DTPオペレーター|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

DTP
オペレーター

DTPオペレーターとは?

「DTPオペレーター」とは、デザイナーが作成したレイアウトを元に、印刷用のデータを作成する職種です。DTP(Desk Top Publishing)とは、日本語で卓上出版を意味します。以前はデザイナーが指定したレイアウトと「写植」による文字の印刷板を使って、印刷所が製版を行うための「版下」を作っていまいた。しかし、DTPの登場により、PC上でほとんどの作業が完了するようになりました。自分でデザインする作業はほとんどありませんので、作業員的な要素が強く、あまりクリエイティブな仕事とはいえません。しかし、会社規模によっては、デザイン系の仕事も兼務している場合もあります。
おもな職場は、印刷会社、広告代理店、デザイン事務所、編集プロダクションなどです。

DTPオペレーターの仕事内容

基本的には、グラフィックデザイナーの指示に従って、印刷データの制作を行います。デザインフォーマットを作ってしまえば、あとは文字の流し込みや画像の貼り込みが中心です。しかし、行間や文字間を調整したり、写真を切り抜いたりするなど、細かい作業はあります。また、完成したデータを修正する作業も行います。

DTPオペレーターに必要なスキル

技術面では、「組版」(文字や図版などの要素を配置して紙面を構成すること)が行えるIllustratorやInDesignといったアプリケーションの知識が必要です。画像加工を任されることもありますので、Photoshopなどで「画像の切り抜き」や「色調調整」なども行える必要があります。
また、印刷物は非常にデリケートな商材です。ひとつでも誤字・脱字があれば、場合によっては「印刷物の回収」という騒ぎになるかもしれません。そうなると、クライアントから損害賠償を求められる可能性もあります。そのため、DTPオペレーターには正しく入力する「正確さ」、そして間違いを発見する「集中力」が必要となります。さらに、デザイナーの意図を汲み取る「コミュニケーション能力」、締め切りという絶対的な納期を守るための「スケジュール管理能力」も必須です。編集者からの修正指示を理解するために、校正記号も知っておく必要があります。

DTPオペレーターの年収

DTPオペレーターの平均年収は20代で293万円となっており、かなり低賃金であるといえます。また、男性270万円、女性295万円と、性別に関係なく低い年収です。これは、ある程度のPCスキルを持っていれば、未経験の方でも転職できることが影響しているのかもしれません。
30代でも平均年収は393万円で、ベースアップとしては100万円増ですが、やはりほかの職種と比べても決して高いとはいえません。男女差は、男性は407万円、女性は345万円となっています。20代では女性の年収が高いのですが、30代になると逆転する傾向があるようです。伸び率もほかの職種と比べると低めなため、年収を重視する場合、女性は早めのキャリアアップが必要となります。

年齢 DTPオペレーター 男性 女性
20代 293万円 270万円 295万円
30代 393万円 407万円 345万円

DTPオペレーターにおすすめの資格

DTPオペレーターにおすすめの資格は、「DTP検定」や「DTPエキスパート」などの民間資格があります。名前こそ似ていますが、DTP検定はコンピューターの知識やアプリケーションの使用スキルが中心です。一方、DTPエキスパートは、グラフィックデザイナーとしての知識やスキルまでを求められます。
また、DTPソフトやグラフィックソフトの知識やスキルを証明するなら、「アドビ認定エキスパート」がおすすめです。

DTPオペレーターのキャリアパス

DTPオペレーターは、クリエイティブ系職種の入門的な位置付けでもあり、勉強して知識やスキルを身に付ければ、さまざまな職種にキャリアアップすることが可能です。例えばデザインを学んで、グラフィックデザイナーやWebデザイナーに転職する人もいます。

DTP
オペレーター

グラフィックデザイナー

Webデザイナー

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。