円満退社|求人・転職エージェント

円満退社

退社スケジュールや交渉についてのアドバイスなどお手伝いさせていただきます

転職が無事に決まっても、今後どこかで元の会社の社員に会ったり、同業界ならビジネス相手になったりするかもしれません。社会人として望ましいのはやはり円満退社です。マイナビエージェントでは、退社スケジュールや交渉についてのアドバイスはもちろん、入社日までしっかりサポートさせていただきます。

POINT

POINT円満退社 4つのポイント

円満退社1就業規則を確認する

企業ごとに、「希望退職は最低○ヶ月前に申し出る」というルールがあります。就業規則を読んで、退職予定日の何日前に退職願を出すのか確認を。転職先の会社へいつから入社できるのか、スケジュールを立てる上でも必要です。繁忙期や決算期を避けて退職時期を設定するのがマナーです。

円満退社2退職の意思を伝える順序を間違えない

いきなり、人事や部長に退職の意思を伝えるのはよくありません。順序としては、まず直属の上司に相談します。そして、自分から周囲に転職の噂を漏らさないように気をつけましょう。退職が決まった後も、転職先の企業名は決して言わないように。その企業に悪い噂を流されるというケースもあります。

円満退社3カウンターオファーに心乱されない

引き止めのために、年収アップや昇進などの条件を提示されることがあります。それをカウンターオファーと呼びます。こうしたカウンターオファーに惑わされないことが大切です。提示された条件が本当に実現するとは限りませんし、たとえ現職に留まったとしても、一度は退社しようとした事実が残り、結局は居づらい思いをする可能性があります。退職の意思を固めたら初志貫徹が基本。「次の入社日が決まっています」と押し通すのが、いちばんスムーズです。

円満退社4引き継ぎは完璧に

迷惑がかからないよう、引き継ぎのリストを作成しておきましょう。最後まで誠心誠意、務めることが、どこに行っても世間的な評価を高めることになるのです。残務整理は退職日までに必ず完了するか、区切りをつけます。退職後は、有給休暇をすべて消化したいという気持ちもあるでしょうが、転職先への入社を優先したいものです。転職とそれに続く新しい環境はエネルギーを消耗します。まずは職場に慣れ、焦らず徐々に仕事に慣れていきましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

円満退社ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。