社内SE
転職知識まとめ

Mynavi IT AGENT

社内SE経験者、または未経験から社内SEを目指す方に向け、志望動機・年収・必要なスキルや資格・求人情報など転職に役立つ情報をまとめました。

社内SEの転職知識まとめ

社内SEの転職は
マイナビITエージェント

マイナビITエージェントは、IT・Web業界専門の転職エージェントです。
業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの転職をサポートいたします。

  • 現在と同じ職種で転職したい方

    現在と同じ職種で
    転職したい方

  • 他の職種にキャリアチェンジしたい方

    他の職種に
    キャリアチェンジしたい方

  • 未経験からチャレンジしたい方

    未経験から
    チャレンジしたい方

  • 社内SE
    への転職

  • 異職種への
    転職希望の方はこちら

    社内SE
    からの転職

  • 社内SEへの転職知識

    自社のIT環境やシステムの構築を手がける社内SEは非常に人気が高く、転職難易度の高い職種の一つとなっています。
    そのため、転職を成功させるためには、社内SE特有の特徴や採用の動向を踏まえたうえでアピールポイントをまとめ、転職の準備をすることが大切です。

    Section01 社内SEの仕事内容

    社内SEの仕事内容

    社内SEとは、文字通り社内に在籍するシステムエンジニア(SE)のこと。在籍する企業で用いるシステムの保守・運用や社内のIT環境の整備を担い、ヘルプデスクとして問い合わせに対応します。また、近年はセキュリティ対策も、社内SEの大切な業務の一つとなっています。

    さまざまな企業のシステム開発を手掛けるSIerと違って、社内SEのお客さまは「自分自身が勤務している会社」になります。「営業部門で業務効率化したい」といった会社のニーズに応えて、システムの開発や導入を進めていき、会社の課題解決に貢献することが社内SEのミッションになります。

    なお、社内SEが自ら開発を手掛けるケースはそれほど多くありません。社内SEは課題の洗い出しや予算の設定、システム開発から導入までのスケジュール管理などマネージメントを担い、内製ではなく外注するケースが一般的です。外注先はSIerやベンダー、IT系のコンサルティングファームなどになります。

    Section02 社内SEへの転職理由・志望動機

    社内SEへの転職理由・志望動機

    社内SEは、「一つの会社に腰を据えて働くことができる」「ワークライフバランスが充実している」などの理由から大変人気の高い職種となっています。一方、企業側も優秀なSEを求めており、社内SEの需要が年々高まっています。常駐型のSEから社内SEへの転職を考える方も多いため、「多くの求職者のなかから、自分を選んでもらうには」という視点で、魅力的な志望動機をまとめていくことが必要です。

    社内SEへの転職で志望動機を書く際には、以下の二つの視点からまとめることをオススメします。

    1. なぜ、社内SEなのか。

    まずは、「なぜ、社内SEなのか」という視点から、転職の理由について考えてみましょう。社内SEとしての経験を活かして、同業他社に転職したいのか。それとも、未経験だけれど、社内SEの仕事に興味があるのか。具体的な理由を提示すると、より説得力のある内容にできるでしょう。

    2.なぜ、その企業で働きたいのか。

    社内SEの仕事に就きたい理由が明確になったら、次は「なぜ、その企業に転職したいのか」を考えてみましょう。「前職では実現できなかったことを実現したい」「より大規模な案件に携わって、専門性を高めたい」など、「その企業に転職したい根拠」をわかりやすくまとめていきましょう。

    3.これまでの経験を、どう活かせるのか。

    そして、「これまでの経験で得た知識やスキルを、志望する企業でどのように活かしていけるのか」をアピールしましょう。

    採用担当者は、数多くの求職者の志望理由書をチェックしています。採用担当者が「採用したい」と思えるような志望理由にするためにも、飾らず、自分の言葉で表現することが大切です。

    Section03 社内SEは未経験でも転職可能?

    社内SEは未経験でも転職可能?

