職務経歴書の項目別解説|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

職務経歴書の
項目別解説

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職活動をするときに、履歴書と共に必要となることが多い書類が職務経歴書です。職務経歴書は履歴書では書ききれない自分の経験やスキル、これからの展望を記載します。それを通して採用担当者に効果的にアピールするためには書き方にちょっとしたコツがあります。ここでは、職務経歴書の書き方のポイントを項目別に解説していきます。

用紙と記載方法

職務履歴書は、A4縦サイズの白無地の紙1~2枚にパソコンで横書きに作成することが一般的です。黒の万年筆やボールペンを使い、手書きで作成しても問題ありません。手書きの場合は罫線が入った紙を使うと記載しやすく、見ためもすっきりします。記載する内容や順番は、決まりがあるわけではありません。しかし、効果的にアピールできる絶好の書類ですので、見本を参考にするなどして工夫してみるとよいでしょう。

記載項目

職務履歴書に記載する項目は特に決められておらず、自由に作成することができます。ただし、冒頭部分の表題、氏名、日付、職務経歴は必ず記載する必要があります。その他の取得資格、自己PR,志望動機、生かせる能力、パソコンスキルなど自分をアピールする項目を自分なりに選択して記載します。

冒頭

冒頭部分には、あなたの基本的な情報を記載します。

  • 標題

    最上部の中央に大きめの字で「職務経歴書」と記載します。

  • 日付

    履歴書と同じ日付を記載します。郵送の場合は投函日、直接持参する場合は持参日です。また、日付は西暦か和暦で統一するようにします。

  • 氏名

    あなたの氏名を記載します。珍しい字であったり、何通りも読み方があったりする場合はふりがなをつけるとよいでしょう。

  • その他

    年齢、捺印、住所、電話番号、メールアドレスなどは任意です。応募先企業からの指定があれば記載しましょう。

応募職種

どのような職種に応募するのかを記載します。応募先企業が募集している職種が複数の場合は、希望する職種を求人票に記載されているものをそのまま簡潔に記載します。

職務経歴

採用担当者に今までの経験や今後のやる気について、アピールするための重要な項目です。以下の項目を勤務してきた企業毎に記載していきます。期間のところには他の項目に使用している和暦または西暦で統一します。

  • 時期

    前職または現職の在籍期間、経験年数を書きます。

  • 勤務先

    今まで勤務した、または現在している企業の正式名称を記載します。

  • 事業内容

    会社概要を記載します。

  • 所属

    部門、店舗、工場、支店など所属部署や勤務地について書きます。

  • 役職

    職場での役割について書きます。管理職の場合は部下の数も併せて表記するとよいでしょう。役職についていない方、社会人経験が浅い方は、マナー講習や新人研修などの研修に参加していればそれを書くようにします。

  • 雇用形態

    正社員や正職員以外の場合、記載します。

  • 職務内容

    具体的な仕事内容について書きます。業務内容や責任の範囲などにもふれます。使用機器や技術、取り扱っている商品の種類や数、顧客層についても記載します。

  • 実績

    営業実績などの担当業務に対する成果指標を数値で示します。中にはエピソードを交えて簡潔な文章を用います。キャリアのある方は年収を記載することもあります。

  • 退職理由

    自分自身にマイナスになるような記述は控えましょう。前職の退職理由が転職にプラスに働くような内容であれば、記述して転職のアピールに活用しましょう。

  • 受賞

    社内外で表彰された経験があれば書きましょう。

  • 生かせる経験

    応募職種との接点を感じることができる経験について記載します。プロジェクト経験やイベント経験など、職務上特にアピールできる経験があれば書くようにします。

能力や学習歴

応募職種に関係したあなたの能力やこれまでの学習歴について記載します。

  • 取得資格

    応募職務に関係している資格や免許の名称を書きます。記載する場合は正式名称を使いましょう。アピールポイントとなる特殊資格や、既に失効しているもの、勉強中のものから試験を受けている途中のものなども書くことができます。その際は「勉強中」や「1次試験のみ合格」などを補足事項として追記しましょう。

  • 語学力

    検定などの成績やどの程度使えるのかをわかりやすく簡潔に書きます。

  • 生かせる能力

    資格など客観的に評価されるものではありませんが、得意分野やこれまで身につけた能力や技術、専門知識などについて記載します。

  • 学習歴

    最終学歴や留学歴について書きます。履歴書にも記載しますが、応募職種に直結したり、アピールできたりする専門教育などの学歴の特記事項があれば記載します。また、関連する職業訓練や、研修の履歴、応募職種に関連する分野についての社外セミナー参加経験など自己啓発につながることについても書きます。

  • その他の実績

    大学時代のゼミやサークルの活動、応募する職種に通ずる趣味やスポーツについて記載します。特に専門職であれば、例えば大学で執筆した論文なども大きなアピール材料になります。

自己PR

職務経歴書によく用いられる必要項目です。自分を応募先企業に売り込むために自分の長所や強みを記載します。希望職種へのマッチング度やこれからの仕事を通しての目標や応募企業に対してどのような貢献ができるか、また責任感やコミュニケーション能力の高さなど職務に生かせる特性について書いてアピールします。

志望動機

履歴書にも記載する部分があるので、履歴書に書ききれず自己PRと類似しない内容があれば記載します。その際はエピソードを交えるなど、応募先企業にインパクトのある内容にするようにします。

特記事項

特記事項とは、「特筆すべき事項」という意味です。住所や氏名、自己PRなどの項目以外で特別に伝えておかなければならないことがあれば記載します。例えば、「持病がある」や「転居予定がある」などといった内容がこれにあたります。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

職務経歴書の項目別解説ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。