【例文つき】転職回数が多い人の職務経歴書の書き方!ポイントを詳しく解説|求人・転職エージェント

メニュー

更新日:2022/03/15

職務経歴書

【例文つき】転職回数が多い人の職務経歴書の書き方!ポイントを詳しく解説

knowledgeMV_474.jpg

この記事のまとめ

  • 転職回数の多さが、マイナスイメージになるとは限らない。表現方法を工夫すれば、プラス評価を受けることもある。
  • 印象をよくするためには、企業を納得させる転職理由を伝えることが大切。ポジティブな転職であることをアピールできればなおよい。
  • 職務経歴書の書き方に自信がない方は、転職エージェントを活用するのもひとつの手。

転職回数が多い場合、採用担当者は「飽きやすいのではないか」「またすぐ辞めるのではないだろうか」とマイナスに受け取ってしまうことがあります。そのため、転職の理由をできるだけプラスにとらえてもらえるよう、経歴の見せ方にも気を配らなければなりません。

転職回数の多さを目立たせないためには、ポイントを押さえたうえで、職務経歴書を作成することが大切です。そこでこの記事では、転職回数の多さが不利にならない、職務経歴書の効果的な書き方についてご紹介します。具体的な例文もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

転職回数が多いと選考が不利になるというのは本当?

prepare_474_1.jpg

昔に比べると、転職によってキャリアアップやキャリアチェンジをすることは珍しくなくなりました。転職市場も非常に活発で、企業の採用意欲も高いため、転職そのものが難しい時代ではないといえるでしょう。

しかし、企業にとって採用とは、非常に大きなコストをかけてリスクを負って行わなければならないものです。そのため、採用の可否については慎重にならざるをえません。長く働いてくれそうな人と、すぐに辞めてしまいそうな人、そのどちらを採用するかと問われれば、どの企業でも前者と答えます。

転職回数が多いということは、定着性のなさやストレス耐性のなさ、キャリアの一貫性のなさと同義とされ、採用しても長続きしないと思われることがあるのです。

転職回数の多さは、ポジティブに表現できる

転職回数が多いということは、それだけたくさんの会社や仕事を知り、その経験を生かした働き方ができるということであるともいえます。また、たくさんの転職を経験したからこそ、次の職場にかける思いが強いということもアピールできる材料になるかもしれません。

職務経歴書は決まった書き方やフォーマットがあるわけではなく、書き方を自由にカスタマイズできるため、工夫しだいではそのデメリットを埋めることも可能です

転職理由が企業にとって納得のいくものであれば、イメージダウンにはなりません。たとえば、育児や介護、勤め先企業の経営不振や事業縮小などは、転職せざるを得ない事情のひとつです。この場合、ありのままを伝えても、マイナスには評価されないでしょう。

目標達成への強い思いがあるなど、ステップアップのための転職であった場合も、ネガティブな印象を持たれる心配はないといえます。自己成長のために目的を持った転職をしたことが伝われば、むしろプラスの評価を得ることもあるのです。

転職回数が多い人向け!職務経歴書を書く際のポイント

prepare_474_2.jpg

転職回数が多い人が職務経歴書を書く際、気をつけなければならないのは「どのような経験をして、どのようなスキルを持っているか」ということを分かりやすく伝えることです。

これまでの経験から、企業にとって戦力になれる人材であることを印象づけられれば、転職回数の多さによるマイナスイメージを払拭できます。一方で、書き方を間違えると、転職回数の多さばかりが目立ってしまうかもしれません。

ここでは、職務経歴書を書くうえで重要となるポイントをピックアップしましたので、ぜひ取り入れてみてください。

時系列ではなく、業務内容別に書く

職務経歴の書き方は、大きく「編年体式」と「キャリア形式」に分けられます。編年体式はその名のとおり時系列で職歴を記載するもので、「いつ、このような経験をし、このスキルを得た」ということを書く方法です。キャリア形式はその逆で、業務内容を切り口に「このような経験をし、このスキルを得たのは、いつ」という形で書くことになります。

編年体式の場合は、どうしても「いつ」の部分に注目しやすくなってしまうため、転職回数が多い人だと職を転々としている印象が強くなってしまうでしょう。

そこで「営業」「接客」などの業務内容そのものを項目とし、それに沿って職務経歴を記載するようにすると、業務経験の部分が注目されて転職回数の多さが目立たなくなるのです。

