履歴書に最適なボールペンの種類や太さは?正しい選び方|求人・転職エージェント

更新日:2021/09/10

転職全般

履歴書に最適なボールペンの種類や太さは?正しい選び方

knowledgeMV_161.jpg

近年、履歴書をパソコンで作成する方も増えていますが、企業や職種によっては従来どおり手書きのほうが好印象を抱いてもらえるケースもあるでしょう。
ここでは、履歴書を手書きする場合のボールペンの選び方についてまとめました。適切なボールペンを選んで採用担当者の高評価となる履歴書を作成しましょう。

目次

履歴書を手書きで作成するのはどんなとき?

履歴書は、手書きよりパソコンのほうが楽に作成できますし、きれいに仕上がります。しかし、手書きで作成してはいけないというわけではありません。また、あえて手書きで作成したほうが高評価になるケースもあります。
まずは、履歴書を手書きで作成したほうがいいケースをご紹介します。

企業からの指示があった場合

企業から、「手書きの履歴書を提出」という指示があった場合は、手書きで履歴書を作成する必要があります。
指示があったにもかかわらずパソコンで作成した履歴書を提出してしまうと、「人の言うことを聞いていない」「採用しても指示に従わないのでは?」と思われてしまいます。
企業から指示があった場合は、必ず手書きにするようにしてください。

文字の美しさや手書きがアピールポイントとなる職種の場合

秘書や代筆などの仕事では、文字が美しいことが仕事上有利に働きます。手書きで履歴書を作成し、文字を正しく、かつ美しく書けるということをアピールすると、好印象につながりやすいでしょう。
また、昔からの伝統を大切にしている企業の場合も、手書きの履歴書のほうが「温かみがある」「人間性が感じられる」といった評価を得られる可能性があります。

履歴書作成に適したペンと不向きなペン

履歴書を書く際には、普段使っているペンをそのまま使うのではなく、履歴書に適したペンを使うようにしてください。履歴書に使うべきではないペンと、履歴書向きのペンの特徴をご紹介します。

蛍光マーカー、消せるボールペンはNG

まず、絶対に履歴書に使ってはいけないのが、蛍光マーカーや消せるボールペンです。
履歴書は基本的に、1色で書きます。蛍光マーカーなどを使うと、常識がないと思われてしまうでしょう。
消せるボールペンも、暑い季節に使うと、企業に郵送するあいだに熱で文字が薄くなってしまうといった問題が起こる可能性があります。
また、そもそも履歴書の修正は好ましくないとされています。簡単に消せる筆記具で作成するというのは問題があるでしょう。
履歴書は自分の魅力を、企業に伝えるための大切なビジネス書類です。ふさわしい筆記具を使うようにしてください。

にじみやすいペンも避ける

次に気を付けたいのが、にじみやすいペンです。
「履歴書は万年筆で書くのが丁寧」と考える方がいるかもしれませんが、万年筆には、にじみやすいという難点があります。また、水性ペンも同様に、にじみやすいので避けるべきでしょう。
にじみやすいペンを使ってしまうと、書いている最中に、文字がにじんでしまう可能性があります。また、応募企業に提出後、意図せず小さな水しぶきなどがかかってしまった際に、判読不能になってしまうおそれがあるでしょう。
手書きで履歴書を書く際には、にじみにくい油性インクやゲルインクのボールペンを選んでください。履歴書を書き始める前に、にじみやすさや書き心地を試しておくと安心です。

インクの色は黒が無難

履歴書を記入するペンのインクは、基本的に黒を選びましょう。
青なら良いと思うかもしれませんが、ビジネス上の文書は黒で作成するのがマナーです。私的な手紙ではありませんから、インクは黒を使うようにしてください。

ペンの太さは0.7mmがベスト

文字の印象や読みやすさは、ペンの太さによっても変わります。
線が太すぎると読みづらくなってしまいますし、線が細すぎると弱々しい印象になってしまいます。
履歴書を書く際に適したボールペンの線の太さは、0.7mmです。太さと読みやすさのバランスが良いため、文字をきれいに見せる効果も期待できます。

書き間違えた場合も修正液・テープは使わない!
履歴書を手書きする場合、どうしても誤字・脱字が起こる可能性があります。しかし、修正液や修正テープの使用は、避けるのがビジネスマナーです。
どうしても修正をする場合は、定規で二重線を引いて、訂正印を押して修正内容を間違えた箇所の上か下に書きます。
ただし、基本的に履歴書は修正せず、1ヵ所でも間違えたら新たに書き直すものという認識を持ちましょう。採用担当者の評価を下げないためには、間違いや修正のないきれいな状態の履歴書を提出することが大切です。

履歴書の添削はマイナビエージェントにお任せください

手書きで履歴書を書く場合は、事前に下書きをして書き損じを減らしたり、文字の大きさやバランスを確認しておいたりすることをおすすめします。下書きができたら文字の太さや読みやすさなど、最終チェックをしておきましょう。

手書きで履歴書を作成する際に不安を感じる方は、マイナビエージェントにご相談ください。
マイナビエージェントの履歴書添削サービスでは、手書きで履歴書を作成する際のポイントの他、高評価となる自己PRや志望動機の書き方などを、アドバイスいたします。また、履歴書の添削だけでなく、求職者の皆様の転職活動全般のサポートもさせていただきます。

執筆・編集

宇佐美 毅

株式会社マイナビ所属。エージェント歴15年。キャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザー双方を経験し、現在もプレイングマネジャーとして、15年間絶えずアドバイザー業務を続けており、IT/メーカー/商社/サービス/医療業界と多岐にわたる転職支援実績があります。常に先入観をもたずに面談し、その方にとって最適なキャリアプランをご提案しています。

SNSシェア

注目コンテンツ