システムエンジニア|求人転職エージェント

IT・エンジニアの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ITエンジニアの職種図鑑

システム
エンジニア

システムエンジニアとは?

システムエンジニアの役割は、クライアントにヒアリングを行い、要求に最適な仕様のシステム開発を行うことです。開発の現場において、システム設計やプログラミングなどの業務を担当します。プログラミング業務では、プログラマーに依頼することもあれば、自分自身でプログラミングをすることもあります。システムエンジニアはプログラマーの上位職であるため、プログラマーのリーダー的ポジションであるともいえるでしょう。
また、プログラマーの上位職のプロジェクト・リーダーと異なる点としては、システムだけでなく、メンバーや予算といったプロジェクト全体の管理をするかどうか、という点にあるといえます。会社の規模によっては、システムエンジニアがプログラマーとプロジェクト・リーダーの両方の役割を、案件の終了まで一人で担当することもあります。

システムエンジニアの仕事内容

一般的にシステムエンジニアの仕事は、次のような流れで行われています。

  • 1. クライアントのニーズをヒアリングする
  • 2. 要求に応じてシステムの大まかな設計を行う
  • 3. 必要な人員や予算などを導き出し、納期に合わせた進行管理を行う

「クライアントはどのようなシステムを求めているのか?」ということをヒアリングから正確に把握し、「プログラマーに何を作ってもらえば良いか?」を明確にして指示を出していきます。
プロジェクト・リーダーの場合、最初にヒアリングをしてから、クライアントと開発チームのパイプ役となることも仕事となります。開発言語として使用されるのは、C、Java、PHP、Ruby、Pythonなどです。
システムが完成した後は、動作の不備を確かめたり、インターフェースを改善したりするテストを行います。場合によっては、クライアントが自らシステムを運用できるように、トレーニングの企画・実施をするケースもあるようです。
システムエンジニアの具体的な仕事を簡単にまとめると、以下のようになります。

要求分析

クライアントがどのようなシステムを求めているのかをヒアリングします。現場や関係者の意見から課題を見つけ、ニーズを分析することも仕事です。

要件定義

クライアントの要求をもとに、システム全体の概要を明確にします。

基本設計

システムの基本的な構成を決めます。

詳細設計

プログラミングを行うための、細かな設計をしていきます。

プログラミング

プログラマーに依頼をしたり、自分自身もプログラミングを担当したりして、プログラムを作成します。

テスト

完成したシステムが正しく作動するかどうか、不備やミスがないかの確認テストを行います。

システムエンジニアに求められるスキル

システムエンジニアに求められるスキルとしては、次のようなものが挙げられます。

  • クライアントの要求を聞くヒアリング能力
  • 詳細なシステム設計をする専門的知識や提案力
  • プログラマーに正確に指示を伝えるコミュニケーション能力
  • 進行管理を行うマネジメント力

システムエンジニアは、クライアントに直接ヒアリングをして、ニーズに合ったシステムの設計・開発をします。そのため、システムに関する専門的知識と提案力だけでなく、クライアントの専門知識のレベルに応じた言葉を使って説明する能力も求められるでしょう。
システムの制作段階ではプログラマーにも適切な指示を出し、責任を持って作業を進めていきます。したがって、ある程度のマネジメント能力やリーダーシップも必要といえます。 また、プログラマーの上位職であるシステムエンジニアの場合、プログラマーとは立場が少し異なり、関わるメンバーも増えるため、円滑な人間関係を保ちながら業務を進めるためのコミュニケーションスキルが重要になってきます。
上位職であるプロジェクト・リーダーへのキャリアアップを目指す場合は、上記のようなスキルは必須といえるでしょう。

システムエンジニアの平均年収

プログラマーを含むシステムエンジニアの平均年収は、20代で395万円となっています。30代の平均年収は500万円を超えますが、それでもほかのIT業種と比較すると、低めの年収となっています。これは、システムエンジニアやプログラマーの平均年齢が若いということも関係しているようです。
また、IT業界は慢性的な人材不足状態ということもあり、年齢が高めでも未経験で入社する人がいます。そのため、年齢が高くてもキャリア的には短い人が少なくないということも、平均年収が低めである要因のひとつかもしれません。

いずれにせよ、プログラマーやシステムエンジニアとしての経験を重ねてスキルを磨き、マネジメント能力やコミュニケーションスキルを高めていくことで、プロジェクト・リーダーやプロジェクト・マネージャーのポジションへのキャリアアップが可能となります。将来的な可能性があるということを、視野に入れておくことが大切です。

また、男女の平均年収の差を見てみると、プログラマーを含むシステムエンジニアの場合は、それほど差がありません。最近は女性の技術者も増えていることから、女性にとってもキャリアアップを目指せる、働きがいがある業種といえるでしょう。

