女性に人気の職業|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

女性に人気の職業

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

女性の転職の理由は、「自分に合った職種を見つけるため」「長く働ける仕事に就くため」「キャリアアップのため」など様々です。キャリア志向が強い人もいれば、子育てや家庭を重視した働き方を望む人もいるなど、仕事への取り組み方も人それぞれです。
そんな時代の転職活動の道しるべとして、20~40代の女性に人気の職種を、系統別に分けて紹介します。

オフィス系の人気職業

いわゆるデスクワークを行う仕事は、就いている人も多く、職種も様々で選択の幅が広くなっています。中でも、特に人気が高いものをピックアップしてみました。

花形職種の「マーケティング/企画」

マーケティング/企画は、消費者のニーズを調査した上で、どんな商品を、いつ、どんな価格で、どう売り出せば良いのかを考える仕事です。新製品の開発にも携わることができ、結果がダイレクトに返ってくるだけにやりがいも大きい、会社全体の中でも花形の部署といえるでしょう。
多くの家庭では、個人向け消費の決定権を女性が握っており、マーケティングも女性の好みやコミュニケーション方法に対応した戦略が重要となるため、女性が活躍しやすい職種のひとつです。ドラマなどの印象から「キャリアとおしゃれを兼ね備えたできる女」のイメージが強い職種でもあります。

特にキャリア志向の女性に人気が高い「コンサルタント」

コンサルタントは、企業の経営上の課題を見つけ、解決のためのアドバイスをする仕事で、「経営コンサルタント」や「人事コンサルタント」などがあります。コンサルタントは実力主義の世界で、特に外資系の大手コンサルティングファームでは男女平等が浸透しているため、キャリア志向の女性に人気があります。
未経験者の求人は少なく、営業職などの社会人経験が10年程度ある人は、採用されやすくなる傾向があります。最短でも2年は必要でしょう。経験を積んだ後、コンサルタントとして独り立ちをしたり、自分の会社を興したりする人もいます。

家庭との両立が図りやすい「事務職」

事務職は、企業内部における書類作成や管理、受付、電話対応などを担う仕事です。その業務範囲は会社の規模や組織によってばらつきがあり、中小企業では社長秘書や経理、人事、営業事務などの仕事を兼任する場合もあります。
残業や出張が少なく、ワークライフバランスをとりやすいこと、安定して働けることなどから、家庭との両立を望む女性から高い人気を誇る一方、年収は平均300万円前後が多いことから、キャリア志向の女性からは敬遠される傾向があります。

安定感の高い「経理」

経理は、簡単にいえば「会社のお金の流れを記録する」仕事です。日々の入出金の管理に始まり、取引先の与信管理、財務諸表の作成、税理士との折衝、月次・年次の決算業務と、その内容は多岐にわたります。基本的な部分は同じ作業の繰り返しで、身に付けたスキルを活かして長く働けることが多いため、ワークライフバランスを重視したい女性や家庭との両立を図りたい女性に人気があるようです。
キャリアを積んで会計士や税理士などの資格に挑戦する道や、会社の経営に深く関わり資産計画の立案などを行う財務会計へとステップアップする道もあります。

時代を問わず人気がある「広報」

広報は、自社の商品や活動を広く世の中に知らせ、自社のブランド価値を高めるのが仕事です。その業務は、メディア対応や取材対応、プレスリリースの発行、SNSを使った情報発信と幅広く、まさしく「会社の顔」といえる職種のため、時代を問わず高い人気があります。男女とも、勉強熱心で知識を吸収するのに積極的な人、精神的・体力的にタフな人が好まれる傾向があります。

サービス系の人気職業

携わる人の数が多いサービス業ですが、キャリアプランが限定されている(描きにくい)こともあり、キャリア志向の方にはあまり人気がないようです。 しかし、中には女性ならではの能力を発揮し、ステップアップしていける職種もあります。

女性の感性が生きる「ブライダルコーディネーター/ウエディングプランナー」

サービス系の職種の中でも、ブライダルコーディネーターやウエディングプランナーは、女性の感性が活かせると人気の職業です。人の人生の晴れ舞台を演出し、感謝してもらえることで、他にはないやりがいを感じることができます。
ただ、見た目は華やかですが、実際は数ヵ月間、新郎新婦と打ち合わせを重ね、綿密なプランニングで結婚式をプロデュースする仕事なので、繊細さや根気、高いコミュニケーション能力が必須です。経験を積めば、フリーランスのプランナーとして独立する道もあります。

需要が高まる「ITエンジニア」

IT業界は今なお男性が多い職場ですが、IT技術者のニーズが増していること、一般的な事務職などに比べて高い給与が望めること、技術が身に付くことなどから、プログラマーやSE(システムエンジニア)、WebデザイナーなどのIT系職種は、近年女性が就く職業として人気が上昇しています。身に付けたスキルによって、できる業務の難度はまったく異なるのが特徴で、高い技術力があれば管理職になることはもちろん、大手IT企業への転職も望めます。

好きなことを仕事にできるのが魅力の「空間デザイン系コーディネーター」

「フラワーコーディネーター」や「インテリアコーディネーター」など、空間をデザインする仕事がコーディネーターです。何よりの魅力は好きなことを仕事にできることで、趣味から始め、スキルアップして仕事につながったという人も多いのが特徴です。
デザインを手掛ける企業に就職して、能力を身に付けると同時に人脈を広げることもできますが、個人で活躍している師のもとで技術を学び、それから独立する方法もあります。また、他の仕事をしながら教室やワークショップに通い、ある程度の知識とスキルを持った状態で専門職に転じるなど、ゴールに至るルートが豊富なことも特徴です。

進みたい方向を決め、実現可能なプランにまとめることが第一歩

一口に「女性に人気の職業」といっても、目指すキャリアプランやライフスタイルによって、おすすめの職業は変わります。ご家族との過ごし方や独立志向の有無など、まずはご自身の進みたい方向をきちんと定め、ご家族などとも相談をして、これからの仕事(職種)を考えてみてください。
もちろん、仕事選びのスペシャリストである転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談をするのもひとつの方法です。困ったことや迷いがあるときは、マイナビエージェントの転職支援サービスにお申し込みください。

 関連ページ

女性向け人気の職業に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。