女性SEの転職、まず社内SEを検討してみては?|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/24

IT業界

女性SEの転職、まず社内SEを検討してみては?

it_internalSE_woman.jpeg

SE(システムエンジニア)には、顧客企業のオフィスに常駐する「常駐SE」と、自社内で勤務する「社内SE」の2種類があり、同じSEでもその業務内容は大きく異なります。SEというと、納期に追われる激務のイメージがありますが、それは常駐SEの話。社内SEの場合は残業なしというところも多く、子育て中の女性にも比較的働きやすい環境といわれています。

社内SEと常駐SEの仕事内容、求められるスキルの差など、両者の違いをご紹介します。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

社内SEと常駐SEの仕事の違い

SEには、大きく分けて社内SEと常駐SEの2つの働き方があります。社内SEは保守と管理、常駐SEは開発が業務のメインとなります。

常駐SEの仕事

常駐SEは、主にSlerと呼ばれるSE会社に所属し、そこから顧客のもとへ派遣され、顧客からオファーを受けてシステムの構築、開発などの業務を行う、受注型の働き方です。開発が終わればまた別の現場へ行くこともありますし、そのままその会社に派遣され続ける常駐スタッフとして運用・管理を行うこともあります。

社内SEの仕事

社内SEは、自社内のシステム開発や運用がメインの業務となります。ですので、新しいシステムを一から開発するというより、更新作業や管理、運用がメインとなります。また、案件の依頼元となるのは、自社の社員となります。

常駐SEと社内SEの求められるスキルの違い

依頼を受けて派遣されて来ている、いわば業者扱いである常駐SEと、同じ社員である社内SEとでは、求められるスキルも大きく違ってきます。

常駐SEに求められるスキル

常駐SEとして長いキャリアがあっても、派遣先が変われば、それまで開発したことのない業界の業務に携わることも数多くあります。例えば、数日前までは携帯会社のシステム開発をしていたのに、今日からはは大手銀行のシステム開発チームに入っているなどということもあるのです。

また、ITスキル以外にも、変化が絶えない現場の中で、初めて会う顧客との打ち合わせ、進捗状況の報告、今後のスケジュール調整などを円滑に回せるコミュニケーション能力が必須です。

以上のことから、常駐SEにとって大事なのは、顧客からの依頼をいち早く理解し、それを適切にシステムに変換する適応力、そしてどんな業界でも対応できる幅広いエンジニア知識と、コミュニケーション能力といえるでしょう。

社内SEに求められるスキル

自社システムを継続的に管理・運用することが仕事のメインになる社内SEは、現在の社内におけるシステムをもっと効率的に使用できるよう、企画・提案できる能力が必要となります。

そのためには、自社内のビジネス戦略の把握がITスキルよりも優先されます。もし、社内SEへの転職を目指す方が女性である場合は、美容関連企業や化粧品会社など、興味のある業界や知見のある業界であれば、よりビジネス戦略について理解、吸収しやすいのではないでしょうか。

常駐SEと社内SEのやりがいの違い

常駐SEと社内SEでは必要とされる仕事内容が違うため、それぞれのやりがいも異なります。

常駐SEのやりがい

常駐SEといえば、いわば開発畑の職人路線とでもいえるでしょう。次々に顧客が変わりますので、それに対応するべく、新技術を常にインプットし続けなければなりません。さらに、時代の変化にも順応して、自らも進化させ続けなければなりません。課せられる仕事量も膨大で、常に受注業務の納期に追われるため、残業は当たり前のように多くなる傾向があります。

ただ、仕事が忙しいというデメリットだけではなく、その分、給料などの待遇は良く、報酬という何よりの報いがあり、「バリバリ仕事をしたい」という気質の方に向いているといえます。無事に納品完了となった際には、大きな達成感を得られることでしょう。

社内SEのやりがい

社内SEは自社内で仕事をするため、仕事の発注元も同じ会社の社員となります。新たな企画依頼から多少のマシントラブルへの対応など、相談は幅広く来るとは思いますが、それらもすべて、いわば身内とのやりとりとなるため、比較的余裕を持った気持ちで仕事ができることでしょう。

また、仕事内容は、現状あるシステムの保守、管理がメインとなりますので、それらに不具合がなければ、問題なく業務を終えられ、定時で帰れることも多いです。しかし、それが平凡な毎日で退屈であると感じる人も多いので、ゆったりとした働き方を希望する方に向いているといえます。

なお、残業がないということは残業代も出ないため、手取りの収入は常駐SEに比べて低めになる傾向があります。

女性社内SE歓迎の企業は多い

これまでご紹介してきたような内容から、社内SEは将来的に結婚や出産を控えた女性や、子育て中の女性にとって働きやすい、人気の職種となっています。

また、近年は出産後の女性の再就職を歓迎する企業も増えているため、女性にとっては需要と供給がマッチしているといえるでしょう。

比較的ストレスが少ない社内SEは、仕事と家庭を両立させたい女性には、とてもうれしい職種なのです。

社内SEへの転職を目指すなら

ここまでご紹介したとおり、社内SEは比較的業務内容は余裕があり、家庭を大事にしたい女性にとってはまさに適職で、社内SEへの転職を希望する女性は少なくありません。

また、女性に限らず、基本的なIT知識があってもう少し軽度な業務へ移行したいという人も、社内SEへの転職を希望する傾向があります。

しかし、中には社内SEをしてみて、自分に合わないと感じた人も少なくないようです。そんなことが起きないように、ぜひ転職エージェントを活用してください。

マイナビエージェントは、求人サイトでは見つけられない非公開求人を多数取り扱っていますので、あなたに合った企業を見つけることができるかもしれません。

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

社内SEとは、企業内で自社のシステム開発や保守、管理などを行う職種であり、希望する人も増えてきています。人気職である社内SEを目指すためには、今後のキャリアプランを考えることが大切です。今回は、社内SEのキャリアプランを考える際のポイントをご紹介します。

SEといえば、SE会社に属し、他企業からの依頼に合わせてシステム構築などを行っていく「常駐SE」がイメージされやすいですが、最近人気なのは、一般企業に就職し、その企業のシステム開発や運営を任される「社内SE」です。ここでは、社内SEへの転職に失敗しないための下準備についてご紹介します。

システムエンジニア(SE)は、システムの設計・開発など、主に上流工程を担当するエンジニア職ですが、同じSEでも「社内SE」の場合は、ややそれとは異なる特殊なポジションと考えたほうがいいです。ここでは、社内SEに転職することのメリット、社内SEに転職したい人に有利な資格などをご紹介します。

タグ一覧
執筆・編集

山室 直哉

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴12年。長い経験に基づき求職者様、企業様双方にとってベストなアドバイスを心がけています。

SNSシェア

注目コンテンツ