    社内SE未経験の方でも、転職することは可能です。この場合、PC管理などサポート要素の強い業務からスタートし、徐々にスキルアップしていくことになります。情報システム部門に社内SEを一定数確保している企業の場合、未経験での入社がしやすいと考えて良いでしょう。また、自社で社内SEを育成する方針の企業も、未経験者の方が入社しやすい傾向にあります。逆に、少数精鋭で情報システム部門に多くの人材を割いていない企業の場合、未経験者の転職は難しくなる傾向にあります。

    一方、IT業界での開発経験を求める企業も少なくありません。社内SEはシステム開発の上流工程から導入後の保守・運用まで広く携わっていきます。SIerやベンダーなどに外注することも多いため、上流工程の経験がある方が有利になる傾向があります。

    Section04 社内SEへの転職で、
    持っていると有利なスキル・資格

    社内SEへの転職で、持っていると有利なスキル・資格

    資格

    社内SEは社内のIT環境の構築やシステムの導入など、広くIT面をサポートすることから、転職においては情報処理系の資格が有利に働きます。

    • 基本情報技術者
    • 応用情報技術者
    • ITパスポート
    • ネットワークスペシャリスト
    • 情報処理安全確保支援士
    • プロジェクトマネージャ
    • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

    ITパスポートや基本情報技術者の勉強をして資格を取得すれば、基本的な情報処理のスキルを身につけたことの証になるので、未経験者の方にオススメです。また、IT業界での開発経験などがある方は、ご自身が携わってきた業務に応じた資格を取得しておくと良いでしょう。

    スキル

    スキルについても見ていきましょう。社内SEの転職において求められるスキルは、以下のようなものがあります。

    • コミュニケーション力
    • プログラミングスキル
    • プレゼンテーション力
    • プロジェクトマネージメント力

    社内SEは社内のあらゆる部門からIT環境に関する問い合わせに応じているほか、SIerやベンダーなど社外とのやりとりも担います。そのため、コミュニケーション力は不可欠と言えるでしょう。またプロジェクトの進捗を管理することから、プロジェクトマネージメント力も必要になります。プログラミングなどシステム開発に必要となるスキルと、多くの人とかかわりながらプロジェクト全体を管理・遂行していくスキルをバランスよく持っていることが大切です。

    Section05 社内SEの年収

    社内SEの年収

    マイナビエージェントの調べによると、社内システム企画の平均年収は512万円となっています。これを年代別に見ていくと、20代で385万円、30代で505万円となっています。男女別では、20代男性が345万円、20代女性が482万円、30代男性が503万円、30代女性が513万円となります。

    社内SEの平均年収は、IT業界の他職種と比較すると中間から上位程度になります。突出して年収が高いわけではありませんが、平均年収の伸びしろが大きく、20代平均と30代平均で比較すると120万円ほどアップしています。

    また、社内SEは所属する企業の規模や業界によっても年収が異なります。そのため、希望する業界の平均年収などをチェックしておくと良いでしょう。

    Section06 社内SEへの転職・求人情報

    社内SEの求人一覧

    Section07 社内SEへの転職成功事例

    IT業界の転職成功事例一覧

    Section08 社内SEへの転職に関するその他お役立ち情報

    社内SEへの転職は、
    マイナビITエージェントにお任せください!

    無料転職サービスに申し込む
  • 社内SEから
    異職種への転職知識

    社内SEでの経験を活かして異職種に転職するのであれば、これまでの経験で得た知識やスキルを志望する業界でも活かせるとアピールすることが大切です。
    ここでは、社内SEからの転職先や、異職種への転職で活かせるスキル・資格などを紹介します。

    Section01 社内SEからの転職先

    社内SEからの転職先

    社内SEは人気の高い職種ですが、「技術力を高めたい」「より多くの開発経験を積みたい」などの理由から、他職種への転職を考えるケースもあります。

    これは、「自分が勤めている会社に貢献できる」というやりがいがある一方、システム開発においては外注してプロジェクトのマネージメントに従事することが多いことも、理由の一つになっているかもしれません。

    社内SEから異職種に転職する場合、以下の職種が考えられます。

    システムエンジニア・プログラマー

    未経験で社内SEに転職した方が経験を積むうちに開発への興味・関心が高まり、システムエンジニアやプログラマーに転職するケースです。IT業界は全般的に人手不足が続いており、「未経験可」の求人も数多くあります。

    インフラエンジニア

    ネットワークやサーバの構築・保守・運用を手がけるインフラエンジニアも、社内SEと親和性の高い職種です。初心者向けの教育・研修を用意して、未経験者に広く門戸を開いている企業が多いので、挑戦しやすい職種となっています。

    IT企業の営業職

    社内SEの経験を活かして、SIerやベンダーなどIT企業の営業職として活躍することもできます。社内外の関連各所とやりとりをしてきた社内SEはコミュニケーション力が高く、そのスキルを発揮できる職種と言えます。

    ITコンサルタント

    IT系のコンサルティングファームに転職し、ITコンサルタントとして活躍する道もあります。企業の経営課題や業務課題を抽出し、課題解決につながるシステムやソリューションの提案を行っていくため、社内SEと親和性の高い職種です。

