年xx月 ~ 20××年××月

事業内容:年金・投資信託・証券等の資産管理業務

資本金:××億円 売上高:××億円 従業員数:××名 設立:××年×月

××××信託銀行 20xx年xx月 ~ 20××年××月

事業内容:国内有価証券売買、外国証券売買業務

資本金:××億円 売上高:××億円 従業員数:××名 設立:××年×月

職務経歴詳細

20xx年xx月 ~
20xx年xx月

××信託銀行

<年金資金の運用管理業務>(公募・私募とも)

  • 口座設定・解約のほか、対投資顧問、対証券会社・信託銀行との約定に関する事務全般
  • 資金決済、保有銘柄の属性、権利関係の管理、受益証券の分配管理など資金管理業務全般

<各種情報サービス提供に向けた登録管理業務>

日次・月次の時価登録、ファンド間の現物移受管、投資顧問・証券会社・信託銀行・委託者などからの紹介対応を行う。

<新入・転属社員への指導>

新入社員へ転属された社員への業務指導を行う。担当業務に必要な知識・技能・仕事への取り組み方を指導。育成のための中長期的なカリキュラム作成やプログラム資料作成も行う。

20xx年xx月 ~
20xx年xx月

××××信託銀行

<国内有価証券売買、外国証券売買における決済・約定事務>

  • 特定金銭信託における対外投資顧問、対証券会社との証券約定に関する事務を担当
  • 外国証券、資金決済に関するインストラクション作成
  • ××××委託会社の投資信託の基準価格算出、××××ファンドの約定処理、資金繰りの管理
  • Accessツール仕様による約定入力事務の効率化提案およびマニュアルの作成

<各種情報サービス提供に向けた登録管理業務>

日次・月次の時価登録、ファンド間の現物移受管、投資顧問・証券会社・信託銀行・委託者などからの紹介対応を行う。

実績

20××年××月 業務改善提案で支店長賞受賞
(金融商品受注リストの作成)

受注した商品名や数量の表記がルール化されておらず、担当者が不在の際、確認がとれず時間のロスが発生していた。×名の支店メンバーとともに担当者が不在の際も内容を確認できるよう受注リスト作成を提案。
結果、確認待ちの受注件数を10分の1に減らすことができた。

資格・スキル POINT

取得年月 資格名
20xx年xx月 第一種普通自動車免許
20xx年xx月 生命保険専門課程試験合格
20xx年xx月 ファイナンシャル・プランナー
20xx年xx月 銀行業務検定一種
20xx年xx月 証券外務員一種
20xx年xx月 宅地建物取引主任者資格 POINT
20xx年xx月 損害保険募集人普通資格

PC・語学スキル POINT

  • Word(報告書・マニュアル作成)
  • Excel(グラフ作成・VLOOKUP・関数・ピポットテーブルを日常業務で仕様)
  • PowerPoint(社内資料作成)
  • Access(テーブル・クエリ・フォーム・レポートを使ってのツール作成)
  • 英語(日常会話程度)
  • 使用システム SWIFT 日銀ネット

自己PR

常に事務作業の効率化を念頭に業務に取り組んでおります。少ない人数でも業務が円滑に進むよう、周囲に目を配り、周囲の意見を取り入れたうえで課題の発見、改善案の提案に努めてまいりました。その結果が20××年の業務改善提案における支店長賞につながったと自負しています。また、これまでの業務において煩雑な業務であっても優先順位を付けて決まった時間までに確実に処理する能力を養いました。
これまでに培った知識・スキルを生かし、御社でさらに幅広いスキルを身に付けたいと考えております。

職務経歴書サンプルのダウンロード

Word形式(ファイル容量:44kb)

職務経歴書サンプルのダウンロード

Excel形式(ファイル容量:21kb)

金融 バック 職務経歴書の書き方ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。