培ったスキルを明確に伝える

たとえば「営業」と「接客」という2つの職を経験していたとしましょう。一見すると業務内容は異なりますが、目標とする部分は「受注・売上」であり、そのために必要な工夫もある程度似ている部分があるものです。

また、「お客さまとの密なコミュニケーションが成果につながる」という部分でも、共通性があるといえるでしょう。そう考えると、営業の経験も接客の経験も、どちらも同様のスキルが磨けていると解釈できます。

このように、仕事というのはそれぞれ違うように見えて、身につくスキルはどちらも同じということは少なくありません。そこに一貫性を持たせられれば、転職回数の多さや、いろいろな職を転々としていることをネガティブに表現しなくてもよくなるのです。

上記の場合、「よりお客さまと近い位置で仕事がしたい」という思いがあれば、営業から販売へ転職していたとしても何ら違和感を覚えることはないでしょう。

業務に対する姿勢を書く

実績やスキルだけでなく、業務への取り組み方を記載するのも有効です。たとえば、「毎回、会議前に検討材料になりそうな資料を用意しておいた」とアピールすると、先手を読んで行動する力があると評価されます。

「チャットツールの使用を提案し、チーム目標達成へ向けて効率的な情報共有を促した」という取り組みからは、協調性のある人材を想像できるでしょう。そうした仕事への姿勢が企業の価値観と合っていれば、採用担当者に好印象を与えられます

転職理由も前向きなものであれば書く

採用担当者がどうしても気になってしまうのが、その人の「退職理由」や「転職が多くなった理由」です。本当は前職がブラック企業で、退職するのも仕方がないと思える内容だったとしても、その事実を伝えていなければ、本人の気の弱さで辞めたと思われてしまうこともあるでしょう。

ただし、前向きに答えられる内容であるならば、転職の理由を書くことも間違いではありません。そうした自身の境遇を理解し、「次の会社こそは」という意欲を正しくアピールできれば、逆に大きな信頼を勝ち取れるケースもあります。

転職による具体的な実績を書く

実績を示すために、数字を用いるのも効果的です。営業職であれば、目標達成率や成約件数、社内表彰回数などを数字で表せます。事務職の場合には、「〇〇社以上の請求書作成を担当した」「1日に平均〇〇件の来客対応をした」と記載すれば、能力を正確にアピールできるでしょう。

具体的な数字を示すことで、いままでの努力が伝わりやすくなります。数字で示せる実績がない場合は、業務で工夫した点やその成果について、エピソードを交えて述べるとよいでしょう。

自分が企業にどう貢献できるかを書く

企業の採用担当者は、応募者を採用することで、自社にどのような利益があるのかにも注目しています。これまでの経験やスキルを生かして、入社後どういった働きをしてくれるのかを見極めているのです。

そのため、単に知識や技術の習得を列挙するだけでなく、前職で得たものをどのように実務に取り入れるのかを記載してください。企業に貢献している姿をイメージしてもらえれば、採用に一歩近づくでしょう。

【例文つき】転職が多い場合の自己PRの書き方

prepare_474_3.jpg

職務経歴書の自己PRにおいては、転職回数が多いことをいかにポジティブに伝えられるかが大切です。ここでは、自己PRを書くうえでの考え方と例文をご紹介します。

自己PRを書くうえでの考え方

職務経歴書の自己PRでは、一貫性なく職場をただ転々としているのではという、採用担当者が抱く懸念を払拭することが大切です。そのため、たとえ職種に一貫性がない場合であっても、「アイディアを生かせる仕事」「人と関われる仕事」というように、大きな概念においては共通点があることを伝えましょう。

また、転職回数が多いことで、人間関係を築く力に問題があるのではと思われるかもしれません。その不安をなくすために、チームメイトと協力して仕事を成し遂げたり、他部署と連携してプロジェクトを行ったりしたという具体的なエピソードで、協調性や人間関係の構築力があることを伝えます。きちんとした根拠があれば、相手も納得してくれるでしょう。

職歴に一貫性がある場合の例文

まずは法人営業、EC運営、プロモーションと、違う職種を経験し、今回は広報に応募する場合を例にした自己PRの例文をご紹介します。職種自体は異なりますが、「価値を伝える」という部分では一貫性のあるケースです。

<未経験から広報に応募する際の自己PR>

これまで、営業職とEC運営、プロモーションと、職種の違う仕事を3社で経験してきましたが、どの仕事にも通じるのは、「価値をきちんと伝える仕事」をしてきたということです。

