職務経歴書の職務要約とは?採用担当者を惹き付ける職務要約の書き方|求人・転職エージェント

更新日:2021/09/14

職務経歴書

職務経歴書の職務要約とは?採用担当者を惹き付ける職務要約の書き方

key_prepare_027.jpg

一般的な職務経歴書の冒頭に書かれる職務要約。採用担当者が真っ先に目を通す職務要約は、詳しい職務経歴、そしてあなた自身への興味を持たせることができるかの第1ポイントとなります。
ここでは、職務経歴書における職務要約とは何か、そして職務要約をどのように書けばいいのかについてご紹介します。

目次

職務要約とは職務経歴の要点を簡潔にまとめたもの

職務要約とは、職務経歴書の冒頭に記載するもので、その後に続く職務経歴書の要点を簡潔にまとめたものです。
採用担当者は、日々、多くの職務経歴書に目を通さなければならないため、まずはこの職務要約を読んで、詳しい職務経歴書を読むべきか判断している場合が多いようです。
つまり、職務要約によって、企業にとって必要な人材かどうかも、大まかに判断しているということです。

職務経歴書に職務要約を書く意味と目的

職務経歴書に職務要約を書く意味や目的とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。いくつかのポイントについてまとめてみました。

採用担当者の興味を一気に引き寄せるため

職務要約の一番の目的は「つかみ」です。職務経歴書で最初に目を通す職務要約によって、応募者の第一印象は左右されます。
職務要約によって、「この人はうちの企業にとって役に立ちそうだ」「この人であれば入社後、これまでにない働きをしてくれそうだ」といった興味を持たせることができれば、職務経歴書を詳しく読んでもらうことにつながります。

面接での応対を有利に運べる可能性がある

書類選考に通って、いざ面接という場においても、採用担当者は短時間で相手のことを知りたがっています。
そのため、面接で聞きたい質問を考える際に、職務要約の内容を利用する場合もあります。
それを見越して、自分が面接で聞いてほしいことを職務要約に入れ込んでおけば、面接でも受け答えをスムーズに行うことができるでしょう。

タイプ別・職務要約の書き方

一口に職務要約といっても、それぞれの状況により記載する内容は異なってきます。ここでは、タイプ別に気を付けたいポイントをご紹介します。

初めての転職の場合

転職は、今回が初めてという場合は極めてシンプルです。「現職の企業名と職種」「現職におけるこれまでの実績」を簡潔にまとめましょう。
今、在籍している会社でどのようなことをしてきて、どんな実績を上げたかをわかりやすくアピールすることが大切です。

転職回数が多い場合

転職回数が多い場合、「一貫して同じ職種を経験しているか」「異なる職種を経験してきたか」では、職務経歴の構成は変わってきます。

・同じ職種での転職が多い場合

転職回数が多い方は、年代順に書くと、職を転々としてきたように思われかねません。
そこで、職種を軸にするキャリア式で書いていきましょう。

たとえば、経験してきた職種が営業であれば、「営業職として、A社で◯◯を、B社で△△を...」といったように、それぞれの企業での実績をまとめることで、一貫した印象を与えることができます。

・異業種間での転職が多い場合

転職によって様々な職種を経験してきた方は、ポリシーのない転職を繰り返しているのではないかと採用担当者に思われてしまうかもしれません。 マイナスのイメージを払拭するために、年代順ではなく、キャリア式でまとめていきます。その上で、最も強みとなる職種を掘り下げていきます。応募する職種に合わせられれば、なお効果的です。
併せて、仕事に対する自身の姿勢や能力をアピールすることを考えましょう。

フリーター・アルバイト経験のみの場合

アルバイト経験しかないからといって、職務経歴書や職務要約を書けないということはありません。
採用担当者は、これまでにどんなことを身に付け、どのような働き方をしてきたかを知りたいのですから、アルバイト経験は立派な職歴と考えられます。

経験してきた職種とともに、その中で実際に経験してきたことを具体的に書きましょう。
アルバイトであったとしても、長期間勤務してきた場合では、社員と同様の仕事をこなしていたかもしれません。そのような面もアピールできれば、採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。

職務経歴書の職務要約作成のポイント

最後に、採用担当者にわかりやすくて、伝わりやすい職務要約を作成するために意識するべきポイントを見ていきましょう。

コンパクトな文章量で簡潔に

職務要約は、一読できるよう3~4行、200~250文字程度にまとめます。
だらだらと長い文章では、最後まで読んでもらえないばかりではなく、「自分の意図を簡潔に伝えられないのでは」と、プレゼンテーション能力が低いという評価をされてしまうことも考えられます。

事実をベースにして伝える

職務要約の内容は、事実をベースに構成しましょう。
自身の思いや意気込みなど、主観的な表現が多くては、客観的な評価のしようがありません。
また、できるだけ曖昧な表現は避け、売上実績や目標に対する達成率など、数値化できるものは具体的な数値で表すといいでしょう。

職務経歴書を最後まで読んでもらうために職務要約は重要!

職務要約の短い文章の中で、採用担当者に好印象を与えるためには工夫が必要です。続けて詳細な経歴を読みたくなるような職務要約を目指しましょう。

職務要約を作るために必要なキャリアの棚卸といった過程では、第三者の客観的な視点も必要となってくるかもしれません。
職務要約を作る際に、少しでも不安なことやわからないことがあれば、ぜひマイナビエージェントにご相談ください。

執筆・編集

植村 裕美子

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴8年。IT業界・アパレル業界の営業を経て、マイナビへ入社。同社にて法人営業、営業職向けのキャリアアドバイザーを経験し現職。求職者様の将来的なキャリアも見据えたご提案を大切に、サポートさせて頂いております。

SNSシェア

注目コンテンツ