転職理由で落とされない志望動機の書き方・まとめ方【回答例つき】|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

転職理由で落とされない志望動機の書き方・まとめ方【回答例つき】

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

志望動機は自己PR同様、面接の中で最も重要な点の一つです。

志望動機をどのように答えるかによって、面接官の評価は大きく変わってきます。面接に合格するためにも、志望動機を万全に準備し、面接官に効果的にアピールするようにしましょう。

ここでは、志望動機のアピールの内容や気をつけるポイント、回答例などについて解説していきます。

1.志望動機を書く目的とは?

転職 志望動機

そもそも、なぜ志望動機を伝える必要があるのでしょうか。その答えは極めてシンプル。「採用側が会社・職種を選んだ理由を知りたいから」です。

そして、求職者側であるあなたにとって志望動機を伝える目的は、「採用してもらうため」です。志望理由を伝えなければ採用する側は応募理由が分からず、当然採用されることはありません。

「応募してきた理由がわからない人を採用する企業」はほとんどありませんし、企業が「なぜ、応募してきたのだろう」と、あなたに興味関心をもってくれて、初めて選考のコミュニケーションが始まります。

この興味関心からくる質問に回答することから採用選考は始まるといっても過言ではありません。採用する側からすると、「志望動機」は応募者に対して信用と信頼をもつためのスタートとなる質問なのです。

「採用されたい」「その企業から信用と信頼を得たい」と思うのであれば、志望動機はしっかりと検討して回答すべきテーマなのです。

2.志望動機を書き始める前に知っておきたい4つのポイント

転職 志望動機

それでは、どのように志望動機をまとめれば良いのでしょうか。書き始める前に、押さえておきたい大切なポイントをご紹介します。

ポイント1.転職する理由に立ち戻る

あなたが転職を決意したのは、何がきっかけだったのでしょうか。

新たに挑戦したいことがあったのでしょうか。それとも、誰かからのスカウトがきっかけで、今の仕事を深く極めてみたいと思うようになったのでしょうか。

転職する理由に立ち返ることで志望動機が明確になり、軸がブレることなく転職活動ができるはずです。ぜひ、前向きな転職への理由をまとめてみましょう。

ポイント2.退職から転職へのストーリーを明確にしておく

採用される人は、前向きで計画的、そして、チャレンジ精神がある人です。そのため、退職理由や転職先の業界・企業・職種の選択理由からも、そのことが採用する側にPRできるよう、わかりやすい表現を準備しておくと良いでしょう。

コツは、退職から転職への流れ(ストーリー)を明確にしておくことです。

「今の仕事をもっと極めたいので、活動する場が広がる転職先を探している」「今の業務に一区切りがついたので、新たなフィールドで今までの経験を活かしながら挑戦してみたい」など、あなたのキャリアにおいて、現在と未来に積極的なつながりがある表現が望ましいでしょう。

共感や応援を得られるように筋道立てて表現し、あなたの良さを伝えるようにしましょう。

ポイント3.面接官はなぜ志望動機を聞くのか意図を理解する

面接官が志望動機を聞く理由を理解することで、企業のニーズによりマッチした志望動機にできます。面接官が志望動機を聞く理由は主に以下の2つです。

理由その1.企業に対する志望度を測るため

1つ目は、応募者が企業に対してどれくらい志望度が強いかを測るためです。

企業としては能力があることも大事ですが「この企業で働きたい!」という強い熱意を持っている人に働いてもらいたいと考えています。

熱意があれば長期に渡ってモチベーションを維持でき、課題や困難にも負けずに成長していけるためです。熱意・志望度が低いと、すぐに諦めたり辞めてしまったりする可能性があり、企業側からしても雇用のリスクが大きいからです。

理由その2.企業の社風や文化にマッチするかを測るため

2つ目は、企業の社風や方針に合う人材かどうかを見極めるためです。

企業の社風や方針に合わないと、力を発揮できないというケースも少なくありません。さらに、社風・企業風土のミスマッチはモチベーションの低下や早期退職にもつながります。

例えば、大人しい人が体育会系の雰囲気の中で活躍するのは難しいですし、若くして重要なポストに就きたい人が、年功序列に近い保守的な企業に入社しても理想の働き方ができる可能性は低いでしょう。

このように、面接官が何のために志望動機を聞くかを理解した上で志望動機の内容を練るのがポイントです。

ポイント4.志望動機が薄いとそれだけで評価ダウンに

どんなにスキルがあっても、どなに会話が弾んでも、肝心の志望動機の内容が薄いと最終的に良い結果を得られない可能性があります。志望動機はそれほど重要で、面接の結果を判断する大きな材料となっています。

