データベースエンジニア|求人転職エージェント

IT・エンジニアの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ITエンジニアの職種図鑑

データベース
エンジニア

日々、大量の情報が飛び交う現代。データの蓄積と管理、およびその活用は、どの企業においても重要な課題となっています。データベースエンジニアとは、このような課題に対応する職業のひとつ。膨大なデータをうまく管理するためのデータベースの開発・設計から活用までを担うスペシャリストです。

ここでは、データベースエンジニアの仕事内容や年収、キャリアパス、転職するときに役立つスキルや資格などについてご紹介します。

データベースエンジニアの仕事とは?

データベースエンジニアの仕事の領域は幅広くなりますが、担当する業務内容によって、大きく「データベースの開発・設計」「データベースの管理」「データベースの運用」の3つの分野に分けることができます。

1.データベースの開発・設計

顧客がデータベースでどんなデータを管理したいのかを確認し、そのニーズに合わせて、最適なデータベースを開発・設計していく仕事です。Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、PostgreSQL、MySQLなどのデータベースアプリケーションを使い、顧客の求めに応じてデータベースを作り上げていきます。

2.データベースの管理

データベースシステムを動かすには、データの適切な管理が欠かせません。データを保存しているサーバーの最適化や効率化などのチューニングを行うのも、データベースエンジニアの仕事です。

3.データベースの運用

データベースへのアクセス権の管理やデータのバックアップなど、システムの運用を行います。また、稼働中のデータベースへの不正侵入や、データ流出を防ぐためのセキュリティ設計を行います。

データベースエンジニアに必要なスキル

データベースエンジニアとして働く場合、世界で広く普及している各種データベースシステムに精通していることが求められます。Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、PostgreSQL、MySQLなどの製品に関する知識と、管理・運用の技能は、データベースエンジニアに欠かせないスキルです。

また、どのようなデータベースを構築すべきかについてクライアントと打ち合わせをしたり、他部署と協力したりする場面も多いことから、コミュニケーションスキルも欠かせません。

単にデータベースを作るだけでなく、どうすればデータを企業戦略に活かせるかという視点を持ち、ビジネス全体を見渡す能力を持った人材が求められています。

データベースエンジニアにおすすめの資格

データベースエンジニアとして働くのに、必ず取得すべき資格はありません。ただし、実力を客観的に証明するものとして、資格を取得しておくことはおすすめです。ここでは、代表的な資格を4つご紹介します。

  • 基本情報技術者試験

    基本情報技術者試験は、経済産業省所管の独立行政法人である情報処理推進機構(IPA)が実施する「情報処理技術者試験」のひとつ。高度IT人材に必要とされる基本的な知識・技術を持っていることを認定する国家資格です。

    データベースエンジニアに限らず、各種IT系エンジニアの登竜門とされている資格なので、IT業界への転職を考えている人は、まずはこの資格の取得を目標にするといいでしょう。ワンランク上の知識・技術を問う「応用情報技術者試験」もあります。

  • データベーススペシャリスト試験

    データベーススペシャリストは、基本情報技術者試験と同じく、IPAが実施する「情報処理技術者試験」のひとつです。データベースの設計・開発・保守・運用に関するスキルを認定する資格であり、この資格を有していれば、データベース構築プロジェクトでグループの責任者になれる力が身に付いている証明になります。

  • ORACLE MASTER

    ORACLE MASTERは、世界で高いシェアを誇るオラクル社の製品Oracle Databaseシリーズを扱う技術を認定するベンダー資格です。難度別に「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」という4つのランクがあります。世界で評価される資格を取得したい場合、最もおすすめの資格です。

  • MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)

    MCPは、マイクロソフトが実施する認定資格プログラムの総称です。単独の試験ではなく、130あまりの資格の中から定められた試験をクリアしていくと、「MCSA(マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト)」「MCSE(マイクロソフト認定ソリューション エキスパート)」などの認定を受けられる仕組みになっています。

データベースエンジニアの年収やキャリアパス

高度な専門知識を要求されるデータベースエンジニアの平均年収は、IT関連職の中でも高めです。20~24歳で400万円台前半、20代後半になると500万円を超えることも珍しくありません。

もちろん、身に付けた技術によって年収にばらつきはありますが、35~39歳の平均年収は667万5,000円と、同年代の平均値より150万~250万円ほど高くなっています。

データベースエンジニアのキャリアパスとしては、身に付けた技術を活かして提案・管理分野へと進むルートと、技術職として道を究めるルートがあります。マネジメントが得意なら前者を選び、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダー、さらにITコンサルタントなどを目指すといいでしょう。

現場で技術者としてスキルを究めたい場合、高い技術を持つスペシャリストは、どの企業でも歓迎される傾向があります。ビッグデータ活用が求められるこれからの時代、活躍できる機会は多いといえるでしょう。

データベース
エンジニア

プロジェクトマネージャー

ITコンサルタント

スペシャリスト

IT・エンジニアの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。