UI・UXデザイナー|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

UIデザイナー・
UXデザイナー

UIデザイナー・UXデザイナーとは、Webサイトの制作に関わる職種のひとつであり、ユーザーにとって使い心地の良いシステム・ビジュアルをデザインするのが仕事です。例えばECサイトなら、サイト全体の構成や商品の見せ方、写真の置き方、商品検索ツールなどを考え、ユーザー目線で使いやすく、顧客満足度の高いサイトを作っていきます。

ここでは、UIデザイナー・UXデザイナーの仕事内容や年収、キャリアパス、転職するときに役立つスキルや資格などについてご紹介します。

UIデザイナー・UXデザイナーの仕事とは?

UIデザイナーとUXデザイナーは、「対ユーザー」という点では共通しており、混同されることも多くありますが、その仕事内容は同じではありません。両者には、次のような違いがあります。

UIデザイナーの仕事

UIとは「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略で、ユーザーと製品・サービスとの接点のことを指します。UIデザイナーの仕事は、ユーザーと製品・サービスとの接触がスムーズにいくデザイン、簡単にいえば「使いやすい」デザインを実現することです。

例えばWebサイトなら、商品がすっきり整理された構図、きれいな写真、見やすいカラーリング、最適な文字の大きさ、使いやすい検索機能などを意識して、ユーザーにとって使い勝手のいいサイトを目指します。

UXデザイナーの仕事

UXとは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略で、ユーザーが製品やサービスを使った際に得られる体験のことを指します。UXデザイナーの仕事は、このユーザー体験に焦点をあて、「使って楽しい、心地いい」と思われるデザインを作ることです。

ユーザーに「使って楽しい、心地いい」と思ってもらうために、優れたUIは欠かせません。しかし、ユーザーの満足度には、商品のクオリティやカスタマーセンターの対応など、UI以外の要素も大きな影響を与えます。

それらサイトの見た目以外の要素も考慮して、「どうすればよりユーザーが満足する体験を提供できるか?」を考え、ユーザーインタビューやマーケティング、サイト解析などを行いながら、サービス全体の設計をデザインするのがUXデザイナーの仕事です。

そのため、必ずしもWebデザインや画面デザインに詳しくないUXデザイナーも存在します。UIはUXの一要素という関係であり、UIデザイナーよりUXデザイナーのほうが、業務の幅は広くなります。

UIデザイナー・UXデザイナーに必要なスキル

UIデザイナー・UXデザイナーは、どちらもユーザーにとって使いやすいサイトを作るのが仕事です。

そのため、まず求められるのは、ユーザーの目線に立って、わかりやすさや使いやすさを追求するスキルです。どのようなユーザーが使うサイトなのか、どんな障害が起こりうるかを考え、ユーザーインタビューやテストなどの結果も踏まえて、改良を重ねていくことが大切です。

技術面では、UIデザイナーなら、Photoshop、Sketch、Illustratorといったデザインソフトを使いこなせることが必須といえます。

UXデザイナーは、必ずしもこれらのソフトに詳しい必要はありませんが、マーケティングやSEO、サイト解析などの技術の他、企画意図やデザイン意図を他者に伝えるためのコミュニケーション力、プレゼンテーション力の他、ユーザーの行動を理解するための行動心理学や人間工学の知識などが必要となります。

UIデザイナー・UXデザイナーにおすすめの資格

UIデザイナー・UXデザイナーの仕事は、単純にデザインの知識があればできるものではありません。そのため、「取得しておけば実践ですぐに役立つ」という資格はなく、スキルアップのためには経験を積む必要があります。ただし、次のような資格を取得しておけば、就職・転職で役立つ可能性があります。

  • アドビ認定エキスパート(ACE)

    アドビ認定エキスパート(ACE)は、Adobeが主催する民間資格です。取得しておけば、PhotoshopやInDesignなど、Adobeの製品を扱うスキルがあることの証明になります。もっとも、UXデザイナーにとって、デザインソフトのスキルは必須ではありません。

    しかし、身に付けておけば、デザイン担当者に要望を伝えやすくなったり、技術者とコミュニケーションをとりやすくなったりするなどメリットがあります。自身の勉強を兼ねて、資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • ウェブデザイン技能検定

    特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施する、Webデザイン系で唯一の国家資格です。1~3級まであり、学科試験と実技試験に分かれています。

    2級を取得すれば、インターネットの仕組みから、ネットワーク技術、JavaScript・CGIの技術、ユニバーサルデザインに至るまで幅広い知識を持ち、PhotoshopやFlashなどのソフトを使いこなせることの証明になります。

  • 人間中心設計(HCD)専門家 資格認定制度

    人間中心設計(HCD)専門家 資格認定制度は、特定非営利活動法人人間中心設計推進機構が実施する専門家認定制度です。製品やシステム開発において、人間中心設計を実践できる専門家を認定するための試験であり、「スペシャリスト」と「専門家」の2種類に分かれています。

    受験条件のハードルが高く、UXデザインなどに関わった実務経験が「スペシャリスト」では2年以上、「専門家」では5年以上なければ応募することはできません。

    加えて、資格取得には後進の育成能力も求められるなど、合格は簡単ではありませんが、資格保持者はUXデザイナーとして高い能力を備えていることの証明になります。

UI・UXデザイナーの年収

UIデザイナー・UXデザイナーという職種は、誕生してからまだ日が浅く、他の職業のように平均年収のデータがありません。

日本では、まだなじみの薄いUIデザイナー・UXデザイナーですが、海外ではIT系のメジャーな職種のひとつであり、スキル次第では年収1,000万円を超える求人募集が出ることもあります。

日本でもUIデザイナー・UXデザイナーの需要は年々高まっており、高いスキルを持つ人材には、将来的に高額のオファーが来ることも十分ありうるでしょう。

UIデザイナー・UXデザイナーのキャリアパス

Webでの情報発信が当たり前になり、以前にも増してサイトの質が問われる中で、需要が高まっているUIデザイナー・UXデザイナー。最近では、Webデザイナーをはじめ、IT関連職から転職する人も増えています。

Web系のデザイナーが、マネジメント方面に進まずに、Webデザインのスペシャリストを目指す場合は、UIデザイナー・UXデザイナーが一つのゴールといえます。

デザイナー職にこだわらず、プロジェクトリーダーとしての活躍を望む場合は、プロデューサーなどマネジメント系の職種へと進む道もあります。

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。