プロジェクト・マネージャ|求人転職エージェント

IT・エンジニアの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ITエンジニアの職種図鑑

プロジェクト
マネージャー

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体の進行を管理し、予算や品質、納期、成果物のクオリティに対して全責任を持つ役職です。プロジェクト全体を見通した上で意思決定を行い、プロジェクトを成功に導くまでが仕事となります。

ここでは、プロジェクトマネージャーの仕事内容や年収、キャリアパス、転職するときに役立つスキルや資格などについてご紹介します。

プロジェクトマネージャーの仕事とは?

ITシステムの開発は、まず顧客の要望をヒアリングし、どのような規模のシステムを開発するか決めるところから始まります。プロジェクトマネージャーは、システムの構造や機能に応じて、予算やスケジュール、開発に必要なメンバーを決定し、チームを結成してプロジェクトを遂行していきます。

目指す成果物を完成させ、クライアントに納品するところまでがプロジェクトマネージャーの仕事となります。成果物が完成した後は、運用担当チームに案件を引き継ぎますが、あらかじめ運用のライフサイクルを見通したプロジェクトを策定するのも、プロジェクトマネージャーに必要な能力です。

プロジェクトマネージャーの仕事内容は多岐にわたりますが、大きく次の5つに分類することができます。

1.システム開発計画の策定

顧客の要望をヒアリングし、どのようなITシステムを開発するか決定します。システムの構造や主要な機能を決めるとともに、規模や予算、スケジュールについても決定し、必要な人員や工数を明確化していきます。

2.プロジェクトチームの編成

必要な人材を集めてプロジェクトチームを編成し、システム開発環境を整えます。

3.プロジェクトの推進・管理

チームメンバーに、システム開発の目的やスケジュール、納期などを説明し、チーム全体で共有します。顧客の要望や決定事項、変更が生じた点などについて、メンバーに随時伝えていくとともに、各セクションの進行をチェックし、プロジェクトが予定どおり進行するように管理します。

問題が発生した場合は、顧客と交渉してスケジュールの調整も行います。

4.チーム内の対人関係を円滑にするサポート

顧客と開発チームとの調整役を担う他、他部門との連携や情報共有を行い、チーム内のトラブルを解消することで、プロジェクトの進行を助けます。

5.評価およびレビュー

プロジェクト終了後に振り返りを行い、問題点や改善点を検証します。

プロジェクトマネージャーは、予算やスケジュールの決定も自身の責任で行うことになります。そのため、IT関連の知識やコミュニケーションスキルだけでなく、プロジェクト全体を俯瞰することのできる、経営者的な感覚も必要となります。

プロジェクトリーダーとの違い

プロジェクトの規模によっては、プロジェクトマネージャーとは別に、プロジェクトリーダーを置く場合もあります。では、この2つは一体何が違うのでしょうか?

プロジェクトマネージャーは、スケジュールや予算を管理し、プロジェクトを円滑に進行させるための「マネジメント」が主な仕事です。一方、プロジェクトリーダーは、その名のとおり、現場のリーダーとして指示を出すのが仕事です。

プロジェクトチームのメンバーをまとめる、メンバーに適切な指示を出す、チームの意見をまとめて関係者に説明や提案を行うなど、成果を上げるために尽力するのが、プロジェクトリーダーの役割となります。

プロジェクトリーダーには、当然ながら、ITに関する深い知識やプログラミングスキル、設計スキルが求められます。その他、提案力やコミュニケーションスキル、リーダーシップも必要になることから、現場経験の豊富なプログラマーやシステムエジニアなど、専門技術を備えた人が就くことの多いポジションです。

プロジェクトマネージャーに必要なスキル

プロジェクトマネージャーは、顧客を含む社外の人間との交渉やプロジェクト全体の管理、予算などの決定、開発チームのサポートなど幅広い業務をこなすため、様々なスキルが求められます。具体的には、次のようなスキルが必須といえるでしょう。

  • コミュニケーション能力

    顧客を含む社内外の関係者と開発チームをつなぎ、プロジェクトを滞りなく進めていくために、プロジェクトマネージャーには高いコミュニケーション能力が求められます。

  • 交渉力

    予算の決定や仕様変更の要請、開発チームからの提案、スケジュール変更の相談など、プロジェクト全体を通じて、顧客との交渉が必要になる場面が数多くあります。ただ顧客の要望に合わせるだけでなく、予算や現場の意見も考慮した上で、両者の折り合いがつくポイントに落とし込む交渉力が求められます。

