ディレクター|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

クリエイティブ
ディレクター
(広告業界)

広告業界におけるクリエイティブディレクターとは、広告が公開されるまでの制作進行とクリエイティブチームの指揮管理といったディレクション業務を担当する仕事です。

ここでは、広告業界のクリエイティブディレクターの仕事内容や年収、キャリアパス、転職するときに必要な準備についてご紹介します。

クリエイティブディレクターの仕事とは?

広告業界のクリエイティブディレクターの役割は、一言でいえば「広告制作現場の責任者」です。

全体を統括するプロデューサーに対し、グラフィックやWeb、映像などの部門別に配置され、特定の分野の責任者として、それぞれの現場を取り仕切ります。

依頼されたプロジェクトに対し、プランナーやデザイナー、エンジニアなどのクリエイティブチームを統括し、期日どおりに全ての工程を滞りなく進行させます。また、制作物の質を担保するのも、クリエイティブディレクターの役割となります。

広告業界に関わる様々な職種

広告業界には、クリエイティブディレクター以外にも多くの人が関わっています。その他の職種についても簡単に紹介しておきましょう。

  1. プロデューサー

    プロデューサーは、広告制作全般の運営・管理を行うプロジェクトの総指揮者で、ディレクターの上司にあたります。

    ディレクターのように現場だけでなく、クライアントへの売り込みや予算の管理といった裏方の仕事も多く、どちらかというと営業に近い職種といえます。

  2. プランナー

    クライアントの意向を受けて、どんな広告を作るかを企画・立案するポジションがプランナーとなります。

    ディレクターの部下にあたりますが、業務のイメージはプロデューサーに近く、発想力とともに、発想したものをクライアントに正しく伝えるコミュニケーション能力も求められます。

  3. ライター

    広告のテキストコンテンツを作るポジションで、ディレクターの部下にあたります。

  4. コピーライター

    広告に使用するキャッチコピーを考案する仕事です。こちらもディレクターの部下にあたります。

  5. カメラマン

    カメラマンは、広告に必要な映像や画像を撮影します。

  6. エディター

    エディターは、撮影された音や映像を編集する仕事です。映像の場合、セリフや効果音、音楽などを入れるのもエディターの仕事です。

  7. デザイナー

    デザイナーは、手描きの絵からCGまで、媒体に合わせてグラフィックを制作します。

クリエイティブディレクターに必要なスキルとは?

クリエイティブディレクターに求められているスキルは、どのようなものがあるのでしょうか? クリエイティブ業界における制作進行管理に役立つスキルをご紹介します。

チームを統括するコミュニケーション能力とマネジメント能力

クリエイティブディレクターは、多種多様なクリエイターたちをまとめて、ひとつの納品物を作り上げていかなければなりません。

クリエイターには作品に対するこだわりがあるため、それぞれの個性をまとめていくためには、納得するまで意見を交わすコミュニケーション能力が必要です。

また、スケジュールに対する意識やマネジメント能力がなければ、クリエイティブディレクターは務まらないでしょう。

マーケット分析能力と客観的な視点

クライアントはもちろん、プランナーやプロデューサーなどの意見を制作進行の立場からまとめていくのがクリエイティブディレクターの仕事です。

その際、「それぞれの立場の人が見ているものは何か」ということを把握する客観的な視点と、最終的にターゲットに訴求できるゴールが何であるかを感じ取るマーケティング能力は非常に重要です。

クリエイティブディレクターの年収やキャリアパス

クリエイティブディレクターの年収は、映像かWebかなどの媒体や年代による違いはあるものの、平均すると400万~600万円ほどです。大手の広告代理店に所属している人や著名な人であれば1,000万円を超えることもあります。

クリエイティブディレクターのキャリアパスとしては、経験を重ねてプロデューサーにキャリアアップすることがほとんどですが、独立するというケースもあります。

クリエイティブディレクターに転職する方法

クリエイティブディレクターは、クリエイターの仕事全般とマーケティングに対する知見が必要になるため、完全な未経験から目指すのは難しい職種です。

では、転職するためにどのような下積みが必要なのでしょうか。

プロジェクトの一員としての経験が必要

クリエイティブディレクターになるには、プロジェクトの一員として実績を積むことが第一歩になります。まずは、デザイナーやコピーライターなど、各分野におけるクリエイティブ職の仕事に挑戦しましょう。

クリエイティブ職に一切関わったことがない場合は、未経験でも受け入れ可能な職場を探すか、セミナーやスクールを通じて基礎的なスキルを学ぶことをおすすめします。

プログラミングスキルはニーズが高い

広告業界を見れば、Webを通じた情報発信の道を避けて通ることはできません。クライアントから求められる成果物も、Webサイトやアプリケーションなど時代の流れに応じたものが増えています。

プログラミングはこうした成果物を作るために必要で、実際に作るのがエンジニアであっても、その基礎知識がなければ制作進行管理はできません。

今後クリエイティブディレクターになりたいのならば、プログラミングスキルは身に付けておくべきスキルのひとつといえるでしょう。

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。