機構設計|求人転職エージェント

ものづくりメーカーの職種図鑑

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

ものづくりメーカーの職種図鑑

機構設計

「機構設計」とはどのような仕事なのでしょうか?転職市場では、製造業を中心として、機械・機構設計者の需要は高い傾向があるといわれています。
ここでは、機構設計の仕事の具体的な内容や役立つ資格、よく似ている「機械設計」との違いをご紹介します。さらに、機構設計への転職ではどのような対策が有効なのか、ポイントを絞ってご紹介していきます。

機構設計の仕事とは

機構設計の「機構」は、機械の内部構造のことを指しています。まずは、機構設計者の仕事内容について見ていきましょう。

機構設計の仕事内容

機構設計者とは、家電や電化製品、工業製品など、あらゆるものづくりの現場において、その商品の「形を決める役割」を担う職種です。世にあるすべての商品(物)は数々の部品からできていますが、機構設計者は、これらの部品一つひとつのサイズや強度などを計算して設計書を作成し、商品のレイアウトを行っていきます。商品の内部にある細かい部品から見える場所に配置されるボタンやスイッチに至るまで、基盤以外のあらゆるパーツや構造の設計を手掛けるのです。
もちろん、商品を設計する際は、性能や品質だけでなく、コストやデザインなども総合的に考慮していかなければなりません。そのため、機構設計者は社内の品質管理部門やデザイナー、営業部、購買部などとの連携・議論を行い、その都度調整しながら設計図を完成させていくことになります。部品や商品の最終的な形を「企画部やデザイナーの理想に近づけられるか」が、機構設計者の腕の見せ所といえるでしょう。

機構設計と機械設計の違いは?

機構設計とよく似た言葉(職種)に、機械設計があります。この2つを混同して考えてしまう人や、仕事の違いが曖昧になっている人もいるのではないでしょうか?
単純にいうと「機構設計は機械設計の一部」です。

  • 機能や性能をニーズの調査をした上で決める「概念設計」

  • 構想に基づいて図面化していく「基本設計」

  • 基本設計を基に材料や形、サイズなどを固めていく「詳細設計」

  • 部品の組み立て図などを作成する「生産設計」

上記の4つのプロセス全体を機械設計といい、機構設計は各段階に含まれていると考えるといいでしょう。特に、機械的な動作がある部分や力学的な構造の部品を設計することは、機構設計者の領域となっています。

機構設計の仕事ならではの魅力とは

機構設計の仕事によって、商品の外見だけでなく、内部にある数々の部品の設計も決まります。機構設計者が使用することに決めた部品のうち、たった1つに欠陥があるだけでも、発売後に商品がリコールされることがあります。特に自動車や家電製品など、世界を相手に商品を展開している物の場合、その責任は非常に大きなものになるといえるでしょう。
しかし、企画部やデザイナーと議論を重ねながら、目標とする商品を完成させる達成感は大きく、プロフェッショナルとしてのやりがいもあります。機構設計は、世にあるほとんどの工業製品に共通するものですから、スキルさえ身に付ければ、さまざまな商品を手掛けることができます。つまり、機構設計ができる人は、ものづくりのあらゆる企業に必要とされる人材といえるわけです。

機構設計の仕事に役立つ資格

続いて、機構設計者への転職やキャリアアップに役立つ資格を紹介します。

CAD関係の資格

機構設計は、2Dまたは3DのCADシステムを使って設計図を作成する仕事です。使用するCADシステムは会社によってさまざまですが、CADの基礎は入社前に身に付けておくといいでしょう。入社後は、その会社が使っているシステムを中心に実務をしながら勉強を続け、資格の取得を目指すのがベターです。
ちなみに、CAD関係の資格試験はさまざまなものがあります。中でも受験者が多く、設計関係者に広く認知されている試験は、一般社団法人コンピュータ教育振興協会が主催する「CAD利用技術者試験」と、中央職業能力開発協会主催の「CADトレース技能審査」の2つです。

