社内システム(社内SE)|求人転職エージェント

IT・エンジニアの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ITエンジニアの職種図鑑

社内システム
(社内SE)

雇用側にも応募側にも人気がある社内SE(社内システム)

最近はITを必要としている企業が増加傾向にあり、社内SEを抱える会社も増えています。
また、社内SEの需要が高まっていることから、常駐SEに比べて待遇が良いことも多く、一般的なSE職よりも転職を希望する人が増えています。

社内SE(社内システム)の人気の理由

社内SEだから得られるメリットや喜びなど、その人気の理由をいくつかご紹介します。

愛着が持てる仕事ができる

常駐SE(常駐システム)は、他社のシステムを開発し、契約が終わったらそれまでです。ですから、「自分が手掛けたシステムがどう使われているのかなど、実感がない」といった不満が残ります。その点、社内SEは自分が作ったシステムをその後も継続して管理できるため、開発者としての責任を持ち続けることができ、仕事に対する充実感にもつながります。

会社経営にも関わるような大きな仕事もある

経営サイドと直接コミュニケーションをとりながら、経営方針などの意向を反映したシステム構築を行うなど、会社にとって重要な仕事に携われることがあります。責任が大きい分、やりがいや充実感を得られるでしょう。

依頼元は社内だからこそ、感謝の気持ちが届きやすい

ITインフラの設計や構築、運用、管理、監視、保守などを行う仕事です。サーバーやネットワークが止まれば、ビジネスに大きな影響が出てしまいます。これらを安定して使えるのは、ネットワーク・インフラ担当者のおかげといえるかもしれません。

社内SEは社内におけるシステムの責任者。しかし、開発が好きな人には物足りなさも?

社内SEという仕事は、常に新しいシステムの開発を追い求めていきたい人にとっては、若干、物足りなさや退屈さを感じるかもしれません。社内のシステム環境すべてにおいて管理を任される立場になるわけですから、ある意味では雑用のような仕事を依頼されることもありえます。例えば、パソコン仕事が初めてのような人に、一から扱い方を教えるような依頼がやってくるかもしれません。また、一度システムを開発したら、その後は管理業務が続いてしまうこともあります。それらを考慮した上で、社内SEを魅力ととらえるかの判断は必要となるでしょう。

 関連ページ

押さえておきたい職務経歴書の基本

IT・エンジニアの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。