  • マネジメント能力

    プロジェクトマネージャーには、プロジェクトの規模や予算、スケジュールなどのバランスを見て、利益を出すマネジメント能力も欠かせません。

    この他にも、プロジェクト全体を見渡し、課題を発見・解決する能力、チームメンバーを束ねるリーダーシップ、開発チーム全体で情報を共有するためのプレゼンテーション能力などが求められます。

    プロジェクトマネージャーのスキルが、プロジェクトの成否を分けるといっても過言ではありません。

プロジェクトマネージャーにおすすめの資格

プロジェクトマネージャーとして働くのに、必ず取得すべき資格はありません。ただし、プロジェクトマネージャーとしての知識や実力を客観的に証明するものとして、資格を取得しておくのはおすすめです。ここでは、代表的な資格を4つご紹介します。

  • プロジェクトマネージャー試験

    プロジェクトマネージャー試験は、経済産業省所管の独立行政法人である情報処理推進機構(IPA)が認定する「情報処理技術者試験」のひとつで、システム開発プロジェクトのマネジメントスキルを証明するものです。

    試験の出題範囲は、組織運営、プロジェクトの計画立案、予算や工程、品質の管理、リスクの把握など幅広く、2時間で600~1,600文字程度の文章を3つ書く記述式の問題もあります。

    合格に向けて準備が必要な難関試験ですが、その分、就職や転職の際に高く評価される他、一部の大手メーカーなどでは、資格取得を昇給の条件としている場合もあります。

  • ITストラテジスト試験

    ITストラテジスト試験は、プロジェクトマネージャー試験と同じく、IPAが実施する「情報処理技術者試験」のひとつです。

    情報技術を活用した基本戦略の策定や、プロジェクトを推進するための知識・実践力を認定する試験であり、この資格を有していれば、プロジェクトを統括する力が身に付いている証明になります。

  • 応用情報技術者試験

    応用情報技術者試験は、IPAが実施する「情報処理技術者試験」のひとつであり、高度IT人材に必要なシステム設計・開発・運用のスキルや管理能力、経営に関する一通りの知識を有し、実務に活かせるレベルであることを認定する試験です。

    プロジェクトマネージャー試験やITストラテジスト試験より難度が低いため、転職や昇給を目指している人は、まずはこの資格の取得を目標にするといいでしょう。

  • PMP試験

    PMP試験は、アメリカの非営利団体であるPMI(Project Management Institute)が実施する、プロジェクトマネジメントに関する国際資格です。試験問題は、プロジェクトの立ち上げから計画、実行、監視コントロールといった場面から、まんべんなく出題されます。

    多くの国で、プロジェクトマネジメントスキルを評価する基準とされている資格であり、対外的にスキルを証明したい場合に役立ちます。

プロジェクト・マネージャーの年収

プロジェクト全体を統括するプロジェクトマネージャーの平均年収は、20代で468万円、30代で622万円と、同年代の平均値に比べると高水準です。システムエンジニアやプログラマーなど、他のIT関係職と比べても高いといえるでしょう。

ただし、プロジェクトマネージャーの上位職にあたるITコンサルタントと比較すると、50万~100万円ほどの差がついています。プロジェクトマネージャーから早めにITコンサルタントにキャリアアップすることが、年収増の近道といえそうです。

プロジェクトマネージャーのキャリアパス

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの成否に関わる重要な役職です。そのため、新人がいきなりこの役職につくことはまずありません。まずはプログラマーから始まり、システムエンジニア、プロジェクトリーダーを経て、十分な経験を積んだ上で、プロジェクトマネージャーになるのが一般的です。

その先の一般的なキャリアパスとしては、一度プロジェクトマネージャーを経験した上で、スペシャリストの道を選んで現場に戻る場合と、さらに上位職であるITコンサルタントを目指す場合とに分かれます。

ITコンサルタントとは、プログラムマネージャーより上流の工程を担当する役職であり、ITを活用して顧客企業の経営課題を解決する専門家です。顧客へのヒアリングから経営課題を明らかにし、どのようなシステムを導入すれば課題解決が可能か提案していきます。

そのため、高いコミュニケーション能力や交渉力が必要とされますが、この役職にステップアップすることで、収入アップも期待できます。フリーのITコンサルタントとして独立し、複数の企業に関わる人もいます。

優秀なプロジェクトマネージャーやITコンサルタントは常に不足しているため、どの企業でも歓迎されるでしょう。

プロジェクト・
マネージャー

ITコンサルタント

社内SE

IT・エンジニアの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。