プランナー(ゲーム)|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

プランナー
(ゲーム)

プランナー(ゲーム)とは?

「ゲームプランナー」とは、ゲームの企画立案から完成まで、幅広い業務に携わる職種です。プロデューサーやディレクターの指示の下、具体的な企画を作成するのがおもな仕事であって、おもしろいゲームになるかどうかはプランナーが左右するといっても過言ではありません。ひとえにセンスが問われる仕事であり、才能さえあれば高収入も期待することができます。なお、企業によっては「ゲームデザイナー」と呼ばれることもあります。

プランナー(ゲーム)の仕事内容

ゲームプランナーは、ゲームづくりの上流から下流まで関わる仕事のため、その業務範囲も多岐にわたります。具体的な仕事としては、以下のようなものが挙げられます。

企画立案

ゲームプロデューサーが提案したゲームジャンルやプラットフォーム(ゲーム機やスマートフォンなど)、ターゲットなどを基に、ゲームの企画書を作成します。企画段階では「ゲームのおもしろさ」を伝えるのが最も重要で、世界観やゲームのシステムなどを作り込みます。

仕様書の作成

企画書が通ったら仕様書を作成します。仕様書とはゲーム中のマップやエリアのデザイン、敵やアイテムなどのパラメーター、よりゲームをおもしろくするためのアイディアなどをまとめたものです。プログラマーやグラフィック(CG)デザイナーは、この仕様書を基に仕事を行います。

テストプレイ

開発が終わったら、テストプレイをして「仕様書どおりにできているか?」「ゲームバランスは悪くないか?」といった、クオリティチェックを行います。

なお、オンラインゲームの場合は、新シナリオやイベントの作成など、公開後も引き続き業務が発生します。

プランナー(ゲーム)に必要なスキル

ゲームプランナーは自分の作りたいゲームを作るのではなく、ユーザーがおもしろいと思うゲームを作るのが仕事です。そのためには、市場のニーズを分析する必要があります。今流行っているものが、ゲーム完成時まで続いているとは限りませんので、時代の先を読む力が求められます。流行に敏感であるのはもちろんですが、調査・分析能力に長けている人はプランナーに向いています。
また、プランナーは、上層部と現場を結ぶ中間管理職的なポジションです。役職や年齢を問わず、たくさんの人と関わるので、コミュニケーション能力も求められます。

プランナー(ゲーム)の年収

ゲームプランナーの年収は、未経験者の場合が250~350万円、経験者の場合が350~500万円程度となっています。ゲーム業界はどちらかというと実力主義なので、若い方でも実績と経験があれば高収入を狙うことが可能です。
近年は企画書を書けるプランナーが確保しづらい状況にあることから、他業種からの転職も増えています。ゲーム好きな企画職の方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  ゲームプランナー
未経験 250~350万円
経験者 350~500万円

プランナー(ゲーム)におすすめの資格

ゲームプランナーのメイン業務は企画なので、特におすすめの資格はありません。ただし、スタッフへの的確な指示をするために、グラフィックデザイナーやプログラマー、サウンドデザイナー関連の知識はあると便利です。

プランナー(ゲーム)のキャリアパス

ゲームプランナーのキャリアパスとしては、「ゲームディレクター」が挙げられます。ゲームディレクターは、ゲームプランナーをはじめ、プログラマー、各種クリエイターなど、開発チーム全体を取り仕切るポジションです。また、マネジメント寄りの「ゲームプロデューサー」もあります。こちらは、広報活動なども視野に入れる仕事ですので、大局的にゲーム開発を指揮する必要があります。

プランナー(WEB)

ゲームプロデューサー

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。