第二新卒枠とは|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒枠とは

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

求人広告では、対象者を「新卒」「既卒」「第二新卒」と表記しているのを目にします。これらはそれぞれ、どのような意味なのでしょうか。そして、企業が第二新卒枠をわざわざ設ける理由と、求職者が第二新卒枠を活用し、有利に転職活動を進める方法についてもご説明します。

新卒、既卒、第二新卒の違い

新卒、既卒、第二新卒という言葉には、実は明確な定義は存在せず、採用する企業側や情報サイトが独自に設定しているものです。多くはこれからご説明するような定義づけがされていますが、応募にあたっては、対象範囲を個別に確認しておきましょう。

  • 新卒

    新卒とは、入社する年に学校を卒業・卒業見込みの人に限定した呼び方です。多くの場合、卒業後、すぐに就職する場合を指します。企業側は就業経験がないことを前提にしているため、学生にとっては最も開かれた就職の方法です。かつては、卒業してからすぐに就職しないと「既卒」扱いになってしまいましたが、大手を中心に卒業後3年間を「新卒」とする企業も増えています。中には年齢を基準に、学校を卒業し、かつ30歳以下の未就業者を対象にしている企業もあります。

  • 既卒

    既卒とは、学校を卒業後、新卒枠以外で、就業経験がないまま就職を目指す人を指します。卒業後に何もしていないとみなされれば、企業からの印象は良くありません。新卒で就職しなかった理由や、卒業後の活動をきちんと説明できるように準備しておくことが大切です。

  • 第二新卒

    就業経験がない既卒と異なり、第二新卒は、一度は就職したものの離職、数年のうちに転職や再就職を目指す場合を指します。一般的には、卒業後3年程度、おおむね25歳までを「第二新卒」として、一般の転職者とは分けて募集する企業が増えています。
    厚生労働省が発表している離職率統計によれば、大学卒業者のうち約3割が、新卒で就職後3年以内に辞めてしまう状況が続いています。その背景には、現状の労働環境や仕事内容への不満もありますが、それだけではありません。第二新卒枠という、一定期間だけ一般の転職者ほどの経験がなくても応募できる限られたカードをうまく活用し、新卒で希望しながら就職できなかった企業に、再チャレンジを目指すケースが増えているからです。

企業はなぜ第二新卒枠を設けるの?

企業にとっては即戦力になる転職者に来てもらいたいところでしょうが、わざわざ、第二新卒枠を設けてまで若い人を募集する理由は何なのでしょうか。
実は、企業側は第二新卒者に多くの期待やメリットを感じているからこそ、積極的に採用活動を実施しているのです。

意欲の高い人材を集められる

せっかく新卒で就職したのに、現状に満足することなく、果敢に状況を変えようとする行動力は魅力的です。若い上に、まだ特定の企業の文化に染まりきっていないので、柔軟性もあり、新しいことを積極的に吸収してくれそうな期待感が企業側にあります。

トレーニングコストを抑えられる

社会人としてのマナーや常識など、基本的な新人教育は前職で受けており、社会人として仕事に向かう下地ができています。一からトレーニングをする必要がないため、企業にとって、その分の時間やコストが抑えられます。

年齢の偏りをなくせる

このところの売り手市場で、新卒者を十分に確保できていない企業もあります。加えて、第二新卒の対象になる年齢層が抜けているところもあります。企業としては、将来を担う若者を確保しておく必要がありますし、特定の年齢層に偏りがあるのは、会社の運営上、望ましい状況ではありません。

第二新卒枠での戦い方

では、第二新卒枠で有利に転職活動を進めるには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。
まず、気を付けておきたいのは、採用する企業側が第二新卒をどのように考えているのか把握することです。新卒の人が持っている「今後の伸びしろ」などを期待している企業に対して、前職でのスキルや即戦力としてのアピールが強すぎると、企業側にミスマッチと思わせるリスクがあります。その逆も同様です。自分の理想を明確にして、新卒に近い魅力と中途採用に近い魅力、どちらに照準を合わせるかを決めましょう。

いずれにせよ、新卒者と同じ戦い方では、企業が期待する第二新卒としての魅力が失われてしまいます。提出書類や面接での態度など、社会人経験を経た上での基本的なビジネスマナーや仕事に向かう姿勢など、研修ではすぐには身に付かないような能力で、新卒者との違いを出せるようにしたいものです。
どういう仕事をしてきて、どういうスキルがあるのかも説明できるようにしておきましょう。

採用担当者としては、第二新卒のメリットだけでなく、デメリットについても気にしています。一度は早期に会社を辞めている、もしくは転職する意向があるというのも事実ですから、またすぐに退職してしまうのでは、という懸念は拭えません。そのため、面接では前職の退職理由や転職の動機を詳しく聞くことで、ミスマッチが起きないかを確認します。
前職での自分の考えと実際の仕事内容のギャップ、それにどう向き合ってきたのかを明確に示しつつ、新しい会社で何を成し遂げたいのか、どのようなキャリアを思い描いているのかをアピールして、企業側の不安を払拭することが大切です。

「第二新卒とは」TOPにもどる

 関連ページ

第二新卒枠は、新卒枠や既卒枠と何が違うの?のページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。