女性に人気の職業とは?ジャンル別に人気職業をご紹介!|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

女性に人気の
職業とは?
ジャンル別に
人気職業をご紹介!

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

女性の転職の理由は、「自分に合った職種を見つけるため」「長く働ける仕事に就くため」「キャリアアップのため」など様々です。

キャリア志向が強い方もいれば、子育てや家庭を重視した働き方を望む方もおり、仕事への取り組み方も人それぞれです。

そんな時代の転職活動の道しるべとして、20~40代の女性に人気の職種を、系統別に分けてご紹介します。

1. 女性に人気がある4つの仕事・働き方とは?

女性の転職 人気 職業

最近では、キャリアアップを目指す方、家庭と仕事を両立しながら働く方など、女性の働き方が大きく変わってきています。

このように女性の仕事への取り組み方が多様化する中、皆さんはどのような仕事や働き方を望んでいるのでしょうか。

ここでは、女性に人気の仕事・働き方を4つのタイプに分けて見ていきましょう。

働き方その1. スキルを身につけられる仕事

女性の社会進出が進み、女性ならではの能力を発揮することが期待されています。

こうしたことから、スキルを身につけられる仕事は、転職を考える女性の方たちにとって、仕事選びの基準として位置づけが高くなってきているようです。

スキルを身につけられる仕事に就けば、努力次第でスキルアップを図ることができ、長く働くことができることから人気があります。

スキルを身につけたら資格を取得するのもいいでしょう。仕事に活かせるのはもちろん、さらなるステップアップにも大いに役立ちます。

以下のページでは、転職に有利に働く資格を業種別にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

>転職に資格は必要?有利に働く資格、業種別にまとめました。

働き方その2. プライベートと両立できる仕事

最近、「ワークライフバランス」という考え方が広く認識されるようになってきました。これは、「生活が充実すれば仕事がうまくいき、仕事がうまくいけば私生活が潤う」というものです。

そんな中、働く女性の間でも「やりがいのある仕事をしたいけれど、充実した私生活も送りたい!」という方が増えています。

女性にとって、結婚、出産、育児などのライフイベントと仕事を両立できるかどうかは、働き方を考える上で重要なポイントの一つです。

こうした状況を背景に、ワークライフバランスを実現できる事務職系の仕事への人気が高まっています。

働き方その3. 女性ならではのセンスが活かしやすい仕事

女性も男性と同じように社会進出して活躍できるようになった現在、女性的なセンスが求められる仕事も多くなってきました。

仕事への充実感ややりがいを求めている方は、ライフイベントに関する仕事や日常生活に関連した仕事など、女性ならではのセンスが活かしやすい仕事を転職先として選ぶケースも多いようです。

働き方その4. 給与面や福利厚生など、待遇面が充実している仕事

働く女性たちの中には、給与格差、結婚・出産に伴う職場復帰および育児と仕事の両立の難しさなど、働きにくさを感じている方も少なくないようです。

そのため、安定した生活を送り、安心して仕事ができるよう、給与や社会保険、育児休暇制度、仕事のモチベーションアップにもつながる福利厚生などが充実している仕事が人気となっています。

2. オフィス系の人気職業6選

女性の転職 人気 職業

デスクワークがメインになるような仕事は就いている人の数が多く、職種も様々なため、選択の幅が広くなっています。中でも、特に人気が高いものをピックアップしてみました。

2.1. 花形職種の「マーケティング/企画」

マーケティングや企画職は、消費者のニーズを調査した上で、どんな商品を、いつ、どんな価格で、どう売り出せば良いのかを考える仕事です。

新製品の開発にも携わることができ、結果がダイレクトに返ってくるだけにやりがいも大きい、会社全体の中でも花形の部署といえるでしょう。

多くの家庭では、個人向け消費の決定権を女性が握っており、マーケティングも女性の好みやコミュニケーション方法に対応した戦略が重要となるため、女性が活躍しやすい職種の一つといえるのです。

ドラマなどの印象から「キャリアとおしゃれを兼ね備えたできる女」のイメージが強い職種でもあります。

2.2. 特にキャリア志向の女性に人気が高い「コンサルタント」

コンサルタントは、企業の経営上の課題を見つけ、解決のためのアドバイスをする仕事で、「経営コンサルタント」や「人事コンサルタント」などがあります。

コンサルタントは実力主義の世界で、特に外資系の大手コンサルティングファームでは男女平等が浸透しているため、キャリア志向の女性に人気があります。

未経験者の求人は少なく、営業職などの社会人経験が10年程度ある人は採用されやすくなる傾向があり、最短でも2年程度は必要という声も。

経験を積んだ後、コンサルタントとして独り立ちをしたり、自分の会社を興したりする方もいます。

2.3. 家庭との両立が図りやすい「事務職」

事務職は、企業内部における書類作成や管理、受付、電話対応などを担う仕事です。

その業務範囲は会社の規模や組織によってばらつきがあり、中小企業では社長秘書や経理、人事、営業事務などの仕事を兼任する場合もあります。

残業や出張が少なく、ワークライフバランスをとりやすいこと、安定して働けることなどから家庭との両立を望む女性から高い人気を誇る一方で、年収は平均300万円前後が多くなっており、キャリア志向の女性からは敬遠される傾向があります。

