志望動機の回答例|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

志望動機の回答例

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

志望動機は自己PR同様、面接の中では最も重要な質問と回答の一つです。志望動機をどのように答えるかによって、面接官の評価は大きく変わってきます。面接に合格するためにも、志望動機を万全に準備をし、面接官に効果的にアピールするようにしましょう。ここでは、志望動機のアピールの内容や気をつけるポイント、回答例などについて解説していきます。

他が良くても志望動機が薄いとそれだけで評価ダウンに

どんなにテンポよく面接が進んでも、肝心の志望動機の内容が薄いと、良い選考結果を得られない可能性があります。それほど志望動機は重要で、面接の結果を判断する大きな材料となっています。他の質問に対しての回答も準備をして臨む必要はありますが、一番重要とも言える志望動機に関しては、入念に準備をして面接当日を迎えてください。

面接官はなぜ志望動機を聞くのか意図を理解する

面接官が志望動機をなぜ聞くのかを理解することで、より高い評価を得られる志望動機の内容にすることができます。面接官が志望動機を聞く理由は主に2つです。
1つ目は、応募者がどれくらい企業へ対して志望度が強いかを知るためです。企業としては、能力があることも大事ですが、「この企業で働きたい!」という強い熱意を持っている人に働いてもらいたいと考えています。熱意があれば長期に渡ってモチベーションを維持でき、課題や困難にも負けずに成長していけるためです。熱意・志望度が低いと、すぐに諦めたり辞めてしまったりする可能性があります。
2つ目は、企業の社風や方針に合う人材かどうかを見極めるためです。企業の社風や方針に合わないと、力を発揮することができない場合があります。さらに、モチベーションの低下や早期退職にもつながります。例えば、大人しい人が体育会系の雰囲気の中で活躍するのは難しいですし、若くして重要なポストに就きたい人が、年功序列に近い企業に入社してもミスマッチの可能性があります。これらのように、面接官が何のために志望動機を聞くかを理解した上で志望動機の内容を練るようにしましょう。

志望動機でどんなことをアピールすれば効果的か

志望動機をより効果的にアピールするために、志望動機を明確にすることや、体験エピソードを交えること、将来やりたい仕事についてなど、各ポイントをそれぞれ確認して入念に作るようにしましょう。

応募企業を選んだ理由を明確にアピールする

志望動機の一番重要な要素である、「応募先を選んだ理由」を明確にするようにしましょう。面接官は、応募者がなぜ自社で働くことを希望しているのか明確に知りたいと考えています。企業と合うかどうかを確認したいというのと、しっかりと調べているのかを知るためです。できれば、ホームページを見てすぐに分かるようなことではないことを挙げ、理由を説明するようにしましょう。

どんな貢献ができるかアピールする

企業を志望する理由に加えて、応募企業にどんな貢献ができるかをアピールする必要があります。面接官としては、採用することによって企業にメリットがあるかどうかを考えます。能力やスキル、価値観や熱意など、何らかの要素で企業に貢献できることを示すようにしましょう。

体験エピソードを交えアピールする

志望動機は、体験エピソードを交えて作ることにより、現実味が増し効果的にアピールすることができます。なぜ企業を希望するか、どんな貢献ができるのか、信憑性の低い自分自身の主張だけでは説得力が弱いので、根拠としてエピソードを入れるようにして作りましょう。

将来やりたい仕事についてアピールする

志望動機の中に、自分が将来やりたい仕事についてもアピールするようにしましょう。応募企業に入社し、経験を積んで将来やりたい仕事を訴求することで、「長年働いていく意思を持っている」と認識され、意欲が高い人と思われる可能性があります。将来的には、海外のマーケティングの仕事をしたい、経営幹部になり多くの新規事業を立ち上げたい、店長になって新規店舗を運営したい、開発部門で働きたいなど、具体的な職種も出すようにしてください。