    マイナビITエージェントでは、異職種への転職を志望されている求職者様に、システムエンジニアやITコンサルタントなどをご紹介した事例が数多くあります。異職種への転職を考えているのであれば、お気軽にマイナビITエージェントにご相談ください。

    Section02 社内SEから異職種への転職理由・志望動機

    社内SEから異職種への転職理由・志望動機

    社内SEから異職種への転職を成功させたいのであれば、志望動機のまとめ方も一工夫したいところです。以下のポイントに沿って、志望動機をまとめていきましょう。

    • これまでの仕事内容と、仕事で得た知識やスキル
    • 異職種に興味をもった理由
    • 志望する会社に興味をもった理由
    • これまでの経験で得た知識やスキルを異職種でどう活かせるか

    まずは、皆さんがこれまでどのような仕事に就き、どのような経験をしてきたのか、振り返ってみましょう。すると、身についた知識やスキル、強みなどが見えてきます。そのうえで、志望する職種について調べます。なぜ異職種に転職したいのか、なぜ志望する会社に転職したいのかという視点で調べていくことがポイントになります。

    最後に、これまでの経験で得た知識やスキルを、志望する業種や転職先でどのように活かせるかイメージし、志望動機にまとめていきましょう。

    Section03 社内SEが異職種でも活かせるスキル・資格

    社内SEが異職種でも活かせるスキル・資格

    社内SEから異職種に転職する際に活かせるスキルは、大きく「IT関連の技術」と「マネージメント力」「課題解決力・対応力」「業界知識」に分けることができます。

    IT関連の技術は、システムエンジニアやプログラマー、インフラエンジニアなど開発系の職種に転職する際に活かすことができます。どの職種を志望するかによって求められる技術が異なるため、まずは、ご自身が社内SEとして蓄積してきた技術と、応募先で必要となる技術を照らし合わせることからはじめましょう。

    マネージメント力は、開発系の職種に限らず、さまざまな業種・職種で応用が可能です。

    課題解決力・対応力は、社内SEとして数々の会社のニーズに応えてきたことで鍛えられた力と言えます。課題解決力は特にITコンサルタントに転職した際に発揮できますが、マネージメント力と同様にあらゆる業種・職種で応用することができます。

    加えて、社内SEは、所属していた企業の事業内容や業界の動向も熟知しており、転職において大きな「武器」となります。社内SEから異職種への転職を検討している方は、積極的に、業界知識が豊富なことをアピールしましょう。

    Section04 社内SEからの転職・求人情報

    Section05 社内SEから異職種への転職成功事例

    社内SEから異職種への転職も、
    マイナビITエージェントにお任せください!

    無料転職サービスに申し込む

この記事の監修者


この記事の監修者

藍田 敬之

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴15年。IT領域専任アドバイザー。SE、IT営業経験を踏まえ、「入社してみたら違った」を撲滅すべく、日々アドバイスを心がけています。

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴15年。IT領域専任アドバイザー。SE、IT営業経験を踏まえ、「入社してみたら違った」を撲滅すべく、日々アドバイスを心がけています。

社内SEの転職に関する
よくあるご質問

  • 社内SE未経験でも転職することは可能ですか?

    未経験でも社内SEに転職することは可能ですが、その場合は、ヘルプデスクやPC管理などサポート要素の強い業務からスタートすることになります。ただし、社内SEが少ない会社は一人あたりの仕事の負担が大きくなるため、経験者よりも即戦力を求める傾向にあります。未経験で社内SEを目指している方は、お気軽にマイナビITエージェントまでお問合せください。

  • 社内SEに転職する際に有利になる資格はありますか?

    基本情報技術者や応用情報技術者、ITパスポートなど情報処理系の資格を取得していると、転職に有利になる傾向があります。また、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)のExcelやAccessに合格している方も、評価が高くなります。

  • 社内SEに転職可能な年齢は何歳までですか?

    年齢問わず、転職が可能です。ただし、IT業界未経験者の場合はポテンシャル採用となるため、20代の方が多く採用される傾向にあります。

  • 社内SEの選考の特徴を教えて下さい。

    社内SEの面接においては、「なぜSIerではなく、社内SEを志望したのか」「社内SEとして何をしていきたいか」といった質問をするケースが良くあります。また、社内SEは自分でプログラミングをすることは少なく、協力会社を通じてシステムの開発を進めていくのが一般的です。そのため「プログラミングをできる機会は少なくなるが、問題ないか」といった質問をする企業もあります。

  • 社内SEは残業や休日出勤が多いですか?

    残業や休日出勤は少なく、ワークライフバランスが充実した職種と言えるでしょう。ただし、社内システムに不具合が生じた時は、忙しくなる傾向にあります。