ITコンサルタントのお仕事|求人・転職エージェント

コンサルティング業界における、ITコンサルタント特集

ITコンサルタントの主な仕事内容

IT戦略コンサルタントの主な仕事概要

IT戦略コンサルタントは、企業の経営方針に整合する形で、どうITを活用し、事業に貢献させていくかについて戦略を立てる仕事です。近年、デジタル戦略は企業の経営戦略の要となっており、非常に重要な役割と言えます。企業活動においてITは欠かせないツールとなりましたが、「経営戦略と一体となったIT化」となると、経営とITに関する高い専門知識が必要となります。そこでIT戦略コンサルタントがブレインとなって、必要なITのあるべき姿やその導入計画の検討、時にはIT部門の組織改革も支援します。ITと経営に関する知識に加え、高い問題解決能力が求められます。

IT戦略コンサルタントの仕事内容の詳細を見る

PMOの主な仕事概要

PMO(Project Management Office)と一口で言っても、その関わり方は様々です。受託したシステム導入プロジェクトのPMOとして自社メンバーを管理することや、クライアントの立場に立ってベンダー管理を支援することもします。また、これまでのようないわゆる“プロジェクトマネジメント”を支援するというだけでなく、対象システムのあるべき姿を検討する構想策定段階から参画し、最適なベンダーを調達するためのRFPの作成や提案評価といった超上流フェーズから支援することが多くなっています。プロジェクトマネジメントのスキルはもちろんですが、構想策定に必要なIT知識、調査・分析力も重要です。また比較的大規模なシステム導入が多いため、経営層を含むステークホルダーに向けた説明機会も多く、プレゼンテーション能力や交渉力も問われます。

PMOの仕事内容の詳細を見る

アプリケーション導入支援の主な仕事概要

多くの企業がデジタル戦略の実現のため、新しいテクノロジーの活用を模索しています。近年ではPoCという試行導入を経て、本格導入に向けた効果試算や課題整理を行う企業が多く、ITコンサルタントとして試行から本格導入まで全般的にご支援しています。最近注目度が高いのがRPA(Robotic Process Automation)技術の導入で、働き方改革の流れも相まって非常に活発になっています。
最新のテクノロジーを理解することはもちろん重要ですが、経営的視点で対象のテクノロジーを評価する能力が必要です。

アプリケーション導入支援の仕事内容の詳細を見る