プロジェクト・リーダ|求人転職エージェント

IT・エンジニアの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ITエンジニアの職種図鑑

プロジェクト・
リーダー

プロジェクト・リーダーとは?

「プロジェクト・リーダー」とは、開発などのプロジェクトを遂行する際の現場責任者のことです。「プロジェクト・マネージャー」が、クライアントなどの社外関係全般に責任を持つのに対し、プロジェクト・リーダーは現場に携わる業務の責任を負います。会社の規模によってはプロジェクト・マネージャーがプロジェクト・リーダーを兼務する場合もあります。
プロジェクト・リーダーは、アプリケーションエンジニアの中ではシステムエンジニアの1階層上の職種となりますが、今までのシステムの構築作業など、個人で作業をしていたのに対し、作業する人を管理する仕事となるため、仕事内容ががらりと変わります。
なお、ほかの業種でもプロジェクト・リーダーは存在します。金融や医療系のプロジェクト・リーダーは、かなり高額な年収を獲得しているようです。

プロジェクト・リーダーの仕事内容

プロジェクト・リーダーの仕事は、プロジェクトを成功させるための「現場管理」を行います。プロジェクトの要件定義や基本設計、詳細設計などを把握し、正しくシステムが構築されているかを確認して、テスト・納品までを管理します。現場で解決できるトラブルが発生した場合には対応策を考案したり、トラブルに発展しそうな状況があれば率先してフォローに入ったりして、納期に遅れることがないようにスケジュールを厳守していきます。
また、チームを率いるリーダーとしての役割を果たすために力を発揮し、メンバーの士気を高く保つ努力もしていきます。立場上、社外や社内からの情報が集まる重要なポジションとなっており、柔軟性のある判断が求められます。責任は重大ですが、その分、プロジェクトを達成したあとの充実感は大きく、やりがいのある仕事といえるでしょう。

プロジェクト・リーダーに必要なスキル

プロジェクト・リーダーの業務は多岐にわたっていますが、個人で作業する仕事ではないので、何よりも重要なのがチームを引っ張っていける「リーダーシップ」や「人間性」の高さとなります。また、専門知識を用いた技術力の高さも重要です。ベースとなる技術力がなければ、プロジェクのトメンバーに適切な指示を出せませんし、トラブルにも対応できないでしょう。そうなると、メンバーからの信頼は勝ち取れません。プロジェクト・リーダーの代表的なスキルは以下のとおりです。

  • チームを団結させるリーダーシップ
  • メンバーへのヒアリング能力
  • トラブルを対処する問題解決力
  • スケジュールを厳守する管理能力

プロジェクトが大きくなればなるほど、チームの団結力が成功の鍵となります。円滑な人間関係が築けた職場では、メンバーがそれぞれのベストパフォーマンスを発揮し、結果的に満足のいくものが完成します。そのためにも、チームをまとめるリーダーとして、日々のコミュニケーションを大切にし、ときにはヒアリング能力を駆使して相手の立場で話を聞き、メンタル面のケアまで行うこともあるでしょう。イレギュラーが発生した場合でも的確に対応し、人材の再配置や役割分担を変更するなど、全体を俯瞰した目線で決断をしていく力が必要になります。

プロジェクト・リーダーの年収

プロジェクト・リーダー(プロジェクト・マネージャーを含む)の平均年収は、20代で468万円です。システムエンジニアやプログラマーの平均年収が20代で395万円なので、月に約60,000円違う計算になります。さらに、30代になると平均年収が622万円となり、20代よりも154万円も上昇しています。これは、IT業界の中でも、かなりの高水準といえます。特に、同年代のシステムエンジニアやプログラマーの平均年収が30代で505万円なので、月に約10万円違う計算になります。
システムエンジニアやプログラマーと違って、チームのマネジメント業務も引き受けているプロジェクト・リーダーやプロジェクト・マネージャーは、それだけたいへんな仕事であることがわかります。そのため、システムエンジニアよりも、キャリアパスとして上位職であるプロジェクト・リーダーやプロジェクト・マネージャーのほうが、金銭面で優遇されているのです。

年齢 プロジェクト・
リーダー
プロジェクト・
マネージャー
システムエンジニア
プログラマー
差額
20代 468万円 395万円 73万円
30代 622万円 505万円 117万円

プロジェクト・リーダーにおすすめの資格

特定の資格がないと、プロジェクト・リーダーになれないというわけではありません。しかし、システムエンジニアとは仕事の内容が異なり、コミュニケーション能力を発揮する頻度は高くなります。ここでは、プロジェクト・リーダーにとって持っていると有益な、コミュニケーション系とシステム系に関連する資格を紹介します。

プロジェクトマネージャ試験

システム開発の責任者として持っておきたい資格のひとつで、高度なIT人材として専門知識を持っていることを証明できます。試験内容は知識や技術的なものだけに限らず、マネジメントの要素も問われます。情報処理技術者系の資格ではトップレベルといえます。将来のキャリアパスを考える上で、取得しておくに越したことはありません。ですが、超難関の資格のため、かなり勉強することが必要になります。その分、昇給や採用条件として評価している企業もあるようです。

応用情報技術者試験

独立行政法人「情報処理推進機構」が主催する国家資格のひとつです。応用情報という名前のとおり、「基本情報技術試験」の上位に位置付けられています。システムエンジニアとして、応用的な知識や技能を有することを証明する資格となっています。ソフトウェア開発技術者の後継の資格ということで、さまざまな企業が取得を推奨している傾向があります。

情報処理技術者試験(高度な知識・技能)

「応用情報技術者試験」の上位にある資格試験で、「ITストラテジスト」「システム監査技術者」「プロジェクトマネージャ」「システムアーキテクト」「ITサービスマネージャ」「ネットワークスペシャリスト」「データベーススペシャリスト」「エンベデッドシステムスペシャリスト」「情報セキュリティスペシャリスト」という9つの区分があります。どの試験も高度な知識が必要とされますので、自分の将来のプランに必要な資格を狙って取得していきましょう。

PHP技術者認定上級試験

PHP技術者認定機構が実施する「PHP技術者認定上級試験」は、PHPの専門技術取得能力を評価する技術者認定試験です。日本国内では、PHP技術者の習熟度などの基準がないため、システム開発の品質レベルが低いといったトラブルもありました。そこで、技術者の育成と雇用促進などに貢献する目的で設立された資格となっています。

プロジェクト・リーダーのキャリアパス

プロジェクト・リーダーのキャリアパスとしては、上位職の「プロジェクト・マネージャー」を選択する人が多いようです。プロジェクト・マネージャーはプロジェクト・リーダーと異なり、社外との交渉が必要となるため、より高度なコミュニケーション能力や交渉能力が必要になります。また、開発自体が成功するだけでなく、予算的な管理も関わってきますので、よりマネジメント能力が高い人には適したポジションとなるでしょう。チームの統率力に優れたプロジェクト・リーダーという存在は、どの業種でも即戦力として加えたいほどの魅力を持っています。そのため、フリーランスとして独立する人もいるようです。

プロジェクト・
リーダー

プロジェクト・
マネージャー

IT・エンジニアの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。