プロデューサー(ゲーム)|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

プロデューサー
(ゲーム)

ゲームプロデューサーとは?

「ゲームプロデューサー」は、ゲーム制作を統括管理する職種です。「どのようなジャンルのゲームを制作するのか?」「リリースするプラットフォームは何にするのか?」などはもちろん、開発費の調達、販売促進など、業務は多岐にわたります。潤沢な予算が確保できない場合は、その予算内でいかに売れるゲームを作るかも、ゲームプロデューサーの腕にかかっています。つまり、ゲームの良し悪しではなく、ゲームの売上に責任を持つのがゲームプロデューサーなのです。

ゲームプロデューサーの仕事内容

開発したゲームソフトが売れるように、制作全体を管理するのがゲームプロデューサーの仕事です。
まずは、今流行っているゲームについて市場調査をします。そして、どのようなジャンルのゲームを、どのゲーム機で出すのかなどを決定します。
次に制作スタッフの選定です。ゲームディレクターやシナリオライター、キャラクターデザインなど、ゲーム開発を成功させるために必要な人選を行います。制作準備ができたら、開発費を調達してゲーム制作を進めます。並行して、宣伝活動などの販売促進も行います。

ゲームプロデューサーに必要なスキル

ゲームプロデューサーに必要なスキルは、売れるゲームを開発するためにできることすべてです。
したがって、開発スケジュールが滞りなく進むよう、プロジェクトを管理するマネジメント能力が必要です。万が一プロジェクトの進行中にトラブルが生じた場合、迅速に対応しなければいけませんので、問題解決能力も高くなければいけません。
開発スタッフには、ゲームディレクター、シナリオライター、デザイナー、プログラマーなど、さまざまな人が関わってきますので、円滑にコミュニケーションできることが求められます。
そして、どのようなゲームが流行するかを読む先見性も、ゲームプロデューサーに欠かせないスキルといえるでしょう。また、ゲームタイトルの規模にもよりますが、広報活動の一環として雑誌などに掲載されることもありますので、カリスマ的な魅力を備えていることも大事です。このように、さまざまなスキルをバランス良く身に付けている人が、ゲームプロデューサーに適しているといえるでしょう。

ゲームプロデューサーの年収

ゲームプロデューサーの平均年収は、400万円前後といわれています。これは、かなり安いと感じますが、自社でゲーム開発をする規模の会社なのか、外注としてゲーム開発を受託する会社なのかによって給与水準は大きく変わります。また、ゲームプロデューサーとして販売実績があれば、評価も異なるでしょう。
中には800万円を超える年収を掲げている会社もありますので、プロデュースしたゲームが大ヒットするなど、実力に伴い年収がアップすることも考えられます。実績を作ることで、転職してさらに高収入を目指すこともできるでしょう。

ゲームプロデューサーにおすすめの資格

ゲームプロデューサーに必要な資格はありません。しかし、ゲームプロデューサーになる過程で、出身がゲームプログラマーやゲームデザイナーだった場合、取得しておいたほうが実力の証明に役立つものはありますので、キャリアプランに応じて選んでいくといいでしょう。

ゲームプロデューサーのキャリアパス

ゲームプロデューサーは、ゲーム開発関連業務の最上位の職種です。したがって、キャリアパスとしては自分自身で会社を立ち上げることくらいしかないかもしれません。逆に、ゲームプロデューサーをやってみたものの、予算管理や販促に従事するよりも、現場でおもしろいゲームを作りたいと再認識する場合もあると思います。その場合は、ゲームディレクターに戻るという選択肢もあるでしょう。いずれにせよ「自分がゲーム業界で何をしていきたいのか?」を考えて進路を決めるしかないのです。

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。