IT・エンジニアの職種図鑑

社内SE(社内システム)

平均年収

434万円

社内SE(社内システム)の男性

社内の情報システムの開発、運用、管理が主な仕事です。
企業によってはIT関連全てが守備範囲になります。

  • 活かせる資格

    基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、システムアーキテクト試験など

雇用側にも応募側にも人気がある社内SE(社内システム)

最近はITを必要としている企業が増加傾向にあり、社内SEを抱える会社も増えています。
また、社内SEの需要が高まっていることから、常駐SEに比べて待遇が良いことも多く、一般的なSE職よりも転職を希望する人が増えています。

プライベートも充実させましょう!
理想のワークライフバランスをご相談ください。

転職支援サービス申し込み

社内SE(社内システム)の人気の理由

社内SEだから得られるメリットや喜びなど、その人気の理由をいくつかご紹介します。

愛着が持てる仕事ができる

常駐SE(常駐システム)は、他社のシステムを開発し、契約が終わったらそれまでです。
ですから、「自分が手掛けたシステムがどう使われているのかなど、実感がない」といった不満が残ります。その点、社内SEは自分が作ったシステムをその後も継続して管理できるため、開発者としての責任を持ち続けることができ、仕事に対する充実感にもつながります。

会社経営にも関わるような大きな仕事もある

経営サイドと直接コミュニケーションをとりながら、経営方針などの意向を反映したシステム構築を行うなど、会社にとって重要な仕事に携われることがあります。責任が大きい分、やりがいや充実感を得られるでしょう。

依頼元は社内だからこそ、感謝の気持ちが届きやすい

システムエンジニア(SE)の役割は、クライアントが希望するシステムの開発を行うことです。そのために、まずどのようなシステムが必要かクライアントから詳しく話を聞き、その内容をまとめ、それらを基にシステムの大まかな設定を決めます。その後、プログラミングを行うためにさらに細かく仕様を決め、実際にプログラミングを行い、動作テストを行うという工程を踏んでいきます。つまり、企業の課題に対して最適なシステムを構築するのが、システムエンジニア(SE)の仕事といえます。

社内SE(社内システム)は社内におけるシステムの責任者。しかし、開発が好きな人には物足りなさも?

社内SEという仕事は、常に新しいシステムの開発を追い求めていきたい人にとっては、若干、物足りなさや退屈さを感じるかもしれません。

社内のシステム環境すべてにおいて管理を任される立場になるわけですから、ある意味では雑用のような仕事を依頼されることもありえます。
例えば、パソコン仕事が初めてのような人に、一から扱い方を教えるような依頼がやってくるかもしれません。

また、一度システムを開発したら、その後は管理業務が続いてしまうこともあります。それらを考慮した上で、社内SEを魅力ととらえるかの判断は必要となるでしょう。

あなたのご希望に応じた求人をご紹介。
アドバイザーが転職活動をサポート!

転職支援サービス申し込み

この記事の監修者


この記事の監修者

藍田 敬之

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴15年。IT領域専任アドバイザー。SE、IT営業経験を踏まえ、「入社してみたら違った」を撲滅すべく、日々アドバイスを心がけています。

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴15年。IT領域専任アドバイザー。SE、IT営業経験を踏まえ、「入社してみたら違った」を撲滅すべく、日々アドバイスを心がけています。

調査概要

【平均年収 調査対象者】2020年1月から2020年12月の間でマイナビエージェントに登録いただいた方

よくあるご質問

  • システムエンジニアと社内SEの違いは何ですか?

    システムエンジニアは、クライアントから受託したシステムの開発・保守運用を行います。
    社内SEは、社内で使うシステムの開発や管理を行ったり、ITに関する予算や資産の管理などを行います。
    システム開発だけではなく、社内のITに関する領域を広く任される事が大きな違いと言えます。

  • 未経験から社内SEになれますか?

    未経験から活躍している方も多数いらっしゃいます。しかし、社内SEが未経験の場合を指す事がほとんどなので、IT業界やIT職種が未経験の場合は、難しいでしょう。

  • 社内SEに必要な資格はありますか?

    社内SEになるための資格はありませんが、システムエンジニア以上にITに関する広い知識が必要となるので、資格を取得して損はありません。
    システム開発だけではなく、IT予算管理なども行うため、幅広い知識を身につけられるように日々の努力を求められます。