校正|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

校正

校正とは?

「校正(校正者)」とは、執筆者が書いた原稿を読み、誤字脱字などの「文字の誤り」や、用語の「不統一」などを指摘する仕事です。
雇用形態としては、大手出版社や新聞社であれば校正部署がありますし、校正専門のプロダクションも存在します。最近ではWebメディアに掲載する記事の校正依頼も多いようです。
似たような職種に「校閲」という仕事があります。こちらは、校正よりもさらに踏み込み、執筆された内容に事実誤認がないかを確認します。つまり文字の誤用といったレベルではなく、小説内に「1934年3月14日、朝から降り続く雪が東京駅に積もり」とあれば、当日雪が積もるくらい降っていたかを確認する必要があるのです。しかし、文章の「読みやすい」「読みにくい」などについては、作家の「文体」であったりしますので、指摘が不要なケースもあります。

校正の仕事内容

依頼された原稿について、誤字脱字はもちろんのこと、「てにをは」の使い方や文法の間違い、文章や文脈に間違いや矛盾がないかを確認します。原稿を文章としてだけでなく、1文字単位で確認する作業もします。校閲レベルの事実確認は必要ありませんが、知らない文字や言葉があれば、辞書などで調べて用法などを確認する必要もあります。
印刷業界であれば、上記作業以外に、原稿と校正紙との読み合わせや、レイアウトに問題がないかを確認する作業もあります。DTP全盛の現在、原稿と校正紙との読み合わせは必要ないように感じますが、「写植」で印刷をしていたころは、入稿した原稿が正しく文字組みされない「誤植」が起こる可能性があるため、それを確認する必要があったのです。
なお、色校正という作業がありますが、これはアートディレクター(またはデザイナー)が担当します。

校正に必要なスキル

校正のスキルとしては、緻密な仕事を長時間継続できる「集中力」や、地味な作業を淡々とこなせる「忍耐力」の高さが必要です。また、何にでも疑問を持って調べるような「探究心」も必要です。
もちろん、日本語能力の高さは必須ですし、さまざまな分野の知識に長けているほうが良いでしょう。
技術的な部分では、校正紙への修正指示は、「校正記号」と呼ばれる特殊な記号を書き込みますので、こちらも覚える必要があります。しかし、Web系の媒体では、Wordなどのアプリケーション上で校正することも増えてきました。したがって、このようなアプリケーションに関する知識も、今後は必須になってくるでしょう。

校正の年収

校正(ライター・編集者・制作を含む)の平均年収は、20代で368万円、30代で496万円となっています。しかし、このデータはクリエイティブ系の高収入の職種も入っていますので、注意が必要です。
なお、フリーランスで独立した場合は、「1文字いくら」という単位で料金が決まることが多いようです。

  校正(校正・制作・
校正を含む)
男性 女性
20代 368万円 357万円 375万円
30代 496万円 562万円 460万円

校正におすすめの資格

校正におすすめする資格としては、校正技能検定があります。ただし、校正者は技術的なことだけではなく、実績を見られることも多いです。したがって、資格を取得することよりも、アルバイトなどで実務を覚えるほうが良いでしょう。

校正技能検定

日本エディタースクールが実施している試験です。初級から上級まであります。校正刷(ゲラ)と原稿が相違ないか付き合わせる原稿引き合わせや素読み、赤字引き合わせなどの実技や試験のほか、校正知識、用字用語などの学科試験があります。

校正のキャリアパス

校正は、年齢を問わずにできる職種ですので、キャリアパスは少ないです。ですが、専門分野を極めた校正者になったり、校閲者になったりできる可能性もあります。

校正

校閲者

専門分野のある校正

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。