イラストレーター|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

イラストレーター

イラストレーターとは?

「イラストレーター」とは、その名のとおりイラストを描く職種です。雑誌や書籍、ポスター、パンフレット、チラシなどに掲載されます。本来はイラストがメインなのですが、近年ではWebサイトに載せる漫画など、ますます活躍の場が広がっています。
ゲームやアニメーションなどのキャラクターを描くのもイラストレーターの仕事のように思われますが、こちらはキャラクターデザインという別の職種になります。ただし、Web系のアバターイラストなどであれば、イラストレーターに依頼が来る場合もあるようです。
フリーランスになると、完全に在宅で作業できるのも魅力のひとつです。

イラストレーターの仕事内容

発注者の依頼に従って、必要なイラストを描くのがイラストレーターの仕事です。独自のタッチが求められることはありますが、アーティストのように好き放題に描けるわけではありません。クライアントが求めているイメージにならなければ何度も修正しなければなりません。アーティスト意識がある人は、ギャップを感じる方もいるようです。
また、最近ではデジタルデータでの入稿を求められます。紙に描いたものをスキャンするか、タブレットなどを用いて直接PCでイラストを描くか、Illustratorなどのグラフィックソフトで作成します。ただ描くだけではなく、Photoshopなどで加工することもあります。

イラストレーターに必要なスキル

イラストレーターは絵を描くことが仕事ですから、「イラストが上手」であることが必須です。しかし、ただ上手なだけでなく、クライアントの要望に応えられる必要があります。場合によっては、自分の作品スタイルを曲げてでも、注文に合ったイラストを提供できるのがプロのイラストレーターです。シチュエーションに応じて複数のタッチを使い分けられる人は、非常に重宝されることでしょう。
また、IllustratorやPhotoshopなど、グラフィック関係のアプリケーションを使う能力も必要ですし、印刷関係の知識を持っていないと入稿データに問題が起きる可能性もあります。
さらに、ヒューマンスキルとしては、クライアントのOKをもらうまで描き直し続ける可能性もありますし、納期との戦いもあります。忍耐力やプレッシャーへの耐性も求められる職種といえるでしょう。

イラストレーターの年収

イラストレーター(グラフィックデザイナーを含む)の平均年収は、20代の平均収入は314万円(男性323万円、女性312万円)となっており、クリエイティブ系の職種だけでなく、多くの職種と比較しても給与水準は低めです。年齢が上がっても状況はさほど大きく変わらず、30代で395万円(男性452万円、女性356万円)となっています。男性だけで見れば452万円とそれなりの額ですが、クリエイティブな職種であることを考えるとスキルに見合った年収とは言いにくいかもしれません。
フリーランスとして独立する方法もありますが、近年はイラストの単価が下がっている傾向にあります。

年齢 イラストレーター 男性 女性
20代 314万円 323万円 312万円
30代 395万円 452万円 356万円

イラストレーターにおすすめの資格

現在、印刷物やWebを問わず、ほとんどのイラストレーターがPCでデザインを行っています。
グラフィックソフトのスキルをアピールするためにも、「アドビ認定エキスパート」は取得しておきたいところです。
アドビ認定エキスパートは、IllustratorやPhotoshopなど、アドビ製品に関する知識と技術を証明する資格です。

イラストレーターのキャリアパス

イラストレーターとしてのキャリアパスはありませんが、グラフィックソフトのスキルなどを応用して、デザイナー職への転向は可能です。その場合は、「グラフィックデザイナー」や「アートディレクター」などのキャリアパスが考えられます。

イラスト
レーター

グラフィックデザイナー

アートディレクター

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。