アプリケーションエンジニア|転職・求人はマイナビエージェント

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニア
の求人特集

アプリケーションエンジニアの仕事とは、あらゆるデバイス上で動作するアプリケーションを開発する仕事です。Webシステムやパッケージ製品をひとりで構築できるほどの高い専門知識が求められます。
まずフロントエンドやバックエンドのプログラマーとして一定の知識を積んでからアプリケーションエンジニアになるというキャリアパスが一般的です。アプリケーションエンジニアとして経験を積んだ後のキャリアパスとしては、コンサルタントやプロジェクトマネージャーが多く見られます。専門性を突き詰めてそのままアプリケーション開発の専門家となる人もいます。
アプリケーションエンジニアの年収について、ITスキル研究フォーラムが2016年10月に発表した「IT技術者向けスキル診断2016年度 調査レポート」によると、アプリケーションエンジニアの平均年収は451万円です。参考までに、キャリアパスの先にあるプロジェクトマネージャーは607万円、コンサルタントは673万円となっています。

アプリケーションエンジニアのポイント!

特定の業務アプリや汎用的なパッケージ製品を開発
Webブラウザ上で動くWebアプリケーション、スマホアプリ、Windows上で動かすアプリケーションなどを開発します。特定の顧客が抱える業務課題を解決するシステムを開発する場合もあれば、汎用的なパッケージ製品を開発する場合もあります。

画面設計からデータベース設計まで幅広い知識が必要
パソコンやスマホ、タブレット側の画面を構築するフロントエンド側からバックエンド側のサーバーサイドプログラミング、データベース設計に至るまで幅広い知識が必要です。

どんなメリットがあるの?
メリット

ひとりでシステムを構築する力がつく
フロントエンドとバックエンドをすべて経験していくと、アプリケーション全体の理解が進み、ひとりでシステムを構築する力がつく点は大きなメリットです。

システムが完成した時の達成感
開発しているシステムが完成して実際に動く瞬間の達成感は何物にも代えがたいものがあります。

コミュニケーションスキルが身につく
大規模プロジェクトになることも多く、その場合は自然とコミュニケーションスキルが身につくことが出来る環境に身をおけるというメリットも。

メリット
働く上での心構えとは?
働く上での心構え

新しい技術のフォローアップ
アプリケーションエンジニアは、常に新しい知識を受け入れて使いこなしていく必要があります。特にフロントエンド技術に関しては、新しい技術のフォローアップは不可欠です。これまでの経験と新しい技術をうまく融合することで、アプリケーションエンジニアとしての価値が高まります。

技術を人に分かるよう説明する努力も必要
何のためにこういう技術を使っているのかを分かりやすい言葉で説明することにより、クライアントや他チームとのやり取りに齟齬がなくなり、信頼できるエンジニアとして認められます。必要な言語・設計技術とその技術をクライアントや他チームに説明するプレゼン能力を磨きましょう。

自分なりのストレス解消法を持とう
集中力が必要とされる仕事です。オンとオフを切り替え、自分なりのストレス解消法を持ちましょう。

働く上での心構え

条件に合う公開求人数 1,204

+ 非公開求人3,836件

マイナビがご提供する
転職支援サービス

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界を知り尽くした専任制。業界専任のキャリアアドバイザーが、マイナビの圧倒的なネットワークを活かし、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、オーダーメイドであなたの転職をサポート。求人票だけでは分からない、社風・職場環境・同僚の人柄などの企業情報、キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策まで、転職の不安や疑問をしっかり解決し、あなたのご経験と、5年後・10年後のキャリアプランを考慮した転職支援サービスをご提供いたします。

あなたにおすすめの求人

SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)関連の求人一覧

SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)関連のこだわり求人特集

あなたにおすすめコンテンツ