営業職ではルートセールスでしたが、前任者の作った関係を守りながら、自分の色を出していくことを目標にしていました。サービスのメリットを顧客にきちんと伝えることで、徐々に信頼を積み重ね、その取引先からの売上が過去最高となったこともあります。

EC運営では前職で学んだことを生かし、サイトを訪れた人に対して、取り扱っている商品の魅力を理解してもらうことを目標にしていました。チームメンバーと協力し、前年度より10%高い売上を記録したこともあります。

プロモーションにおいては、取り扱っていた商材の情報を、売り場に伝える仕事をしていました。売り場の担当者が売りやすいようにし、かつエンドユーザーの満足度を上げることを目標に仕事に取り組みました。直接エンドユーザーに接することができなくても、そこに関わる人たちとの関係づくりや、伝え方の工夫しだいで売上につながっていくことを学びました。

これらの経験を生かし、貴社の魅力をさまざまな角度で、たくさんの人に伝えていけるような仕事に携わりたいと考えています。

職歴に一貫性がない場合の例文

次に、インテリア雑貨の商品企画、旅行会社のツアープランナー、化粧品販売員と、一見すると一貫性のない職種を経験し、今回は営業に応募する場合の自己PR例をご紹介します。

<未経験から営業に応募する際の自己PR>

私は好奇心旺盛で、新しい知識を吸収することが好きです。これまでは、インテリア雑貨の商品企画や化粧品販売員、旅行会社のツアープランナーなど、関心を持った仕事へ転職してきました。いまになって考えると、ひとつの職種で専門的なスキルを高めればよかったと思うこともあります。

しかし、多くの仕事に携わったことで、自分の大事にしたいことが明確になりました。私は、「お客さまの本質的な課題を解決すること」にやりがいを感じています。どの仕事も、まずはお客さまの抱える潜在的な問題を明らかにすることが大切だと思い、常にお客さまの視点で考えることに注力してきました。

化粧品販売の業務では、お客さまの悩みを細部まで把握したうえで適切な商品をおすすめすることで、年間売上目標の130%を達成しました。また、情報共有ツールの使用を提案し、リピーターの情報をほかの販売員と積極的に共有したことで、リピート率が3割アップしました。

旅行会社のツアープランナーを担当していた際は、お客さまが旅行を通じて何を経験したいのかを明確にし、正確に応えるよう努めました。その結果として、パッケージツアーの年間企画数〇〇件、年間売上〇〇万円を達成しました。

これらの経験を生かし、お客さまが本当に必要とするサービスを提案し、貴社に貢献したいと考えております。

職務経歴書の添削ならマイナビエージェント!

転職回数が多くても、伝え方を工夫することで、採用担当者へ効果的なアピールができます。職務経歴書の書き方に自信がない方は、転職エージェントによる添削サービスを利用するのがおすすめです。

転職活動全般を支援するマイナビエージェントでは、履歴書や職務経歴書を無料で添削しています。実績やスキルの効果的な表現方法もアドバイスしているので、よりあなたの強みが伝わる書類の作成が可能です。

企業に精通した転職のプロが、採用担当者の目線で書類をチェックすることで、より訴求力の高い書類へとブラッシュアップいたします。

まとめ

prepare_474_4.jpg

転職回数の多さは「選考に不利」と思われがちですが、経験が豊富であり、実績やスキルを生かした働き方ができるというメリットもあります。そのため、企業が納得のいく転職理由を述べられれば、マイナスの印象を与えることはないでしょう。

スキルや業務への姿勢、入社後に貢献できるポイントを明確に伝えることで、むしろ、プラスの評価を得られるかもしれません。

納得のいく職務経歴書を作成するのが難しいと感じている方は、転職エージェントを活用しましょう。マイナビエージェントでは、求人のご紹介から書類添削、面接対策やアフターフォローまで、転職に関するすべてをサポートしています。悩みや不安を抱えている方は、ぜひ一度ご相談ください。

執筆・編集

荒木 雅人

株式会社マイナビ所属。アドバイザー歴4年。会計士や税理士等の士業の方から管理部門まで幅広く担当。ゴールではなくスタートになる転職をご支援すべく、お一人お一人の立場やその先を見据えたご提案を心がけています。

SNSシェア

注目コンテンツ