選考に臨む際、他の質問に対しての回答も準備すべきですが、一番重要ともいえる志望動機に関しては、より一層入念に準備をする必要があるのです。

3.書き方・まとめ方の大切なポイント7選

転職 志望動機

それでは、いよいよ志望動機を書いてみましょう。

コツを踏まえて書くと、スムーズで良い文章にまとめることができます。以下に7つのポイントをご紹介します。

書き方のポイントその1:提出方法によって文章量を調整する

志望動機を伝える際に、提出する書類(フォーマット)選びから考えるのも大切なポイントです。A4サイズの1枚の用紙をフルに活用できる「志望動機書」であれば、内容を詰めて伝えることができます。

他方で、職務経歴書や履歴書に数行(5~6行)のみの記入欄の場合は、要点をおさえて簡潔に表現するようにしましょう。いずれにせよ、提出方法に合わせた表現の工夫が求められます。

書き方のポイントその2:「転職の理由」とあなたの「魅力」を結びつける

転職することであなたの強みがより活かされ、社会貢献度が高くなることを、社会も企業も願っています。そのため、転職の理由をあなたの職業人としての強みや魅力とつながるように表現を工夫しましょう。

あなたがもつ知識・技能・人柄などをどのように伝えれば魅力的だと思ってもらえるか、採用側のニーズをよく理解して表現すると良いでしょう。

書き方のポイントその3:応募企業を選んだ理由を明確に伝える

志望動機の重要な要素である「応募先を選んだ理由」を明確にするようにしましょう。

面接官は「あなたと企業が合うかどうか確認したい」「自社のことをし入念に調べているのかを知りたい」という理由から、自社で働く理由や志望動機を明確に確認しておきたいと考えています。

ホームページから分かるような情報だけでなく、プラスアルファの理由を説明するようにしましょう。

書き方のポイントその4:会社にどれだけ貢献できるかをアピールする

企業を志望する理由に加えて、応募企業にどれだけ貢献できるかをアピールする必要があります。

面接では採用することによって企業にどうメリットがあるかどうかを見られます。能力やスキル、価値観や熱意など、様々な要素で企業に貢献できることを示すようにしましょう。

書き方のポイントその5:自分の体験・スキル・実績を活かしたオリジナルな内容を書く

自身の社会人経験や今までに培ったスキル、職業人としての実績(成果)などをふまえて、次はどのような仕事に活かしていきたいのか、誰が聞いても(読んでも)わかるように表現しましょう。

大切なのは、自分がやってきた仕事や社会人としての経歴を転職先でどう応用・活用できるか、読み手や聞き手がすぐにイメージできるように表現することです。

この点に注意して表現すると、あなたの職業人としての魅力がよりわかりやすく伝わり、高く評価してもらえるはずです。

書き方のポイントその6:自分と企業の話をバランスよく考えよう

自分の想いと、企業への想いを伝える量のバランスには注意しましょう。なぜなら、あなたがどのように企業を評価したのかどうかは志望動機において不要なトピックだからです。

必要なのは、あなたが何にチャレンジし、どのように業界・企業・お客様に貢献していきたいのかを伝えることです。それを伝えるために必要であれば、企業の活動に対する敬意を表現したり、共感する部分を伝えたりしましょう。

書き方のポイントその7:将来のキャリアビジョンも伝えよう

志望動機では、キャリアビジョン、つまり、自分が将来やりたい仕事についてもアピールするようにしましょう。

応募企業に入社し、経験を積んだ後に将来やりたい仕事を伝えることで「長年働いていく意思を持っている」と認識され、意欲が高い人と思われる可能性があります。

将来的には、海外のマーケティングの仕事をしたい、経営幹部になり多くの新規事業を立ち上げたい、店長になって新規店舗を運営したい、開発部門で働きたいなど、具体的な職種も挙げられるとなお良いでしょう。

4.よくある志望動機の失敗例【履歴書・職務履歴書編】

転職 志望動機

志望動機にどんなことを書けば理想かわかっていてもついつい失敗してしまう……、という人は、以下の失敗例を参考にして、履歴書や職務経歴書を書いてみましょう。採用担当者の評価が低くなりがちな例をご紹介します。

失敗例1.アピールが「自慢話」になってしまっている

「私は営業第一部第一課に所属し、創業以来の最年少でグループリーダーを任されていました。最年少のグループリーダーにもかかわらず、部下は15名もいました。これは社内リーダーの中で、歴代最多の人数です。最近の成績は、3か月連続で50名の営業部において、トップの成績でした。部長の3倍を売り上げた月もあります」

