システムエンジニアが資格を取得するメリットとおすすめの資格|システムエンジニアが資格を持つことのメリットとは|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

システムエンジニアが
資格を取得する
メリットとは?

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

システムエンジニア(SE)とは、情報システムの設計・開発・テストを担う技術者であり、常に多くの求人がある、IT系職種でも人気の存在です。

システムエンジニアに転職を希望する人の中には、ライバルに差をつけるために、有利となる資格取得を目指す人もいるでしょう。

しかし、実際のところ、システムエンジニアは資格がなくてもなれる仕事です。有利になる資格とは、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、システムエンジニアの仕事と取得しておくと有利な資格、またその理由についてご紹介します。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアの仕事内容は、顧客が求めるシステムを作り上げ、稼働に導くことです。1つのシステムを作り上げるための一連の流れの中で、システムエンジニアが担当する工程は以下になります。

システム開発の中でシステムエンジニアが担当する工程

  1. 顧客の要望を聞く「要求分析」
  2. その内容をまとめる「要件定義」
  3. まとめたものを基にシステムの大まかな設計を決める「基本設計」
  4. プログラミングを行うために細かく仕様を決める「詳細設計」
  5. 実際にプログラミングを行い、動作確認をする「テスト」

また、プログラマーたちをまとめて、進行を管理することもシステムエンジニアの仕事です。

システムエンジニアになるには

システムエンジニアになる道として最も一般的なのは、入社した先の企業で技術を学んだ後、システム開発のプロジェクトでアシスタントをして経験を積みながら、徐々にステップアップしていくという方法です。

未経験からでも無理なくシステムエンジニアに必要な専門知識を習得できるよう、研修制度が充実している企業も少なくありません。また、プログラマーから転向する方法や、企業のIT担当者から転向する方法もあります。

いずれの方法にせよ、システムエンジニアとなるのに特別な資格や経験は必要ありません。だからといって、システムエンジニアに資格は不要かといえば、そうではありません。むしろ、誰でもなれてしまうからこそ、自分をアピールするために資格は大いに役立つのです。

システムエンジニアが資格を持っていることで得られる3つのメリット

システムエンジニアが資格を取ることで得られるメリットには、およそ次のようなものがあります。

メリット1 対外的にスキルを証明できる

資格を取るためには基本的な勉強をしなければなりません。復習も含めて行うことになりますから、基本的なスキルを正しく身に付けることができます。

例えば、国家資格である「基本情報技術者試験」を持っていれば、コンピューターのしくみやシステム開発工程、プログラム言語など、システムエンジニアとして必要な知識の基礎ができている人だと証明できるわけです。

さらに、基礎が身に付くことで、それを応用した難しいシステムの開発ができるようになったり、さらなるスキルアップができたりと、現場での仕事の向上も期待できます。

これは、資格から読み取れる有資格者の魅力です。あなたの仕事ぶりや実力を、客観的に証明できるのは資格なのです。

メリット2 給料も役職もどんどん上がる

IT企業などの専門職が優遇される会社では、毎月の給料に上乗せされる「資格手当」制度を導入している企業が多くあります。また、資格取得時に一時的に支給される「合格報奨金」制度などもあります。難度の高い資格ほど、この「資格手当」や「合格報奨金」の支給額は高くなるようです。

例えば、ある会社では、基本情報技術者の資格を持っている人は月5,000円、応用情報技術者は月10,000円の手当が支給されます。また、上位のスペシャリスト資格を取得していれば、月30,000円の手当が出る企業もあるそうです。

資格を持っているのと持っていないのとでは、こんなにも給料に差が出るわけです。

また、近年は、課長や部長に出世するために、上位のスペシャリスト資格を取得することを条件にする会社も増えてきています。給料アップはもちろん、出世のためにも資格取得は必要になっているのです。

メリット3 面接に有利

転職の際、面接においてアピールできるのはもちろんですが、システムエンジニアの仕事には面談をする機会があり、そこでも資格は力を発揮します。

システムエンジニアは、お客様の企業に常駐し、システム開発プロジェクトに携わることが多々あります。そのようなプロジェクト参画時には、ほとんどの場合、常駐先の担当者との面接があるのです。

資格を取得していれば、面接の際に客観的な実力の判断材料になるでしょう。

システムエンジニアにおすすめの資格とは?

