第二新卒の面接ノウハウ|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒の面接ノウハウ

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

通常の新卒採用や、中途採用とは異なる「第二新卒」。第二新卒で転職を考えている方は、採用面接でどの様な質問をされるか、どの様なことに気を付ければ良いのか、気になりますよね。今回は、第二新卒の面接時に気を付けるポイントや注意点など、ノウハウをご紹介いたします。

第二新卒の採用面接で、面接官は何をみている?

第二新卒者とは、多くの企業では「社会人経験があり、ビジネスマナーを身に着けた新人」と捉えているようです。そのため、「仕事のスキルや、前職で行った実績」よりも、「仕事に対する姿勢やポテンシャルなど」を重要視しています。また、新卒の面接官は多くの場合人事部が行いますが、第二新卒の面接官は採用したい部門の部門長や、現場の責任者も行います。採用後に近い環境で働く人が面接感であるため、「一緒に働きたい相手なのかどうか」が新卒採用以上に重要視される傾向があります

しかし一方で、企業は第二新卒者に対して「採用してもまた辞めてしまうのではないか?」という懸念を抱いています。そのため、面接ではやる気や勢い、若々しさだけではなく、社会人としてのマナーや面接時間外の行動なども、チェックされていることを忘れずに。面接では社会人としての常識をわきまえた上で、自分らしさを伝えるようにしましょう。

第二新卒の面接時に気を付けるべきポイント

第二新卒の採用面接では「ビジネスマンとして、コミュニケーションを取りやすい人間であること」を伝える必要があります。面接官の質問に対して、質問者が「理解しやすいように回答すること」、つまり「具体的に回答すること」が面接で気を付けるべきポイントになります。

また、第二新卒者は、新卒時の面接と異なり面接時に良く聞かれる質問として「前職の退職理由」を聞かれます。この際押さえておくべきポイントとしては、面接官は「退職の理由を端的に聞きたいのではない」ということです。面接官は、「前職でどのようなことが起き、何を感じ、また考えたから退職したのか」という「あなたの考え方や人間性」を知りたいのです。そのため、退職理由の質問に対してネガティブなことばかり並べるのはNG。自分が経験したことや体験したこと、考えたことをポジティブに伝えるよう心がけましょう。

第二新卒の面接では、「今までどのような経験をして、自分がどのように考えて行動してきたのか」を伝えることが重要です。そのため、一見美しく聞こえる模範的な解答や、抽象的な答えは好まれません。第二新卒の面接ではきちんと「自分の言葉」で、何を考え、これからどうしていきたいのかを明確に伝えることが第一。面接前に必ず「なぜ転職を考え、転職先で何を実現していきたいのか」自分の思考を言語化しておきましょう

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒」TOPにもどる

 関連ページ

第二新卒の面接ノウハウページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。