イラストレーター|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

グラフィック
デザイナー

グラフィックデザイナーとは?

「グラフィックデザイナー」とは、ポスターや書籍、商品のパッケージなど、平面デザインを制作する職種です。クライアントから内容を基に、より美しく、より印象的にデザインするのがおもな役割です。イラストを描くイラストレーターと混同されがちですが、グラフィックデザイナーは企画から制作まで幅広く関わる点で異なります。また、ゲーム業界にもグラフィックデザイナーがいますが、こちらはキャラクターやモンスター、アイテムなどのデザインをデジタルデータ化する仕事になります。

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーは、グラフィックデザインの工程に関わる職種です。求人によって業務内容は異なることもありますが、基本的な業務の流れについて紹介しましょう。

依頼~企画提案~契約

依頼を受けたら、グラフィックデザイナーはクライアントとの打ち合わせを行います。「コンセプトは何なのか」「どの層をターゲットにするのか」など、クライアントの要望を聞きます。ただし、先方から言われたとおりにするだけではなく、デザイナーとしての専門知識を基にアドバイスをするのも重要な役目です。

デザインの作成~初稿提出~修正

ヒアリングした要望を基に、デザイン制作を行います。一人で作業することもあれば、イラストレーターなどとチームを組んで作業することもあります。
完成したらクライアントに提出します。このとき、複数のデザインパターンを作ることが多いです。デザインのチェックをしてもらい、気になる部分があれば適宜修正を行います。

最終校正~納品

クライアントが満足したら、デザインの完成です。印刷する場合は、入稿用のデータに変換して印刷会社に渡します。PCの画面で見るのと、紙の印刷物では色味が異なりますので、イメージどおりの色にするために微調整を行います。制作物に問題がなければ納品となります。

グラフィックデザイナーに必要なスキル

グラフィックデザイナーは、クライアントや印刷屋など、たくさんの人と関わりますので、「コミュニケーション能力」は必須です。また、デザイナーとしての技術やセンスが求められるのはもちろんですが、写真やフォント、色彩などの専門知識も必要です。印刷工程の知識も必要となります。
技術そのものは古くなりませんが、時代とともに流行は変化します。クライアントが求めるデザインやユーザーが喜ぶデザインなど、最新のトレンドをキャッチする「情報収集能力」もなくてはならない要素です。

グラフィックデザイナーの年収

グラフィックデザイナー(イラストレーターを含む)の平均収入は、20代で314万円(男性323万円、女性312万円)、30代でも395万円(男性452万円、女性356万円)となっており、低い水準となっています。これは、デザイン料金の低価格化が進んでいることが要因のひとつといえるでしょう。ただし、実力主義の業界なので、技術さえあれば若いうちから高収入を狙うことも可能です。

年齢 グラフィックデザイナー 男性 女性
20代 314万円 323万円 312万円
30代 395万円 452万円 356万円

グラフィックデザイナーにおすすめの資格

現在、ほとんどの職場でDTPデザインが主流となっています。IllustratorやInDesignに加え、写真加工用のPhotoshopなど、操作技術を証明するために、「アドビ認定エキスパート」の資格を取得してみてはいかがでしょうか。

グラフィックデザイナーのキャリアパス

一般的に、アートディレクターにキャリアアップする方が多いようです。これは、グラフィックデザイナーの上司にあたる存在で、制作現場におけるリーダーとして、制作物進行からクオリティまでの全責任を負います。また、装丁専門の装丁家(ブックデザイナー)になるキャリアパスもあります。とても狭き門ですが、高収入が期待できる職種です。

グラフィック
デザイナー

アートディレクター

装丁家
(ブックデザイナー)

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。