志望動機でNGにならないために気をつたいポイント

せっかく作った志望動機も、以下のポイントに気をつけた上で作らないと高い評価を得られない可能性があります。志望動機はとても大切ですので、それぞれ確認しながらより効果的なものを作っていきましょう。

履歴書に書いた志望動機をそのまま言わない

面接の際は、履歴書の志望動機に書いてある内容を一言一句そのまま言わないように気をつけましょう。そうはいっても、履歴書には「取り組んでいる新規事業のインターネットテレビに関心があり」と書いているのに、面接での志望動機は、「チャレンジ精神を尊重し、さまざまなことに取り組めること」など、まったく異なる内容を述べるのも、履歴書との相違がありすぎて、面接官も本当の志望動機が理解できなくなってしまいます。履歴書に書いている志望動機とあくまで同じ軸の内容で、より発展性があるように述べるようにしましょう。内容を変えてしまうと逆効果ですので、書いた内容をより深掘りして伝えるようにしてください。

企業の方針や方向性とマッチさせる

どんなに魅力的な志望動機だったとしても、企業の方針や方向性と合っていないと、高い評価を受けることはありません。企業の社風や方針に合う人材でなければ、ミスマッチにより高いパフォーマンスが発揮できず、早期退職の原因にもなってしまいます。社風や方針に合うかどうかは志望動機を聞く大きな理由の1つですので、企業の方針とマッチしないようなことを述べるのは避けた方が良いでしょう。

参考書に載っているようなことをそのまま言わない

志望動機を考える際に、参考書やサイトなどの内容を参考にしすぎると高い評価を得られない可能性があります。面接官は何人もの応募者に対して面接を行っています。参考書やサイトに載っている志望動機を参考にしている人たちも面接をしている可能性があるため、何かを参考にしてしまうと、すぐにわかってしまいます。また、自分の考えた内容でないと、質問をされた際に答えに詰まる可能性がありますし、自信をもって自分の言葉で伝えることができません。大枠を参考にする程度であれば良いですが、ほとんどの内容を参考にするのは、逆に評価を下げる場合がありますので気をつけるようにしましょう。

長すぎないようにする

面接の際の志望動機を述べる長さは、短すぎても長すぎてもNGです。平均的には1〜2分、長くても3分以内とされています。話すスピードにもよりますが、短くても1分はある内容にしましょう。短いと志望動機がそれだけ弱い人だと思われる可能性がありますし、長すぎると要点がまとまらず何が大事なポイントなのかが面接官に伝わりにくくなります。どんなに良い内容でも長さが不適切であれば、評価が悪くなる可能性もありますので気をつけるようにしましょう。

面接での志望動機の回答例

私が御社を志望した理由は、多くの人に低価格でも高いスキルを身につけられるスクールを全国展開していて、教育を通して人と人との繋がりを作り、より良い社会を作ろうとしている企業方針に関心があるためです。私は人に教えることが好きで、大学時代には無料でパソコンスキルを教えるボランティア活動に参加し教えていました。参加者の多くは、仕事に就くためやスキルアップのために学びに来ている方ばかりでした。参加者の方に、なぜボランティア主催のパソコンスキル教室に参加したのかを伺うと、本当は確かなスキルを身につけたいけれど通える場所に学校がなかったり、経済的理由で通えなかったりするなどの声を多く頂きました。負担が軽く利便性の良い教育の必要性を直に感じることができました。ボランティア活動の中で教えるスキルだけでは、基礎がある程度身に付く程度ですので、即仕事に生かせるわけではありません。私は、全国で安価な学費で就職やスキルアップに役立つスキルを身につけることができて、全国や海外で展開している御社であれば、これらの問題を解決していけると確信しています。私が入社したら営業職として多くの方にスクールの魅力を知って頂くことに尽力し、将来的にはマーケティング職で、国内だけでなく、世界中の困っている人に教育を提供することで自己実現できるためのサポートをしていき、御社の売上と発展に貢献していきたいと考えております。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 最後の一言の回答例ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。