2.4. 安定感の高い「経理」

経理は、簡単にいえば「会社のお金の流れを記録する」仕事です。日々の入出金の管理に始まり、取引先の与信管理、財務諸表の作成、税理士との折衝、月次・年次の決算業務と、その内容は多岐にわたります。

基本的な部分は同じ作業の繰り返しで、身に付けたスキルを活かして長く働けることが多いため、ワークライフバランスを重視したい女性や家庭との両立を図りたい女性に人気があるようです。

キャリアを積んで会計士や税理士などの資格に挑戦する道や、会社の経営に深く関わり資産計画の立案などを行う財務会計へとステップアップする道もあります。

2.5. 時代を問わず人気がある「広報」

広報は、自社の商品や活動を広く世の中に知らせ、自社のブランド価値を高めるのが仕事です。

その業務は、メディア対応や取材対応、プレスリリースの発行、SNSを使った情報発信と幅広く、まさしく「会社の顔」といえる職種のため、時代を問わず高い人気があります。

男女とも、勉強熱心で知識を吸収するのに積極的な人、精神的・体力的にタフな人が好まれる傾向があります。

2.6. 福利厚生が充実している「公務員職」

公務員には、市町村役場の職員のほか、教員や警察官、自衛官など、さまざまな職種があります。景気に左右されることがなく、倒産やリストラの心配もないため、非常に安定した職業です。

中でも女性にとって大きなメリットなのが、福利厚生が充実している点です。公務員は法律上3年間、育児休暇を取得することができます。さらに、年次休暇、病気休暇、特別休暇、介護休暇など有給休暇の種類も豊富です。

こうしたことが、公務員が女性人気の高い理由であると考えられます。

3. サービス系の人気職業ベスト3

女性の転職 人気 職業

サービス系の職業は、コミュニケーション能力が高く、人と接するのが好きな方に人気が高い仕事です。

ここでご紹介する3つの職業は、女性が自らの能力やセンスを活かして第一線で活躍でき、やりがいが感じられる職業として、高い人気があります。

3.1. 華やかな「客室乗務員(CA)」

華やかで女性らしさをアピールできる仕事として、長く女性に人気の職業であり続けているのが「客室乗務員(CA)」です。世界を飛び回り、颯爽と仕事をこなすCAの姿に憧れる方は多いのではないでしょうか。

ただし、華やかさの一方で、国内外の数多くのお客様に満足していただけるサービスと安全・安心を提供する職業なので、気配りに優れている方や英語力を活かしたいという方に向いている職業だといえます。

3.2. 細やかな気配りが求められる「看護師」

医療・福祉系の職業の中でも、特に人気が高いのが「看護師」です。細やかな気配りが求められる看護師の仕事は、やりがいがあり、需要も高い職業ですから、資格を持っていれば、非常に有利です。

また、結婚・出産後も働く女性が増えていく中、転職しやすく、再就職しやすい看護師は、長く働くことができる職種として、さらに注目が高まる仕事だといえそうです。

3.3. 美意識と技術力が必要な「エステティシャン/セラピスト」

近年、いつまでも若く美しくありたいと願う女性が増える中、人気と注目が高まっている職業が、「エステティシャン」や「セラピスト」です。

いずれも、国家資格が設けられていないため、美意識や技術力、知識があれば誰でも就くことができるのが魅力です。

エステティシャンとセラピストは施術の内容が近いですが、細かな違いとしてはエステティシャンが見た目の美しさを追求するのに対し、セラピストはリラクゼーション効果のある施術を行うなど、内面から心身の調子を整えるお手伝いといえるでしょう。

4. 女性的なセンスが光る4つのコーディネーター系の職業

女性の転職 人気 職業

コーディネーターは、さまざまな要素を調整しながら全体の統一性を考え、一つにまとめあげる職業です。衣・食・住など暮らしに関わることから、女性的なセンスが求められる職業でもあります。

ここでピックアップした4つのコーディネーター系の職業は、いずれも女性的なセンスを活かして活躍できることから注目と人気が高まっています。

4.1. 好きなことを仕事にできるのが魅力の「空間デザイン系コーディネーター」

「フラワーコーディネーター」や「インテリアコーディネーター」など、空間をデザインする仕事がコーディネーターです。

何よりの魅力は好きなことを仕事にできることで、趣味から始め、スキルアップして仕事につながったという人も多いのが特徴です。

デザインを手掛ける企業に就職して、能力を身に付けると同時に人脈を広げることもできますが、個人で活躍している師のもとで技術を学び、それから独立する方法もあります。

また、他の仕事をしながら教室やワークショップに通い、ある程度の知識とスキルを持った状態で専門職に転じるなど、ゴールに至るルートが豊富なことも特徴です。

4.2. 女性の感性が生きる「ブライダルコーディネーター/ウェディングプランナー」

サービス系の職種の中でも、ブライダルコーディネーターやウエディングプランナーは、女性の感性が活かせると人気の職業です。

人生の晴れ舞台を演出するという責任ある仕事で、その分やり遂げ感謝されたときには、他にはないやりがいを感じることができます。

ただ、見た目は華やかですが、実際は数ヵ月間、新郎新婦と打ち合わせを重ね、綿密なプランニングで結婚式をプロデュースする仕事なので、繊細さや根気、高いコミュニケーション能力が必須です。

