製品開発/研究開発|求人転職エージェント

IT・エンジニアの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ITエンジニアの職種図鑑

製品開発/研究開発

製品開発/研究開発とは?

製品開発者と研究開発者は、IT製品の開発と新技術の開発に関わる仕事です。その業務内容は幅広く、ハードウェアとソフトウェア双方の開発にも関わります。ちなみに、製品開発と研究開発はひとくくりにされることも多いのですが、ユーザーが使う最終的な製品づくりを担うのが製品開発で、その前段階である技術開発を行うのが研究開発である、というとらえ方ができるでしょう。
「こんなアイテムがあればいいのに」「こんなことができればなぁ」と誰もが思うようなことや、誰も考え付かないような新しい技術や製品を開発する…。ハードとソフトの両面にわたって新しいものを生み出す製品開発/研究開発は、新たな時代を切り開いていく最前線で活躍する職種であり、最もクリエイティブな分野です。また、多くの人々に使われる製品を自分の手で作り上げることは、大きなやりがいとなるでしょう。
その一方で、作り上げたプロダクトが世の中に受け入れられるかどうかは、保証の限りではありません。それだけに、企業にとっても社運を左右するほどの重要なポジションであるといえます。

製品開発/研究開発の仕事内容

いずれも「開発」という言葉がついているため、これらの職種はひとくくりにされることが多いようです。しかし、その仕事の内容には、明確な線引きがあります。それを踏まえて、それぞれの仕事内容を紹介しましょう。

製品開発の仕事内容

IT業界で製品開発といえば、既存の技術を用いて新たなツールやアプリケーションを開発することが仕事の中心となります。いくつものテクノロジーを組み合わせ、クライアントや市場が求めている機能を持つ、使いやすい製品を開発していくのが仕事です。
また、作り上げた製品をさらにブラッシュアップしたり、OSのバージョンアップに対応したり、海外市場向けにカスタマイズするといった改良・改善も行います。

研究開発の仕事内容

製品開発が製品その物を作り上げるのに対して、研究開発は製品に使用する技術の開発が中心です。大学や研究機関で行われている基礎研究のようなものですが、企業での研究開発はその先の実用性や収益性を厳しく見定めた上で進められますので、「やりたい研究ができる」とは限りません。
現在の研究開発では、スマホやタブレットなどで利用される高速通信技術、自動車の自動走行技術、人工知能とその関連技術などが注目されています。

さらに細分化される、開発のポジション

製品開発/研究開発は、内部的にさらにいくつかのポジションに分けられます。企業によって名称は異なりますが、それぞれのポジションによって役割が違います。自分が何をやりたいか、どうなりたいかを意識して、志望先を選ぶようにしましょう。

  1. 要素技術研究/製品研究開発

    「要素」とは、その製品を構成するあらゆる要素を指しますが、一般には「その製品を成り立たせている根幹となる技術」を指します。その技術の研究開発を行うのが、これらのポジションです。製品全体の性能を高めたり、コストダウンを図ったりするための大きな力となります。
    ゼロからものを作り出すクリエイティビティ以上に、「もっと洗練されたものにするには、どうすればいいか」を常に考え続ける、粘り強さが重要になるポジションです。

  2. プロダクトマネージャー

    開発作業全体を統括するのがプロダクトマネージャーの仕事です。基本的に自分が手を動かすということはなく、SEが兼任する場合が多いようです。
    プロダクトマネージャーは開発作業全体を俯瞰して、スケジュールに無理がないか、作業に滞りが起こらないかをチェックしつつ、プロジェクトを進めていきます。また、仕様を決定する際には、不要な機能をそぎ落として開発期間の短縮を図ったり、当初のコンセプトからぶれることのないよう、方向性を明確にしたりすることなども大切な仕事です。
    開発作業全般に通じており、各工程間・スタッフ間での調整をとるバランス感覚なども求められるポジションといえるでしょう。

  3. 製品開発システムエンジニア

    ソフトウェアの企画から開発、さらに改良改善などを手掛けるポジションです。手掛ける案件の規模はまちまちですが、多くは何もないゼロの状態から開発に関わることになります。開発後のテストやクライアントへの導入支援までをカバーする場合には、先方の事情や環境に合わせた柔軟さも必要かもしれません。
    誰かの指示を受けて動くのではなく、自ら発想し、チームとして作り上げていくスタイルですので、クリエイティブ指向の強い人にとっては魅力的なポジションです。