このような表現ですと、採用側は「まあ、すばらしいですね」と表面的には言いながら、実は「傲慢さが顕著な人材」と評価していることもあります。

失敗例2.会社のニーズと合致していない

「お客様視点を大切にできる人」と求める人材像に書いてあるとすれば、それを目指す志望理由が望ましいです。

「自分の意見をしっかりと表現し、それを理解してくれる人脈を拡大し、ストレスフリーの戦略を図る営業を展開したく、貴社を志望しました」といった志望動機では的外れで「お客様視点を大切にできる人」と思われる可能性はほぼ無いでしょう。

求人内容を深く理解し、転職先の企業のニーズを汲み取る内容になっているか、改めて見直す必要があります。

失敗例3.意気込みだけで具体的なことや実績について書かれていない

「体力には自信があります。精一杯死ぬ気で頑張ります。いろいろなことに挑戦していきたいし、学んで成長していきたいと思っていますので、本当によろしくお願いします」

こうした意気込みの表現は企業に好印象を与える場合もありますが、説得力に欠けるため、大雑把な表現に聞こえてしまう可能性もあります。あなたの魅力を伝えるには、不十分な表現といえるでしょう。

具体的な実績や業務経験を明確に書き、その内容を活かして貢献していきたいことを伝えるほうが、よほど説得力が生まれるのです。

5.よくある志望動機の失敗例【面接編】

転職 志望動機

せっかく作った志望動機も、以下のポイントに気をつけないと、面接では高評価を得られない可能性があります。

前述の通り、志望動機はとても大切です。一つひとつ確認しながらより効果的なものを作っていきましょう。

失敗例1.履歴書に書いた志望動機をそのまま言わない

面接の際は、履歴書の志望動機に書いてある内容を一言一句そのまま言わないように気をつけましょう。

そうはいっても、履歴書には「取り組んでいる新規事業のインターネットテレビに関心があり」と書いているのに、面接での志望動機は、「チャレンジ精神を尊重し、さまざまなことに取り組めること」など。

まったく異なる内容を述べるのも考えものです。履歴書との相違がありすぎて、面接官も本当の志望動機が理解できなくなってしまいます。

履歴書に書いている志望動機とあくまで同じ軸の内容で、よりふくらみがあるように述べるようにしましょう。内容を変えてしまうと逆効果ですので、書いた内容をより深掘りして伝えるようにしてください。

失敗例2.志望動機に具体性がない

「この会社は、福利厚生制度も良く、女性にも優しい職場だとHPで知りました。また、最近はTVのCMなどでも多く見かけますし、事業拡大されているようなので、ぜひ一緒にお仕事させていただければと思いました」

上記のようでは、面接官に「ありがとうございます。お褒め頂き恐縮です」とお礼を述べてもらえますが、あなたが採用されることはないでしょう。

HPなどで得た漠然とした知識を披露するのではなく、あくまでもあなたのあなたの魅力や思いを伝えるようにしましょう。

失敗例3.就活本・就活マニュアルの受け売りはNG

志望動機を考える際に、参考書やサイトなどの内容を参考にしすぎると高い評価を得られない可能性があります。

面接官は何人もの応募者に対して面接を行っています。参考書やサイトに載っている志望動機を参考にしている人たちも面接をしている可能性があるため、何かを参考にしてしまうと、すぐにわかってしまいます。

また、自分の考えた内容でないと、質問をされた際に答えに詰まる可能性がありますし、自信をもって自分の言葉で伝えることができません。

大枠を参考にする程度であれば良いですが、ほとんどの内容を参考にするのは、逆に評価を下げる場合がありますので気をつけるようにしましょう。

失敗例4.簡潔に答える

面接の際の志望動機を述べる長さは、短すぎても長すぎてもNGです。平均的には1〜2分、長くても3分以内とされています。話すスピードにもよりますが、短くても1分はある内容にしましょう。

回答時間が短いと、志望動機がそれだけ弱い人だと思われる可能性があります。また、回答が長すぎると要点がまとまらず、何が大事なポイントなのかが面接官に伝わりにくくもなります。

どんなに良い内容でも長さが不適切であれば、評価が悪くなる可能性もありますので、くれぐれも気をつけましょう。

6.面接での志望動機の回答例

転職 志望動機

次に、面接での志望動機について、良い例を見ていきましょう。以下に、回答例を6つのパターンに分けてご紹介します。

※こちらの回答例はあくまでも一例です。もっとも最適な回答例は、あなたの経歴、職歴によって大きく異なります。企業に刺さる、あなただけの志望動機が必要な場合は、ぜひ転職エージェントの無料キャリアカウンセリングを利用しましょう。

6.1 オーソドックスな回答例(教育系ボランティア業界/営業職)

「私が御社を志望した理由は、多くの人に低価格でも高いスキルを身につけられるスクールを全国展開していて、教育を通して人と人との繋がりを作り、より良い社会を作ろうとしている企業方針に関心があるためです。