仕事に役立つ資格

システムエンジニアとして活躍するにあたって、おすすめの資格を見ていきましょう。
システムエンジニアの仕事に役立つ資格としては、専門知識の有無を証明することができるものが挙げられます。専門知識がなければシステムの設計をすることができません。また、資格取得によって扱える分野が増えることで、それだけ仕事の幅も広がるでしょう。
資格の取得は、将来のキャリアアップのために重要な場合があります。なお、次に紹介する4つの資格以外にも、データベース系であれば「オラクルマスター」などの資格もおすすめです。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験(FE)は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)主催の国家資格のひとつで、情報処理技術者試験の中でも入門的な試験となっています。システムエンニジアとして最初に取得する人が多く、「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた人」が対象者となっています。
毎年春と秋に実施されるため、受験しやすい環境といえるでしょう。IT人材としての基本的な知識やスキルがあることを証明するだけでなく、情報システムの開発および運用、PCを使った業務に関する知識があると証明することもできます。 2017年の実績は、応募者数14万4,501名、合格率は22.1%となっています。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験(AP)は、基本情報技術試験と同様、独立行政法人情報処理推進機構主催(IPA)の国家資格です。
基本情報技術者試験の上位に位置付けられる試験で、ワンランク上のITエンジニアを目指す人におすすめです。技術や管理、経営といった幅広い知識と応用力が身に付き、システム開発やIT基盤構築といった業務において、高いパフォーマンスを発揮しながら活躍することができる人材であることが証明できます。
2017年の応募者数は10万302名で、合格率は21.0%でした。

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験(SA)は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)主催の情報処理技術者試験のひとつで、以前は「アプリケーションエンジニア」と呼ばれていた国家資格です。
システム開発の上流工程を主導するポジションにおいて、的確な分析を行うための豊富な業務知識を有し、ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成へと導く、上級エンジニアを目指すエンジニアにおすすめの資格です。情報システムの構造設計や要件定義などができることや、システムの調査・分析、機能仕様を決定し、要求仕様を取りまとめる業務なども担当できることを証明できます。
2017年の応募者は8,678名でしたが、合格率は12.7%と難度の高い資格となっています。それだけに、上級システムエンジニアを目指したい人にとって、チャレンジする価値は十分あるといえるでしょう。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験(NW)も、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催する情報処理技術者試験の上位試験のひとつです。
ネットワークの固有技術からサービス動向まで精通した、大規模で堅牢なネットワークシステムの構築と運用ができるネットワークエンジニア、インフラ系エンジニアを目指したいという方におすすめの資格です。試験ではネットワークシステムの企画から要件定義、開発、運用、保守までに関する幅広い知識が問われます。
2017年の応募者数は19,556名で、合格率は13.6%と難度は高くなっています。ネットワーク系エンジニアが持っていると非常に心強い資格です。

1~5年目と6年目以降のキャリアパス

一般的なエンジニアの場合、「プログラマー」→「システムエンジニア」→「プロジェクト・リーダー」→「プロジェクト・マネージャー」というキャリアパスが一般的でした。
しかし最近では、より専門性の高い知識を求められるケースも多くなり、プロジェクト・リーダー以外にも「ITスペシャリスト」「ITコンサルタント」「ITアーキテクト」といったポジションを目指す人も増えているようです。

システムエンジニア

プロジェクト・リーダー

プロジェクト・マネージャー

ITスペシャリスト

ITコンサルタント

ITアーキテクト

1~5年目と6年目以降のキャリアパス

エンジニアのキャリアパスを考える場合、1~5年目までと、6年目以降に分けるとプランが立てやすくなります。それぞれの時期に、どのような知識やスキルを身に付けるべきなのか、またキャリアパスにおいて何を意識すべきなのかを見ていきましょう。

  • 1~5年目

    まだエンジニアとして駆け出しとなるこの時期は、技術情報全般の基本知識やスキルを身に付け、土台づくりをしていきます。システム開発のプロジェクトメンバーとして働きながら、技術力と提案力どちらを伸ばしていきたいのか、将来のキャリアプランを立てていきましょう。

  • 6年目以降

    知識も技術も高められてきた6年目以降は、複数の領域に関わる仕事に挑戦したり、新しい業務にチャレンジしたりする機会が増えてきます。
    クライアントの戦略決定に貢献することができるITコンサルタントやビジネスコンサルタントを目指したいのか、さらに高い専門性を身に付けてITスペシャリストやテクニカルエキスパートを目指したいのか、それともプロジェクトを牽引するプロジェクト・リーダーやマネージャーを目指したいのか…。目指すタイプによって、身に付けるべきスキルも変わってくるでしょう。

キャリアプランの例

例えば、システムエンジニアのスペシャリストを目指したい場合のキャリアプランの例を見ていきましょう。

  • 1年目から5年目、または20代

    エンジニアとしてできるだけ幅広い業務が経験できる環境で働き、基本的な知識とスキルを身に付け、基本情報技術者試験の資格取得を目指す。

  • 6年目以降、または30代

    より専門的なスキルを磨きながら、応用情報技術者試験などの上位資格の取得を目指す。

  • 10年目以降、または40代

    第一線で活躍しながら、コミュニケーションスキルを磨く。さらに、新しいソフトウェアや技術を学んで能力を高める。

働きたい環境や挑戦したい業務に応じて、転職のタイミングを考えていくといいでしょう。

IT・エンジニアの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。