製品開発/研究開発に必要なスキル

企業は営利団体ですので、すぐにお金にはならない研究開発に時間と予算は出してくれないことが多いです。中には「現場に任せる」という企業もありますが、だからといってやりたいことを好きなだけやっていい、ということにはなりません。
新たなアイディアや深く追究したいテーマがある場合、それがどのような形で応用でき、どれほどの市場が見込めるのかといった、経営的な視点が必要です。これらを上手に伝えることができなければ、ゴーサインを勝ち取ることは難しいでしょう。

また、研究開発ではコストとともに時間軸も重要です。「こんな技術を開発します」といっても、そこにどの程度の時間が必要なのか、ある程度の目処がなければ上層部や経営側も判断に困るでしょう。開発の進捗状況を測るにしても、おおよそのスケジュール設定は不可欠です。そうした意味では、工程全体の進捗を常に把握しておき、開発スピードを速める工夫もしなくてはなりません。
その一方で、5年、10年という長い時間をかけて生み出され、製品化されていく技術もあります。自分の研究対象がどれほど大きな価値を生むかについての確信が得られたら、簡単にはあきらめない粘り強さは必要でしょう。

なお、新商品や新技術の開発では、その過程で思わぬアクシデントが起こったり、予想以上に作業が難航したりということも少なくありません。考えられるリスクを想定しつつ、起きたトラブルに適宜対処し、進行管理を行う能力も欠かせません。

製品開発/研究開発の年収

製品開発/研究開発は高度な技術と知識が求められる職種で、独創的な発想やそれを形にしていくクリエイティビティも不可欠です。そうしたこともあって、IT業界のエンジニアの中では年収水準が高めです。
平均的な数値としては20代で450万〜500万円、30代で530万〜600万円前後ですが、これはあくまでも平均値。本人の経験やスキルがそのまま収入に反映されやすい職種ですから、自分を磨いていけば、年収1,000万円を超えることは十分に可能です。会社の規模による差はあるものの、収入の面でもやりがいのある職種です。

製品開発/研究開発におすすめの資格

開発職には特に必要な資格はありません。ですが、関連する資格として「基本情報技術者試験(FE)」や「応用情報技術者試験(AP)」があります。いずれも国家資格であり、毎年春と秋に試験が行われています。近年の合格率はいずれも約20%と決して高いとはいえませんが、自分の能力を測る機会として受験してみるのもいいでしょう。企業によっては資格手当を設定しているところもありますから、持っておいて損のない資格です。

情報技術の分野は、政府主導で人材育成が図られています。そのため、関連する資格試験がいくつも行われており、合格すると国家資格が得られることがポイントです。将来、どのようなエンジニアを目指すのか、そのために必要なスキルは何かを考えるとともに、これらの資格取得も検討してみましょう。
また、企業によっては、「第二種電気工事士」や「危険物取扱者」の資格が優遇されるケースもあります。

製品開発/研究開発のキャリアパス

製品開発/研究開発は、概して高給で待遇も良く、人気の職種です。そのため、さまざまな部署で経験を積んだエンジニアが、最終ゴールとして目指すポジションでもあります。もちろん、経験を活かすことで、さらなる転身を図ることも可能です。

製品開発/
研究開発

アプリケーション
エンジニア

サーバーエンジニア

ネットワークエンジニア

ITコンサルタント

特定領域に特化するために転身する

例えば、アプリ開発に特化した「アプリケーションエンジニア」、サーバーの構築と運用を専門とする「サーバーエンジニア」、ネットワーク全体の構築と管理を担当する「ネットワークエンジニア」は、いずれも製品開発/研究開発の経験を存分に活かせる職種です。
ただし、年収については見劣りしてしまうケースもあるでしょうから、十分な検討が必要でしょう。

ITコンサルに転身する

これまでに培ってきたスキルを活かし、コンサルティング業務を手掛けるという選択肢もあります。経営的な視点が必要ですが、クライアントが抱える問題や課題を、自分が持つITスキルによって解決していく醍醐味は、この職種ならではのものでしょう。

このように、エンジニアにとってひとつのゴールとも考えられる製品開発/研究開発にも、その後のキャリアパスは用意されています。「自分はどこを目指すのか、どうありたいのか」をしっかり見極めて、行く道を選んでください。

IT・エンジニアの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。