ITコンサルタント|求人転職エージェント

IT・エンジニアの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ITエンジニアの職種図鑑

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントの仕事内容

では、具体的な仕事の内容にはどのようなものがあるのでしょうか?対応するサービスによって変わってくる部分はありますが、おもにクライアントの問題を把握し、改善のためのIT戦略の立案やシステム化の企画などを行います。場合によってはアウトソーシングの導入支援をすることもありますので、必ずしも社内だけで完結させる必要はありません。システム化が確定すれば、プロジェクトなどのタスク管理や進捗管理、運用テストなども行います。ただし、すべての工程をITコンサルタントが行うとは限らず、仕事内容については柔軟性が必要です。

ITコンサルタントとSEの違い

ITコンサルタントを理解していく上で押さえておきたいのは、SE(システムエンジニア)との違いです。
前述したように、ITコンサルタントはシステム化の企画なども行うため、サービスを受ける側には混同される方も多いようです。

SEとのかかわり方

主なSEの仕事内容は、クライアントが抱える課題を解決するためのシステムを設計・開発することです。システムに使用するアプリケーションを選定したり、どんなプログラミングが最適かを考え、実際にプログラミングを行ったりします。
一方、ITコンサルタントは、クライアントの業界について調査し現状の分析を行い、抱えている経営課題がシステム開発によってどのように解決できるのかを提案することが主な仕事です。
ITコンサルタントの提案がクライアントに承認されたら、SEはその提案内容を実現するために実際にシステムを開発します。つまり、SEの目標はクライアントが要望するシステム開発であるのに対し、ITコンサルタントの目標はクライアントの経営課題の解決ということになります。

このように、SEよりもITコンサルタントのほうが上流工程を担当しているため、SE経験者がキャリアアップとしてITコンサルタントを目指すということも多いようです。

ITコンサルタントに必要なスキル

ITコンサルタントになるために必要な、代表的なスキルは以下のとおりです。
まず、知識面では「IT全般の知識」、すなわちハードウェアやアプリケーションなど、ネットワーク関連の最新の知識が必要です。加えて「SEとしての知識」があると、さらに仕事がスムーズに進みます。
例えば、クライアントのニーズを引き出したあと、それを具現化させるためには新しいシステムを導入するケースもあります。その場合、SEとしての経験やスキルがあれば、より効率的なシステム提案や、リスク回避のアドバイスなどが可能なのです。

次に「ビジネスに対する理解力」が必要です。経営を含めてクライアントのビジネスそのものを理解できなければ、うわべだけのコンサルティングになりかねません。クライアントを正しく理解することが、より良いコンサルティングにつながるのです。
そして最後に一番大事なのが「顧客とのコミュニケーション能力」です。いくら知識や能力があっても、クライアントから「何が必要なのか?」という要件を引き出せなければ、正確なコンサルティングはできません。コンサルティング期間は中長期にわたることもありますから、コンサルティングして終わりというのではなく、最後までチームの一員としてプロジェクトに関わるべきです。そうなると、表面的なコミュニケーションだけでは、場合によってはトラブルの元になるケースもあります。最悪なケースとしては、正しいコンサルティングができていたにもかかわらず、クライアントが満足しないという場合もあります。このようなケースをいかに収束させるかも、ITコンサルタントとしてのスキルといえるのです。

ITコンサルタントの年収

ITコンサルタントは、IT業界の中でも高い能力とスキルが求められる職種のため、比較的年収は高水準です。
例えば、20代のITコンサルタントの平均年収は500万円です。同じ年代ですと「プログラマー」の平均年収が395万円ですので、100万以上の差がついています。
別の年代ですと、30代のITコンサルタントの平均年収は732万円となります。同年代のプログラマーの平均年収が505万円ということを考えると、200万以上の差がついています。

これらは、あくまで平均でしかありません。仮に、大企業のITコンサルタントを中小企業のプログラマーと比較した場合、2倍近くになっている可能性もあるのです。
また、ITコンサルタントとして独立した場合、年収が1,000万円を超えるケースも多く、将来性や高収入という意味ではかなり有望な職種といえるでしょう。

  ITコンサル
タント
プログラマー 差額
20代 500万円 395万円 105万円
30代 732万円 505万円 227万円

ITコンサルタントの役職

ITコンサルタントが担う役職としては、以下の3つが代表的なものとなります。

アナリスト

画面の定義書や、動作検証の仕様書などを作成します。その上で、システムのプログラミングを行ったり、デバッグなどのテストをしたりします。

コンサルタント

クライアントから引き出した要件を整理し、システム設計を行います。また、開発計画の進捗管理も行います。クライアントとの調整役も兼ねる場合もありますので、ITコンサルタントの役職の中で、行うべきことが多岐にわたるポジションといえます。

