メーカーとは?メーカー業界への転職の際に気を付けることは?|求人・転職エージェント

ものづくりメーカーの転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

メーカーとは?
メーカー業界への
転職の際に
気を付けることは?

メーカー向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

日本語で製造業とも呼ばれる「メーカー」は、その名のとおり、ものづくりの担い手のことです。誰もが名前を知っているような有名企業も多く、就職・転職のどちらにおいても人気の業界のひとつとなっています。

メーカーにはどのような種類があり、どのような職種があるのでしょうか?

ここでは、メーカーの特徴や商社との違い、募集の多い職種、メーカーに転職する際に押さえておきたいことなどを、まとめてご紹介します。

メーカー業界ってどんな業界?

メーカーとは、原材料などを加工することで何らかの製品を生産し、提供する企業のことです。その範囲は非常に広く、自動車から化学製品、食品、日用品、アパレルまで、全てメーカーというくくりになります。

例外として、不動産の場合は「建築・建設業界」、ITソフトやアプリケーションの制作は「IT業界」に分類されます。 それら以外の物を生産する企業は、全てメーカー(製造業)と考えてかまいません。

メーカーの種類

メーカーと呼ばれる企業は幅広く、素材だけを作るメーカーや、組み立てだけを行うメーカーなど、製造工程の一部のみを担当するメーカーも数多くあります。製造工程を上流・中流・下流の3つに分類することで、メーカーの仕事を捉えやすくなるでしょう。

  • 素材メーカー(上流工程)

    「鉄鉱石から鉄を作る」「珪砂(けいさ)や石灰などを混ぜ合わせてガラスを作る」という風に、様々な製品のもととなる素材を作るのが素材メーカーです。鉄やガラスの他、ゴム、樹脂、化学素材、非鉄金属、紙などを作っているメーカーが素材メーカーにあたります。

  • 部品メーカー(中流工程)

    素材メーカーが作った素材を使って、製品に欠かせない部品を作る企業が部品メーカーです。たとえば自動車の場合は、ボディやタイヤなどの各種部品を製造するメーカーが部品メーカーにあたります。

  • 加工メーカー(下流工程)

    素材や部品を加工したり組み立てたりして、消費者がお金を出して購入する製品を作る企業が加工メーカーです。
    自動車や家電、食品、アパレルなど、テレビCMや広告で知られている企業の多くが加工メーカーにあたります。

なお、化粧品メーカーや医薬品メーカーなどでは、研究・開発・生産・最終加工まで、全ての工程を自社で一貫して行う場合もあります。

顧客層の違いで分類することもできる

メーカーは、作っている物ではなく、顧客層の種類から次のように分類することもできます。

  • BtoB型

    BtoB型とは、企業を顧客として製品を作っているメーカーで、素材メーカー・部品メーカーの大部分が相当します。

    一般消費者向けの広告を出すことがほとんどないため、名前が知られている企業は少ないですが、特定分野に関してトップクラスの技術を持っていたり、世界で大きなシェアを占めていたりする企業も存在します。

  • BtoC型

    BtoC型とは、一般消費者を顧客として製品を作っているメーカーで、加工メーカーの一部が相当します。作っている物がイメージしやすく、製品や会社名に親しみを持つ人が多いため、学生の就職活動で高い人気があります。

メーカーと商社の違い

メーカーと混同されやすい業種に「商社」がありますが、メーカーの仕事はものづくり、商社の仕事は貿易と卸業(国内での販売)であり、両者はまったくの別のものです。

ただし、商社は国内外に張りめぐらせたネットワークを活かして、メーカーの部品調達や営業のサポートを行うことが多くあります。そのため、メーカーとの違いがわかりにくく、混同されることが多々あるのです。

メーカーが募集する主な職種

メーカーが募集する主な職種には、営業、商品企画、研究開発、生産管理、製造、広報、資材調達などがあります。
ここからは、それぞれの仕事内容について、簡単に紹介していきます。

  • 営業

    メーカーの営業は、自社の製品を売り込むのが仕事です。素材メーカーや部品メーカーであれば、製品を作る材料を必要とする加工メーカーなど、顧客企業に売り込みを行います。

    加工メーカーであれば、商社や小売チェーンなどを相手に、自社製品の提案・販売を行います。メーカーの営業が、一般消費者に直接営業することはほとんどありません。

  • 商品企画

    商品企画は、市場の動向を調査・分析し、新しい製品の提案や既存製品の改良を行う仕事です。企業規模によっては、マーケティングと商品開発を兼ねることもあります。メーカーの花形といわれ、就職市場でも人気の高い職種です。

  • 研究開発

    研究開発は、企業を支える技術の研究・開発を担い、商品企画と連携しながら、新製品の開発や既存製品の改良を行います。素材メーカーでは、基礎研究に力を入れているところも多くあります。

  • 生産管理

    生産計画に基づいてきちんと製品を出荷できるように、生産量や品質を管理するのが生産管理の仕事です。生産スケジュールの策定も行います。

  • 製造

    製造は、工場などの生産ラインで、実際に製品を作る仕事です。

  • 広報

    広報は、企業および製品のイメージアップのための活動を行います。

  • 資材調達

    資材調達は、製品の生産に必要な素材を国内外から買い付けを行います。独自のルートで仕入れる他、商社と連携する場合も多くあります。

メーカーに転職する際に押さえておきたいこと

一口にメーカーといっても、国内向けの食料品メーカーと海外からの注文が多い精密部品メーカーでは、たとえ同じ営業職でも、仕事内容が異なります。メーカーへの転職を考えるなら、その企業の特徴や企業の求める人材と、自分の能力ややりたいことが合致しているかどうかの確認が欠かせません。

転職を希望するメーカーの特徴を把握したい場合、次の3点をチェックしてみると良いでしょう。

1.製品

メーカーが作っている製品は何か。その製品は素材、部品、加工のどの段階にあたるのか。

2.顧客層

企業が製品を販売する相手は、他のメーカーか、商社や小売チェーンか。また、国内か海外か。

3.企業が持つ技術

その企業の強みは何か。企業独自の技術を持っているか。

たとえば、素材メーカーである鉄鋼メーカーと、加工メーカーである自動車メーカーを比較してみると、前者の顧客は素材として鉄を必要とする部品メーカー、後者の顧客は国内外の車のディーラーや販売店、商社となります。

前者には、今までにない新しい素材を開発したり、需要を先取りした製品を開発・販売したりすることで、世の中に新しい製品やヒット商品が生まれるきっかけを提供できるおもしろさがあります。

一方、後者には、世界を相手にマーケティング戦略を練ったり、自社の製品が直接世の中で使われることを実感できたりする点が醍醐味といえます。

メーカーを取り巻く現状

経済のグローバル化やIT技術の発達に伴い、メーカーを取り巻く環境も以前とは変化してきています。海外で製造を行うのはもちろん、技術力を活かし、特定の分野で世界市場において大きなシェアを占める企業も登場しています。

また、ビッグデータの活用や、外部の研究機関・企業と組んで製品開発・技術革新を目指す「オープンイノベーション」を重視する企業が年々増えていることも、押さえておくと良いでしょう。

企業研究を十分にしてメーカーへの転職を目指そう

メーカーが求める人材や仕事内容は、製造している物や、対象とする顧客によって大きく異なります。

企業研究をしっかり行うことが、メーカーへの転職の成功や、企業の中で自身の経歴や能力を活かすことにつながるでしょう。

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。