社内SEに選ばれる 3つのポイント

  1. 1

    IT・Web業界を熟知した
    転職のプロがあなたに最適な、
    求⼈をご紹介!

    IT・Web業界を熟知した転職のプロがあなたに最適な、求⼈をご紹介!

    ⾮公開求⼈や独占求⼈の中から、あなたのご希望にあった求⼈をご紹介いたします!

  2. 2

    エンジニア職の転職活動の
    不安や悩みに寄り添う
    キャリアアドバイザー

    エンジニア職の転職活動の不安や悩みに寄り添うキャリアアドバイザー

    IT・Web業界のエンジニア職の、転職事情熟知したキャリアアドバイザーがあなたの転職へ不安や悩みをお伺いいたします。

  3. 3

    働きながらでも安⼼して
    転職活動ができるよう
    全⼒サポート

    働きながらでも安⼼して転職活動ができるよう全⼒サポート

    応募書類の添削、⾯接スケジュール管理や⼊社⽇、条件等の企業への交渉を代⾏いたします。

年収で探す

あなたのご希望に応じた求人をご紹介!
IT・Web業界に精通したアドバイザーがあなたの転職活動をサポートいたします!

かんたん登録3分転職支援サービス申し込み

FAQ よくあるご質問

  • 「社内SE」って、システムエンジニア(SE)と何が違うの?

    「社内SE」とは、所属企業でシステム関連業務に従事するシステムエンジニア(SE)のことです。自社のシステム部門に所属することが多いのが特徴です。
    クライアント企業が求めるシステムを開発・導入する「SIer」のシステムエンジニアと異なり、システムのユーザーが自社の社員であることが特徴です。

  • 「社内SE」の仕事内容は?

    業績アップや業務プロセス改善、コスト削減など、自社の経営課題に対応したITシステムの導入検討、開発、改修などを行います。
    また、同じ会社の社員のPC操作や社内システムの使い方の問い合わせ対応、故障対応などのヘルプデスク業務を行うのも、社内SEの主な仕事の一つです。

  • 「社内SE」になるにはどんなスキルや能力が必要?

    社内SEには、プログラミングやシステム開発やネットワークに関するスキルや能力が必要であるほか、所属する会社の経営、事業遂行に関する経営的な視点が欠かせません。
    また、自社の社員の問い合わせに対応するヘルプデスク業務を行う場合が多いため、自社の社員と接する機会が多く、コミュニケーション能力が求められます。

  • 未経験でも「社内SE」になれる?

    システムエンジニアの経験がある、またはITに関する知識やスキルを保有しているのが理想ですが、適性がある人を社内SEとして育成する企業もあり、必ずしも、システムエンジニアの経験や豊富なIT知識が必要というわけではないようです。

  • 「社内SE」になる近道は?

    コロナ禍におけるテレワークの広がりなどから、IT企業や企業のシステム部門の求人は増加傾向にあります。ただ、転職サイトなどで自ら求人を探すよりも、転職エージェントを利用することで、エンジニアを採用したい企業との適切なマッチングが行われる可能性が高まるでしょう。

  • 転職エージェントを選ぶ基準は?

    転職エージェントは大小さまざまありますが、やはり一定以上の企業規模がある転職エージェントのほうが、求人数が多い傾向にあり、自分に合った転職先を探すことが容易になります。
    また、IT分野に特化したアドバイザーが在籍する転職エージェントのほうが、求人企業と転職希望者、双方のニーズを満たすマッチングが実現しやすいといえます。

あなたのご希望に応じた求人をご紹介!
IT・Web業界に精通したアドバイザーがあなたの転職活動をサポートいたします!

かんたん登録3分転職支援サービス申し込み

社内SEの転職なら マイナビIT AGENT

「社内SE」のSEは「システムエンジニア」のことです。ですので、社内SEは、所属する企業のシステムに関する業務に特化して働くシステムエンジニアのことを指します。自社のシステム部門に所属することが多く、業績アップや業務プロセス改善、コスト削減など、自社の経営課題に対応したITシステムの導入検討、開発、改修などを行います。開発に関しては、自らが開発することもありますし、外部に発注し、プロジェクトを管理する場合もあります。
また、社内システムの円滑な稼働という観点から、同じ会社の社員のPC操作や社内システムの使い方の問い合わせ対応、故障対応などのヘルプデスク業務を行うのも、社内SEの主な役割の一つです。
クライアントの企業が求めるシステムを開発・導入する「SIer」のシステムエンジニアと異なり、システムのユーザーが自社の社員であることが特徴です。

社内SEには、プログラミングやシステム開発やネットワークに関する知識や経験が必要であるほか、自社の経営課題に対応したシステムにするために、所属する会社の経営、事業遂行に関する経営的な視点が欠かせません。自社で利用するシステムを担当するため、システム導入等における予算管理や工数削減の見立てが要求されます。そのためITストラテジスト試験やITコーディネーター試験などの資格を取得するための勉強が大いに役立つでしょう。
さらに、自社の社員の問い合わせに対応するヘルプデスク業務を行う場合が多いため、自社の社員と接する機会が多く、コミュニケーション能力も求められます。
コロナ禍によるテレワークの広がりなどを受け、システム部門を強化する企業が増加傾向にあります。そうした状況に対応するため、社内SEの需要は近年増加の一途を辿っています。また、「SIer」に所属し、クライアント先に常駐することも多いシステムエンジニアと比較して、社内SEは職場が自社内であるため、コロナ禍の転職市場において人気のあるIT職種の一つとなっています。
社内SEになるには、システムエンジニアの経験がある、またはITに関する知識やスキルを保有していると有利です。ただ、自社で採用した社員の中から、適性がある人を社内SEとして育成する企業もあり、必ずしも、システムエンジニアの経験や豊富なIT知識が必要というわけではないようです。
自分が社内SEになれるかどうかわからない、という場合は、あなたのスキルや経験についてじっくり聞いて転職を希望される企業を紹介できる転職エージェントの利用がおすすめです。特に、ITに特化した「マイナビITエージェント」なら、IT分野に特化したアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポートいたします。