ディレクター(WEB)|求人転職エージェント

クリエイティブ職の職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

クリエイティブ職の職種図鑑

ディレクター
(Web)

IT技術の利用拡大とともに、ますます需要が高まっているIT系の職種。その種類は多岐にわたり、Web関係の仕事だけでも、Webサイトの企画から運営まで全てのフローを統括する「Webプロデューサー」、Webサイトの制作を監督する「Webディレクター」、プログラムを設計する「システムエンジニア(SE)」、プログラミングを担当する「Webプログラマー」、デザインを担当する「Webデザイナー」など、様々な職種があります。
ここではその中のひとつ、Webディレクターについて詳しくご紹介します。

Webディレクターとは?

Webディレクターとは、Webサイトの構築というプロジェクトにおいて、全体の指揮をとる総監督の立ち位置になります。その仕事は、クライアントとの打ち合わせでWebサイトの方向性を決め、企画をまとめるところから始まり、必要なスタッフの選定、管理、コンテンツの品質管理まで多岐にわたります。
実際のプログラミングやデザイン、文章の作成は、プログラマーやデザイナー、ライターが行うわけですが、それらのスタッフを束ね、限られた時間と予算、人材の中で、どのようにクライアントが満足するWebサイトを作り上げられるかが腕の見せどころとなります。
場合によっては、プランニング業務も兼任して、自らクライアントに直接提案を行ったり、コンテンツ作成のための取材や撮影を指揮したりすることもあります。

Webディレクターに必要なスキル

転職の際に求められるWebディレクターが身に付けておくべきスキルとしては、以下のようなものがあります。

  1. 進行管理スキル

    制作会社に勤務するWebディレクターは、一度に複数のプロジェクトを抱えることも珍しくありません。そこで、Webディレクターには、複数のプロジェクトについて制作スタッフに進捗確認をしながら進行状況を見極め、適宜修正を加えながら期日までにWebサイトを完成させる進行管理スキルが求められます。
    単に紙の上で計算するだけでなく、実際に現場スタッフとの打ち合わせや情報共有を通して、常に状況を把握しておくことが必要です。

  2. 予算管理スキル

    プロジェクトには必ず予算がありますから、その範囲内でWebサイトを完成させることも重要です。予算内で仕上げなければならない、といったプレッシャーを現場のスタッフに過剰に感じさせないようにするだけで、スタッフの無駄なストレスがなくなり、良い仕事につながります。

  3. コミュニケーションスキル

    Webディレクターは、クライアントと現場の橋渡し役でもあるポジションです。クライアントの要望を正確にくみ上げ、スタッフの士気を高く保ちながら円滑に作業を進めるためにも、コミュニケーションスキルは非常に重要です。

  4. リーダーシップ

    Webサイトの構築には、多くのスタッフが関わってきます。Webディレクターはスタッフを取りまとめ、Webサイトの構築というひとつの目的に向かって牽引していく立場ですから、リーダーシップは必須のスキルとなります。目標を明確にし、各メンバーの性格を見極めた上で、積極的に仕事に取り組みたくなるような環境を作ることが重要になります。

  5. 最低限の制作スキル

    Webディレクターは直接制作に携わることはありませんが、プログラマーやデザイナーに的確な指示を出すためには、プログラミングやデザインなど、最低限の知識と技術を身に付けておくことが役立ちます。
    また、それに加えて最近ではSEOの知識も必須になっています。あまりに専門的な知識は必要ありませんが、納品物を修正できる程度のスキルは身に付けておくのがおすすめです。

Webディレクターの年収

Webディレクター(Webプロデューサーを含む)の平均年収は、所属先がWebサイト制作会社か広告代理店か、フリーランスかなど働き方の違いもありますが、20代で377万円、30代で516万円と、年齢によって150万円近くの差があります。しかしこれには、30代になるとWebプロデューサーの割合が増えるということも影響しています。

年齢 Webディレクター
(Webプロデューサーを含む)
男性 女性
20代 377万円 383万円 371万円
30代 516万円 534万円 477万円

Webディレクターにおすすめの資格

Webディレクターになるには、特に資格を取得する必要はありません。しかし、資格があればWebディレクターとしての実力を客観的に証明することができますし、クライアントの信用を得るのにプラスに働く場合もあります。
ここでは、Webディレクターにおすすめの資格をいくつかご紹介します。

Webディレクター試験

「全日本能率連盟登録資格 Webディレクター試験は、Webディレクション業務の客観的指標を作ることを目的に創設された試験です。Web制作の「工程管理」をはじめ、クライアントの意図を汲んで、目的達成のために必要なものを明確化する「要件定義」やそのための「現状分析」、Webサイト全体の「設計」、集客計画の「立案」など、Webサイト構築全般の知識を問う内容となっています。公式テキストが発売されており、2015年度の合格率は66.8%と比較的高いので、まずはこの試験から受けてみるのも良いでしょう。

Webリテラシー試験

Webリテラシー試験は、Webに関わる人全般を対象としたWeb検定で、Webデザイナー、Webディレクター、Webプロデューサーという、Web構築に重要な役割を果たす3職種の最重要知識が身に付いているかを問う内容となっています。Web構築の現場には多くの技術者が関わりますが、業界ごとにWeb言語や常識、背景となる知識が違いますので、しばしば問題が起こりがちです。その問題を解決して、プロジェクト全体が円滑に進行するようにコントロールするのも、Webディレクターの重要な役目です。この資格は、その前提となる各技術についての知識があることを証明するのに役立ちます。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定に合格することで、Webを利用した効率的なマーケティング能力の有無を証明することができます。他のWeb系資格が技術を問うものが多いのに対し、社内外の調整を行うファシリテート能力の他、Webに関する最低限の知識や技術、ネットマーケティング関連知識、Webを使って企業や製品のブランドを構築するWebブランディング能力を問う内容となっています。公式テキストをしっかり勉強すれば、無理なく合格できるレベルとなっています。

Webディレクターのキャリアパス

Webディレクターのキャリアパスとしては、「高いレベルでクライアントのニーズを満たせるスキルを獲得し、今より年収の高い同一業界・同一職種の会社へ転職する道」と「現在所属する会社で、長い目で見た年収アップを目指す道」「上位職であるWebプロデューサーを目指す道」「Webサイトの運営者であるWebマスターになる道」などがあります。
Webディレクターのスキルは、以下の3つのランクに分類できます。経験を積んでスキルを高めることで、よりよい条件での転職も可能になります。

Web
ディレクター

Webプロデューサー

<Webディレクターのスキルランク>

  • 初級:必要最低限のクライアントのニーズを満たすことができる
  • 中級:クライアントの要望に完璧な対応ができる
  • 上級:クライアントにビジネスモデルの提案ができる

転職では、特に大企業のほうが待遇が良いとは限りません。これからWebに力を入れようとしている中小企業のほうが、良い条件でWebディレクターを探している場合もあります。

Webディレクターは多様なスキルが求められますが、Webサイトの設計そのものに携わることができ、やりがいのある仕事です。未経験で応募できる求人もありますので、興味がある方は、ぜひ検討してみてください。

クリエイティブ職の職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。