このうち、CAD利用技術者試験は、「2次元CAD利用技術者」と「3次元CAD利用技術者」にコースが分かれ、それぞれ3段階のレベルが設定されています。2次元のコースの最高レベルである1級の試験は、機械・建築・トレースの選択式。機構設計者は、機械コースの1級取得を目指すことになります。
一方のCADトレース技能審査(機械部門)は、初級・中級・上級の3段階があります。中級・上級は受験資格に実務経験が必要ということもあり、スキル磨きと同時にキャリアアップを目指したい人におすすめです。

機構設計者のキャリアプラン

機構設計者は、どんなキャリアプランを描くことができるのでしょうか?機構設計者ならではの、転職先の幅広さにも注目してください。

異業種からの転職者も多い

機構設計者は、業界や業種を越えた転職がしやすい職業でもあります。最大の理由は、製造業を中心として、さまざまな製品の分野から機械・機構設計者の需要が高い傾向があるためで、機構設計の基本的なスキルと知識さえあれば、「前職の業界や手掛けた製品を問わず採用している」という声もあるほどです。機構設計者としてのスキルアップを求め、より多くの期待に応えられる高い技術を使うものづくりに挑戦したいという意欲があれば、希望に合った転職先は比較的すぐに見つかるでしょう。

業界を越えてのキャリアプランも描きやすい

業界や業種の垣根を越えて転職しやすい機構設計者は、機構設計や力学の基礎スキルを持っていれば、家電や自動車、ロボット、建設機械など、大きなスケールの企業に挑戦してキャリアアップを図ることができます。
ちなみに、大手メーカーでは外国人技術者との連携や海外出張があり、英語力が求められる場合もあります。設計スキルに加えてコミュニケーション能力や英語力を向上させることで、グローバルに活躍できるチャンスが広がるといえるでしょう。

機構設計者への転職を成功させるためのポイント

機構設計者への転職を成功させるためには、どのような対策をすべきでしょうか?特に、重視されるポイントをまとめました。なお、より良い条件、自分に合った転職先を探したいと考えている人は、転職エージェントを活用することもおすすめです。

提案力とコミュニケ―ション能力が重視される

機構設計者は、品質管理部門や営業部、購買部といった他部署と何度も議論を重ね、理想的な部品や商品のレイアウトを実現することが主な仕事です。そのため、ほかの部署や技術者と連携するためのコミュニケーション能力と、より良い商品にするための提案力は欠かせません。
転職先に送付する応募書類にそれらを記述することはもちろん、面接でもスキルや知識だけでなく、コミュニケーション能力や人柄をアピールするようにしましょう。

転職エージェントも活用しよう

転職エージェントには、転職サイトを使って自分だけで転職活動をするのでは得られないメリットが多数あります。マイナビエージェントは、「マイナビ転職」といった人材情報サービスを展開する、マイナビグループならではの豊富な支援メニューを無料で提供しています。マイナビエージェントの代表的なサービスをまとめたので、チェックしてください。

  • 非公開求人が豊富

    マイナビエージェントには、転職サイトなどには一般的に公開されていない「非公開求人」情報が集まっています。非公開求人は、エージェントがその人と企業がマッチしているかどうかを判断して案内するものです。そのため、企業側と応募側のニーズや条件が合いやすいというメリットがあります。

  • 応募書類や面接対策のサポートがある

    どのような求人においても、応募書類の内容や面接の受け答えは重要なポイントになっています。このため、どの企業の面接でも話せる内容ではなく、その企業に合った志望動機やスキル、実績などを伝えることが大切です。マイナビエージェントでは、キャリアコンサルタントが職務経歴書や履歴書の添削をしてくれますし、面接の練習などのサポート体制も整っています。

  • 選考スケジュールの調整

    日々の業務をこなしながら転職活動をする場合、時間が限られているため、志望企業とのスケジュール調整も難しいものです。この問題も、マイナビエージェントではキャリアコンサルタントが面接日程の調整を代行することでクリアしています。転職者の精神的・時間的な負担を、大きく減らすことができます。

  • 年収などの条件交渉を代行

    年収や入社日などの条件交渉では、自分からは「なかなか強く言えない」という人も少なくないでしょう。マイナビエージェントでは、内定や入社が決定したあとの条件交渉も代行しています。また、現在勤めている会社の退職交渉などに関するアドバイスも行っています。

ものづくりメーカーの職種図鑑ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。