システムエンジニアにおすすめの資格は、「国家資格」と一般企業が自社製品の知識・技能を問う「ベンダー資格」に分類することができます。

ベンダー資格の価値は様々で、高評価を得られるものもあれば、そうでないものもあります。ここでは、システムエンジニアにおすすめの資格をご紹介します。

IT系資格の中で最も多くのエンジニアが取得している「国家資格」

システムエンジニアにおすすめの資格として、経済産業省が認定する国家試験「情報処理技術者試験」が挙げられます。この試験には、初心者、中堅者、ベテラン向けのものがあります。

  • 基本情報技術者試験(FE)

    基本情報技術者試験は、報処理技術者試験のうち、基本的な知識・技能が問われ、システムエンジニアに限らず多くのIT系エンジニアが取得している資格です。

    この資格は「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を備え、実践的な能力を持つこと」を認定するものであり、IT系エンジニアの登竜門的な資格となっています。

    試験は毎年春と秋の2回で、2017年の合格率は22.1%でした。

  • 応用情報技術者試験(AP)

    応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位資格で、ワンランク上の知識・技能が問われます。

    この資格は、技術のみならず管理や経営など広い分野に及び、同資格の取得は、技術から管理まで幅広い知識と応用力を身に付けたエンジニアであることの証明になります。

    試験は毎年春と秋の2回で、2017年の合格率は21.0%でした。

  • システムアーキテクト試験(SA)

    情報処理技術者試験には、基本情報技術者試験と応用情報技術者試験よりも、さらに高度な知識と技能を必要とする資格がいくつか用意されています。

    その中のひとつであるシステムアーキテクト試験は、システム開発の上流工程を主導する立場で、情報システムや組込みシステムにおける設計をしたり、システム開発を主導したりといった、上級システムエンジニアを目指す人に最適の資格といえます。

    試験は毎年秋に行われ、2017年の合格率は12.7%でした。

  • ネットワークスペシャリスト試験(NW)

    ネットワークスペシャリスト試験も情報処理技術者試験のひとつで、ネットワークシステムの構築・運用に携わるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す方に向けた上級者向けの資格です。

    この試験で求められるのは、ネットワークシステムの要件定義や開発・運用、保守に関する知識やネットワーク・アプリケーション技術など、ネットワークに関する多様な知識です。

    資格取得の難度は高めですが、その分、ネットワークスペシャリスト試験合格の資格を持っていることは高度な知識を有していることの証明にもなるので、転職の際はもちろん、転職後もクライアントへの信頼獲得などに役立ちます。

    試験は毎年秋に1度行われ、2017年の合格率は13.6%でした。

企業独自の「ベンダー資格」

ベンダー資格とは、マイクロソフトやオラクルなどの製品ベンダー企業が独自に認定している資格試験のことです。その種類はさまざまありますが、代表的なものは下記のとおりです。

代表的なベンダー資格

  • マイクロソフト「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」
  • オラクル「オラクルマスター(ORACLE MASTER)」
  • IBM「DB2グローバルマスター」
  • Linux「LPIC」
  • Cisco「シスコ技術者認定」

未経験者は資格と転職エージェントを賢く利用しよう

ここでは、システムエンジニアが資格を持つことのメリットについて紹介してきました。資格を取得することは未経験の方の転職にとって確かに重要ですが、それだけではまだ不十分かもしれません。

マイナビエージェントでは、面接や転職に関し、「面接対策のアドバイス」や「書類審査の書類を添削」など、具体的なサポートを行っています。転職活動は、自分一人だけで対策を練るよりも、転職のプロのアドバイスを参考にして、具体例を聞きながら挑むのが効率的です。まずはお気軽に、転職支援サービスにお申し込みください。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。