プログラマ|求人転職エージェント

IT・エンジニアの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ITエンジニアの職種図鑑

プログラマー

プログラマーとは?

「プログラマー」とは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、さまざまなシステムやソフトウェアを作る仕事です。プログラマーが作成するシステムやソフトウェアは、さまざまな場所で使われています。例えば、物流システムや金融システムといったような企業が使用するもののほか、テレビやスマートフォン、電子レンジなど、身の回りのあらゆるところにプログラムが活用されています。一般的には、システムエンジニアがシステムの仕様書を作成し、それに基づいてプログラマーがプログラミングを行います。
プログラマーが活躍するジャンルというのは、以下のようなものがあります。

  • Web系…ショッピングサイトやデータベースの構築など
  • ゲーム系…スマートフォンのゲームアプリやオンラインゲームなど
  • 組み込み、制御系…電子レンジや炊飯器などの家電製品のほか、テレビ、スマートフォンなどの機械を制御するプログラムなど
  • パッケージアプリケーション系…PCで使用するアプリケーションなど
  • 社内システム系…自社システムの構築や運用など
  • 設備制御系…交通機関、工場、研究室といった、設備に関する制御など
  • オープン、オンライン系…ネットワークでWeb関連のシステムを開発し、サーバーのシステムを構築するなど
  • 汎用系…クレジットカード、金融機関のシステムで使われるメインフレームの開発など
  • 通信系…ルーターやモデムといったネットワーク機器をはじめとした、通信関連のプログラムなど

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、システムエンジニアが設計したシステムに対してプログラミング作業を行います。技術者(エンジニア)の世界では、新人が入ったときは、まずはプログラマーとして配属されることが一般的です。あとは、実務をこなしながら、コンピューターやシステム知識、理論的な思考を身に付けていきます。
使用するプログラミング言語は、Java、JavaScript、Perl、PHP、Objective-Cなど多数あります。どのようなジャンルの仕事を担当するかによって、必要になる言語も変わってきます。プログラミングの技術は一朝一夕で身に付きませんので、ひとつのプログラミング言語を極めてから、ほかの言語の学習をしていくことになるでしょう。多くの言語を扱えるようになれば仕事の幅が広がり、新しい開発にも携わることができます。
システム上のバグを発見することもプログラマーの重要な仕事のひとつです。システムエンジニアの計画どおりに設計しても、意図しない動作をする場合もあります。したがって、テストを繰り返してバグを処理し、不備のない状態で納品できるように修正します。

プログラマーに必要なスキル

確実に必要になるのはプログラム言語の知識です。複数の言語に長けている必要はありませんが、自分が担当するジャンルでスタンダードな言語はマスターしておく必要はあるでしょう。ひとつの言語をマスターしていると、ほかの言語をマスターしやすくなりますので、必要に応じて学んでいけば問題ありません。ただし、バージョンアップなどで仕様が変わることもありますので、常に知識の更新が必要となります。
また、プログラミングを行うためには、論理的な思考が大切です。物事を順序立てて考えられないと務まりません。また、作業のほとんどは一人で地道に行うことになります。エラーが出る度に修正していかなければなりませんので、最後までやりきる根気も必要です。

  • プログラミングに関する専門知識と論理性
  • 新しい技術を学び続ける向上心
  • 円滑に作業を進めるコミュニケーション能力
  • 不備を見つける注意力
  • 最後までやりきる根気

プログラマーの年収

プログラマー(システムエンジニアを含む)の平均年収は、20代で395万円、30代の平均年収で505万円と、ほかのIT業種と比較して低めとなっています。ただし、これはIT業界が成長し続けていることも影響しています。企業としては優秀な人材がほしいところですが、増え続ける需要に対して供給が追いついていません。したがって、経験の乏しい、あるいは未経験者でも、ポテンシャル採用せざるを得ない状況なのです。プログラマーは、エンジニア系キャリアのスタート地点ですから、年齢が高くてもスキルが低い新人がいることが、平均年収が低くなっている一因ではないでしょうか。
きちんとプログラマーとしてキャリアを積めば、「システムエンジニア」→「プロジェクト・リーダー」→「プロジェクト・マネージャー」へとキャリアアップしていくことができますので、将来的には高収入を得られる可能性の高い職種です。なお、平均年収の男女差はさほどありません。

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 395万円 393万円 399万円
30代 505万円 509万円 482万円

プログラマーにおすすめの資格

プログラマーとして欠かせないのが「プログラミング言語」に関する資格です。資格がなくてもプログラムができれば問題ありませんが、就職活動などで技術力を証明する一助にはなります。会社によっては就職後に必須の資格もあるようです。プログラマーとして活動していくにあたり、取得しておくと有利になる資格をいくつかご紹介しておきます。

ITパスポート

プログラミング言語系の資格ではありませんが、技術者として働いていく上で最初に取得しておきたいのが「ITパスポート」です。経済産業省が認定する国家資格で、IT関連の知識はもちろんのこと、企業活動、経営戦略、会計、法務など、エンジニアとして知っておくべき関連知識も試験範囲となっています。特に情報セキュリティや情報モラルなどは、最低限知っておくべき内容でしょう。

Oracle Certified Java Programmer

Oracle社が実施している試験で、プログラミング言語「Java」の資格試験としては最も有名な資格です。試験は難度によって区分けされており、ブロンズ、シルバー、ゴールドの順で難しくなっています。ブロンズとシルバーは誰でも受験できますが、ゴールドだけは、シルバーの資格を取得していなければ受けることができません。

C言語プログラミング能力認定試験

「サーティファイ」というビジネスの能力認定会社が行っている試験です。プログラミング言語である「C言語」を使ってプログラムを作成する能力を認定します。特に1級は、システムの仕様変更に対して、コーディング、デバッグなどを行って、プログラムを完成させる力を測るため、IT業界で高い評価を持つ資格となっています。

Ruby技術者認定試験制度

プログラミング言語「Ruby」の普及・発展のために活動している「Rubyアソシエーション」が実施する認定試験です。Rubyベースで開発を行う際に、必要な知識を持っていることを証明してくれます。認定者はRuby技術者として評価され、高い水準のシステム開発能力があることが証明されます。

プログラマーのキャリアパス

エンジニアのキャリアパスは、「プログラマー」→「システムエンジニア」→「プロジェクト・リーダー」→「プロジェクト・マネージャー」と上がっていくのが一般的です。上位職になるにしたがって人と関わる業務が増えていくため、高度な知識だけでなくコミュニケーション能力の高さが求められます。
ただ、最近ではシステムが多様化・複雑化しており、より専門的な知識を有した「エキスパート系プログラマー」のニーズも増えてきています。プログラマーのスキルを極めたいという人であれば、システムエンジニアになるよりもいいかもしれません。

プログラマー

システムエンジニア

プロジェクト・リーダー

プロジェクト・
マネージャー

エキスパート系
プログラマー

IT・エンジニアの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。