マネージャー

前述した「アナリスト」や「コンサルタント」の成果をチェックする役割を担う上級職です。プロジェクト全体を総括するためのマイルストーンを立案したり、プロジェクト全体のリソースや進捗、クオリティの管理をしたりするなど、監督役ともいえます。この役職になりますと、ITコンサルタント寄りの「プロジェクトマネージャー」と考えてもいいかもしれません。

ITコンサルタントにおすすめの資格

ITコンサルタントになるために、資格や免許といったものは必要ありません。しかし、情報関連の知識やプログラミングの能力はもちろん、コンサルタントとしての力量も求められますから、名乗れば良いというわけにもいきません。
そこで、直接ITコンサルタントだと証明する資格はありませんが、「ITコーディネータ」など、ITコンサルタントになるために取得しておきたい資格は存在します。ここでは、その代表的な資格をいくつか紹介しましょう。

ITコーディネータ

NPO法人「ITコーディネータ協会」が認定する、2001年にできた民間資格です。「ITコーディネータ試験」を受験するための資格は定められていませんので、試験に合格し、ケース研修を行えば取得することができます。また、公認会計士、税理士、中小企業診断士など、特定の資格を取得している場合は、「専門スキル特別認定試験」という一部の試験が免除されます。

中小企業診断士

「中小企業診断士」は、経営コンサルタント業務を行う国家資格ですので、ぜひとも取得しておきたいところです。一見、ITコンサルタントとは関連が低い資格に見えますが、クライアントの課題を改善し解決に導くには、経営などの知識も必要なケースがあるのです。

プロジェクトマネージャー試験

IPA(情報処理推進機構)が実施する情報処理技術者試験のひとつです。ITコンサルタントの上級職である「マネージャー」になるためのステップともいえますので、将来を考えると、確実に取得しておきたい資格のひとつでしょう。

ITコンサルタントのキャリアパス

ITコンサルタントは、ITエンジニア系キャリアの上位に位置している部分もあるため、キャリアパスとしては上級のマネージャー職にキャリアアップする場合が多いようです。
例えばプロジェクトマネジメント、ビジネスマネジメント、サブジェクトマターエキスパートといった、専門職に特化したパートナークラスへのキャリアパスが考えられます。また、キャリアアップとは少し異なりますが、独立起業する方もいるようです。

ITコンサル
タント

プロジェクトマネジメント

ビジネスマネジメント

サブジェクトマスター
エキスパート

ITコンサルタントになるには?

基本的にITコンサルタントは、SEやプログラマーを経験し、ITのスキルを身に付けた人が、キャリアアップとして目指すことが多いようです。中にはそういった経験がなくITコンサルタントを目指す人もいるようですが、SEやプログラマーの経験がITコンサルタントに就く上で大きな武器となるのには違いありません。

ただし、前述したとおり、ITコンサルタントには技術面での経験だけではなく、経営面での的確な判断やコミュニケーション能力など、幅広い能力が必要です。さらに、コンサルティングを行うためには、クライアントの業界に精通している必要があるため、さまざまな業界について、普段からアンテナを伸ばしておく必要があります。

増えているポテンシャル採用

ITコンサルタントの採用に関しては、これまでは経験者採用がメインでしたが、近年の中途採用市場の活発化に伴い、未経験者のポテンシャル採用も徐々に増えているようです。
ITコンサルタントのポテンシャル採用に受かるためには、まずは現職の経験をどのようにITコンサルタントの職に活かすことができるのかをアピールしなくてはなりません。さらに、ここで後押しとなるのが資格です。「ITコーディネータ」や「中小企業診断士」「プロジェクトマネージャー試験」などの資格を保持していれば、自分がITコンサルタントに適しているという大きな説得力になるでしょう。

夢のある仕事、ITコンサルタント

ITコンサルタントはクライアントの経営に影響する責任の大きな仕事であるため、ITコンサルタントになるためにはIT全般の知識やSEの経験だけでなく、経営に関する理解力、コミュニケーション能力など幅広いスキルが必要となることがおわかりいただけたと思います。しかもそれだけに、ITコンサルタントとして成功すれば、年収が1,000万円を超える可能性もあるという夢のある仕事です。ITコンサルタントはSEからさらなるキャリアアップを望む人には挑戦に値する魅力的な仕事だといえるでしょう。

IT・エンジニアの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。