職務経歴書の書き方マニュアル|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

職務経歴書の
書き方マニュアル

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

職務経歴書は、自分の能力や転職先での貢献度をアピールする重要な役割を担います。それらをしっかり企業側へ伝えられるように書式や書き方のポイントをしっかり抑えておきましょう。

履歴書との違い

履歴書と職務経歴書の役割は大きく異なります。履歴書は、転職者の属性や表面的な経歴などを確認するもので、プロフィールや学歴、職歴、資格などを記入します。採用の有無を判断できる要素は少なく、企業にどのような関係性があるか、採用後に離職の可能性はあるのか、などを判断するものです。
一方で職務経歴書はその履歴書を深掘りし、転職者の実績やスキルからその能力や企業への貢献度を図るものになります。そのため、前職での実績や成果をより具体的に記入し、どのように企業へ貢献できるかアピールしなければなりません。

職務経歴書の書き方のポイント

職務経歴書は、自分自身をアピールするためのシートです。決まった形式がないので、ご自身での作り方に工夫が必要になります。テンプレートを参考にし、自身のオリジナルに仕上げましょう。その際にも、基本的に抑えておくべきポイントがあります。

2種類の職務経歴書「編年体形式」と
「キャリア形式」

職務経歴書の形式は、「編年体形式」と「キャリア形式」の2種類に大きく分かれます。
編年体方式とは、最初に入った会社から今の会社までの経歴を時系列順に記入するという方法です。いつどの程度の期間のキャリアがあるのかが分かりやすく、同業種を渡り歩いている場合に、その経験値の高さを伝えることができます。なお、現在の職業から過去にさかのぼっていく記述方式もあり、そのような書き方を逆編年体形式と呼びます。
一方キャリア形式とは、専門性の高い職種を経験し、転職を目指す方におすすめの形式です。キャリアごとに職歴を分類して記入する方法ですので、実績やスキルをより効果的に伝えることができ、専門性の高さをアピールできます。

職務経歴書に記載するべき項目

職務経歴書には、どのような項目をどのような順番で記載すべきでしょうか。基本的に記載すべき項目と順番は以下になります。

  1. 日付
  2. 氏名
  3. 職務経歴概要
  4. 職務略歴、実績
  5. 志望動機
  6. 自己PR

これに追加して、アピールしたいスキルや資格、能力などを盛り込むとよいでしょう。

細かいポイントも要チェック!職務経歴書のQ&A

職務経歴書作成時に気になる細かいポイントをQ&A形式で解説していきます。

職務経歴書に適したフォントや文字サイズはある?

職務経歴書は内容も重要ですが、見た目の読みやすさも重要です。そのため、フォントはビジネス文書で用いられることの多い明朝体、文字サイズは10.5pt~12pt程度が適しているでしょう。また見やすくするためには余白も重要で、A4サイズの場合で、上下左右15~20mm程度の余白があることが好ましいです。

最適な用紙サイズやページ数は?

基本的にはA4の白色用紙を使用しましょう。ページ数は、1,2枚の長さが最適で、多くても3枚までに抑えたほうがよいといえます。あまりにも短いとアピールしきれませんし、反対に長すぎると読み手の読む気が失せてしまったり、内容が冗長になりがちですので注意が必要です。

職務経歴書に印鑑は必要?

職務経歴書に印鑑が必須というような決まりはありません。そもそも職務経歴書は自分で作成するものですので、もし自分で作成したものに捺印欄を設けたのであれば、必ず押印しましょう。それ以外の場合は、特別な指示がない限り不要です。

日付はいつにするのが適切?

日付は、持参の場合にはその当日を、郵送の場合には、投函日を記載します。また履歴書と一緒に提出する場合は、日付を統一するようにしましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

職務経歴書の書き方マニュアルページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。