私は人に教えることが好きで、大学時代には無料でパソコンスキルを教えるボランティア活動に参加し教えていました。参加者の多くは、仕事に就くためやスキルアップのために学びに来ている方ばかりでした。

参加者の方に、なぜボランティア主催のパソコンスキル教室に参加したのかを伺うと、本当は確かなスキルを身につけたいけれど通える場所に学校がなかったり、経済的理由で通えなかったりするなどの声を多く頂きました。

負担が軽く利便性の良い教育の必要性を直に感じることができました。ボランティア活動の中で教えるスキルだけでは、基礎がある程度身に付く程度ですので、即仕事に生かせるわけではありません。

私は、全国で安価な学費で就職やスキルアップに役立つスキルを身につけることができて、全国や海外で展開している御社であれば、これらの問題を解決していけると確信しています。

私が入社したら営業職として多くの方にスクールの魅力を知って頂くことに尽力し、将来的にはマーケティング職で、国内だけでなく、世界中の困っている人に教育を提供することで自己実現できるためのサポートをしていき、御社の売上と発展に貢献していきたいと考えております。」

6.2 未経験の職種へ転職する場合の回答例

「事務職を3年間務めてまいりました。その中で、営業サポートも担当しておりましたので、営業部員と連携して業務を行うことが多々ありました。

具体的な業務は、帳票作成やカタログ整理、クレーム応対などです。その営業事務の経験を活かし、次のステップではお客様のために第一線で活躍できる営業職に挑戦したく、このたび事務職も含まれるという貴社の営業職に応募いたしました」

6.3 同業種へ転職する場合の回答例

「防水材の専門メーカーで、改修工事の調査診断員を担当しております。その中で、調査診断だけではなく、問題解決へのご提案もできる防水改修の営業コンサルタントになりたいと、次第に思うようになりました。

お客様へ、よりふさわしい解決法をスピーディーに提案したく、取扱商品が多い防水材の総合商社への転職を希望しています。そこで、貴社を第一志望に応募いたしました。」

6.4 第二新卒の場合の回答例

「新卒入社した会社を退職後、この1年間、自分自身の適性をみつめるため、アルバイトを経験しながら、内省してまいりました。

具体的には接客業に興味があるため、飲食店での店長職、アパレルでのセールスアソシエイト職としてそれぞれ半年ずつ勤務しました。

その中で、接客のほかに「食」に関しても興味関心が強い自分に気づくことができました。そこでこのたび決意を固め、レストランを複数経営なさる貴社に、店長候補者として応募させていただきました。」

6.5 空白期間・ブランクがある場合の回答例

「前職を退職後、休みたい思いがあり、半年ほど休養を取っておりました。その間、時間もあるのであらためて経済を学び直したいと思い、経済書を100冊程読みました。

すると次第に、ビジネスの世界、特に金融業で活躍したくなりました。ちょうどそのタイミングで、ライフコンサルタント職へのお誘いを〇〇様からいただいたのです。そのご縁を得て、本日こちらの面接に参りました。」

6.6 転職経験が多い場合の回答例

「私は、これまでに家族の介護・転勤を背景に4回の転職をしております。多過ぎる転職経験ですが、私にはポリシーがありました。職種は同じものを選び続けるということです。

会計の専門学校を卒業後、すべての会社で経理を担当してまいりました。このたびも、経理事務職を希望しています。なお、家族の介護と転勤は終わりました。できましたら長く勤務させていただきたいです。よろしくお願い申し上げます。」

7.選考通過率の高い志望動機を考えるなら、マイナビエージェントを利用しよう

転職 志望動機

ここまで、志望動機の意義や事例を通して志望動機を伝えるときのポイントについてご紹介してきました。解説したポイントやNG例を踏まえて志望動機を考えれば、履歴書も面接もきっとクリアできるでしょう。

とはいえ、実際に志望動機を考えたりまとめたりすると、やはり難しいもの。現職で志望動機をまとめる時間がとれなかったり、考えた志望動機に不安を抱く方も多いはずです。

マイナビエージェントを利用すれば「志望動機がうまく書けない…」「現職で忙しくて企業研究をする時間が取れない」「志望動機を添削してほしい」といった悩みもスムーズに解決します。

マイナビエージェントでは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが専任性でサポート。応募書類の添削や面接対策といった単なる転職支援だけでなく、様々な企業を入念にリサーチした結果を、皆様にお伝えしています。

企業が求めている人材や社風、社内の様子など求人票に載っていない情報を事前に把握できるため、皆様の希望にあった企業をお伝えすることができます。そして、企業毎に最適な志望動機をご提案しているのです。

簡単・無料のお申込みサービスはこちらから。あなたの転職をぜひご支援させてください。

面接対策完全ガイド 最後の一言の回答例ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。