経験を積めば、フリーランスのプランナーとして独立する道もあります。

4.3. 植物への知識とセンスが必要な「フラワーコーディネーター」

生活空間を花や植物で飾るのが好きだったり、人に花束やブーケを贈るのが好きという女性は、そのセンスを活かして「フラワーコーディネーター」を目指すのもおすすめです。

「フラワーコーディネーター」は、フラワーショップで花束を作ったり、結婚式やパーティー、商業施設、イベント会場などで花をアレンジして空間イメージを演出したりする仕事です。

この仕事には、お客様の希望にピッタリの商品を提案するためのコミュニケーション能力に加え、植物に関する知識や予算管理にも長けている必要があります。

さらに、その場の雰囲気に応じたコーディネート、ディスプレイができるセンスも大切です。

この仕事に就くために、特に資格は必要ありません。現在活躍しているフラワーコーディネーターには、フラワー装飾技能士やフラワーデザイナーといった民間資格を取得している方も多いようです。

4.4. 企画力や開発力などが求められる「フードコーディネーター」

食に関する興味が高く、おいしいものを食べるのが好きだったり、自分でオリジナルのメニューやレシピを考えるのが好きという方におすすめなのが「フードコーディネーター」です。

フードコーディネーターの主な業務内容には、下記のようなものがあります。

  • 食品開発メーカーの商品企画
  • 飲食店・給食サービス会社のメニュー開発
  • 小売業のPB商品開発
  • 弁当企画
  • 食の演出食品
  • 飲食店などの空間コーディネート
  • 食にまつわるイベント運営
  • 食品の陳列手法の提案
  • 食育プログラムの企画

食のスペシャリストとして幅広い知識が求められるほか、企画力や開発力が欠かせません。さらに、多くの人たちと関わりながら食に関してマネジメントをする仕事なので、協調性やリーダーシップも必要です。

仕事の領域は幅広く、テレビや雑誌などのメディア、アドバイザー業務、料理教室の主催など、得意分野や強みを活かしてさまざまな場で活躍することできます。

5. 今後、女性の需要が高まりそうな職種は?

女性の転職 人気 職業

今後、社会のIT化がさらに進んだり、高齢化がますます顕著になるなど、時代の変化に応じてニーズが高まる職種があります。

そのうち、特に女性の需要がありそうな職種を2つご紹介しましょう。

5.1. 効率性・正確性が重要な「ITエンジニア」

IT業界は今なお男性が多い職場ですが、IT技術者のニーズが増していること、一般的な事務職などに比べて高い給与が望めること、技術が身に付くことなどから、プログラマーやSE(システムエンジニア)、WebデザイナーなどのIT系職種は、近年女性が就く職業として人気が上昇しています。

システム開発やプログラミングには、効率性や正確性が求められます。また、ITエンジニアには、顧客のニーズに応えていくためのコミュニケーション能力も欠かせない資質の一つです。

IT業界の人材が不足する中、きめ細かさやコミュニケーション能力に長けた女性エンジニアは、今後ますます求められるものと考えられます。高い技術力があれば管理職になることはもちろん、大手IT企業への転職も望めます。

5.2. 小さな変化に気付ける人におすすめの「介護職」

わが国は、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者となる2025年、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超高齢社会を迎えると予想されています。そこで、将来的に需要が高まると予想されているのが「介護職」です。

介護職は、老人ホームや介護施設などで、利用者の入浴や排せつ、食事の介助など、身の周りの世話をするのが仕事です。

そのため、介護職には、利用者がその人らしく生き生きと生活ができるように、不快を感じていないか、体調やちょっとした様子の変化に気付けるかといった細やかな気配りが求められます。

したがって、介護の現場では、こうした気配りに長けた方の需要が高まってゆくと考えられます。

6. 進みたい方向を決め、実現可能なプランにまとめることが第一歩

女性の転職 人気 職業

一口に「女性に人気の職業」といっても、目指すキャリアプランやライフスタイルによって、おすすめの職業は変わります。

ご家族との過ごし方や独立志向の有無など、まずはご自身の進みたい方向をきちんと定め、ご家族や周囲の方などとも相談をして、これからの仕事(職種)を考えてみてください。

もちろん、仕事選びのスペシャリストである転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談をするのもひとつの方法です。

困ったことや迷いがあるときは、マイナビエージェントの転職支援サービスにお申し込みください。

女性で転職をお考えの方へ。
まずは、転職の基礎知識を身に着けて、不安のない転職活動を行いましょう。

 人気のコンテンツ

 その他のお役立ちコンテンツ

女性向け人気の職業に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。