デザイナー(ゲーム)|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

デザイナー
(ゲーム)

ゲームデザイナーとは?

「ゲームプランナー」とも呼ばれるゲームデザイナーは、ゲームの基本設計をする仕事です。そのため、広範囲の知識を必要とするだけでなく、ゲームの流行にも敏感でなければいけません。責任もありたいへんな分、やりがいのある仕事です。現在は、スマートフォン向けゲームの人気も高まっていますので、今後も需要がある仕事のひとつです。キャラクターデザインをする仕事のように勘違いされることもありますが、それはグラフィックデザイナー(CGデザイナー)の仕事となります。

ゲームデザイナーの仕事内容

ゲームデザイナーの仕事は、ゲームの基本設計をすることです。いくら企画が良くても、ゲームバランスが悪かったり、世界観が陳腐だったりすれば、おもしろくないゲームに仕上がってしまいます。そこでゲームデザイナーは、ゲームディレクターといっしょに考案した企画を、より具体的な内容に落とし込み、企画書を作成します。企画書内には、どのようなゲームシステムでどのように進行するのか、どのような世界観なのかなど、企画承認のために最低限必要な内容を記載します。
無事、企画が承認されれば、ゲーム進行のフローチャートや画面設計、操作設計、デザイン仕様書、サウンド指示書など、具体的な仕様書を綿密に作り上げていきます。
仕様書が完成したら、プログラマー、グラフィックデザイナー、サウンドクリエイターなどに、制作を依頼します。
ゲームが完成したら、ゲームバランスに問題がないかなど、ゲームディレクターとともにチェックします。

ゲームデザイナーに必要なスキル

ゲームデザイナーの仕事は、ゲームの設定やしくみを考えることです。そのため、ユーザーを惹きつける世界観を構築するためには、専門的な知識に限らず、さまざまなジャンルの知識を持っているほうがいいですし、貪欲に吸収し続ける好奇心や探究心も必要です。また、ユーザーを飽きさせないしくみはどういうものかなど、既存のゲームを研究する姿勢も大切です。さらに、ゲームの構造を考える上で、ルールなどを論理的に構築できる思考も必要でしょう。
もちろん、チームを組んで開発しますので、開発スタッフと円滑にコミュニケーションを取れる能力も必須です。
なお、最近ではマーケティング関係のスキルを求める会社も出てきているようです。

ゲームデザイナーの年収

ゲームデザイナーの平均年収は、未経験者で250~350万円とかなり低くなっています。給料は年功序列ではなく実力主義で決まるため、実績を出していけば年収アップも期待できます。実際、実務経験者の平均年収は350~500万円くらいが相場のようですし、実績があるゲームデザイナーであれば700万円近い年収の人もいるようです。いずれにせよ、ゲームデザイナーとして実績を積めば、ゲームディレクター、ゲームプロデューサーへとキャリアアップできますから、より高収入・高待遇が期待できます。

ゲームデザイナーにおすすめの資格

ゲームデザイナーにおすすめの資格は特にありません。ただし、グラフィックデザイナーやプログラマー、サウンドデザイナーなどへの的確な指示をするための基本的な知識はあると便利です。興味がある分野であれば、その資格を取ることは無駄にならないでしょう。

ゲームデザイナーのキャリアパス

ゲームデザイナーのキャリアパスとしては、上位職であるゲームディレクターやゲームプロデューサーがあります。この2つの業種にキャリアアップすれば、より「自分が作りたいゲーム」を企画できる可能性がある反面、企画したあとの制作は現場任せになってしまう部分もあります。また、広報活動や資金集めなど、ゲームづくりとは直接関係のない業務も増えますので、クリエイター色が強い人には向かない部分もあります。

ゲーム
デザイナー

ゲームディレクター

ゲームプロデューサー

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。