ディレクター(ゲーム)|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

ディレクター
(ゲーム)

ゲームディレクターとは?

ゲームディレクターはゲーム開発では花形ともいえるポジションです。プロデューサーやプランナーとともに企画段階からプロジェクトに関わり、どうすればゲームがおもしろくなるか、ユーザーに支持されるゲームにできるかを常に考え、企画の細部を詰めていきます。
開発作業が始まれば、ディレクターは各職種のクリエイターを取りまとめ、的確な指示を出して作業を進めていきます。自分自身が手を動かして作業することはほとんどありませんが、デザインやサウンド、プログラムなど、それぞれの分野を担当するクリエイターが存分に力を発揮できるかどうかは、ディレクターの腕次第、という面もあります。

プロジェクトの始動からフィニッシュまで、ディレクターはほぼすべてのプロセスで必要とされます。それだけに、就業時間は長くなりがちで、制作作業の終盤にはなかなか休みが取れなかったり、ゲームイベントへの出展などで土日出勤しなくてはならなかったりというケースも出てきます。これは、ある程度仕方のないところではありますが、一方、会社によってはプロジェクトの完了とともにまとまった休みをもらえることもあります。
プロジェクトの最初から最後まで作品に関わるだけに、思い入れが強くなりやすく、自分の手掛けたゲームに人気が集まることで、ほかでは得られない大きな充実感を感じることができるのが、この仕事ならではのやりがいといえます。

ゲームディレクターの仕事内容

ゲームディレクターの仕事はゲームプロデューサーやゲームプランナーと職務が重なる部分もあります。ですが、役割分担としては、ゲームプロデューサーは「作ったゲームを売る」、ゲームプランナーは「売れるゲームを設計する」、ゲームディレクターは「設計されたゲームを作る」というのがそれぞれの仕事です。企画段階では、3者が自分の立場からアイディアを出し合い、ゲームのアウトラインを作っていきます。

ゲームに限らず、ディレクターという職種は建設現場の現場監督にたとえられることが多いようです。実際もそのとおりで、開発が始まったらディレクターは自分が何かを作るというよりも「各スタッフがスムーズに仕事ができるように手助けする」ということが第一の役割になります。プロジェクトの進捗状況を正しく把握して、無理なく(それでも納期に間に合うように)進行できるようスケジュール管理も行います。
外部のスタッフに加わってもらう場合には、誰をそのポジションの担当にするかを検討することもディレクターの役目です。それだけに、日頃から業界内にアンテナを張っておき、有能なクリエイターとのつながりを作っておくことも重要です。
また、トラブルやアクシデントへの対応もディレクターの仕事です。時間的に余裕がない状況でのトラブルは本当に辛いものですが、そんなときこそディレクターの腕の見せ所。冷静な判断と的確な指示で事態を収拾できれば、自分自身のスキルアップになるだけでなく、チームのメンバーや企業からの信頼も厚くなるでしょう。

このように、開発作業の進行役という要素が強いディレクターですが、ゲームそのもののクオリティーについても責任を負う立場です。そのため、様々な段階でのテストプレイは欠かせません。バグはないか、ゲームバランスは適切か、サウンドやグラフィックのクオリティーは十分か…。各要素を、ユーザー目線に立ってチェックしていきます。
当初のプランどおりに制作してみたものの、デザインがパッとしない、アクションやエフェクトが今ひとつ格好良くない、サウンドが合っていない…といったことはよくあることです。そのようなときは、各職種のクリエイターと相談しながら、ユーザーがより楽しめるものになるようブラッシュアップしていくことも、ディレクターの大切な仕事です。

ディレクターに必要なスキルとは?

ゲームの販売・企画を担当するゲームプロデューサーやゲームプランナー、実際の開発作業を手掛けるクリエイターと、立場の異なる多くのスタッフの橋渡しをするのがゲームディレクターの仕事です。それゆえ、どのような相手とも意思疎通ができる「コミュニケーション能力」は欠かせません。トラブルやスタッフ間のいさかいの解決もディレクターの仕事ですから、それぞれの立場を尊重しつつ言い分を聞き、誰もが納得できるよう解決を図る調整能力も求められます。
また、企画から完成までのすべてのプロセスについての知識がなければ、スタッフとのミーティングもできません。ですから、自分でできるかどうかは別として、ゲーム開発に関する広範囲な知識はほしいところです。とはいえ、最新技術やこと細かなテクニックを追求する必要はありません。そうしたことは、専門職であるプログラマーに任せておけば良いでしょう。

こうしてみると、ゲームディレクターには実に幅広い能力が求められるように思えます。実際にそのとおりなのですが、それらのスキルの多くは経験で培われるものですから、働きながら身に付けていってもいいでしょう。
ゲームが好きで、その時々の流行や業界の傾向をリアルタイムでキャッチする情報収集力、他の作品との差別化を際立たせる発想力、どうすればもっとおもしろくなるかを追求し続ける好奇心、アイディアをどんどん提案していける積極性、人の話をきちんと聞き、わからないことは相談する謙虚さなど、知識以外の「人としてのスキル」も重要です。ことにスケジュールが遅れているときなど、スタッフに無理な注文をしなくてはならない場面では、スタッフとの信頼関係がものをいいます。日頃から人に誠実に接していれば、いざというときにきっと役に立つことでしょう。

ゲームディレクターの年収

2017年3月、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会のCEDEC運営委員会が「ゲーム開発者の就業とキャリア形成2016」を発表しました。こちらは、ゲーム開発者向けのカンファレンスであるCEDECの参加者を中心にアンケートを取ったもので、それによると2016年のゲームディレクターの平均年収は577万1,000円。ゲーム開発の現場で働くスタッフとしてはゲームプロデューサーとテクニカルアーティストに次ぐ高給であり、他の業種と比較しても高めといえるでしょう。

ゲーム開発のキーパーソンであるゲームディレクターの多くは、正社員として仕事をしていることが多く、そのため会社の規模によって給与にも差があります。それでも、本人の実績が重視される職種ですから、たとえ会社の規模は小さくても、実力のあるディレクターであれば1,000万円近い年収を得ているケースもあるようです。

ゲームディレクターにおすすめの資格

知識や技術以上に感性の鋭さが求められるクリエイティブの世界では、資格というものはあまり役に立ちません。ゲームディレクターにも、特に必要な資格はありません。それでも、デザインやプログラムについて、各部署のクリエイターと相談したり指示を出したりするためには、それなりの知識は必要です。また、スタッフとの信頼関係を作り上げるためには、相手の作業環境や仕事の内容をある程度知っておくことも大切です。
そうした意味では、ゲームディレクターとは資格よりも様々な職種をこなしてきた経験が活きる職種といえるでしょう。

ゲームディレクターのキャリアパス

ゲームディレクターのキャリアパスにはいくつかあります。それぞれの概略を見ていきましょう。

ゲーム
ディレクター

ゲームプロデューサー

ゲームプランナー

  • ゲームプロデューサー

    ゲームディレクターの上位職種といえますが、ゲームプロデューサーの仕事はゲームを「売る」ことがメインですので、開発・制作の現場からは離れてしまいます。ただ、自分が手掛けたゲームが世の中に広まっていくことは、ゲームづくりとはまた違う「やりがい」を感じられるのではないでしょうか。

  • ゲームプランナー

    ゲームプロデューサーとは対照的に、ゲームの企画そのものに特化した職種です。スケジュール管理やトラブルの調整など、ゲームディレクターが担うべきマネジメント業務から解放されるので、ゲームづくりに没頭したい人にはおすすめです。

  • 会社から独立したゲームディレクター

    大ヒットゲームを生み出した実績があれば、独立するという選択肢もあります。実績や手腕に加えて業界内での人脈、さらに周囲からの高い評価が必要ですが、組織に縛られず、自分のクリエイティビティを存分に発揮できるのが魅力です。

ゲームディレクターは現場を広く見ることのできるポジションですので、その経験をうまく活かすことを考えたいところです。今やりたいことと将来目指したいポジションを見据え、キャリアパスを描くようにしましょう。

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。